おすすめのベースケース【ハードタイプやソフトタイプの他にギグバッグタイプにも注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのベースケース【ハードタイプやソフトタイプの他にギグバッグタイプにも注目をする】

今回はベース本体を持ち運びをされる際の

必須アイテム『ベースケース』にスポット

をあててお伝えをしていきたいと思います。

ベースケースが有れば移動の際に色々な衝撃

スポンサーリンク

から大切な楽器を守る事が出来たりしますが

いざ商品を選ぼうと思ってもベースケースに

はハードタイプからソフトケースタイプまで

色々なラインナップの種類がある上に小物だ

けでなくシールドや楽譜までが収められる収

納力の高いシリーズも数多く揃っていますが

商品をどのような基準で選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はベースケースの選び方に

ついてお伝えをしていきます。

  1. 目次
  2. 自動車で運ばれるなら『ハードケース』
  3. 持ち運びを重視してケースを選ばれるなら『ギグバッグ』『セミハードケース』に注目
  4. 金額を重視されるなら『ソフトケース』
  5. 変形ベースはサイズ選びが重要
  6. 肩掛けやリュックタイプにも注目をする
  7. ベース本体とは別の収納にも注目する
  8. 価格帯があまりにも安いケースは避ける
  9. ベースケースのレインカバーにも注目する

ベースケースの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はベースケースを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めにベースケースは大きく分けて

