おすすめのアコーディオン【JAZZやPOPSの演奏に欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのアコーディオン【JAZZやPOPSの演奏に欠かせないアイテム】

 

今回は心に響く音色が奏でてくれる

 

『アコーディオン』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

実際に『アコーディオン』を御自身で手に

 

スポンサーリンク

 

されて様々なジャンルの音楽をお洒落に

 

カッコ良く弾きこなせたら気分も爽快ですが

 

アコーディオンの製品は非常に種類が多い

 

楽器になるので[ボタン式]や[鍵盤式]の

 

違いの他にも伴奏機能に寄ってバラバラです。

 

また製品のモデルに寄って金額の幅も

 

非常に広いのでいざ購入をしようと思っても

 

どれの製品を購入したら良いのか?

 

迷ってしまう方も多いのでないでしょうか?

 

今回はアコーディオンの

 

選び方について 

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. アコーディオンの良さと魅力とは?
  3. ピアノを経験した事がある方なら『鍵盤式』のタイプがおすすめ
  4. お子さんにもアコーディオンを学ばせるなら『クロマチック・ボタン式』がおすすめ
  5. 民族音楽を重視して製品を選ばれる場合は『ダイアトニック・ボタン式』がおすすめ
  6. 初心者の方は『スタンダードベース』お子さんの場合は『8ベース』がおすすめ
  7. 演奏の決まりに縛られずに自由に演奏を楽しまれる事を重視される場合には『フリーベース』モデルがおすすめ
  8. 音色重視されるなら製品のリードの枚数にも注目をして製品を選ぶ
  9. お子さん用のアコーディオンを選ばれる際は出来るだけ軽量タイプのモデルを選ぶ
  10. 最後に

 

楽譜用ファイルにも注目をする

■アコーディオンの良さと魅力とは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アコーディオンは右手で鍵盤を弾きながら

 

左手で蛇腹を操作する楽器にはなりますが

 

これは完全な正解ではない場合もあります。

 

理由は右手で押すのが鍵盤ではない場合も

 

あったり状況に寄っては左手で操作をする

 

のは蛇腹だけとは限られていないからです。

 

またアコーディオンは右手で主旋律を

 

奏でながら左手で伴奏をつけられます。

 

学校等で利用されている一般的なタイプは

 

左手にボタンがないタイプが多いですが

 

本来のアコーディオンの製品には幾つのも

 

ボタンが付いているのでこれらの操作を

 

左手を動かす事でベース音[低音]や

 

コード[和音]を演奏する事が出来ます。

 

その他JAZZやPOPSの他にシャンソン等の

 

色々な楽曲を演奏して音色を奏でるのに 

 

あらゆるジャンルとの相性も抜群になるので

 

例えばメロディーと伴奏を同時に出来れば

 

多くの人を魅了する事が出来るのでこれから

 

アコーディオンを初められる方にもおすすめ

 

なので頑張ってチャレンジをして見て下さい

 

 

 

アコーディオンの選び方

 

今回はアコーディオンを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は曲のジャンルや

演奏者のスキルに合った種類を選ぶ事です

またアコーディオンの製品のシリーズには

『鍵盤式』と『ボタン式』の2パターンの

モデルがありますが『ボタン式』には更に

[クロマチック式]と[ダイアトニック式]

の2パターンに分かれるので御自身の弾きたい

の音楽ジャンルに合わせて選んで下さい。

 

 

 

■ピアノを経験した事がある方

なら『鍵盤式』のタイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アコーディオン製品のモデルの中でも一番

 

人気のモデルが『鍵盤式』になります。

 

『鍵盤式』のタイプはピアノと同じ配列で

 

演奏が出来るので例えばピアノの経験があ

 

る方やポップスやジャズをやりたいと思わ

 

れる方にはこちらのタイプがおすすめです。

 

鍵盤数にもそれぞれのラインナップがあって

 

順に[26鍵][34鍵][37鍵][41鍵]が

 

一般的な鍵盤数ですが演奏音域にストレスを

 

感じないのは37鍵盤以上だと言われています

 

また鍵盤数が増えていくに連れて本体の方が

 

重たくはなりますが身体の大きい方で有れば

 

多少の重量があっても鍵盤数の多い方が

 

演奏のバリエーションを楽しむ事が出来ます。

 

