おすすめの電子タバコ用アトマイザー【電子タバコには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの電子タバコ用アトマイザー【電子タバコには欠かせないアイテム】

 

今回は御自身合った電子タバコを選ばれる

 

際に欠かせない『アトマイザー』にスポット

 

をあててお伝えをしていきたいと思います。

 

そして『アトマイザー』と言うのは電子タバ

 

スポンサーリンク

 

コやベイプのドリップチップ[吸い口]とバ

 

ッテリーの間にある噴霧装置の事を言います。

 

またここで作り出したミストを吸われる事で

 

リキッドのフレーバーを味わう事が出来ます。

 

ですがいざ商品を選ばれる際にはガラス製か

 

RDAの他にもダブルコイル更には互換性の

 

高い510規格や良く眠れるタイプのものまで

 

種類は豊富でその上Kamryaspireの他にも

 

INNOKIN等の色々ブランドが商品があるので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は電子タバコ用アトマイザーの選び方

 

についてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 電子タバコのアトマイザーとは?
  3. 初めての方は『タンク式』に注目をする
  4. 味わいの質を重視されて選ばれる場合には『ドリッパー式』に注目をする
  5. バランス重視で選ばれるなら『RDTA
  6. 激しい煙等を楽しみたい場合には抵抗値やコイル数に注目をして選ぶ
  7. メントール系のリキッドを重視されて選ばれる場合は『ガラス素材』に注目する
  8. 喫煙ペースに合った容量の商品を選ぶ
  9. バッテリーとの接続規格にも注目する
  10. エアフローコントロールにも注目をする
  11. 電子タバコにも注目をする
  12. 最後に

 

 

電子タバコのアトマイザーとは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回お伝えをする電子タバコはリキッドと言

 

われる専用の液体を加熱して発生した水蒸気

 

[煙]吸うものにはなりますがリキッドを入

 

れられる[アトマイザー]とリキッドを加熱

 

する[バッテリー]を接続して利用をします。

 

また[アトマイザー]はリキッドを入れて水

 

蒸気を発生させる為の部分パーツになるので

 

選ばれる[アトマイザー]次第では味わいや

 

水蒸気の発生量自体が大きく異なってきます。

 

更にスターターキットのセットが一式になっ

 

たものもありますが御自身でパーツを購入さ

 

れて組み合わせられるのも電子タバコの楽し

 

みの一つではあるので煙を楽しみたい派若し

 

くは味わいを楽しみたい派なのかの利用目的

 

に寄って選ばれるアトマイザーは変わります。

 

それぞれの選び方のポイントを理解された上

 

でお好みに合うアトマイザーを選んで下さい。

 

 

 

電子タバコ用アトマイザーの選び方

 

今回は電子タバコ用アトマイザーを

選ばれる上で重要なポイントを

各項目事にお伝えをしていきます。

そしてアトマイザーはタンク式や

ドリッパー式等のタイプに寄って

使い勝手が異なっり電圧の違いに寄って

は驚くような程大きな煙が出たりします。

またアトマイザーを選ばれる際には注意

されるポイントをお伝えをしていきます。

 

 

 

初めての方は『タンク式』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

初心者の方が選ばれるならタンク式』のアト

 

マイザーを選ばれるのがおすすめになります。

 

そしてアトマイザー内に一定量のリキッドを

 

保持できるタンクのような物があるのて空に

 

なるまで何回でも吸い続ける事が出来るので

 

初めて利用される方でもとっても便利ですよ。

 

またタンク式の場合にはコイルユニットを組

 

み込んで利用しますが市販のコイルユニット

 

を利用するタイプ[クリアロマイザー(通称)

 

クリアロ]や自作の手巻きコイルを組み込む

 

タイプ[リビルダブルタンクアトマイザー]

 

(通称RTA)と呼ばれて分類がされています。

 

その他初めて利用される方はタンク式で市販

 

のコイルユニットで利用出来る[クリアロマ

 

イザー]を選ばれる事で手軽に利用出来ます。

 

 

味わいを重視されるなら『ドリッパー式』

若しくは『RDTA』タイプに注目をする

 

仮にですが今以上にもっとステップアップし

て電子タバコの寄り味わいを本格的に楽しみ

たいと言う場合は『ドリッパー式』若しくは

RDTA』と呼ばれるアトマイザーを選ばれ

る事でその違いを実感出来ると思いますのめ

味わいや使いやすさに合わせて選んで下さい。

 

 

味わいの質を重視されて選ばれる場

合には『ドリッパー式』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

電子タバコの中でも『ドリッパー式』はタン

 

ク式に比べてリキッドの味わい自体が濃く感

 

じられるのが特徴で本格的な電子タバコの味

 

を求められる際は非常におすすめになります。

 

また『ドリッパー式』はアトマイザーにリキ

 

ッドを溜め込むタンクが無いので吸われる事

 

にリキッドを補充するのが面倒な反面味わい

 

を変えやすく色々と楽しめる長所があります。

 

更にはコイルを自作したりもするので初心者

 

にはあまり向いてはいませんが御自身のお好

 

みの楽しみ方を変えたい方には適しています。

 

一般的に[リビルダブルドリッピングアトマ

 

イザー](通称RDA)と呼ばれているものです。

 

そしてリキッドを少量でも保持できるものと

 

まったく保持できないものとの2種類に分類

 

する事が出来ますが保持できないものを特に

 

[直ドリップ(通称直ドリ)]と呼んでいます。

 

バランス重視で選ばれるなら『RDTA

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

電子タバコを楽しまれる際に本格的な電子タ

 

バコの味を楽しみたいけれどドリッパー式の

 

ような難しいタイプは苦手だと言われる方に

 

