おすすめのベース弦【演奏性の高さや品質の高さに注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのベース弦【演奏性の高さや品質の高さに注目をする】

 

今回はバンドを組まれる上でも欠かす事の出

 

来ない楽器の一つと言えばベースになります。

 

また魅力的なベースの重要な部分でもある音

 

源を保つには弦選びが非常に重要になります。

 

ですので今回は『ベース弦』の選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

仮にいざベッド弦を選ぼうと思っても弦に関

 

しては素材や形状等の注目されるポイントが

 

かなり豊富にある上にベース自体のスケール

 

等に関しても確認をしておく必要があるので

 

どのタイプを選んだら良いのか?

 

迷われる方も多いのではないでしょうか?

 

今回はベース弦の選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 弦数に注目をする
  3. ベース本体のスケールに関しても把握する
  4. 幅広いジャンルでも使える『ニッケル』
  5. 硬い音等を重視されて選ばれるので有れば『ステンレス』又は『スチール』に注目する
  6. 暗い音色を重視されるなら『ナイロン』
  7. 音色重視で選ばれるなら『ブロンズ』
  8. 力強い音色を重視されるなら『コバルト』
  9. ベース弦の『ゲージ』にも注目をする
  10. はっきりとした音が出せる事が特徴の『ラウンドワウンド』の弦に注目をする
  11. 倍音の成分が少ない暗い音を重視されるので有れば『フラットワウンド』に注目をする
  12. ラウンドワウンドとフラットワウンドの中間で選ばれるなら『ハーフラウンド』
  13. の寿命が長期的に長い『コーティング』
  14. 『テーパーコア』にも注目をする
  15. 演奏幅が広くなるエフェクターにも注目
  16. 最後に

 

 

ベース弦の選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はベース弦を選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

そしてまずは店頭やネットショップで

弦を選ぶ際の参考にして頂きたいです。

 

 

 

弦数に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

まず御自身のお持ちのベースに弦が何本張れ

 

るのかをしっかりと把握する必要があります。

 

そして一般的なベースはたいていは4弦になり

 

ますがモデルに寄っては5弦や6弦といった多

 

弦ベースのラインナップも展開されています。

 

また当然の事ではありますが弦をセットで購

 

入される場合にさセットに入っている弦の本

 

数についてしっかりと確認しておいて下さい。

 

ベース本体のスケールに関しても把握する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ベース本体のスケールと言えばナットからブ

 

リッジサドルまでの長さの事を指しています。

 

そしてお持ちのベースのスケールに適した弦

 

を選ばなければ長さが合わなくて弦ぎ張れな

 

い事があるので最新の注意が必要になります。

 

またスケールに関しては一番人気の高い

 

[ロング・スケール](34インチ)の他に

 

[スーパーロング・スケール](35インチ)

 

又は子供さんや女性の方にも弾きやすい

 

[ミディアム・スケール](32インチ)

 

更にショート・スケール」(30インチ)の

 

4種類があるのでこちらも注目をして下さい。

 

 

 

弦の材質にも注目をする

 

ベースの弦に採用されている材質にはニッケ

ルやステンレスの他にもスチールが有名です

そしてナイロンやブロンズの他にコバルトと

言った材質が採用される事がありますがそれ

ぞれの特徴を把握されて御自身の出したい音

に合わせて弦選びをするようにして下さいね。

 

 

幅広いジャンルでも使える『ニッケル』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

素材の中でもニッケルはベース弦として最も

 

一般的な素材になるので寄りリーズナブル且

 

つ錆びにくいので非常に使い勝手の良いです。

 

そして音には癖がなくてバランスも良好にな

 

るのでどんな奏法にも又はどんなジャンルに

 

でもオールマイティに対応する事が出来ます。

 

またどの弦を利用されたら良いのか迷われた

 

際にはまずこの素材の弦を選んでみて下さい。

 

硬い音等を重視されて選ばれるので有れば

『ステンレス』又は『スチール』に注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

弦の素材ラインナップの中でもステンレスや

 

スチール素材は硬く耐久性に優れた素材にな

 

っているいますが日常から人利用されている

 

とフレットの消耗が激しくなってしまいます。

 

またその素材自体の硬さでもあるので音自体

 

はっきりとしていて明るくまた硬い印象です。

 

更に音の立ち上がりも速く特にスラップを多

 

用する奏者の方には特に愛用されていますが

 

ややギラギラした音でもあるので演奏をされ

 

るジャンルを寄っては選ぶ弦となっています。

 

スポンサーリンク

 

暗い音色を重視されるなら『ナイロン』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

音の中でもまろやか且つやや暗めな音色を奏

 

でたい場合にはナイロン素材がおすすめです。

 

またその音色から頻繁にクラシックギターに

 

用いられる素材でベース等にも利用されます。

 

更にベース等に張るとウッドベースとエレキ

 

ベースの間のようなサウンド感覚になります

 

その他素材自体が非常に柔らかいのでフレッ

 

トは傷つけにくい弦なので伸縮性も持ち合わ

 

せているので押さえやすいのもポイントです。

 

音色重視で選ばれるなら『ブロンズ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

弦の中でもブロンズと言うのは銅と錫の合金

 

にはなりますがこちらはベースだけでなくア

 

コースティックギター用の弦としても頻繁に

 

利用される事が多い素材ですが温かさと落ち

 

着きを兼ね備えた音色が特徴でもあるのでジ

 

ャズ等に向いた弦だと言える一つになります。

 

またブロンズ素材の場合には更に燐を加えた

 

[フォスファーブロンズ]という素材もあっ

 

たりするのでこちらのブロンズの音色にやや

 

きらびやかさを加えたような音色になります。

 