■お子さんにもアコーディオンを学ばせる

なら『クロマチック・ボタン式』がおすすめ

 

 

https://www.rakuten.co.jp/

 

ヨーロッパの中でも一般的なモデルの

 

『クロマチック・ボタン式』は音色の

 

半音ずつ音が異なるボタンがランダムに 

 

並んでいるアコーディオンのシリーズです。

 

『クロマチック・ボタン式』のタイプの

 

モデルをお持ちで有ればフランスの大衆

 

音楽[ミュゼット]や[シャンソン]等を

 

思う存分に弾く事が出来て更にこちらの

 

製品のもう一つの特徴がアコーディオンの

 

タイプの中でも一番運指がやりやすくて

 

演奏の完成度も上がりやすいと言われます。

 

またボタン式は弾きこなすのが非常に難しい

 

と言うデメリットもありますが音域の広さ 

 

や豊かな表現力も兼ね備えているので上手に

 

弾けた時のカッコ良さは何とも言えません。

 

本格にアコーディオン学びたい方には

 

是非・おすすめをしたいモデルになります。

 

更にピアノを経験されている方で有れば

 

楽曲を練習されるのに鍵盤に慣れていると

 

思うので特に問題はないのですが仮に小さな 

 

お子さんがアコーディオンを学ばれる場合も

 

同様に『ボタン式』の製品がおすすめです。

 

これは狭いスペースにボタンが隣接している

 

のが[ボタン式]になるのでお子さんのよう

 

な小さい手でも弾きやすくて音と音の跳躍等

 

しやすいのが特徴になるので例え手が小さい

 

お子さんでも練習をされれば色々な楽曲の

 

演奏が出来るのでお子さんにもピッタリです。

 

スポンサーリンク

 

■民族音楽を重視して製品を選ばれる場合は

『ダイアトニック・ボタン式』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

『ダイアトニック・ボタン式』のタイプは

 

ケルト・アイリッシュ等の民族音楽に主体に

 

利用されてきたモデルになるので民族音楽を

 

奏でていきたい方には非常におすすめです。

 

また[クロマチック・ボタン式]が音色が

 

半音ずつなのに対して[ダイアトニック]は

 

『全音階』の[ドレミファソラシド]と同じ

 

音の間隔でのみ弾けると言う特徴があります。

 

更にハーモニカのような空気の[押し]と

 

[引き]の出るような楽器と同じように

 

アコーディオンも演奏出来るキーが決まって

 

しまうので注意をするようにして下さい。

 

その他毎回決まった調号の楽曲しか弾かない

 

方や民族音楽等に関心のある方はこちらの

 

[クロマチック・ボタン式]がおすすめです。

 

 

 

伴奏用ボタンにも注目をする

 

アコーディオンを検討される際には伴奏用

ボタンにも注目をして製品を選ばれる事が

非常に重要になってくるので本来ディオンは

右手でメロディを弾いて左手で伴奏をされる

のが基本スタイルになるので左手の伴奏機能

になるボタンの仕様にも注目してみて下さい

 

 

 

■初心者の方は『スタンダードベース』

お子さんの場合は『8ベース』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

伴奏ボタンを選ばれる際に初心者若や上級者

 

の取り決めは特にはないのですが迷われたら

 

スタンダードベースのモデルがおすすめです。

 

伴奏ボタンには2種類のボタンがあります。

 

『ベースボタン』と『コードボタン』です。

 

ボタンの使い分けが出来ればアコーディオン

 

特有の[伴奏のしやすさ]を味わえます。

 

また[ベース]と[コード]のボタンの総数

 

に注目をしてボタン数が増えるに連れて対応

 

可能なキーやコードも徐々に増えていくので

 

御自身に合った製品モデルを選んでください

 

仮に練習される楽曲がポップスや演歌なら

 

24ベース[ボタン総数が24個]以上の演奏

 

が出来れは60ベース程度は欲しいですよね。

 

ジャズやクラシック等の楽曲を練習される

 

場合は[ディミニッシュコード]も演奏が 

 

可能な[72~120ベース]を選んで下さい。

 

お子さん用でアコーディオンを選ばれるなら

 

『8ベース』位のシリーズを選ばれて寄り

 

しっかりとした音感を育んで上げて下さい。

 

■演奏の決まりに縛られずに自由に

演奏を楽しまれる事を重視される場合

には『フリーベース』モデルがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

演奏の決まりに縛られずに自由に演奏を

 

