おすすめのベッドフレーム【お洒落なインテリアとしても欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのベッドフレーム【お洒落なインテリアとしても欠かせないアイテム】

今回は部屋のインテリアとしても見た目の

印象を大きく変えたり又は設置スペースを

利用してしまう『ベッドフレーム』に

スポットをあててお伝えをしていきます。

一口に『ベッドフレーム』と言っても

スポンサーリンク

色々なメーカーから発売はされてはいますが

御自身の部屋に合った製品を選ぼう思っても

やはりベッドを選ばれる際は部屋の

雰囲気を左右する重要な家具になるので 

お洒落な木製のローベッド

スタイリッシュなパイプベッド

収納に便利な引き出し付きのベッド等の

利用目的に合わせた色々な機能があるので

いざ製品を選ぼうと思っても

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も 

多いのではないでしょうか?

今回はベッドフレームの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 利用目的に合ったサイズを選ぶ
  3. 梅雨の時期等のカビ等が気になる場合は通気性の良い『脚付きタイプ』がおすすめ
  4. 部屋の空間を出来る広く見せたい場合は『ロータイプ』の製品がおすすめ
  5. 1人暮らしで衣類等の荷物が多い部屋の場合は『収納付き』タイプがおすすめ
  6. 利用目的に応じたフレームの素材を選ぶ
  7. 最後に

ベッドフレームの選び方

今回はベッドフレームを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

■利用目的に合ったサイズを選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

ベッドフレームを選ばれる上で重要な事は

大人一人が快適に寝られるサイズになります。

男性の方の場合で有れば100cmの横幅

女性の方の場合で有れば90cmの横幅

一般的な基準として必要とされていますが

シングルベッドで有れば大人の方が一人で

寝られる為の横幅は100cm前後になります。

身長が比較的小さめの女性の方の場合は

80~85cm幅のセミシングルがおすすめです。

更に広ちベッドで寝たいという方は横幅が

120㎝のセミダブルサイズを選ぶと安心です。

一般的な2人用のダブルベットサイズは横幅

140cm程になるので仮に大人が2人で一緒に

寝られるには多少窮屈にはなるので選ばれる 

なら160cm幅のクィーンサイズのベッドや

180cm幅のキングサイズをおすすめします

但し・ベッドを設置される場合は部屋の

広さとの兼ね合いも考えなければいけません

例えばシングルの場合は寝室として4.5畳は

設置スペースとして確保したいところです。

またワンルームマンションの場合は6畳が

目安にはなりますがダブルベッドの場合で

有ればそれ以上に広さが必要となるので

ワンルームの場合は設置スペースとして

12畳位はないと圧迫感が出てしまいます。

更にクィーンやキングサイズの製品ならば

部屋の広さが10畳以上の広いスペースの 

寝室でないと設置するのは非常に難しいです。

ベッドを選ばれる際は御自身の体格や寝相を 

考慮しながら部屋の広さとバランスが丁度

合ったサイズを選ばれる事が非常に重要です。

どのタイプのベッドの縦の長さに関しては

195~200cm程と言うのは変わらないので

注目点されるポイントとしては横幅のみです。

長所と短所を把握された上て

ベッドフレームの高さを決める

ベッドフレームを選ばれる上で高さのある

『脚付きタイプ』のモデルもあれば

高さが低めの『ロータイプ』分かれるので

それぞれの長所と短所をしっかりと理解

された上でピッタリの製品選びが重要です。

■梅雨の時期等のカビ等が気になる場合は

通気性の良い『脚付きタイプ』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

製品を選ばれる上で高温多湿の夏や日当たり

の悪い部屋等に設置される場合はマットレス

にカビが生えてしまう場合があると思います。

脚が付きのタイプで有れば床までの高さに

隙間があるので通気性が非常に良く抜群です。

また定期的にマットレスを干したり換気等を

される場合は脚付きタイプをおすすめします。

またマットレスを設置される部分のパーツが

『スノコ』になっている形状の製品のタイプ

で有れば寄り一層通気性の性能が一段と高ま

るのでサイドボードやフットボードの部分の

幅がそれ程広くない床との隙間が十分開いて

いる製品のモデルのシリーズがおすすめです。

その他『脚付き』タイプのシリーズの短所と

してベッドの下に埃が非常に溜まりやすい

のでフローリング用のクイックルワイパーや

ロボット掃除機等で掃除する必要があります。

脚付きベッドの下に収納等のを並べたい方も

多いとは思いますが余りに並べすぎると

通気性を失くしてしまうので注意が必要です。

■部屋の空間を出来る広く見せたい

場合は『ロータイプ』の製品がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ベッドフレームのシリーズのロータイプの

