おすすめのアジングロッド【アジ釣りには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのアジングロッド【アジ釣りには欠かせないアイテム】

 

ここ最近では海のアジをルアーで釣り上げる

 

フィッシング『アジング』が流行っています。

 

そしてブームが盛り上がるにつれてどんどん

 

とアジング専用のロッドも発売されています。

 

スポンサーリンク

 

そこでダイワやシマノの他にヤマガブランク

 

ス等の有名な釣り具メーカー等から色々な商

 

品のシリーズが販売されている上に1万円以下

 

の商品から5万円を超える超高級ロッドまで

 

多くのロッドのシリーズが展開されています。

 

またいざ商品を購入しようと思っても

 

どの価格帯のロッドを選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は初心者の方でも使いやすい

 

アジングロッドの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 感度を重視されるなら『ショートロッド』
  3. 狙いの釣り重視なら『ロングロッド』
  4. 初心者の方は『ミディアムロッド』に注目
  5. 超軽量ルアー用のアジングロッドで釣りを楽しまれる場合には初心者には向かない
  6. ロッドを楽しまれる場合には初心者には向かない
  7. ロッドの汎用性を重視される場合にはルアー負荷7g程度まで背負えるものに注目をする
  8. 初心者の方には『ソリッドティップ』
  9. アワセ重視なら『チューブラーティップ』
  10. リールとのバランスにも注目する
  11. 夜釣りをされるなら釣り用ライトが必須
  12. 最後に

 

 

アジングロッドの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はアジングロッドを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

アジと言う魚はルアーを加えたとしても違和

感があるとすぐに吐き出してしまうとても繊

細な魚である事からアジングは寄り繊細なア

タリを読みとっていくような釣りになります

それにはロッドの感度や性能が重要になるの

でロッド選びがアジングの釣果を左右すると

言っても過言ではありませんので[長さ]と

[ルアー荷重]更には[ティップ]その他に

は[リール]が釣果に大きく左右してきます

次にロッドの使いやすい長さ等にも注目です。

先ずはアジングロッドの長さに関してですが

アジングロッドには様々な長さのモデルが

あっておおよそ5フィート[約1.5m]位から

8フィート[約2.4m]位までの長さが主流です

またロッドの長さに寄って用途や性能が大きく

異なるので用途に合ったロッドを選んで下さい

 

 

 

感度を重視されるなら『ショートロッド』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アジングロッドのショートロッドの良さは短

 

いゆえにとりまわしがラクなので寄り正確な

 

キャスティングが出来ると言うのが特徴です。

 

そしてピンポイントを狙いたい場合はショー

 

トロッドの方かま断然有利になりますので仮

 

にショートロッドを利用されるなら5フィー

 

ト[約1.5m]から6フィート[約1.8m]位が

 

目安になりますが比較的短い長さになります。

 

更には感度が良いのもショートロッドの強み

 

でアジ特有の小さなアタリも見逃がしません。

 

またアタリ等を感じたらそのままアワセが出

 

来るのもショートロッドならではの良さです。

 

ただショートロッドは軽いルアーしか投げら

 

ずに遠投が出来ないので釣りに不慣れなビギ

 

ナーさんには少し使いづらいかもしれません。

 

沖狙いの釣り重視なら『ロングロッド』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

狙われるアジと言う魚はいつも岸に寄ってい

 

るとは限らずで海の潮の状態に寄っては沖目

 

に群れていることもありますのでそのような

 

場合には『ロングロッド』をおすすめします。

 

また7ft[約2.1m]〜8ft2.4m]位の長めの

 

ロッドで寄り遠くをポイントを狙って下さい。

 

ロングロッドと言うのは比較的重いルアーが

 

投げられるのでロッドにルアーの重さを乗せ

 

た勢いも合わせて遠くへ飛ばす事が出来ます。

 

ただ注意点としてロングロッドの場合は軽い

 

ルアーには不向きになりますので比較的軽い

 

小さなルアーを利用する事が多いアジングで

 

は利用される用途の幅が限られてしまいます。

 

