おすすめのアブサン【クラシックスタイルやカクテルには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのアブサン【クラシックスタイルやカクテルには欠かせないアイテム】

今回は数多くの芸術家にも非常に人気の

高いお酒『アブサン』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

アブサンはフランスやスイスの他にも

スポンサーリンク

チェコやスペインを中心にヨーロッパ各国で

作られている薬草系のお酒になります。

またニガヨモギ・アニス・ウイキョウ等の

複数のハーブやスパイス系のものが主成分

になるので最初の内は拒絶反応があったり

しますがなぜだかまた飲みたくなる

ようなお酒のシリーズになるので

いざ製品を選ぼうと思っても

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はアブサンの選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. アブサンの魅力とは?
  3. 飲み方はストレート若しくはクラシックのどちらかに注目をして度数で製品を選ぶ
  4. [カクテル]として飲まれる場合のチェックポイントも把握する
  5. 透明色のホワイトアブサンも要チェック
  6. 製造されている生産国にも注目をする
  7. 色鮮やかな専用グラスアイテム『アブサングラス』にも注目をする
  8. クラシックで飲まれるなら欠かせないのが『アブサンスプーン』が必須アイテム
  9. 最高のアブサンの味わいを重視されるなら『アブサンファウンテン』がおすすめ
  10. 最後に

アブサンの魅力とは?

https://www.amazon.co.jp/

アブサンは過去に数々の偉大な芸術家の

人達を魅了してきたお酒の一つになります。

また詩人のヴェルレーヌや画家のロートレッ

クの他にもゴーギャン更には誰しもが聞いた

事があるピカソやゴッホ等の世界に名だたる

偉人ばかりでかつてはアブサンが題材となる

ような作品も生まれる事もあって非常に影響

力のあるお酒だと言う事でも知られています。

またアブサンはフランスやスイスの他にも

ヨーロッパを中心に作られているリキュール

の一つですがニガヨモギやアニスには独特の

風味があるのが特徴の一つでアルコール度数

は高い物だと70%程ありますが低いものでも

40%はあるのでかなりの度数が高いお酒です

またニガヨモギには幻覚作用があるとされて

いたので一時は生産が禁止されてはいました

が販売については何の問題ないと言う事が証

明されてまた再生産されるようになりました

ただ強烈すぎるインパクトは初めて口に入れ

られた際には思わず吹き出しかねない味です。

その他アブサンは好き嫌いがはっきりと分か

れるお酒にはなりますが大好きになられたら

アブサンの味わいの虜になるしかありません

アブサンの選び方

今回はアブサンを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事はどのような

飲み方をされるかに寄って変わります。

例えばカクテルで飲まれるのか若しくは

ストレートで飲まれるのかに寄っても

変わってきますが一番の特徴は飲み始めの

強烈な程のかインパクトにはなりますが

アブサンの大事なポイントをしっかりと

把握されていればきっとお気に入りの

1本を見つける事が出来ると思います。

飲み方はストレート若しくはクラシック

のどちらかに注目をして度数で製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

アブサン独自の本来の味を楽しまれる

場合はそのままのストレートで飲まれるか

若しくはクラシック[角砂糖を加えた]

