おすすめのクライミング用アッセンダー【2021年度版】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのクライミング用アッセンダー【2021年度版】

 

今回はクライミングをされる際に使用する

 

クライミングアイテム『アッセンダー』

 

スポットをあててお伝えをしていきます。

 

登高をされる際にはロープから手が滑らない

 

スポンサーリンク

 

ように防ぐアイテムが『アッセンダー』です

また[アッセンダー]は別の呼び方として

 

『登高器』と言う呼び方等もされています。

そして[アッセンダー]はヘルメットや

 

ーネスと同じ位・クライミングをされる

 

には欠かす事が出来ない必須の器具ですが

 

いざ製品を購入しようと思っても

 

形やサイズの以外にもグリップ

 

等の色々なタイプがありますので

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はクライミング用のアッセンダー

 

選び方についてお伝えをしていきます。

 

 

  1. 目次
  2. 長いロープや急斜面に必要なのは『ハンドアッセンダー』がおすすめ
  1. アッセンダーの右手用と左手用のどちらが使いやすいか等も確認をする
  2. グリップのサイズにも注目する
  3. アッセンダーのつけ穴の数も忘れずに
  4. 万が一の状況に備える場合にはチェストアッセンダーがおすすめ
  5. ロープの適応サイズも大事
  6. カム部分がスロット付きのタイプになっている製品を選ぶ
  7. おすすめのクライミング用アッセンダー
  8. ロープはしっかりと締める
  9. 複数のアッセンダーを使い分ける
  10. 登高する前には必ず試す
  11. 最後に

 

 

 

アッセンダーの選び方

 

今回はクライミング用アッセンダーを

選ばれるにあたって幾つかのポイントを

項目事にお伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

長いロープや急斜面に必要なのは

『ハンドアッセンダー』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

クライミングをされる上でセルフビレイ言う

 

言葉を御存知の方も多いのではないでしょうか

 

こちらの[セルフビレイ]と言うのは

 

危険な個所で安全を確保するのに着用を

 

しているハーネスを固定されている

 

アンカーに結び付ける事を言います。

そして急斜面の岩場等で長いロープや

 

斜面で使用されるので有ればグリップ付き

 

『ハンドアッセンダー』がおすすめです。

その他にもフットループやフットアッセンダー

 

等も併用して使用すると登る力が向上します。

 

アッセンダーの右手用と左手用の

どちらが使いやすいか等も確認する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

候補として選ばれるハンドアッセンダーには

 

右手用と左手用の両方の製品のラインナッ

 

用意されているので利用される目的に合わせ

 

て使い分けをされるのがポイントになります。

またレベルの高い急斜面等で利用される場合

 

は利き手用のアッセンダーを使用された方

 

力を入れた際の安定力が格段に高くなります。

更に反対に比較的緩やかな斜面を登る際は

 

き手ではない方のアッセンダーを利用さ

 

利き手を休ませたりピッケルを利き手で

 

反対の手でアッセンダーを使用される

 

バランスを取りながら調整されると良いです。

 

グリップのサイズにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですかアッセンダーのグリップを

 

選ばれる際にはグローブを装着された

 

際にきちんと握れるかどうかを確認して

 

から御自身に合ったサイズを選んで下さい。

またサイズに遊びがないと素手で握られた

 

にフィットされたとしてグローブを装着

 

れた際にグリップを握る際にスペースが狭く

 

てスムーズに手を動かせない場合があります。

更にアッセンダーの製品の中でもハンドカバ

 

ーが付いているタイプやラバー加工や指に合

 

わせた形状になっているタイプのシリーズの

 

方が滑りにくいと言う特徴もりますが長時

 

間使用していても手が痛くなる事を軽減して

 

くれるので使いやすい製品を選んで下さいね。

 

アッセンダーのつけ穴の数も忘れずに

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アッセンダーのつけ穴にカラビナを

 

取り付ける際の穴の数を把握して

 

置かないとハンドアッセンダーを

 

スライドさせて使用されていると

 

急にロープから外れてしまう危険性も

 

考えられるのこのような状況を防ぐ為に

 

必ず『カラビナ』が必要になってきます。

そして仮にですが数穴が一つしかない場合

 

でも穴のサイズが比較的大きい場合には

カラビナを2つ付ける事が可能になります。

また選ばれた製品に寄ってはカラビナの

 

種類が限定されている場合もありますので

必ず・購入前にしっかりと確認して下さい。

 

万が一の状況に備える場合には

チェストアッセンダーがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですが何かのトラブルに急に

 

襲われるかも知れない事を想定して

 

非常時用にチェストアッセンダーを

 

常備されておくといざと言うの緊急

 

時にもすばやく対応する事が出来ます。

またアッセンダー自体もコンパクトで軽量な

 

タイプが多いので持ち運びにはピッタリです。

更にチェストアッセンダーの特徴としてたるみ

 

も少ないのでスムーズにロープの上をスイド

 

する事が出来るのでおすすめね製品になります

 

ロープの適応サイズも大事

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

クライミングにはロープの適応サイズを

 

