おすすめのバイク保険【人気のある保険会社に注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのバイク保険【人気のある保険会社に注目をする】

今回はオートバイを運転される際に自賠責保

険と合わせて任意加入されておくといざと言

う時には必ず役立つ『バイク保険』にスポッ

トをあててお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

そしてオートバイを購入された時に加入され

たままの方や更新の時期が近づき保険会社か

ら通知が届いて方もいらしゃるとは思います。

ですがいざバイク保険を選ぼうと思われても

数多くの保険の種類があるので先ずは特徴を

把握されて比較するのはなかなか大変ですね。

そこで今回はバイク保険の選び方に

ついてお伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. バイクの任意保険には必ず加入する保険
  3. コスト重視ならダイレクト型に注目する
  4. 20以下の若い方はファミリーバイク保険
  5. 御家族で複数台のオートバイを所有されている場合にもおすすめ
  6. ロードサービスの内容にも注目をする
  7. 所有されているバイクの利用目的や年間の走行予定プランに合わせて選ぶ
  8. 費用を出来るだけ抑えるコツとは?
  9. 最後に

バイクの任意保険には必ず加入する保険

https://www.zenrosai.coop/

先ずはバイクの任意保険はまだまだ加入率の

少ない保険ではありますが自賠責保険で賄わ

れると思い込んでいる方が多いのが現状です。

ですが自賠責保険で対応できるのは相手の身

体に対する一部の損害のみだけで相手が死亡

してしまった場合には3000万円程でまた治療

等の場合は120万円の金額が限度になります。

そして事故損害でオーバーされた分は自己負

担になるのでバイク保険に加入されていない

と言う事なら自費で莫大な金額の[賠償金]