中には大きく分けて『フロアベッド』と 

『ローベッド』のタイプの2種類があります。

[フロアベッド]タイプのシリーズはほぼ

床に接するくらいの低さのタイプが一般的

ですが[ローベッド]タイプははそれよりも

少し高さがあるタイプのベッドを指します。

またどちらのタイプのベッドも布団を敷いて

いる感覚で利用する事か出来て尚且つ安定性

に優れているのでインテリアの空間としても

圧迫感がないので部屋を広く見せる場合には 

非常に重宝する優秀なアイテムになります。

『ロータイプ』シリーズのベッドの短所と

してはサイズオーバーの布団の場合は床の埃

を拾いやすい事と[脚付きタイプ]の製品に

また座椅子等のように腰を掛けたりするには

低すぎるのでローソファのように腰掛けも

同時に利用されたい方には不向きになります。

ので[ロータイプ]はワンルーム物件寄りも

寝室に置きたい方向けのベッドフレームです。

■1人暮らしで衣類等の荷物が多い部屋

の場合は『収納付き』タイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

1人暮らしを始められた直後はどうしても

荷物が多くなりがちになってしまうので

事前に収納場所を出来るだけ多く準備を

しておきたいと言う方にはベッド下に収納

出来るタイプのモデルがおすすめになります。

フレームのシリーズの中でもマットレス部分

が持ち上がってベッドフレームの内側の

全てが収納スペースの『跳ね上げ式』の

タイプのシリーズとベッドの下に引き出しを

搭載している『引き出しタイプ』があります。

また収納の大きさを重視して選ばれるなら

断然[跳ね上げ式]のタイプになりますが

こちらのシリーズは商品数が非常に少ない

ので探すのか困難になるかも知れないです。

更に引き出しタイプの場合は引き出す為の

設置スペースが必要な事と引き出しがサイド

のどちらに付いているので確認をして下さい

その他両タイプに共通して言える短所の

中で通気性が悪さの問題になるので製品事に

それぞれを緩和する工夫はしてありますが

脚付きタイプの製品と比べると劣ってしまう

ので定期的にマットレスを縦置き等の

対応をして換気等をするようにして下さい。

■利用目的に応じたフレームの素材を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

ベッドフレームを選ばれる上でフレーム

自体の素材に寄って部屋の印象が大きく

変わってくるのでスタンダードで一番

合わせやすくておすすめ出来るのはどんな

部屋の空間にも馴染みやすい木製になります。

『木製』タイプのモデルで有れば耐久性にも

優れた檜や桐等の他にも調湿性がある杉や

更には安価で柔らかな手触りのパイン材等の

選ばれる選択肢も種類の方が非常に豊富です。

もう一つの長所としてはどの製品のモデルも

しっかりとした作りであるものが多いです。

またシンプルな印象の部屋の雰囲気にされる 

ならパイプを組み合わせたアイアンベッドの

フレームタイプのシリーズもおすすめです。

『アイアンベッド』のフレームの特徴として

床板は網状で通気性に優れている木製タイプ

の製品寄りも比較的製品自体も軽いので模様

替えがしやすいのも特徴の一つになります。 

但しバネの変形やネジの緩み等があると言う

デメリットもあるので耐久性には欠けます。

フレームに高級感を演出されたい場合は

[ファブリックベッドフレーム]や

[レザーベッドフレーム]等の製品の 

購入の視野に入れられても良いと思います。 

フレーム素材の木製や金属製のフレームを

布や革で覆っているのでヘッドボードに

クッションが入っている場合も多いので

仮にあたったとしても痛み等はないですよ。

スポンサーリンク

■最後に

今回はベッドフレームの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

一口に『ベッドフレーム』と言っても

色々な種類の製品が数多く

販売されていますがやはり一番欲しいと

思われるのは[快適な睡眠]になると

思いますので今回の記事を御参考に

お気に入りの製品を見つけて頂きたいです。