把握しておく事も大事なポイントです。

そしてアッセンダーとロープはセット品

として使用するのでロープ自宅のサイズが

合わないとロープが太すぎて入らなかった

 

り逆に細すぎて安定性に欠けてしまいます。

 

ですので利用が出来るロープのサイズは

811mm

 

3.54.7インチ

(約88119mm)等の

ミリ単位若しくはインチ単位のどちらかで

 

商品パッケージに記載がされていると思い

 

ますので必ず購入前に確認をして下さいね。

 

カム部分がスロット付きの

タイプになっている製品を選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

製品を購入される上で出来ればカムの

 

部分にスロットが搭載されている

 

シリーズを選ぶようにして下さい。

またクライミング中にスロットがない時は

 

中でロープについた泥や氷等が詰まっ

 

動かなかったり手が滑ったりする可能性が

 

あるのでそのような状況になると泥や氷等

 

を取り除けば詰まる事がないので安心です。

更にカムの部分にあるギザギザの歯がついて

 

いる製品はギザギザがない製品に比べ

 

にくいのでロープをしっかり固めてくれます。

その他にもカムのギザギザ部分を表からだと

 

分からない場合がほとんどので実際にカムを

 

スライドさせて確認をするようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

おすすめのクライミング用アッセンダー

 

ここからはおすすめのクライミング用

アッセンダー製品のモデルラインナップを

各項目事にお伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

roc’teryx

(ロックテリクス)

[シンプルアセンダー]

 

 

シンプルな設計で取り扱いやすいタイプ!!

 

こちらは下降し過ぎて登り直す時に頼りにな

る非常にシンプルな構造のアッセンダーです。

 

また80×65mmのコンパクトサイズになるの

で邪魔になりにくいのも大きなポイントです。

 

そしてアッセンダー本体の側面には使い方の

イラスト等も付いていますのでクライミング

で初めて使う方にも扱いやすいのも特徴です。

 

その他には携行性を重視される方におすすめ

でロープを掛ける練習や使い方等に慣れるの

にアッセンダーを探されている方に最適です。

 

 

 

PETZL

(ペツル)

[タイブロック]

 

 

どのポジションでもブレーキ機能が効く!!

 

こちらのモデルはたった35gの超軽量タイプ

丈夫なステンレススチール製のカムがロー

を自動で挟み込んでどのポジションであっ

もブレーキが働くアッセンダーになります。

 

更にカムには斜めの歯が搭載されていますの

で詰まった物を取り除く事も可能になります。

 

その他ロープに泥や氷が付着してもしっかり

と利用出来ますのでロープの巻き付けが必要

な登高時やホーリング時には大活躍をします。

 

 

 

PETZL

(ペツル)

[アッセンション]

 

 

フィットしやすい幅広ハンドル構造に注目

 

こちらのモデルはハンドルを握った際のフィ

ット感にもこだわっていて仮にですが片手で

も両手でもラクに操作が出来るのが魅力です。

 

そして人差し指と他の指を掛ける箇所を分け

る事でグリップ性をアップさせと幅広のハン

ドルはグローブをはめた状態でも握りやすく

寄りスムーズな登高をサポートしてくれます。

 

またアッセンダーの握り心地やグリップ力を

重視される方は是非・確認をしてみて下さい。

 

 

 

ART

ポジショナー2

[スイベル]

 

 

スイベル付きなので非常に使いやすい!!

 

こちらのモデルは見た目等もオシャレスタイ

ルのスイベル付きのアッセンダーになります。

 

そしてロープのねじれを吸収しやすく設計さ

れているので右手でも左手でも扱いやすいの

が魅力になっていて更には荷重がかかった状

態であっても片手で簡単にレバー操作が出来

るように工夫して作られているのも特徴です。

 

その他クライミング時の操作性にこだわる方

にもおすすめですしアッセンダーのデザイン

性を重視されて選ばれる方にも注目製品です。

 

 

 

PETZL

(ペツル)

[クロール]

 

 

持ち運びに便利なコンパクト設計に注目!!

 

こちらのモデルは重さが85gと軽量でコンパ

クトなサイズ感が特徴のチェストタイプです。

 

また本体下にある穴に角度がついていますの

でお腹に密着させて取り付ける事が可能です。

 

更にスロットと歯が付いたステンレススチー

ル製カムを採用していますのでロープに付着

した氷や泥を取り除けるのも魅力になります。

 

その他に持ち運びに便利なチェストタイプの

アッセンダーをお探しの方にはおすすめです。

 

 

 

Rakuby

[マイクロプーリー]

 

 

木登りや室内でのトレーニングに最適!!

 

こちらのシリーズは最大耐荷重の方が100kg

813mm径のロープに対応をしています。

 

また本体の素材にアルミ合金を採用していま

すので重さが91gと軽いのも魅力になります。

 

更にカラーリングに関してはブラック・オレ

ンジ・ブルーの3種類のモデルから選べます。

 

その他にも登高はもちろんですが木登りや室

内でのクライミング練習にもおすすめでカッ

プルや友人との間でもカラーの色違いで揃え

られれば今以上に寄り気分を上げられますよ。

 

 

 

Lixada

[アッセンダー]

 

 

アルミニウムマグネシウム合金製に注目!!