飲み方のどちらがおすすめになります。

またこのように飲み方をされる場合には

手始めにまずは50%前後のキュブラーや

[ヴェルサント・ラブランシェ]と言った

銘柄から試しされる事をおすすめします。

更にアルコール度数が高いと言うのも魅力の

一つにはなりますがアルコールにそれ程強く

ない日本の方が一気に飲まれると味わう事寄

りもそれ以前にベロベロになってしまいます。

まだ『アブサン』を飲んだ事がない方等は

アブサンのシリーズの中でも比較的・度数が

抑えられた物を選ぶのがおすすめになります。

[カクテル]として飲まれる

場合のチェックポイントも把握する

https://www.amazon.co.jp/

アブサンでカクテルを作られるなら独特の

ニガヨモギやアニスの強烈な香りに加えて更

にシナモンやクローブの他にもミント等のス

パイス等も効いているタイプがおすすめです。

またアブサンの銘柄の中でもはクリーンツリ

ー蒸留所のチェコアブサンは如何でしょうか

最終的に決められるのは御自身でのお好みの

問題にはなりますがカクテルベースにされる

なら[アブサン]独自の個性が光る他には

ない美味しいカクテルの一杯出来上がります。

スポンサーリンク

透明色のホワイトアブサンも要チェック

https://www.amazon.co.jp/

アブサンには色付けをする天然のハーブで

行う緑色のタイプ[Verte]の他にもう一つ

が蒸留後に色付けを行わない無色透明の

ホワイトアブサン[Blanche]になります。

緑色のアブサンのタイプはひとを惹きつける

ような魅力的な印象のイメージですが色付け

をしない無色透明のタイプでもきちんと白く

濁った味わいを楽しめる物も数多くあります。

カクテルに利用される際には色合いが混じり

合ってしまうような心配もないので色合い

も注目をして選ばれる事をおすすめします。

製造されている生産国にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

アブサンの独自の華やかなハーブの香りと

強いフレンチ・アブサン系とタイプのもの

とニガヨモギの味と香りを感じやすい苦味の

ある味わいのチェコ等の東欧諸国で製造され

ているタイプのラインナップがありますが

各国々でその雰囲気は大きく異なってきます。

更にアイラ島で製造されているウイスキーと

ハイランドパークで製造されているお酒が大

きく異なるようにお酒は造られる地方の気候

や風土に寄っても大きな影響を受けています。

アブサンのラインナップのシリーズの中でも

お気に入りの銘柄等を見つけられたらその周

辺の地域で作られたアブサンを探してみるの

も世界的な味わいを楽しめる素敵な方法です。

またアブサンを寄り楽しむ為のアイテムも取

り揃えて頂ければ楽しみも増えると思います。

色鮮やかな専用グラスアイテム

『アブサングラス』にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

味わいのあるアブサンをせっかく楽しまれる

なら専用グラスの利用をおすすめしたいです。

アブサンの一番の特徴は色の変化を楽しむ事

と無色透明のも雰囲気を味わったりするので

グラスの方も香りがしっかりと広がるように

口が広い事も大きなチェックポイントですが

何より伝統的な足付きのグラスが好まれます。

また専用グラスに注ぐだけでも楽しめるので

御検討されるなら専用グラスは1000円台から

購入が可能なのでアブサンを頻繁に飲まれて

いてまだ専用のグラスをお持ちでない方には

是非ともおすすめをさせて頂きたい製品です。

クラシックで飲まれるなら欠かせない

のが『アブサンスプーン』が必須アイテム

https://www.amazon.co.jp/

アブサンを飲まれる際の伝統的な飲み方の

クラシックスタイル[ボヘミアンスタイル]

と呼ばれている飲み方にはアブサンスプーン

と呼ぶ専用のアイテムを利用して味わいます。

アブサンスプーンはスリットの入っている

スプーンをグラスに上に渡して角砂糖を乗せ

た上からアブサンを注いで火をつけて角砂糖

の表面が溶け出すのを待って最後にミネラル 

を注いで火を消した後に残った最後の角砂糖

を溶かして味わいのあるアブサンが完成です。

また砂糖の甘味で飲みやすくなると思うので

アブサン独特の雰囲気を味わう事が出来ます。

今お伝えをさせて頂いている飲み方が本格的

な飲み方になりますのでアブサンスプーンと

角砂糖の2つが有ればすぐに出来るので是非

スプーンの購入を御検討をして頂きたいです。

その他様々な砂糖で試されたりするとまた新

しいアブサンの味わいが見つかるかもですね

最高のアブサンの味わいを重視される

なら『アブサンファウンテン』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

最高のアブサンを本格的に楽しむので

あれば購入しておきたいアイテムの方が

[アブサンファウンテン給水器]になります。

アブサンファウンテンが有れば一滴ずつ水を

入れられるように細い蛇口が計4口で付いて

いるのが特徴になりますので仮に4人でファ

ウンテンを囲みながら水色の変化を楽しみな

がら優雅に大人の時間をゆっくり過ごせます。

またクラシカルで尚且つゴージャスな見た目

になるのでインテリアとして飾っておくだけ

でインパクトのある雰囲気が出る魅力がある

ものになるのでアブサンを気に入られた際に

必ずいつかは手に入れたいアイテムです。

スポンサーリンク

最後に

今回はアブサンの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

一口に『アブサン』と言っても

色々な国々から発売されているので

どうしても迷いがちなってしまいます。

また数多くの芸術家に愛されていながら

強烈なインパクトを持つアブサンに 

なるのでその他のお酒では対応不可です。

世界の国々で製造されているアブサンには

なるのでまずは今回の記事を御参考に気に

入られた一本をまずは試して頂きたいです。

ただアルコール度数のが非常に高めになるの

でお酒好きの方は飲みすぎに注意して下さい