力強い音色を重視されるなら『コバルト』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

弦素材の中でもコバルト弦は磁性が非常に高

 

い特徴を持ち合わせているのでパワフル且つ

 

透き通るような明快な音質が特徴がなります。

 

そして特に低音に関してはパワフル感が増す

 

ので御自身の音色にもっと幅広い範囲で響か

 

せたいと言う方に非常におすすめになります。

 

その他にフィーリング自体もなめらかになる

 

ので弾きやすさはもちろんですがベース弦の

 

寿命も長いと言うのも魅力の一つになります。

 

ベース弦の『ゲージ』にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ベースの弦の太さを表す指標がゲージですが

 

ゲージは弦のテンション感に関わっています。

 

そしてゲージの値が大きい弦に関してはテン

 

ション感が増してくるので音を奏でる際には

 

っきりとした音程を出したい場合に最適です。

 

また反対にゲージの値が小さい弦の場合はテ

 

ンション感が弱くなるので演奏がしやすです。

 

初心者の方が選ばれる際には[045065

 

080100]辺りのベース弦がおすすめです。

 

 

 

弦の形状にも注目をする

 

ベース弦の形状はラウンドワウンドやフラッ

ワウンドの他にもハーフラウンド等3種類があ

りますがそれぞれの音色が異なるので利用され

るベース弦の特徴に注目をして比較して下さい

 

 

はっきりとした音が出せる事が特徴の

『ラウンドワウンド』の弦に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ベース弦には芯線に丸い巻弦を巻き付けた構

 

造となっているのがラウンドワウンド弦です。

 

そして一番ポピュラーな構造の弦でありなが

 

らも明快ではっきりした音が特徴の一つです。

 

また丸い巻弦を巻いているので弦の表面には

 

凹凸があってこの凹凸がある事で使いやすさ

 

も大きく変わってくるので寄り多くのジャン

 

ル奏者に利用されているのがこちらの弦です。

 

注意点として長期的に同じ弦を利用されてい

 

ると弦自体の劣化がすすんで丸みを帯びた音

 

に変化してきてしまうと言う特徴があります。

 

スポンサーリンク

 

倍音の成分が少ない暗い音を重視されるの

で有れば『フラットワウンド』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

フラットワウンド弦を選ばれる特徴として芯

 

線に平らな巻弦を巻いた構造となっています。

 

ですので弦の表面は平らでテンション感は同

 

じ太さの場合は[ラウンドワウンド弦]寄り

 

もかなり強く感じられる事もあると思います。

 

また音は倍音成分が少なくダークな印象を持

 

ち合わせている特徴になるのでフレットレス

 

ベース奏者に良く利用される傾向にあります。

 

ラウンドワウンドとフラットワウンド

の中間で選ばれるなら『ハーフラウンド』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ハーフラウンド弦に関しては芯線内側がラウ

 

ンドで外側がフラットの巻弦を巻いたものか

 

又はラウンドワウンド弦の表面を削って平ら

 

にしたものもハーフラウンドと呼んでいます。

 

また音色はラウンドワウンドとフラットワウ

 

ンドの中間のような印象にはなるのでラウン

 

ドワウンドの音はギラギラしすぎていますが

 

フラットワウンドなどちょっとダーク間があ

 

ると思われる方に是非試して頂きたい弦です。

 

 

特殊加工がされた弦にも注目する

 

ベース弦の中には特殊加工が施されている

製品も展開されていますがこれは音色や弦の

寿命にも大きく影響をしてくるので特殊加工

がどのようなものかもしっかり把握して下さい

 

 

弦の寿命が長期的に長い『コーティング』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

コーティング弦と言うのその名前の通りで弦

 

に特殊なコーティングを施したものでコーテ

 

ィングがされていない弦と比較をすると錆び

 

にくく長持ちする傾向が特徴としてあります。

 

またフィンガリングノイズも出にくいですよ。

 

そして音色に関しては非コーティング弦寄り

 

もやや落ち着きが感じられるようになるので

 

ラウンドワウンド弦を選ばれた場合にはギラ

 

ツキ感は弦の持つ特徴として軽減されますが

 

音抜けが悪いと感じられる方も多いようです。

 

『テーパーコア』にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

『テーパーコア』と言えば多弦ベースの5

 

6弦で頻繁に利用される弦のシリーズです。

 

またブリッジサドル付近が細くなるような加

 

工が施されている上に非テーパーコア弦と比

 

較されてもサステインに優れていて音程も良

 

く弦を新しく張ったとして馴染みやすいです。

 

ただテーパーコアの弦は4弦までの弦との弾き

 

心地の差が大きく出てしまうので敬遠をされ

 

るベーシストの方も数多くいらっしゃいます。

 

演奏幅を広くなるエフェクターにも注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ベース演奏される際に必ず必要と言うもので

 

はないですがあるとベースの演奏が今以上に

 

エフェクターを選ばれるのも方法の一つです。

 

また利用状況の上達を妨げるとして製品とし

 

て避けられる時もありますが音作りの幅を広

 

げてくれたり飛び道具的として利用出来ます。

 

 

 

ベース弦の売れ筋ランキングにも注目する

 

こちら御参考までにして頂きたいのですが

ベース弦のAmazonサイトや楽天サイトの他

Yahoo!ショッピングサイト等の売れ筋ラン

キングは以下のリンクから確認して下さいね。

 

Amazonサイトランキング

 

楽天サイトランキング

 

Yahoo!サイトランキング

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はベース弦の選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

ベース弦はベース音色の弦に寄って左右され

 

るベース演奏には欠かせないアイテムにはな

 

るので今回の記事を御参考にしながら是非お

 

気に入りのベース弦を見つけて頂きたいです。