3種類に分かれますがそれぞれのモデル

に寄って長所と短所が大きく異なって

くるのでこちらもお伝えをしていきます。

自動車で運ばれるなら『ハードケース』

https://www.amazon.co.jp/

ベースケースの中でも『ハードケース』の一

番の魅力は何といっても頑丈だと言う事です。

仮にですが移動中の際にぶつけてしまったと

しても中にあるのベースはびくともしません。

ですので高価なベースを取り扱う機会が頻繁

に多い場合だったりプロの現場等ではハード

ケースが良く使われる事が一般的になります。

ただハードケースの弱点としてとにかくかさ

ばってしまう事が一番大きな難点になります。

また大きなベースを収納されると思いますの

でそのサイズも全長1メートル以上となってく

るのでハードケースの場合には利用しない場

合は折りたたんでおくと言う事は不可能です。

更にハードケースはとにかく重いと言う事が

あるのでケース商品に寄ってはケースだけで

5kgオーバーになる事も考えられますがその

中にベースを収納するのでかなりの重さです。

なので高級ベースを持ちながらスタジオやラ

イブ会場へ機材者で移動するという場合には

問題はないですが電車での移動は考え物です。

やはりベースを長期間保管しておきたいとい

う場合はハードケースタイプがおすすめです

気温や湿度の変化を受けにくいのも特徴です。

持ち運びを重視してケースを選ばれるなら

『ギグバッグ』『セミハードケース』に注目

https://www.amazon.co.jp/

ベースケースの中で今現在一番人気の高いシ

リーズの方がこちらのギグバッグになります。

またソフトケースの中にはクッション材をし

っかりと敷き詰めてあるので突然外部からの

衝撃があってもベースをしっかりと守ります。

更にハードケースの頑丈さには叶わないです

がギグバッグの一番のメリットは持ち運びの

しやすさがスムーズだと言う事と元々の重量

が軽いと言う事はもちろんですがギグバッグ

には通常ストラップがついているので背中に

背負って通常のカバンのように持ち運べます。

そしてギグバッグのタイプの中にもハードケ

ースと同様に頑丈な素材にはなるので軽さに

もこだわって緩衝材は最低限というシリーズ

まで様色々なアイテムが展開されていますよ。

金額を重視されるなら『ソフトケース』

https://www.amazon.co.jp/

ベースを購入されてこれからバンドを始める

のでとりあえず移動に利用するケースが欲し

い方におすすめなのが『ソフトケース』です。

こちらのソフトケースで有れば購入される金

額帯の中でも安い物なら1,000円位で買えます

またシールドを購入されたり弦を購入された

り更にストラップを購入されたり色々な物を

一式で揃えないといけない場合にこのような

比較的お手頃価格なのは非常におすすめです。

ただ注意点としてベースが収納可能な最低限

のナイロンバッグと言う作りになるのでぶつ

けたりした衝撃は直接にベースに伝わってし

まうので持ち運ぶ際には気をつけて下さいね。

スポンサーリンク

変形ベースはサイズ選びが重要

https://www.amazon.co.jp/

ベースシリーズの中でもジャズベースやプレ

シジョンベース等の定番のベース本体を利用

されている場合はサイズ感の事をそれ程・気

にされる必要はないので読み飛ばして下さい。

ですがそれ以外の少し変形をしたタイプのベ

ースをお持ちの場合にはきちんと収納可能か

どうかを購入前にしっかり確認をして下さい。

またベースケースに寄っては上手に収納出来

ない事もあり仮にサンダーバードを収納され

る際にはギグバッグタイプが欠かせないです。

更に変形ベースでケースを探される場合には

全長と最大幅をしっかりと計測された上で実

際にお持ちのモデルが本当に収納可能かどう

かを把握されないと失敗になってしまいます。

その他どうしても対応モデルが分からない場

合は台形タイプのギグバッグタイプで一番サ

イズが大きい物を選ばれていれば大丈夫です。

肩掛けやリュックタイプにも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

ベースケースの中でハードケースを選ばれる

場合にはハンドル部分を手に持って移動され

る以外の方法はないのですがギグバッグタイ

プで有ればストラップが付いているのでスタ

ジオやライブ会場等へ頻繁に移動される事が

多いので有ればそのケースの形状も重要です。

まず一つ目がリュックタイプのケース有れば

安定してベースを運ぶ事が可能な上にリュッ

クタイプのケースなら背負って自転車でスタ

ジオに行く事も出来ますし有名バンドマンで

も利用される位安定して持ち運びが出来ます。

またもう一つが肩掛けタイプのケースですが

肩掛けタイプのケースは作り自体が非常にシ

ンプルな構造になっているので比較的お手頃

な価格でケースを手に入れられる事はもちろ

んですがその役割は十分に果たしてくれます。

ベース本体とは別の収納にも注目する

https://www.amazon.co.jp/

ベースを持ってどこかへ出かける場合には最

低でも何本かのシールドとチューナーを一緒

に持ち出される事が多いとは思いますがカバ

ーバンドになってくるとまた変わってきます。

当然ですがまた別のカバンを準備されても良

いですがこれらをベースケースに一度に収納

しておかれれば何かと便利だと思いますので

出来れば最低限持ち歩くセットがベース用の

ケースに収納出来る物を選んでおいて下さい。

価格帯があまりにも安いケースは避ける

https://www.amazon.co.jp/

ベースを購入されて楽器を始められた頃はま

だ初心者なのでとりあえず最低限のソフトケ

ースを選ばれると言う選択肢を除いてあまり

にも安い価格のケースの購入は避けて下さい。

理由としては一見ハードケースに見えたとし

ても実はベニヤ板を繋いでいるだけのペラペ

ラなケースであったりギグバッグタイプのケ

ースで言えばジップが潰れてしまってベース

本体がはみ出してしまう物であったりその他

ストラップの留め具が突如ちぎれてしまって

落下してしまうようなケースがあるからです。

そしてケースは大切なベースを守る為の重要

な道具の一つなので音に直接的に関係ない部

分であってもそれなりの物を選んで下さいね。

ベースケースのレインカバーにも注目する

https://www.amazon.co.jp/

例えばスタジオを予約された日に限って雨が

降ってしまってベースケースを運ぼうにもサ

イズが大きすぎる為に傘だけでは雨を防ぐ事

が出来ないと言う不便等ではないでしょうか?

そしてベースはシンプルな楽器ながめ電子機器

になるので出来れば濡らしたくないものです。

また雨が降った際に大活躍をしてくれるのが

ベースケースの[レインカバー]になります。

ベースケースのレインカバーが有ればサッと

被せるだけで雨からケースを守ってくれます。

またそれ程かさばったりはしないのでベース

ケースのポケットの中に入れておけばいざと

言う時の雨対策にも安心して利用出来ますよ。

売れ筋のベースケースにも注目する

御参考までにはなりますがベースケースを選

ばれる上でAmazonサイトや楽天サイト等の

売れ筋商品ランキングにも注目をして下さい。

Amazonサイト

楽天サイト

スポンサーリンク

最後に

今回はベースケースの選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

一度ベースケースを購入されてしまうと

そう何度もケースを購入される方も少ない

とは思いますので出来る事なら信頼出来る

少し高価なケースの方が良いかも知れません。

またしっかりとしたベースケースを選ばれれ

ばスタジオ等への移動もスムーズですしそれ

だけでも演奏が楽しくなる事は間違いないの

で今回の記事を御参考にされて御自身に合う

お気に入りのケースを見つけて頂きたいです。