おすすめのビオトープ【観賞用の水草にも注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのビオトープ【観賞用の水草にも注目をする】

 

今回はドイツ語で[生物の生息する場所]と 

 

言われている意味の方が『ビオトープ』です。

 

また庭やベランダの小さな空間であっても自

 

然を感じられる事から人気が高まっています。

 

スポンサーリンク

 

ですが国内等で販売されている水草は何百種

 

類ともあるので一体どれを選んだら良いのか?

 

そしてどのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか? 

 

今回はビオトープにおすすめの水草の

 

選び方についてお伝えをしていきます。

 

  1. 目次
  2. 後景なら湿地植物や抽水植物がおすすめ
  3. 前景なら浮葉植物や浮水植物がおすすめ
  4. 水質浄化能力を重視されるなら沈水植物
  5. 小型シュリンプ等を水槽の中に入れられるなら無農薬水草に注目
  6. 水槽の中に金魚やタナゴ等を入れられる場合には柔らかくて増えやすい水草がおすすめ
  7. 水草は水温上昇を防ぐのは浮草タイプ
  8. 水質適応幅が広い水草に注目をする
  9. CO2無添加又は肥料無添加の水草に注目
  10. 水温適応幅が広い水草に注目をする
  11. 金魚やメダカ等も一緒に飼育される場合にはこちらの水草シリーズにも注目をする
  12. 最後に

 

 

ビオトープにおすすめの水草の選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はビオトープにおすすめの

水草を選ばれる上で重要なポイント

を各項目事にお伝えをしていきます。

先ずは後景や前景をに注目をして下さい。

そして美しいビオトープに仕上げる為には

鉢全体のバランスを考えながら最低限意識し

ないといけないのは[後景]と[前景]です。

また[後景][前景]と言うのは簡単に言え

鉢の後ろの方と前の方に何を植えるのかと

言う事だけになりますが一番ポピュラーなの

は後景に背の高い水草を植えながら前景に背

の低い水草を植えると言うやり方になります。

更に屋外に設置するビオトープに適した水草

の選び方を押さえていきなから初心者の方で

も簡単に育てられる水草に注目して下さいね。

 

 

 

後景なら湿地植物や抽水植物がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

始めに後景を作られるならある程度高さが出

 

る水草がおすすめでシラサギカヤツリ等に代

 

表とされる根のみが水中にあるので葉や茎は

 

地上にあるという湿地植物やミズトクサのよ

 

うに根と茎の一部は水中にあるので一部の茎

 

や葉のみが水上に出る抽水植物が一般的です。

 

そしてどの位の高さまで伸びてくるのかは植

 

物に寄って大きく異なりますので必ず御確認

 

をされた上で購入される事をおすすめします。

 

更に湿地植物の場合は根のみが水に浸かって

 

いる状態を維持しなければならなかったりす

 

るので水位に良く気を付けられて水深が深す

 

ぎるようなら鉢を利用して段差をつけるよう

 

な工夫等も必要になるので注意をして下さい。

 

その他ビオトープ全体の水深は515cm有れ

 

ば十分ですので色々な植物を植えるのに適し

 

た水深と言えますがただ水深が浅いと水温の

 

変化は激しくなりますので特に夏場等には日

 

陰を作ってあげる等の対応が必要になります。

 

前景なら浮葉植物や浮水植物がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

前景では睡蓮のように根は地中にあり葉のみ

 

水上に浮かぶタイプの浮葉植物やホテイアオ

 

イのように水面にぷかぷかと浮いている浮水

 

植物を配するとベストだとは思いますが浮水

 

植物の場合には根も水中で浮遊しているので

 

水位はそれ程気にされなくても大丈夫ですよ。

 

また根を地中に張る浮葉植物の場合は葉だけ

 

を水上に出せるよう水位に気を付けて下さい。

 

更に5cm位の水深が適している浮葉植物が多

 

いので水深等が深いようなら調整が必要です。

 

水質浄化能力を重視されるなら沈水植物

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にビオトープを鑑賞して癒されたいと思わ

 

れているなら透明で美しい水を目指したいも

 

のなので透明な飼育水を維持されるには浄化

 

能力の高い水草を投入するのがおすすめです。

 

そしてマツモやアナカリス等の沈水植物は根

 

や葉から有害物質を良く吸収してくれますよ。

 

小型シュリンプ等を水槽の中に

入れられるなら無農薬水草に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

水槽の中に小型シュリンプのミナミヌマエビ

 

やヤマトヌマエビ等の淡水で生きているシュ

 

リンプで有れば水温の方も530度と適応範

 

囲が広く屋外の飼育には非常に適しています。

 

また[コケの掃除屋]と言う異名を持つ事も

 

あって非常に人気が高くビオトープを作られ

 

るなら必ず取り入れて入れておきたい生体で

 

すが小型シュリンプ等を入れる場合は水草等

 

は必ず無農薬のものを選ばれるのが重要です。

 

更に水草の多くは成育促進や害虫除去の他に

 