は『RTDA』のタイプがおすすめになります。

 

そして『RTDA』はタンク式とドリッパー式

 

の良い部分だくを兼ね備えていて初級者の方

 

でも比較的簡単に取り扱える商品になります。

 

また通常と異なるアトマイザーの仕様に寄っ

 

てりタンクを溜めておける利便性と味わいの

 

良さを両立していて本格的な味わいを好まれ

 

る方を中心に日々人気が上がってきています。

 

ただ注意点として手軽に取り扱えると言われ

 

ていても全く知識の無い初心者では難しくあ

 

る程度の経験レベルが求められますので取り

 

扱う際にはそれなりの勉強が必要になります。

 

その他にRDTAとは[リビルダブルドリッピ

 

ングタンクアトマイザー]を略したものです。

 

スポンサーリンク

 

激しい煙等を楽しみたい場合には

抵抗値やコイル数に注目をして選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

電子タバコの魅力の一つに爆煙等もあります。

 

そして水蒸気なので嫌な臭いがなくタバコ寄

 

りもはるかに大量の煙が出せるのが特徴です。

 

爆煙される際はΩオームで表示される抵抗値

 

を確認されて数値の少ない物を選んで下さい。

 

また具体的には0.9Ω以下で0.50.25Ωならベ

 

ストですがただしを切ってしまうとバッテ

 

リーに負担がかかるので避けた方が良いです。

 

更には爆煙に挑戦されたい方は2つ以上のコ

 

イルに対応した[デュアルコイル対応アトマ

 

イザー]を選ばれるのも良いかも知れません。

 

その他にも初心者向けのクリアロマイザーは

 

シングルコイルが一般的でデュアルコイルに

 

は少々専門知識が必要になる場合もあります

 

が出力が2倍でド派手な爆煙等を楽しめます。

 

 

 

タンク式なら素材や容量にも注目する

 

電子タバコのリキッドを溜めておけるタンク

式アトマイザーを選ばれる際には素材や容量

もしっかりと確認しておきたいポイントです。

またちょっとした事柄で使い心地の良さが等

が大きく違ってくる点も見逃せない部分です。

 

 

 

メントール系のリキッドを重視されて

選ばれる場合は『ガラス素材』に注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にメントール系のリキッドを中心に利用さ

 

れる場合には耐熱ガラス素材を選んで下さい。

 

またプラスチックのタンクにメントール系の

 

リキッド入れて利用されるとひび割れを起こ

 

す事があるのでこのひび割れを防ぐ為にはガ

 

ラスを採用したアトマイザーを選ぶ事が重要

 

になってきてその中でも特に耐熱性に優れた

 

パイレックスガラスで有ればあらゆる系統の

 

リキッドに耐性があると言う点では安心です。

 

喫煙ペースに合った容量の商品を選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれるタンクの容量に寄ってアトマイザー

 

に寄って色々変わってきますが小まめに補充

 

するのが面倒で有ればタンクが大きいシリー

 

ズのモデルを選ばれると非常に楽ですがあま

 

りにも大きすぎると持ち歩くのに不便なので

 

こちらでは御自身の喫煙ペースに合った容量

 

も考慮されながら選ばれると失敗がないです。

 

そして例えばですが電子タバコ用のリキッド

 

は約0.1mlが紙タバコ1本分に相当しますが仮

 

110本程度を吸うような方で有れば1ml

 

量のタンクでおおよそ1日分の計算になります。

 

バッテリーとの接続規格にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アトマイザーを選ばれる場合には最近主流に

 

なってきている[510規格]がおすすめです。

 

そして現在の主な規格はスティック型のモデ

 

ルで良く利用される[510規格]とボックス

 

型に多い[eGo規格]にはなりますが誤った

 

組み合わせでは両方を正しく接続出来ません。

 

反対にお伝えすると規格さえ合っていれば異

 

なるメーカー同士で合ってもアトマイザーと

 

バッテリーであっても接続可能と言う事です。

 

また手持ちのバッテリーを利用される場合は

 

その規格に合うアトマイザーを選んで下さい。

 

エアフローコントロールにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アトマイザーを選ばれる上で失敗をされたく

 

ない場合はエアフローコントロールが出来る

 

アトマイザーを選ばれるのが重要になります。

 

そしてエアフロー[空気の流れ]をコントロ

 

ール[調節]が可能なアトマイザーで有れば

 

吸い心地を自由自在に調節が出来て尚且つ御

 

自身のお好みの味わい堪能する事が出来ます。

 

またエアフローを絞られる事で重い吸い心地

 

にしたり開かれる事で軽い吸い心地にしたり

 

と味わいを濃くしたり薄くしたりも可能です。

 

その他最近はエアフローコントールが出来る

 

かアトマイザーが増えてきているので是非選

 

び方のポイントとして覚えておいて下さいね。

 

電子タバコにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

従来のタバコにはない爆煙やフレーバーが楽

 

しめる電子タバコは色々な色や形の商品があ

 

りお気に入りのデザインを選ばれればばファ

 

ッションアイテムとしてもして楽しめますよ。

 

 

 

売れ筋電子タバコ用アトマイザーに注目する

 

御参考までにはなりますが電子タバコ用アト

マイザーを選ばれる上でAmazonサイト等の

売れ筋商品ランキングにも注目をして下さい。

 

Amazonサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は電子タバコ用アトマイザーの

 

選び方についてお伝えをさせて頂きました。

 

また電子タバコ用アトマイザーを上手に選ば

 

れればオシャレに喫煙を楽しめるだけでなく

 

禁煙にも繋がりますのでお気に入りを見つけ

 

られて健康的な毎日に役立てて言って下さい。