おすすめの防音カーテン【音漏れをしっかりとキャッチしてくれるインテリアアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの防音カーテン【音漏れをしっかりとキャッチしてくれるインテリアアイテム】

 

今回は室内外からの音漏れをしっかりと

 

抑えてくれる『防音カーテン』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

防音カーテンが有れば静かで快適な空間を作

 

スポンサーリンク

 

るだけでなく御近所さんとの騒音トラブル等

 

を回避させる為にも非常に有効なアイテムに

 

はなりますがいざ製品を選ぼうと思っても

 

製品の中には低音や高音騒音の色々な種類が

 

あるので効果に関してもどの位効いてくれる

 

のかとか部屋の雰囲気が重たくならないかど

 

うか等の製品を購入される上でも色々な疑問

 

が多いのでどの製品を購入したら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか? 

 

今回は防音カーテンの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 防音カーテンの良さと魅力とは?
  3. 楽器や赤ちゃんの泣き声等の騒音対策には『4重構造』以上の製品がおすすめ
  4. お子さんの声やテレビの音等の騒音対策には『3重構造』がおすすめ
  5. プライバシー保護も重視して選ばれるなら『コーティング加工』の製品もおすすめ
  6. 寄り高い防音効果を重視して製品を選ばれるなら重たいカーテンを選ぶ
  7. カーテン選びをされる際には窓枠寄りも大きめがサイズがおすすめ
  8. カーテンの生地感にも注目をする
  9. 防音タイプで利用可能な防レースとのセット製品にも注目をして選ぶ
  10. 防音マットにも注目をする
  11. 最後に

 

 

防音カーテンの良さと魅力とは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

防音カーテンは室内から漏れる騒音を軽減

 

したり特殊加工のされたカーテンになります。

 

またその効果がどのくらいのレベルの製品な

 

のかが気になる方も多いとは思いますが特に

 

威力を発揮してくれるのが高音域になります。

 

例えば自動車や電車の走行音と言った低音域

 

や振動音の[楽器]や[ペット]の他にも

 

[子供の泣き声]等にも大活躍してくれます。

 

また音だけでなく断熱効果が得られるのも特

 

徴の一つですが何層にも重なった構造になっ

 

ているのて熱や冷気を逃がさないように無駄

 

な冷暖房費を抑えてカットする事が出来ます。

 

更に素材や構造に寄っては遮光効果が得られ

 

るカーテンもあるので非常におすすめですよ

 

その他には御近所さんとのトラブルの原因で

 

一番多いとも言われているのが[騒音]です

 

防音工事を施工されるのは大掛かりな作業で

 

すがカーテンを取り換えるだけなら簡単に出

 

来るので是非・気がかりな音を減らして快適

 

な生活に取り入れてみては如何でしょうか?

 

 

 

防音カーテンの選び方

 

今回は防音カーテンを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は防ぎたい音

のレベルで製品を選ばれる事です。

一口に『騒音』と言ってもその種類や

音の大きさは色々あるので防ぎたい

騒音のレベルに合った製品を選んで下さい。

 

 

 

楽器や赤ちゃんの泣き声等の騒音対策

には『4重構造』以上の製品がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

騒音になりやすい楽器演奏や赤ちゃんの

 

泣き等の部屋中に響き渡るような大きな音

 

カットされたい場合には『4重構造』以上

 

の防音カーテンのシリーズがおすすめです。

 

また[4重構造]タイプは布+3層以上の加工

 

が施された高密度な構造になっているので二

 

重サッシに匹敵する防音効果が期待出来ます。

 

また[4重構造]以上のタイプは音楽スタジ

 

オ等でも利用されていて本格的な楽器演奏や

 

赤ちゃんの泣き声の他にもペットの泣き声対

 

策にも非常におすすめのシリーズになります。

 

その他製品として重くなりがちなので通常の

 

カーテンレールでは対応できないケースもあ

 

る上に購入価格も高めにはなりますがサッシ

 

の取り換えや防音壁を一から施工される事を

 

考えられるので有れば手頃な方法になります。

 

お子さんの声やテレビの音等の

騒音対策には『3重構造』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

3重構造]の防音カーテンの場合にはテレ

 

ビの音やお子さんの話声と言った日常の騒音

 

が気になる方には非常におすすめになります。

 

また我慢出来ないような程の音ではないもの

 

のなるべく避けたい音漏れを防いでくれます。

 

更に3重構造タイプは通常のカーテンレール

 

に取り付けられる製品も多いので比較的種類

 

も豊富になるので部屋の雰囲気に合わせて選

 

べるのも特徴の一つでもありますが4重構造

 

以上の製品に比べて購入価格の方がお手頃で

 

しかも購入しやすいのもポイントになります。

 

その他には効果や価格の他にバリエーション

 

等を含めて総合するとある程度高い防音性を

 

求める方には取り入れやすい製品になります。

 

スポンサーリンク

 

プライバシー保護も重視して選ばれる

なら『コーティング加工』の製品もおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にちょっとした話し声や生活音等のちょっ