傷み防止の目的の為に何らかの農薬が使われ

 

ていますので特に海外からの輸入水草の場合

 

にはまず農薬が使われていると考えて下さい。

 

そして水草を美しく保つのが農薬ですがシュ

 

リンプ等にとっては[猛毒]残留農薬のある

 

水草をシュリンプがいる水槽に入れた途端に

 

シュリンプ達がもだえ苦しみ全滅してしまっ

 

たと言うような事にならない為にビオトープ

 

にシュリンプがいる場合は必ず無農薬水草を

 

選ばれる事が一番大切なポイントになります。

 

水槽の中に金魚やタナゴ等を入れられる場

合には柔らかくて増えやすい水草がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

水槽の中に金魚やタナゴを飼われるなら食欲

 

旺盛なので水草等も一緒に食べてしまいます。

 

またビオトープに入れる場合には柔らかくて

 

増えやすい水草を選ばれておくと良いですね。

 

更に例えばですがアナカリスやマツモ等のは

 

比較的お手頃な価格帯ですし光と水質条件さ

 

え合えば放っておいてもどんどん増えますよ。

 

その他にも頻繁に水草等を投入しなくても済

 

むようにビオトープ内で水草が再生されると

 

言うような環境を目指して頑張って下さいね。

 

スポンサーリンク

 

水草は水温上昇を防ぐのは浮草タイプ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

育てられるビオトープは一年中外に置かれて

 

いますので屋外で生体を飼育される場合に気

 

を付けなければいけないのは真夏と真冬です。

 

また特に近年ですが夏の温度上昇等は凄まじ

 

いのでメダカや金魚の場合には30度前後にな

 

っても大丈夫とはされてはいますがやはり温

 

度上昇によって体が弱ってしまう可能性はあ

 

りますし小型シュリンプの場合には水温が30

 

度以上になると死んでしまう場合もあります。

 

そしてその対策としてはビオトープを直射日

 

光が当たらない場所に鉢ごと移動させたり又

 

はビオトープにすだれをかけて直射日光が当

 

たらないようにする等の対策が挙げられます

 

が浮草タイプの水草も水温上昇を防いでくれ

 

ますのでホテイアオイやスイレン等がビオト

 

ープとしては人気の水草シリーズになります。

 

 

 

お手入れが曖昧で育つ水草なら管理がラク

 

仮にですが何百種類と販売されている水草で

はありますがその中には管理が難しくて初心

者の方だと枯らしてしまう水草等もあります。

その他にビオトープ初心者の方でも育てやす

い又はある程度放っておいても育つ水草のポ

イント等をお伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

水質適応幅が広い水草に注目をする

 

 

https://item.rakuten.co.jp/

 

仮に安定したビオトープの水質は弱酸性~弱

 

アルカリ性の間の数値で維持されている事が

 

多いですがただ注意点として自然の摂理に任

 

せて放っておくビオトープは水質が上下する

 

可能性もありますのでビオトープに投入する

 

水草は水質適応幅が広いものを選んで下さい。

 

■CO2無添加又は肥料無添加の水草に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれた水草の中には二酸化炭素や肥料を適

 

宜追加されないと上手に育たないものもあり

 

二酸化炭素は専用の添加器具で添加をして肥

 

料は液体タイプであれは飼育水の中に滴下し

 

たり個体タイプなら底砂の中に植え込んだり

 

しますがといずれにしても手間がかかります。

 

そして肥料を添加される場合には注意されな

 

いと逆効果になる場合もありますのでビオト

 

ープに投入をされるので有れば出来ればCO2

 

無添加&肥料無添加タイプの水草がラクです。

 

水温適応幅が広い水草に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

最後にビオトープはヒーター等の温度調節器

 

具を利用しないので越冬が課題ですが自然の

 

中にある水草が越冬するように販売されてい

 

る水草の中にも越冬が出来る商品はあります。

 

仮にですがアナカリスやマツモの他にウィロ

 

ーモスやウォーターマッシュルーム等は比較

 

的低温に耐えられる品種のタイプになります。

 

金魚やメダカ等も一緒に飼育される場合

にはこちらの水草シリーズにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

記事の中でビオトープに生体を入れて飼育さ

 

れたい場合にはメダカや金魚におすすめの水

 

草を入れてあげる事も出来ますな生体が入れ

 

ば肥料が入れなくても水草自体も育つので管

 

理もしやすいのでこちらも注目アイテムです。

 

 

 

売れ筋のビオトープに注目をする

 

御参考までになりますがビオトープを選ばれ

る上でYahoo!ショッピングサイト等の売れ筋

商品のランキングにも注目をして頂きたいです

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はビオトープにおすすめの水草の

 

選び方についてお伝えをさせて頂きました。

 

またエアレーションやヒーター等を利用しな

 

いビオトープは室内のアクアリウムとはまた

 

違った観点で水草を選ばれる必要があります。

 

そしてビオトープが一番美しいのは春~夏時

 

期になるのでこの時期に合わせてどんな水草

 

を投入するか計画を立てながら育てて下さい。