おすすめのブラケットライト【室内用と屋外用のそれぞれに注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのブラケットライト【室内用と屋外用のそれぞれに注目をする】

今回は壁面に取り付けて部分的に明かりを照

らすアイテム『ブラケットライト』にスポッ

トをあててお伝えをしていきたいと思います。

『ブラケットライト』は別名ウォールライト

スポンサーリンク

とも呼ばれていて屋外用も屋内用があります。

そしてアンティーク調や北欧調等の非常にお

洒落でデザイン製の高い製品が非常に豊富に

あるのでインテリアの一環としても人気です。

ですがいざ製品を選ぼうと思っても

ブラケットライト製品はモデルに寄って

電気工事の必要なタイプから不要のタイプ

更には光の色合いまで選ばれるタイプに

寄ってそのシリーズの方も色々あるので

どのような基準で選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はブラケットライトの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 取り付け電気工事必須のタイプに注目
  3. 手軽で簡単に取り付けられるタイプを選ばれるならコンセントタイプがおすすめ
  4. リビング等で利用される場合には照明が照らす範囲にも注目をして選ぶ
  5. 寝室に利用される場合には照明の光が直接目に入らない淡い色を選ぶ
  6. 家の中の階段や廊下の他に玄関ホール等に設置される場合には柔らかい光がおすすめ
  7. 洗面所に設置されるなら自然な光が最適
  8. 雨や水気に当たる場所に設置される場合には防雨若しくは防湿タイプを選ぶ
  9. 玄関外やベランダ等の場所に利用されるなら全方向型ライト 若しくは上下方向型ライト
  10. 人感センサー付きライトにも注目する
  11. LED対応のブラケットライトにも注目する
  12. 丁度良い照明のサイズに注目をする
  13. 最後に

ブラケットライトの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はブラケットライトを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

またブラケットライトの取り付け方や

利用される用途を考慮されれば必然的に

選ぶべきブラケットライトが絞られます

まず始めにブラケットライトの電気工事

が必須なタイプと不要なタイプに注目です

そしてブラケットライトには電気工事が必要

な電気工事必須タイプと工事不要タイプとが

るのでそれぞれを項目事にお伝えをします。

取り付けが電気工事必須のタイプに注目

https://www.amazon.co.jp/

ブラケットライトを選ばれる際はそのほとん

どの製品が取り付け時の電気工事が必要なタ

イプにはなりますがその分ライトの種類やデ

ザイン性の高いタイプの選択肢も豊富なので

これから家を新築される方や元々ブラケット

ライト用の配線が設置されている壁があった

りされるという方はにこちらがおすすめです。

またこれから取り付けをされるのに近くにコ

ンセントがないと場合にも電気工事が必要な

タイプにはなってきますがただ注意点として

こちらのタイプのブラケットライトを一般の

方が取り付けられる事は法律で禁止されてい

ますので専門の電気工事士に依頼して下さい。

手軽で簡単に取り付けられるタイプを

選ばれるならコンセントタイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ブラケットライトを選ばれる際に電気工事が