を支払わなければいけなくなる事になります。

またバイク事故の場合は自分自身が重傷にな

りやすくてしばらく働けない状況になる可能

性も非常に高くなりますしオートバイはガソ

リンが漏れやすく転倒事故だけでなく車体が

炎上してしまうような事も少なくありません。

御自身のバイクだけならまだしもお店にも被

害を出してしまった場合や他の車を巻き込ん

でしまうと賠償金額はすぐに膨れ上がります。

その他にもバイク事故の中には何億円と言う

賠償金額を命じられる事も考えられますので

そうなってしまうと自己負担ではすぐに支払

えなくなってしまって相手への賠償金を払う

為だけでなく御自身の生活スタイルや御家族

を守られる為にも万が一の状況に備えて必ず

バイク保険に加入される事をおすすめします。

バイク保険の選び方

今回はバイク保険を選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

またここからは多くの方が迷われて

しまう5つのポイントを中心にバイク

保険の選び方についてお伝えをします。

コスト重視ならダイレクト型に注目する

https://www.axa-direct.co.jp/

今回選ばれるバイク保険には加入方法の違い

に寄って代理店型とダイレクト型があります。

そしてバイクショップや修理工場等が保険会

社の代理店となって保険の契約手続きを行う

代理店型の長所は保障内容の相談が可能です。

更に事故を起こした際に代理店を知っている

方が現場に駆けつけてくれるのでその安心感

を得る為に契約していると言う方も多いです。

ダイレクト型のバイク保険の中でも保障内容

自体に大きな差はありませんが担当者との関

係を築いておきたい方は代理店型が良いです。

またダイレクト型の一番の魅力は何と言って

も契約のしやすさなのでインターネット等に

接続可能な環境ならどこでも契約が出来ます。

その他直接保険会社と契約される分コストが

安く抑えられる部分も大きな魅力の一つでコ

ストダウンはもちろんですが代理店型でかか

るのと同じコストでも保障内容を充実させた

り更には特約をつけたりされる事も可能にな

るのでコストを重視されて選ばれる方にはダ

イレクト型バイク保険が非常におすすめです。

自動車も所有されている方には特約の

ファミリーバイク保険にも注目をする

仮にファミリーバイク保険を御検討をされる

場合には自動車保険に付帯できる特約になる

ので対象となるバイクの種類は125cc以下に

定されてはしまいますが以下の項目ような

ースでは特にこちらの保険がおすすめです。

■20歳以下の若い方はファミリーバイク保険

https://www.aioinissaydowa.co.jp/

バイク保険に加入されるにあたって保険料が

かなり高くなるのが若い世代の方になります。

そしてオートバイの免許は16歳から取得可能

ですがバイク保険の加入は20歳以上に制限さ

れているものもありますので仮にですが20

以下で加入出来るバイク保険だとされたらコ

ストがかかる内容のものが多くなっています。

そんな時におすすめなのがファミリーバイク

保険にはなりますがこちらの保険内容で有れ

ば年齢に関係なく補償を受ける事が可能です。

ただ注意点としましてファミリーバイク保険

はあくまでも125cc以下のバイクに適応出来

る自動車保険の特約になりますので250㏄や

500cc以上の大型バイクの車種に乗られてい

る場合は別に任意保険に入る必要があります。

御家族で複数台のオートバイを

所有されている場合にもおすすめ

https://www.sompo-japan.co.jp/

例えば仮に4人御家族の場合それぞれがオ

バイを所有されているような御家庭も中には 

あると思いますのでそう言った場合には別々

に任意保険をかける事になると高額な保険料

なってしまいますがファミリーバイク保険

でいずれか1つだけで補償を受ける事可能です。

そして全て125cc以下である必要があります

が単純に保険の対象となれば費用の方は4

1になりますし1つの保険で保障される場合

でもファミリーバイク保険の場合はバイク事

故によって保険を利用されてたとしても等級

には影響がないのも特徴の一つにはなります。

ただ注意点としてバイク保険料は一切変わら

ない事になるので無事故でバイク保険に加入

し続けていれば将来的にはバイク保険の方が

安くなっていきますので仮にどの位の期間に

バイクに乗るのかも含めて試算されてみてフ

ァミリーバイク保険にされるのか又はバイク

保険にされるのかを決めるようにして下さい。

ロードサービスの内容にも注目をする

https://www.zurich.co.jp/

選ばれるバイク保険の中で補償の次に重要な

のはロードサービスの内容にはなってきます。

また大型バイクでツーリングに行かれる際は

必要になる事も多いと思いますので保険を選

ばれる際は御自身が想定しているサービスを

提供しているかどうかを比較してみて下さい。

更に近距離でしかオートバイに乗らない場合

はロードサービスの拠点が御自身の住んでい

る地域にあるかによって現場にどれだけ早く

到着出来るかどうかの時間が決まってきます。

そしてツーリング等で遠方まで出かける方で

有れば旅先等で困らないようにバイクをどこ

まで無料で運んでくれるのか若しくは旅先か

ら帰る際の交通費や宿泊費用が負担されるの

か等の想定可能なポイントを書きだされた上

で比較される事で寄り良いプランが探せます。

プランを選ばれる際には契約内容をそれ程考

えないでコストのみで契約をされてしまうと

遠方からのバイク搬送に何万円も費用がかか 

るケースもありますので注意をして下さいね。

その他に例えばですが距離で比較をされれば

アクサダイレクトは50Kmまで無料搬送可能

ですがチューリッヒ保険なら100Kmまで搬送

してくれたりするのでロードサービスの拠点

数等もそれぞれの会社でかなり差があったり

するのでこちらも合わせて確認をして下さい。

所有されているバイクの利用目的や

年間の走行予定プランに合わせて選ぶ

https://www.mitsui-direct.co.jp/

所有されているバイクを通勤や通学に利用さ

れるのか寄って週末の過ごし方やレジャー等

を利用されるのかに寄っても費用の方が大き

く変わってきますので例えばですが通勤や通

学等で利用される方の場合には年間走行距離

が多くなる分保険料も高くなる事が多いです。

そして日々の通勤や通学の距離の他にも年間

に出かけられるツーリングの回数更には今現 

在の走行距離等をベースに計算をされてみて

年間走行距離が10000km以下で有れば年間

の走行距離に応じて保険料が変わる保険を検

討されてみる価値が十分にあるとは思います。

またギリギリの走行距離にされるとそれを超

過した時に手続きが必要になってくるので選

択区分の中から少し余裕がある距離を選ばれ

て徐々にコストを抑えていく方が良いですよ。

その他10000km以上は確実に走行されると言

う場合には三井ダイレクト損保のように走行

距離で保険料が変わらない保険会社の方が安

くなる事もあるので御検討をしてみて下さい。

費用を出来るだけ抑えるコツとは?

https://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

選ばれるバイク保険の補償を充実させてコス

トを最大限に抑える方法としては割引制度を

活用される事補償内容を制限できる保険を優

先的に選んで絞り込んでいく方法になります。

また各保険会社に寄って色々な割引制度が設

けられていますし今現在ではインターネット

等からの申し込みで割引以外にも早期契約で

割引される早割や更に免許証の色によって割

引される会社もありますので活用して下さい。

そして最近ではクレジットカードの分割払い

も可能になってきていまして年間保険料をま

とめて支払われる寄りも支払いがしやすくて

クレジットカードのポイントも同時に貯まっ

てくれるのもクレジットならではの特典です。

更に各保険会社に寄って補償内容を対人と対

物のみの最低限にする事で1万円以下にする事

も可能だったり又は医療保険等で事故やケガ

の費用を補える場合は検討の価値があります。

その他には申し込む時期に寄ってキャンペー

ンが行われている場合もあるのでこのような

機会を活用されてコストを抑えていくのも1

の方法になりますが今回は一番安い保険会社

が来年も一番とは限りませんので毎年更新時

期にいくつかの保険会社を比較して下さいね。

スポンサーリンク

最後に

今回はバイク保険の選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

また一口に『バイク保険と』言っても御自身

の状況やバイクの種類に寄って生活パターン

や御年齢に寄りピッタリの保険が変わります。

ですのでバイク保険は種類の方が数多くある

ので把握しにくい部分もあるも知れないです

がいざという時には御自身の御希望通りの保

障内容やサービスが受けられる事が重要です。

また今回お伝えさせて頂いた選び方を御参考

にされて是非・自分自身や御自身の御家族を

守られる為のバイク保険を見つけて下さいね。