おすすめの便秘薬【お通じには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの便秘薬【お通じには欠かせないアイテム】

今回は女性の方にとって非常に厄介な

お悩みの一つでもある便秘解消してくれる

アイテム『便秘薬』にスポットをあてて

お伝えをしていきたいと思います。

便秘は食生活の改善等で解消される場合もあ

りますがどうしても辛い場合には便秘薬に頼

るのもおすすめですが一口に『便秘薬』と言

っても副作用の有無の他どの薬が一番良く効

く成分なのかどうかはパッケージを見られた

だけでは判断がしにくいのでないでしょうか?

今回は便秘薬の選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. キツい便秘には刺激性のタイプがおすすめ
  3. 自然なお通じを求められる場合には非刺激性のタイプの便秘薬がおすすめ
  4. 刺激性タイプの中でも副作用は避けたいと思わられるなら『漢方薬』タイプがおすすめ
  5. 腸働きも整えたい場合には整腸剤や乳酸菌配合の薬のタイプがおすすめ
  6. 薬の量が調節しやすい形状にも注目をする
  7. 妊娠中の服用は医師に相談をする
  8. 最後に

便秘薬の選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回は便秘薬を選ばれる上での

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに刺激性若しくは非刺激性の

どちらが合っているのかを便秘薬の

効き方で選ばれる事が重要になります。

そして便秘薬は大きく分けて[刺激性]と

[非刺激性]があってそれぞれ効き方が

異なってくるので薬品の特徴を視野に入れて

選ばれる事でより安心して利用出来ますよ。

■キツい便秘には刺激性のタイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

例えば何日も出ないようなキツい便秘には刺

激性のタイプの便秘薬がおすすめになります。

またセンナやピサコジルのような強い成分が

配合されているので即効性には期待出来ます。

更にダイエットや生活習慣の乱れからの便秘

におすすめで便秘に寄って普段の生活に支障

が出ていたり症状がひどい場合に効果的です。

ただ注意点として排便時に腹痛を伴う場合も

あったりするのとまた飲み続けられる事で薬

の効果が薄くなっていきそれに寄って常習化

の危険性もあったりするので仮にですが一週

間程継続されて薬で改善されない場合は服用

をやめて医師に相談される等注意が必要です。

自然なお通じを求められる場合には

非刺激性のタイプの便秘薬がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

便秘薬を選ばれる薬の中でも腹痛を伴わない

自然なお通じを求められる方には非刺激性の

優しいタイプの便秘薬がおすすめになります。

また腸機能の低下からくる便秘や水分の不足

からくる便秘の症状等に非常に適しています。

酸化マグネシウムを主な成分として日頃から

飲み続けられる便秘薬として非常に人気です。

更に便秘薬には便に水分を与えて柔らかくす

る働きもあるのでスーッと自然に近い感じの

お通じも期待出来ますし便秘がちな方が最初

に試されるならおすすめ出来る便秘薬ですよ。

ただ注意点として高齢者の方で腎機能が低下

されている場合には不向きな面も出てきます。

スポンサーリンク

刺激性タイプの中でも副作用は避けたいと

思わられるなら『漢方薬』タイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

便秘薬の中でも即効性は欲しいけれど腹痛等

の副作用は避けたいと言う場合には漢方タイ

プの便秘薬[大黄(だいおう)]と呼ばれる薬

草等が主成分が多く含まれていて更にセンナ

やピサコジルを主成分とした即効性タイプの

成分と同じ働きをしてくれる効果があります。

何日も出ていないキツい便秘にも効果的です。

そして腸を整えてくれる働きもあるので下痢

や便秘を繰り返す方にも非常におすすめです。

腸の働きも整えたい場合には整腸剤

や乳酸菌配合の薬のタイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

便秘の大半の原因は腸の機能不足から起こる

事が多いので仮にですが便秘を解消しながら

腸の働きを整えたい場合は整腸剤や乳酸菌配

合を多く含んだ便秘薬がおすすめになります。

また腸内の環境を良くする働きがあるので体

内の中で自然に出せる力を養う事が出来ます。

更に他の薬と併用したり出来るのも特徴の一

つなので今・現在通院中の方や持病を持たれ

ている方にとってもサポートをしてくれます。

そして現在も便秘薬を利用したりしていても

将来的にはやめたいと考えられている方や乗

り換え用の便秘薬としても活躍してくれます。

薬の量が調節しやすい形状にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

便秘薬を選ばれる際には薬の中に含まれる成

分ももちろん大事ですが薬に寄って効き方が

人に寄ってバラバラだったり薬を飲まれた方

の体調に寄っても大きく異なってくるので御

自身で飲む量を調節しやすい形状が最適です。

また液体タイプの便秘薬なら飲まれる量を

簡単に調節出来たりするので非常に便利です。

更に錠剤を飲むのが苦手な方にもおすすめは

出来ますがただ注意点としてダイレクトに薬

の味わいが伝わってしまうので出来るだけ飲

みやすい味わいの薬を選ぶようにして下さい。

その他に錠剤から選ばれるなら中央に割線が

入ったものを選ぶのも一つの方法で半分に割

られる事でも飲む量を調節する事が出来ます。

妊娠中の服用は医師に相談をする

https://www.amazon.co.jp/

妊娠中に便秘薬を利用されるとホルモンバラ

ンスが変化して腸の働きに変化が起きたり又

体が水分を体に蓄えようとしたりする事から

便秘がちになる方も数多くいらしゃるのでそ

うなるとやはり便秘薬が欠かせなくなります。

また産婦人科等で処方される薬と同じ成分の

便秘薬で有れば比較的[安心]だと思えます。

がそれでも医師が推奨する便秘薬が大半です。

その他どの薬が服用可能かどうかと今までに

飲んでいた薬を続けても問題はないかどうか

を事前に病院で確認しておく事も大切ですよ。

スポンサーリンク

最後に

今回は便秘薬の選び方について

お伝えをさせて頂きました。

また[便秘]等に悩まされている方は意外と

多いとは思いますが特に女性の方はホルモン

の影響から便秘になりやすいと言われていた

りもしますがぽっこりお腹を解消される為に

も上手に色々な便秘薬を最大限に活用されて

私生活でも快適なお通じにして頂きたいです。