必要なタイプ寄りも製品数は少ないですがコ

ンセントで利用出来るブラケットライトもあ

るので電気工事が不要なタイプで有れば御自

身でも簡単に設置される事が出来て又取り付

けをされたい壁の近くにコンセントが設置さ

れているので有れば是非検討してみて下さい。

ただ注意点として電源のオンとオフをされる

際にはコンセントを抜き差ししないといけな

い製品等があるのでコンセントが壁面に露出

して見た目に影響がある等の短所もあります

またこちらのタイプの製品の中には充電式の

製品も展開されているのでコンセントや太陽

光で充電をされる事でコンセント利用されな

いで対応出来るラインナップも揃っています。

ただ製品数自体にはかなり限られてきたりデ

ザイン性に関してもどちらかと言うと実用的

な製品の方が多くなるので豊富なデザイン性

の中から選びたい方は特に注意をして下さい。

設置されるお部屋に合った光の

色合いや光の角度に注目をする

室内用のブラケットライト類はリビングや

寝室等に設置される場合には部屋に合った

光の色合いや角度を選ばれる事が重要です。

リビング等で利用される場合には

照明が照らす範囲にも注目をして選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

ブラケットライトをリビングに設置される場

合はどんな用途で利用されるかに寄って角度

や照明の照らす範囲を変える必要があります。

またリビング全体の雰囲気を演出される用途

で設置される場合には上方向型タイプ若しく

は上下方向型タイプのライトがおすすめです。

更に壁を柔らかい状況で照らしてくれるので

部屋のインテリアを優しく演出してくれます。

そして全方向型のミニタイプを点在させるの

も良いですがこの場合は光が強すぎないブラ

ケットライトの製品を選ばれる事が重要です。

その他本や絵画などをスポット的に照らされ

たい場合には下方向型ライトがおすすめです。

ライトの中でも光源の向きを変えられるタイ

プを選ばれておくと多少取り付け位置が上手

くいかない場合でも角度調整をされる事で対

象物を上手に照らしてあげる事が出来ますよ。

寝室に利用される場合には照明の

光が直接目に入らない淡い色を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

寝室にもブラケットライトを設置する場合に

は光源の向きや光の種類に気を付けて下さい。

そして眠りを妨げないようにベッドに寝られ

た状態で光が直接目に入らないタイプを選ば

れたり光源の向きを調整出来るタイプや調光

可能なタイプを選ばれると非常に良いですよ。

その他に良質な眠りを維持される為にはオレ

ンジ系統の淡い光が良いと言われていますが

LEDに含まれるブルーライトはNGになります。

家の中の階段や廊下の他に玄関ホール等

に設置される場合には柔らかい光がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

家の中の階段や廊下の他に玄関ホールを照ら

すブラケットライトの場合は光が強すぎてし

まうと逆に足元が見づらくて非常に危険です。

また階段や廊下等を必要以上に明るくすると

のっぺりとした印象になってしまう場合があ

るので40ワット程度の柔らかい光が良いです。

スポンサーリンク

洗面所に設置されるなら自然な光が最適

https://www.amazon.co.jp/

洗面所に髭剃りや化粧をされる際に照明を設

置されるなら色が自然体の光を選んで下さい。

そしてどれだけの物体が自然体に見えるかど

うかと言う数値は演色性[Ra]で示されます。

Ra100が最大値になるので自然光と差異のな

い光なので数値が高い物の方がおすすめです。

また浴室の鏡で髭剃りをされる場合も浴室鏡

付近のライトも演色性にこだわって下さいね。

屋外照明の機能性と角度も重視する

屋外用のブラケットライトに関して室内寄り

も機能性重視で選ぶ必要があるのでブラケッ

トライトの角度にも注目をして選んで下さい。

雨や水気に当たる場所に設置される

場合には防雨若しくは防湿タイプを選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

外玄関やベランダの他に軒先等に雨に濡れる

可能性がある場所に設置される際は防雨や防

湿タイプのブラケットライトを選んで下さい。

そしてこのような場所に防雨や防湿でないブ

ラケットライト製品を設置されると感電や漏

電の危険性があるので必ず確認をして下さい。

玄関外やベランダ等の場所に利用されるな

ら全方向型ライト 若しくは上下方向型ライト

https://www.amazon.co.jp/

ライトを玄関外やベランダ等のある程度しっ

かりとした場所に照明を設置される場合には

光源の向きが全方向型タイプか若しくは上下

方向型タイプのライトがおすすめになります。

また下方向若しくは上方向に限定された照明

も展開されてはいますが充分な明るさを感じ

 

る事が出来なかったとはありますがベランダ

で物干し竿の周辺だけを照らしたい場合等は

スポット型のライトのタイプがおすすめです。

更に手元がはっきりと見えて洗濯物の夜干し

作業もライトがある事でスムーズになります。

人感センサー付きライトにも注目する

https://www.amazon.co.jp/

仮にですが玄関外やベランダの他に玄関の内

側や廊下更には階段等の人が通過した際に光

が欲しい場所には人感センサー付きのブラケ

ットライトのラインナップが便利になります。

そして人感センサー付きのブラケットライト

で有ればいちいち電源のスイッチのオンオフ

される手間が省けて更には必要な場合に勝手

にライトが点灯してくれたり又は玄関外やベ

ランダ等の屋外で設置されれば人が来ると灯

りがつくので防犯面でもかなり役立ちますよ。

■LED対応のブラケットライトにも注目する

https://www.amazon.co.jp/

ブラケットライトには利用される電球の種類

大きく分けてLED球や電球型蛍光灯の他に

も白熱球の3種類のパターンが挙げられます。

そしてその中でも特にLED球がおすすめです。

またLED球は省エネで且つ長寿命になるので

電気代が安く済む上に電球を変える手間も省

けたるするのて高い場所等にブラケットライ

トを取り付ける場合は特にLEDが良いですよ。

その他にLED球の長所としては紫外線を出さ

ないので虫を寄せ付けにくい事や電源スイッ

チのオンオフを繰り返しされたとしても電球

自体が切れる可能性が低い事が挙げられます。

玄関や屋外につける場合もLEDが良いですよ。

ただ注意点として3種類の中では初期費用が

一番高い事や光の照射方向が一方向しかない

事更には熱に弱いと言う短所を持っています。

丁度良い照明のサイズに注目をする

https://www.amazon.co.jp/

ブラケットライトは壁から突き出た状態で設

置されるものになるので仮にドアの近くの壁

等に設置される場合はドアを開ける際に邪魔

にならないサイズ選びも重要になってきます。

また廊下や階段等の人が頻繁に行き来する場

所ややや狭い場所等に設置される場合にも人

の導線を邪魔ならないサイズを選んで下さい。

そしてどの位サイズで有れば邪魔にならない

かどうかもお部屋のサイズに寄ってくるので

正確な事はお答え出来ませんが導入される前

にどの位サイズならOKかは測定して下さいね。

売れ筋のブラケットライトにも注目する

今回の記事以外にも御参考までにはなります

がブラケットライトをAmazonサイトや楽天

サイトの他にYahoo!ショッピングサイト等で

も売れ筋ランキングをお伝えさせて頂きます。

Amazonサイト

楽天サイト

Yahoo!ショッピングサイト

スポンサーリンク

最後に

今回はブラケットライトの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

またブラケットライトをどこに設置されたい

のか若しくはどんな目的で利用されたいのか

やどんな雰囲気に仕上げられたいのかに寄っ

ても選択肢の方が大きく変わってくるので利

用目的をしっかりと決められてから製品を選

ばれる事で上手に選ぶ事が出来ると思います。

更に電気工事が必要なのかどうかも含めて最

 

適なブラケットライトの製品を選んで下さい。