その他ロングロッドは初心者の方が最初の1

 

として選ばれると言う寄りは1本目のロッドに

 

十分に慣れている方で2本目を寄り遠くに投

 

げて攻略出来るのがロングロッドになります。

 

初心者の方は『ミディアムロッド』に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アジングロッドを選ばれる上で初心者の方が

 

まず1本目を選ばれるなら6 ft1.8m]から

 

7ft2.1m]のミディアムロッドが良いです。

 

またミディアムは17g位の重さのルアーを

 

投げる事が出来て扱いやすいのが特徴ですが

 

ショートロッド程は高感度ではないですがロ

 

ングロッド程ロングキャストは出来ないです

 

がそこそこの軽いルアーを使用する事が出来

 

て長い距離を気持ち良く投げられるという観

 

点から考えるとミディアムロッドが一番です。

 

そしてミディアムロッドを利用出来るように

 

なると今以上にもっと軽いルアーでのアワセ

 

をされたい更にはもっと遠くへ飛ばしたいと

 

いう御自身なりの欲求が出てくると思います

 

のでその時々に応じてショートロッドやロン

 

グロッドを2本目として選んでみて下さいね。

 

 

 

ルアーの荷重にも注目をする選ぶ

 

利用されるおおよその長いロッド程重いルア

ーを投げる事は可能ですがロッドに寄ってそ

れぞれの適合荷重が異なるので選ばれる長さ

と共に適合荷重にも確認をしておいて下さい。

また適合荷重510gのロッドで1gのルアーは

と言うのは非常に投げづらくまともにキャス

ト出来ないので利用されるルアーやリグ等も

視野に入れられて最適なものを選んで下さい。

 

 

 

超軽量ルアー用のアジングロッドで釣り

を楽しまれる場合には初心者には向かない

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ルアーを選ばれる際に一般的にルアーは重い

 

タイプ寄りも軽いタイプの方が魚に違和感を

 

与えにくいのでアジング釣りでは0.5gと言う

 

超軽量のジグヘッドに極小のソフトルアーと

 

言う組み合わせが非常に良く利用されますよ。

 

またこの軽いルアーを投げられる為にロッド

 

は細くしなやかな特別仕様のものが最適です。

 

そしてアタリを重視される場合には超軽量の

 

ルアーに適合しているロッドがおすすめです

 

ですが超軽量ルアーを投げられる際には初心

 

者の方は少し扱いづらいので注意が必要です。

 

その他超軽量ルアーは基本的に投げやすくな

 

っていますがやはりちょっとしたコツが必要

 

で少し風が吹いただけでルアーが流されてし

 

まったり又は糸フケが出てラインが絡まった

 

りといったトラブルも頻発しがちになります。

 

どのような状況でも軽いルアーを利用された

 

としてもきちんとキャスティングが出来なけ

 

れば魚は釣れないですし最初の1本として持た

 

れるなら超軽量のルアーに対応しているアジ

 

ングロッドは避けられた方が良いと思います。

 

スポンサーリンク

 

ロッドの汎用性を重視される場合にはルア

ー負荷7g程度まで背負えるものに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に初心者の方が選ばれるなら最小荷重が1

 

〜2g程度の最大荷重が710g位のルアーに適

 

合するアジングロッドがおすすめになります。

 

そしてこれ位の重量で有ればロッドでルアー

 

の重みを感じながらスムーズに気持ち良くキ

 

ャスティングが出来ると思いますしまた1

 

10g程度のルアーも利用が出来るとアジング

 

だけではなくメバルやカサゴ等の根魚や小

 

りのシーバスまで幅広く狙う事も出来ますよ

 

そしてアジングしかしないという方で初心者

 

の方で有ればとにかくロッド自体を他の釣り

 

でも使いまわしたいと思われると思いますの

 

でそのような場合には110g位のルアーの負

 

荷がかかるアジングロッドなら一番汎用性が

 

く幅広い魚釣りに対応が出来ると思います。

 

 

 

ティップ[穂先]の種類にも注目をする

 