 

こちらの製品は素材は軽量且つ丈夫なアルミ

ニウムマグネシウム合金を採用していて最大

耐荷重は140kgと言う荷重を実現しています。

 

そしてカムにはトゲが付いていてロープをし

っかりと噛みつつもロープにダメージを与え

ないよう工夫がされているのがポイントです。

 

またカラーバリエーションも豊富になりま

ので右手用を左手用が選べる点にも注目です。

 

その他にも軽くて頑丈なアッセンダーを探さ

れている方は特に候補に入れてみて下さいね。

 

 

 

◆ヴァーテックス

コング(KONG)

[ダック]

 

 

ロープにもスリングにも使えるアイテム!!

 

こちらのシリーズはロープに加えてテープス

リングにも使えるのが最大の特徴になります。

 

またロープでの利用の際は直径813mm

ープスリングでは1015mmの幅に対応し

いるのがポイントになりますのでその他の

ECサイトの口コミでは作りがしっかりして急

斜面にも使いやすいとの声が見られました。

 

そしてロープだけではなくテープスリングを

利用される方にはおすすめのアイテムですよ。

 

 

 

roc’teryx

(ロックテリクス)

[アセンダー レフト]

 

 

幅広なグリップエンドを

搭載をした左手用タイプ

 

こちらのモデルはロックテリクスから販売さ

れている左利き用のアッセンダーになります。

 

またアッセンダーを握られた際に小指を守れ

るようにグリップエンドを幅広く設計してい

て更には右利き用のグリーンカラーも販売さ

れていてアッセンダーの中では比較的お手頃

な価格帯になっているのも注目ポイントです。

 

その他にも左利き用のアッセンダーを探され

ている方にもおすすめのモデルですが初めて

登高練習をされる方にも非常に向いています。

 

 

 

Lixada

クライミングロープ

[アッセンダー]

 

 

ロープの取り付け・取り外しがスムーズ!!

 

こちらのモデルは本体側面にあるピンにバネ

が付いていますのでロープを簡単に取り付け

たり又は取り外しできるのが特徴になります。

 

そしてロープグリッパーは摩擦を軽減するよ

うに設計がされていますのでロープにダメー

ジを与えにくいのも大きなポイントの一つで

すが個々のパーツはコードで繋がっているの

でパーツの紛失が少ないのもメリットですよ。

 

その他にはロープセッティングのしやすさを

重視されたり又はこだわる方におすすめです

 

 

 

アッセンダーを使用する

上でのポイントを把握しよう

アッセンダーは高い場所に

行く際にサポートをしてくれる

安全性の高い器具になります。

正しい使い方をされれば安全性も

高まりますが誤った使い方をされれば

思わぬ事故に繋がる可能性があるので

ここでは使用上のポイント等を

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

ロープはしっかりと締める

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

登高する際にハンドアッセンダーを

 

使用しているとロープに過度の

 

重さが一気に掛かってしまうと

 

ロープが切れてしまう恐れがあるので

 

出来るだけロープがゆるまない

 

ように注意しなければいけません。

このような状態にしては絶対に

いけないので先に上の穴に

カラビナを掛けておいてから体に

取り付けておけばアッセンダーを

上に移動できないような場合にも

登るのに併せて自然にロープが

滑りあがってくるので安心です。

 

複数のアッセンダーを使い分ける

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ロープを使用して登高する場合には

 

滑落する可能性も考えないと

 

いけないので2つのアッセンダーを

 

使用されれば仮に2つの内の

 

1つのアッセンダーが登高中に

 

外れたとしてももう一つあれば

 

命綱としても安心出来ます。

また滑落する可能性が低いような場所等

 

移動しながらアッセンダーを使用される

 

合には1つだけでも構わないですがロープが

 

るまないように注意をされる事が必要です。

 

登高する前には必ず試す

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

クライミングをされるにあたっては

 

登る前に一度は必ず試してみられて

 

確認されておく言葉が非常に重要です。

そして使用される予定のロープやカラビナ

 

自体がスムーズに装着が可能かどうかと

 

前に取り付けをされてみてスムーズに穴に

 

通したり正常に動作してくれるかどうかの

他にカムがロープをきちんと噛んでロックが

 

掛かるどうかをチェックしておくと安心です。

最後に使用されるカラビナの種類に寄っては

 

各メーカーに寄っては限定されていますので

 

しっかりと確認をされるようにして下さいね

 

レンタルサービスにも注目をする

 

 

https://www.soranoshita.net/

 

クライミングの際に利用されたアッセンダー

 

以外にもクライミングの際にあると便利なア

 

イテムは数多くありますがまず初心者の方の

 

場合にはレンタルすると言う方法もあります。

 

最後に

今回はクライミング用のアッセンダーの

選び方についてお伝えをさせて頂きました。

またクライミングをされる際には思わぬ事故

 

やケガ等に見舞われる可能性が高くなります

 

ので万が一に備えてアッセンダーを上手に使

 

用して楽しいクライミングを楽しんで下さい。

 

スポンサーリンク