おすすめのブレーキシュー【ロードバイクには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのブレーキシュー【ロードバイクには欠かせないアイテム】

今回はロードバイクで走行される際の減速

時重要な役割を果たしてくれるアイテム

『ブレーキシュー』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブレーキシューと言うのは摩擦に寄って

車両の制動を行う為のパーツになるので

部品を交換される事でアップグレードを

図れる重要なサイクリングパーツですが

ブレーキシューと言えばシマノから販売され

ているシリーズの製品が定番にはなりますが

仮に型番の記載があったとしても御自身のバ

イクパーツに適正に合っているのかどうかの

判断が非常に難しいパーツになると思います。

その他にもカンパニョーロやBBB更には

SWISS STOP等の有名メーカーからも色々

なブレーキシューが販売されているので

いざ製品を選ぼうと思っても

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はブレーキシューの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. エントリーモデル対応の『ワンピース型』
  3. メンテナンスがスムーズに出来るカートリッジ型のシリーズもおすすめ
  4. 制動力を重視されるなら『アルミホイール』用がおすすめ
  5. 御自身のこだわりを重視して選ばれるなら『カーボンホイール』用がおすすめ
  6. 日本国内NO.1の『シマノ』ブランド
  7. シェア率はシマノブランドにも引けを取らない『カンパニョーロ』に注目をする
  8. ブレーキ専門ブランドを重視して選ばれるなら『SWISS STOP』がおすすめ
  9. 互換性の有無に関しても把握する
  10. 最後に

ブレーキシューの選び方

今回はブレーキシューを選ばれるに

あたって重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事はブレーキシューを

タイプ別に種類で選ぶ方法になります。

大きく分けてブレーキシューは2種類です

ワンピース型[一体型]と

カートリッジ型に分かれています。

それぞれの長所・短所を確認して下さい。

エントリーモデル対応の『ワンピース型』

https://www.amazon.co.jp/

ブレーキシューのタイプ中でもワンピース型

は名前の通りでブレーキシューとブレーキ台

座が一体型になっているのが特徴になります。

エントリーモデルシリーズの中で

ブレーキを装着しているバイクは

[クロスバイク]

[マウンテンバイク]

[ロードバイク]に装着されています。

また長所として多くの自転車に採用されて

いるのパーツになるので種類の方が比較的

豊富になるので色々なブレーキシューから

選ぶ事が出来るのが一番の特徴になります。

更に短所としては台座を丸々取り外をして

ないといけないので非常に手間がかか

一番注意をしないといけない事は中間

ルから上位モデルのブレーキに関して

取り付ける事が出来ない場合がある事です。

メンテナンスがスムーズに出来る

カートリッジ型のシリーズもおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ブレーキシューのカートリッジ型タイプは