 

とした音洩れ等も防ぎたいと言う場合には

 

『コーティング加工』の製品がおすすめです。

 

また御自宅を空けることが多い方や最低限の

 

音漏れをカットしてプライバシー自体にも配

 

慮をされたいと言った一人暮らしの方の場合

 

にもこちらのカーテンタイプがおすすめです。

 

更にコーティング加工されたカーテンは(層)

 

とは異なって布にコーティング剤を吹きかけ

 

る事で(遮音効果)が得られるようになります。

 

コーティングタイプは空気層を作る事で高い

 

防音効果を生む(層)に比べて効果は劣ります

 

がデザインが豊富で価格が安いのが魅力です。

 

その他には必要最低限の防音効果が有れば良

 

いと言うような方やなるべく購入価格を抑え

 

て手に入れたい方には一押しのタイプですよ

 

寄り高い防音効果を重視して製品

を選ばれるなら重たいカーテンを選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

カーテンのタイプの中でも寄り防音性の高い

 

カーテンを選ばれるならカーテンの重さを一

 

つの目安として選ばれるのも方法の一つです。

 

またカーテンは繊維の密度が高いタイプや幾

 

重にも層を重ねたタイプ等の音を吸収する性

 

能が高い傾向にあるので[カーテンの重さ=

 

防音性能]と言っても間違いではありません

 

ただ注意点としてあまりに重量がありすぎる

 

と状況に寄ってはカーテンレール自体の取り

 

換えが必要になる場合もあるので特にカーテ

 

ンを頻繁に開閉するような事が前提にある場

 

合には余計にカーテンレールに負荷がかかっ

 

てしまうので耐荷重にも注目をして製品を選

 

ばれると比較的失敗自体も少ないと思います。

 

カーテン選びをされる際には

窓枠寄りも大きめがサイズがおすすめ

 

 

https://www.rakuten.co.jp/

 

カーテンの防音効果を寄りしっかりと得るに

 

は窓枠寄りも大きなカーテンを選ばれてガラ

 

ス面全体を覆ってしまう事も非常に重要です。

 

また規格サイズの窓なら100×135/100×200

 

等の既製品のカーテンが良く合いますが規格

 

外の窓枠の場合には特に注意で音がガラスに

 

直接当たると騒音として拡散してしまうのて

 

窓枠ギリギリや小さいサイズは避けて下さい

 

更に探されている際にほど良い製品が見つか

 

らない場合には大きめのサイズでカーテン自

 

体をオーダーする事も検討してみて下さいね

 

その他カーテン横から音漏れ対策が考えられ

 

ている物にはなるので事前に確認をされる事

 

もおすすめしますが応急策としてカーテンが

 

めくれないよう画鋲で止めるのも効果的です。

 

カーテンの生地感にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

寄り防音効果を高める目安として生地感に

 

も注目をして製品を選ぶようにして下さい。

 

また音の吸収力が寄り良いのはデコボコと

 

したワッフル生地のような素材になります。

 

更に凹凸がある事で吸収した音が中で拡散し

 

やすくなってフラットな布地に比べて寄り効

 

率良く音を小さくしてくれる効果があります。

 

ただ注意点として通販等でカーテンを選ばれ

 

る際は画面で見られたイメージと実際の製品

 

のイメージが大きく異なる場合が良くあるの

 

で各メーカに寄って布見本の取り寄せが出来

 

たりするので生地感も事前確認をして下さい

 

防音タイプで利用可能な防レース

とのセット製品にも注目をして選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

寄り防音効果を更にアップさせたい場合には

 

防音カーテンと防音レースカーテン製品のセ

 

ットで取り付ける製品もおすすめになります。

 

また窓との間に層が増える事で効率良く音の

 

反響や漏れを防ぐ事が出来るようになります。

 

ただ注意点としてカーテンとレースをそれぞ

 

れを選ばれるのは非常に時間も手間もかかる

 

ので購入されるならセット品がおすすめです。

 

その他防音レースカーテンは外の光を取り入

 

れたいと言う場合にも非常に便利に使えます。

 

音漏れや騒音対策は常に部屋が暗いと言うの

 

は少し気になる要因の一つなのでレースカー

 

テンで有れば手軽に光を部屋に取り込めます。

 

防音マットにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

防音カーテンを利用されるならカーテン以外

 

にも手軽に取り入れられる騒音対策として防

 

音マットのシリーズにも注目をして下さいね。

 

そして集合住宅等の場所で利用される場合に

 

は階下への配慮としても取り入れたいですね。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は防音カーテンの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

防音カーテンには防音性能やサイズの

 

他にも色々なタイプがありますがその製品

 

の違いが分かりにくい場合が多いのですが

 

実際にどの程度の音に対応しているのかを意

 

識して製品を選ばれると選びやすくなります。

 

また今回の記事を御参考にされて

 

御自身にピッタリと合うお気に入りの

 

防音カーテンを見つけて頂きたいです。