おすすめのブレーキパッド【ダスト軽減や制動力向上を上げる為に欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのブレーキパッド【ダスト軽減や制動力向上を上げる為に欠かせないアイテム】

 

今回は自動車を運転される上でも非常に

 

重要な『ブレーキパッド』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

一口に『ブレーキパッド』と言っても

 

スポンサーリンク

 

色々なメーカーから発売されていたりますが

 

ブレーキパッドはブレーキシステムを構成し

 

ているパーツの1つの制動パーツになります。

 

また純正パーツ品の他にも社外品のパーツの

 

方も数多く販売されているのでいざ製品を

 

選ぼうと思ってもそれぞれ適合する車種や 

 

走行されるスタイルが異なってくるので

 

どの製品を選んだら良いのか? 

 

迷われてしまう方も 

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はブレーキパッドの

 

選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. ブレーキパッドの役割と効果とは?
  3. 街乗り走行や日常走行がメインなら快適性の高い『ノンアスベスト』がおすすめ
  4. 街乗りとサーキットを併用されたい場合は『セミメタリック』がおすすめ 
  5. サーキット走行を重視されるなら制動力の高い『メタリック』素材がおすすめ
  6. 足回りの見た目重視で製品を選ばれるなら『低ダストタイプ』のシリーズがおすすめ
  7. ブレーキパッドを選ばれる上で取り付け位置や適合車種も事前にチェックをしておく
  8. ブレーキパッド交換をディラーに依頼された場合と御自身での作業との違いとは?
  9. ブレーキダストの汚れにも注目をする
  10. 最後に

 

 

ブレーキパッドの役割と効果とは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ブレーキシステムは[ブレーキパッド]と

 

[ブレーキディスクローター]が摩擦し

 

合う事で制動力を発揮してくれる構造です。

 

またブレーキパッドはブレーキを踏む度に 

 

パッド自体が磨耗して制御力が落ちるので

 

定期的な交換が必要なアイテムになります。

 

更に目安の厚さが23mmになった場合や

 

[ギー]と言う異音等が出るようになった

 

場合や車自体の走行距離が4kmを超えた

 

合にはブレーキパッド交換をおすすめします。

 

その他ブレーキ自体の性能を上げたい場合も

 

ブレーキパッドの交換が一番有効的な手段に

 

なるので特にサーキット等での走りを楽しむ

 

場合には高性能な社外品を取付けられる事で

 

ブレーキ性能の制動力を上げる事が出来ます。

 

またお持ちの愛車やその他の車種や走行スタ

 

イルに合わせて製品を選ばれればホイールの

 

汚れやブレーキ音の鳴きなど軽減をさせる事

 

が出来るのでブレーキパッドを交換されるだ

 

けで安全だけでなく快適な走行を楽しめます。

 

 

 

ブレーキパッドの選び方

 

今回はブレーキパッド製品を選ばれる

上で非常に重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は走行スタイルに

合わせてブレーキパッドを選ばれる事です。

また一口に『ブレーキパッド』と

言っても素材等の違いに寄っても性能が

大きく変わってくるので環境に合わせて

ブレーキパッドを選ぶようにして下さい。

 

 

 

街乗り走行や日常走行がメインなら

快適性の高い『ノンアスベスト』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

普段から車に乗られる方や一般道や又は高速

 

道路等を日常的に利用して走行される方には

 

街乗り走行用の車両に適した快適性の高い

 

ノンアスベスト素材の製品がおすすめです。

 

またノンアスベストの製品であれば低ノイズ

 

性にも優れていて尚且つ[ブレーキの鳴き]

 

をしっかりと抑制してくれて耐摩耗性も高い

 

のでブレーキパッドとしても長持ちします。

 

また一般的には高速で走行された際の時の

 

ブレーキの効きは少し落ちてしまいますが

 

一般道路を走行される程度の速度で低速域や 

 

低温域での効果が期待が出来る製品のモデル

 

で有れば快適なドライビングを楽しめます。

 

スポンサーリンク

 

街乗りとサーキットを併用されたい

場合は『セミメタリック』がおすすめ 

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

日常的にストリート走行をされながら定期

 

的にサーキットで行われる走行会等に参加を

 

されると言う方はどちらでも走行が可能な

 

セミメタリック素材のパッドがおすすめです。

 

また『セミメタリック』素材はスチール繊維

 

をベースにしたタイプのシリーズになるので

 

ストリート走行を重視したい[快適性]

 

サーキット走行を重視したい[制動性]

 

と言った両立が出来るシリーズになります。

 

その他『セミメタリック』素材の製品は

 

ノンアスベスト素材の製品に比べると

 

[ブレーキ音の鳴き]が出やすかったり

 

汚れやすいと言ったデメリットはありますが

 

その分制動力が非常に高くて性能バランスが

 