ロッドの中のティップ[穂先]は釣り竿の命

と言われるようにティップの役割は重要です。

またティップに左右されて釣りの仕方も変わ

ってきますのでしっかりチェックして下さい。

更にはアジングロッドにはソリッドティップ

とチューブラーティップの2種類があります。

れぞれのティップ性質を御理解をされた上

御自身に合ったティップを選んで下さいね。

 

 

 

初心者の方には『ソリッドティップ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ソリッドティップは柔らかく魚の食い込みを

 

重視されるならこちらのいロッドが良いです。

 

またソリッドティップタイプのロッドはしな

 

やかで竿先がグニャッと曲がるのが特徴です。

 

更にはアジがルアーを食べた直後にそれ程違

 

和感を与えないもので特にアワセの動作をい

 

れたりしなくても魚の口に勝手にハリが食い

 

込むような[向こうあわせ]が多くなります。

 

これは良く言われる知らない内に魚掛かって

 

しまったと言う物で自動フッキングに近いで

 

すから初心者の方にとっても使いやすいです。

 

アワセ重視なら『チューブラーティップ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

チューブラーティップが向いているのは中級

 

以上の方でチューブラーティップと言うの空

 

洞の中空構造になっていてハリがあるのでア

 

ジの繊細なアタリを手元まで伝えてくれます。

 

これは言ってみれば感度重視のティップです。

 

そして魚のアタリもわかりやすく竿先がやや

 

硬めなので魚をはじいてしまいやすい若しく

 

はアタリを感じたらすぐにアワセられる技術

 

を持っている方に適しているというわけです。

 

ただ初心者の方でもアタリのアワセの腕を磨

 

きたいと言う場合にはチューブラーティップ

 

を選択肢の一つとして選ばれるのも良いです。

 

また非常に感度は良いですからアタリを敏感

 

に察知してフッキングも出来ない言うもどか

 

しい釣りになってしまう場合もありますが何

 

度も繰り返すうちに次第に上達していきます。

 

その他にも合わせたアタリに即座に反応をし

 

てビシッとアワセる事が出来るようになられ

 

れば寄りアジングが楽しくなるに違いません。

 

リールとのバランスにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

魚釣りをされる最後に案外見過ごされている

 

のがロッドとリールとのバランスになります。

 

例えばですが既に持っているリールを流用さ

 

れる場合にはリールの重さに合ったロッドを

 

選ぶようにされてやや重みのあるリールで有

 

ればロッドの方はは少し重めのモデル選ばれ

 

て軽いリールなら軽いロッドがおすすめです。

 

そしてアジングは小さい軽いルアーを了解し

 

て感度を重視するので選ばれるロッド自体は

 

軽量に設計されているものが大半になります。

 

また軽いロッドに重いリールをセットされる

 

とバランスが崩れてアタリが良く分からなく

 

なってしまいますのでロッドと一緒にリール

 

を同時に新調される場合には軽いリールを選

 

ぶこともポイントになってきますしロッドと

 

リールのバランスが取れている方がロッドの

 

性能を引き出しやすいと言う特性があります。

 

夜釣りをされるなら釣り用ライトが必須

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アジングを始められる際に基本的にアジが岸

 

際に寄って来る夕方から夜にかけて行います。

 

そんな暗い釣り場では転倒等の思わぬトラブ

 

ルが起きてしまう場合も考えられるのでこん

 

な時に役立ってくれるのが釣り用ライトです。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は初心者の方でも使いやすい

 

アジングロッドの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

初心者の方が最初の1本として選ばれる

 

アジングロッドは今現在は技術開発が

 

進んで入門用や廉価版と言ってもモデルでも

 

自体はかなりのハイスペックになりますので

 

どれを選ばれてももそれなりに満足出来ると

 

は思いますが初めての1本目は自分でこれだ

 

と思われるロッドをやはり選びたいですよね。

 

また短いロッドが良いのか若しくは長いロッ

 

ドの方が良いのかはアジだけではなく他の釣

 

りにも流用されるのかどうかで御自身の利用

 

目的良く考えられて最適の1本を選んで下さい。