楽しみたい方等は『フリーベース』仕様の

 

アコーディオンシリーズおすすめになります。

 

『フリーベース』仕様のアコーディオンは

 

『クロマチック・ボタン式』モデルの

 

配列であってもだそのまま左手でも配置

 

されてれているモデルが一般的になるので

 

左手の場合は全て単音での演奏になります。

 

また音色のテンションを含む複雑なコードも

 

演奏出来るのでジャズやクラシック等を中心

 

に演奏される方には非常に人気があります。

 

ただ『フリーベース』仕様のタイプのモデル

 

はアコーディオン特有の[伴奏のしやすさ]

 

を味わえないのが一番のデメリットです。 

 

その他・一つの機種でスタンダードベースと

 

フリーベースを切り替えられるモデルもある

 

ので演奏に自身のない方にはおすすめです。

 

■音色を重視されるなら製品の

リードの枚数にも注目をして製品を選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アコーディオンの音色を重視される場合に

 

非常に重要になってくるのが『リード』です。

 

『リード』と言うのらアコーディオンの

 

内部にある音を鳴らすための金属の板です。

 

[H(高音)]と[L(低音)]が1つずつ

 

[M(中音)]が2つの合計4つのリードを

 

備えているかどうかを[○列笛]と表します。

 

こちらのリードの組み合わせを変える事に

 

寄って異なった音色に変える事が可能です。

 

また装備されたリードが[HMML]の4種類

 

[4列笛]の場合は[HとLのみ]を振動させ

 

るようなスイッチを切り替えるとパイプオル

 

ガン風の音色が出て[MとM]にするとパリ

 

のカフェ風[ミュゼット]の音色になるので

 

アコーディオンの音色にもこだわるを持つ

 

ならリード枚数にも注目をして選んで下さい

 

ただリード枚数が多ければ多い程本体の

 

重量も重くもなりますが値段も上がります。

 

反対に音色のバリエーションを余り必要と

 

されない場合は敢えてリード数が少ない

 

製品を選ばれる事で金額面でも抑えられます。

 

最近の現行モデルではリード無しで多彩な音

 

色を楽しめる[電子アコーディオン]も販売

 

されているので是非・確認をしてみて下さい

 

■お子さん用のアコーディオンを選ばれる

際は出来るだけ軽量タイプのモデルを選ぶ

 

https://www.amazon.co.jp/

 

お子さん用のアコーディオンを選ばれる

 

場合は出来るだけ軽量のタイプのものが

 

おすすめですが製品自体の重量の方が小型の

 

タイプでも3kg前後はあるものが多いので

 

鍵盤やボタンの数が増えれば重たくなります。

 

また小学校の低学年位までの小さなお子さん

 

の場合は特に軽さを意識して製品を選んで

 

あげる事が非常に重要なポイントになります。

 

重量の目安としては700~800g位の重量で

 

あればストレスなく楽しめると思います。

 

その他子ども用でアコーディオンの場合は

 

鍵盤式のタイプで選ばれるなら17鍵盤

 

ボタン式のタイプであれば13ボタン程度の

 

性能で十分楽しめると思うのでお子さんの

 

成長と共に製品のスペック等を考慮しながら

 

製品のモデルを選んで頂きたいと思います。

 

楽譜用ファイルにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

お伝えさせて頂いたアコーディオンを始めら

 

れるなら一緒に楽譜用ファイルにも注目され

 

て楽譜ファイルや更には譜面台が有れば楽譜

 

の保管や練習時のストレスが少なくなります。

 

そして練習のモチベーションも上がりますよ。

 

 

 

売れ筋のアコーディオンにも注目をする

 

御参考までにはなりますがアコーディオンを

Amazonサイトや楽天サイトの他にYahoo!

ョウッピングサイト等から売れ筋の商品ラン

キングにも注目をされて商品選びをして下さい

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

■最後に

 

今回はアコーディオンの

 

選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

『アコーディオン』の一番の特徴は

 

綺麗や音色と伴奏のしやすさになります。

 

その他アコーディオンを販売している

 

店舗も非常に少ない楽器にはなりますが

 

これからアコーディオンを初められる方は

 

是非・今回の記事を御参考に御自身に

 

合うピッタリのお気に入りの

 

製品を見つけて頂きたいと思います。