ブレーキ面とブレーキ台座がセパレートに

なっているの交換の際にはブレーキ面だけを

交換する形のブレーキシューの事を言います。

また中間モデルから上位モデルのブレーキは

カートリッジ型のブレーキシューを採用して

いる事が多いので把握されていると良いです。

カートリッジ型のタイプの長所は

ゴム部分のみを交換する事が可能なので

わざわざ台座を取り外す必要がないので

交換される作業時間の方もそれ程かからない

と言う事とブレーキの制動力に優れている

ブレーキシューが数多く販売されている

ので本格的なレース向けのモデルや

カーボンホイール向けのブレーキシュー

等のパーツを自由に選べる点になります。

短所に関しては初めてブレーキシューの

交換をされる際には少しコツがいる点です。

更に御自身で交換作業をされる場合には

youtube]等でセッティングのコツ等を

動画等を参考にして作業をされるのが良い

ですがどうしても作業に不安を感じる方は

自転車ショップでの交換をおすすめします。

ホイールの素材にも注目をする

ブレーキシューを選ばれる際にはホイール

素材に合わせた選び方がおすすめになります。

またホイールはアルミリムホイール用と

カーボンリムホイール用の2種類になります。

更にそれぞれ専用のブレーキシューになる

ので御自身がお持ちのホイールに適合を

しているパーツかどうかを確認して下さい。

制動力を重視されるなら

『アルミホイール』用がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

制動力を重視されるので有ればアルミリム

ホイールの方がカーボンリムホイール寄り

も丈夫で更に制動力にも優れているので大

の自転車にアルミリムが採用されています。

また販売されているブレーキシューのパーツ

の多くがアルミホイール向けの物になるので

ブレーキ性能の他に耐久性の部分でも

御自身のお好みで自由に選ぶ事が可能です。

スポンサーリンク

御自身のこだわりを重視して選ばれる

なら『カーボンホイール』用がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

カーボンリムホイールの特徴としてアルミ

リムホイール用のブレーキシューを利用

される事は不可になるので新たにカーボン

リム用のブレーキシューを購入が必要です。

また専用のブレーキシューを利用

されないとブレーキ時の摩擦熱等で

リムを傷つけてしまう恐れがあります。

更にはアルミリムホイールと比較をされた

際に制動力の性能面ではやはり劣る場合が

多いのですがカーボン製のリムホイールの

ブレーキシューの製品に注目をされる事でア

ルミリムと同等の制動力を得る事も可能です。

ですので制動力の面でアルミリムホイール

変わらない性能に手に入れられると言う事で

カーボン愛用者は非常に多くなっています。

人気のブランドにも注目をする

ブレーキシューも色々なメーカーから

販売されていますがこれから人気の

代表的な3つのブランドをお伝えをします。

またどのブランドメーカーも非常に人気が

高くそれぞれ異なる特徴も把握して下さい。

日本国内NO.1の『シマノ』ブランド

https://www.amazon.co.jp/

『シマノ』はコンポーネントを始めとする

自転車部品パーツ全般において国内業界で

NO.1を誇れる有名ブランドメーカーです。

またブレーキシューパーツのシェア率も

国内で一番と言われる位にロードバイクや

クロスバイクの他に[ママチャリ]等の

数多くの自転車パーツに採用されています。

その他に最大手メーカーと言う事もあって

製品に寄る性能は評判が高い物が非常に多く

安全面において大きな長所がポイントです。

更にコスパ面においても優れている事から

選べるパーツの種類の方が非常に豊富にある

ので御自身のお好みに合わせてブレーキシュ

ーを選びたい方にはおすすめのメーカーです。

シェア率はシマノブランドにも引けを

取らない『カンパニョーロ』に注目をする

https://www.amazon.co.jp/

コンポーネントのシェア率は『シマノ』

ブランドにも引けを取らないイタリア企業の

『カンパニョーロ』ブランドにも注目です。

カンパニョーはコンポーネントだけでなくホ

イール等をイメージされる方も多いと思いま

すがコンポーネントはシマノでブレーキシュ

ーはカンパニョーロ製と言う組み合わせで

もブレーキシューの評価が高いメーカーです。

またアルミリムホイールにも負けない制動力

を誇るカーボンリムホイール用のブレーキシ

ューが非常に人気で特制動力を上げたいカー

ボンリムホイール乗りの方にはおすすめです。

ブレーキシュー専門ブランドを重視して

選ばれるなら『SWISS STOP』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ブレーキシューの専門メーカーブランド

SWISS STOP』は抜群の制動力が

あるブレーキシューメーカーになります。

また購入金額の製品の中には高価なタイプも

多いですがその分性能は非常に良い物ばかり

更に上級の選手の中ではSWISS STOPの製品

を利用される方も多く本格的レース出場者御

用達メーカーとしても高い評価を得ています。

そのに他SWISS STOPのブレーキシューはア

ルミリムやカーボンリム製品を問わないで抜

群の性能力を発揮する事が出来るので本格的

なレース出場や上位を狙う方におすすめです。

互換性の有無に関しても把握する

https://www.amazon.co.jp/

ブレーキシューの製品を選ばれる際に台座

とブレーキ面が対応している事が必須条件

になるので仮に異なったブレーキシューを

購入されてしまうと取り付けが不可になって

しまう場合があるので注意が必要になります。

また製品自体が適合品かどうかが分からない

場合や取り付けに不安がある場合にはブレー

キと同じメーカーのブレーキシューを選ばれ

れば間違いも少なく大半の場合はメーカー

が同一なら互換性があるので交換が可能です。

その他にブレーキとはまた別メーカーのブレ

ーキシューを利用される場合には互換性があ

るかどうかを購入前に必ず確認をして下さい

各メーカーに寄って互換表を事前に用意して

いるメーカーもありますが取り付けが不安な

らお店に問い合わせてみて確認をして下さい

スポンサーリンク

最後に

今回はブレーキシューの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

ロードバイクを乗られる上でも

ブレーキは命に関わるパーツなるので

このパーツに関しては購入金額を優先

されるのではなくブレーキシューの製品

の中でも安心して利用出来るしっかりとした

ブランド製品を選ばれる事をおすすめします。

また今回の記事を御参考にされて初心者用

なのか上級者用なのかそれとも街乗り用なの

か更にはレース用なのかに寄って選ばれるブ

レーキシューの大半が異なっては来ますが

用用途を考えながら御自身にピッタリと

うお気に入りの製品を見つけて頂きたいです。