非常に良く取れたブレーキパッドになります。

 

サーキット走行を重視されるなら制動

の高い『メタリック』素材がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ブレーキパッドの利用目的がサーキット走行

 

の為だけに車両に取り付けをされるなら制動

 

力の高いメタリック素材の物がおすすめです。

 

また金属が配合されていないブレーキパッド

 

に比べて高温域に対応する事が可能になるの

 

で高速で走行している際は良く効く設計です。

 

その反対に低速時にはブレーキの効きが悪く

 

なったり又はダストが出やすい事の他にも

 

ブレーキ音の鳴きが出る言った快適性を無く

 

してしまう短所も持っているので運転環境

 

に合わせた素材選びが非常に重要になります。

 

足回りの見た目重視で製品を選ばれるなら

『低ダストタイプ』のシリーズがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ブレーキパッドのシリーズを選ばれる中で

 

ブレーキダストに寄る足回りの汚れを気に

 

される方には低ダストタイプがおすすめです。

 

またノンスチールやノンアスベストタイプの

 

製品が比較的低ダスト設計が多いモデルです。

 

更に輸入車のモデルの中でも特に欧州車は

 

ブレーキパッド自体が非常に柔らかい素材で

 

出来ているのでブレーキダストが出やすいの

 

が特徴にはなりますがその分制動性能が非常

 

に高いシリーズのブレーキパッドになります。

 

その他純正のブレーキパッドで有れば車両の

 

アルミが真っ黒に汚れてしまうと悩まれてい

 

る方にも低ダスト設計がおすすめになります。

 

ブレーキパッドの摩擦係数の高い製品を

 

選ばれればを制動力も一気に確保出来ます。

 

■ブレーキパッドを選ばれる上で取り付け

位置や適合車種も事前にチェックをしておく

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ブレーキパットを選ばれる上でまず始めに

 

パッドは前後左右合わせて計8枚の取り付け

 

になりますが製造されているメーカー事の

 

車両に寄ってはブレーキパッドの取り付け方

 

が異なったりするので注意が必要になります。

 

また無事はフロントのブレーキパッドの方が

 

減りやすい傾向にあったりしますがブレーキ

 

パッド交換はフロントとリアを同時交換を

 

される事をおすすめするのでセット内容の

 

パッドの枚数等を確認して購入して下さい。

 

■ブレーキパッド交換をディラーに依頼

された場合と御自身での作業との違いとは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ブレーキパッドを購入されれば必然的に取り

 

付け作業が必要にはなってきますが御自身で

 

交換される方もいれば正規ディーラーに依頼

 

される方のどちらかに分かれますが費用の面

 

で悩まれる方も多いのではないでしょうか?

 

また御自身の愛車で有ればパッドの交換も

 

普段から車をメンテナンスしている方なら

 

御自身でブレーキパッドの取り付けをされる

 

事を御検討されてみては如何でしょうか?

 

ディーラーやカー用品店で交換をされる場合

 

は製品価格工賃としておおよそ1万円〜2万円

 

程の[全交換費用]がかかってしまいます。

 

また御自身でブレーキパッド交換をされれば

 

費用にかかるコストは製品価格代のみで作業

 

自体の時間の方も順調に作業が進めば30分か

 

1時間程度で簡単に終わらせる事が出来ます

 

ただブレーキパッドを含むブレーキシステム

 

は整備不良等が原因になると事故に繋がる恐

 

れが非常に高い重要な制動パーツになります。

 

ブレーキパッドを交換される場合は交換する

 

為の工具類等も必要な上に作業の回数をこな

 

して行けば簡単な作業ではありますが作業自

 

体に自信が持てなかったり確実性が持てない

 

場合等は無理して御自身で作業をされずに必

 

ずディーラー等で相談するようにして下さい。

 

ブレーキダストの汚れにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ホイールに付着したブレーキダストの掃除を

 

されたい場合は専用クリーナを利用されて洗

 

浄されるのが一番効率が良く綺麗になります。

 

またこびりついた汚れを落とそうされれば大

 

切な愛車を傷つけてしまう可能性があります。

 

なので適切なクリーナーを使い分けて下さい。

 

 

 

こんな記事もおすすめです。

 

おすすめのタイヤワックス【油性タイプ/水性タイプ/スプレータイプのそれぞれに注目をする】

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はブレーキパッドの

 

選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

一口に『ブレーキパッド』と言っても

 

色々なメーカーから発売されていますが

 

走行方法やパッドの素材を使い分けられる

 

事でしっかりとしたブレーキを効かせる事が

 

出来て安全に走行する事が可能になります。

 

またブレーキは自動車を運転される上でも

 

自動車のパーツの中では非常に重要な部品の

 

1つになるので今回の記事を御参考に

 

御自身だけの製品を見つけて頂きたいです。