おすすめのブースト計【スピード重視の方にもインテリア重視として考える方にも欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのブースト計【スピード重視の方にもインテリア重視として考える方にも欠かせないアイテム】

 

今回は燃費を抑えて運転される際に欠かす

 

事の出来ない追加メーターのアイテム

 

『ブースト計』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

ブースト計が有ればエコドライブや低燃費

 

スポンサーリンク

 

で走行されたい時に非常に役立ちますが

 

いざ製品を選ぼうと思っても有名なDefi

 

Autogauge等の色々なメーカーのモデルの

 

違いからデジタル表示やアナログ表示等で

 

製品の見方が異なるタイプやホースの

 

接続が簡単な機械式とコントロールユニット

 

が必要な電気式等と購入されるとしても

 

どの製品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はブースト計の選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. コスパ重視で選ばれるなら『機械式』
  3. 多機能重視で選ばれるなら『電気式』
  4. 表示を見てすぐに分かる『アナログ表示』
  5. 正確な数値を重視されるなら『デジタル表示』のタイプがおすすめ
  6. 購入価格重視なら『Autogauge
  7. 精密な数値を重視されるなら『Defi
  8. コスパ重視なら『BLITZ
  9. [OBD]に対応している『Pivot
  10. 最後に

 

 

ブースト計の選び方

 

今回はブースト計を選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は機械式若しくは

電気式の2種類があるのでそれぞれの

特徴に応じてポイントを掴んで下さいね。

 

 

 

コスパ重視で選ばれるなら『機械式』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

初めてブースト計の購入を考えられて迅速に

 

ブースト圧を把握されるなら機械式のタイプ

 

のブースト計を選ばれる事をおすすめします。

 

機械式のブースト計が有ればエンジンの外側

 

からホースを車内へつなげて電気センサーを

 

介さずにブースト圧を直接測る事が出来ます。

 

また機械式のタイプは電気式のタイプに比べ

 

て比較的・お手頃価格で購入出来る事とまた

 

機械式自体が壊れにくいのも魅力の一つです。

 

更にコスパ優先の方やエコドライブの他にも

 

燃費効率等に興味のある方にはおすすめです。

 

多機能重視で選ばれるなら『電気式』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ブースト計の中でも多機能なブースト計を

 

探されるなら電気式タイプがおすすめです。

 

電気式のタイプならオイル交換時期を知らせ

 

てくれたり設定されたブースト圧が超過する

 

と警告で教えてくれたりする機能があります。

 

またエンジンの調子等も走行時に記録が出来

 

れば運転のリズムの感覚を磨く事も出来ます。

 

更に電気式のブースト計は取り付け作業の方

 

がそれ程難しくなく簡単に取付けが出来ます。

 

その他ホースを切り回す必要も無いので愛車

 

を傷つけにくくてその中にはOBDコネクター

 

に接続するだけで接続するタイプもあります。

 

ただどんなに性能の高いブースト計であって

 

も表示のブレが多すぎると意味がありません

 

取り出し口の箇所にオリフィスの入ったT

 

ジョイントを利用される事をおすすめします

 

 

 

見やすさを重視されるならアナログ表示正確

さを重視されるならデジタル表示がおすすめ

 

アナログ表示のブースト計とデジタル表示の

ブースト計のどちらかを選ばれる際のポイン

トをそれぞれお伝えをしていたいと思います。

 

 

 

表示を見てすぐに分かる『アナログ表示』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アナログのブースト計は針がメーターを指し

 

ているので視覚的にすぐに見て把握出来ます。

 

またエンジンの調子を確認されたい場合には

 

針の動き方に注目されればすぐ把握出来るの

 

でブースト圧の知識ない方でも重宝しますよ

 

スポンサーリンク

 

正確な数値を重視されるなら

『デジタル表示』のタイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ブースト圧の正確な数値を重視して製品を

 

選ばれる場合には競技用にも多用されている

 

デジタル表示のブースト計がおすすめです。

 

またデジタル表示のブースト計の良い点は

 

数字で正確なブースト値が分かることです。

 

更にアナログ表示だと針がどのメモリを指し

 

ているか微妙な状況の時ためありますがデジ

 

タル表示ならその心配も一切不要になります。

 

その他数字の意味を理解されていないと使い

 

にくく感じる場合もありますが今現在はアナ

 

ログ表示とデジタル表示の併用が人気なので

 

それぞれの特徴を把握される事が重要ですよ

 

ただアナログ表示の場合はブースト値やデジ

 

タル表示での水温や電圧等の数値を示してい

 

る事もあるので御自身にとって一番見やすい

 

表示のシリーズを探される事が一番重要です。

 

 

 

有名メーカーの特徴からモデルを選ぶ

 

製品を選ばれる際にこだわりや特長を

持っている有名メーカーから選ばれると

寄りブースト計が選びやすくなりますよ。

 

 

 

購入価格重視なら『Autogauge

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

性能に関しても耐久性にも十分な性能を

 

搭載しているにも関わらず低価格でモデルを

 

提供をしている『Autogauge』ブランドは

 

最も人気のあるメーカーの一つになります。

 

また『Autogauge』ブランドは台湾の計器メ

 

ーカーですが内部パーツは主に日本製か若し

 

くはスイス製の高性能なパーツを採用してい

 

るので満足感で選ばれるなら間違いないです。

 

精密な数値を重視されるなら『Defi

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

精密な数値を重視されるなら『Defi』ブラン

 

ドのブースト計のシリーズがおすすめです。

 

Defi』ブランドのモデルは数万円以上はし

 

てしまいますが性能や正確さでは一級品です。

 

また購入価格の高さは製品への信頼性の高さ

 

と言っても間違いがない位の精度の高さです。

 

比較的・お手頃価格のブースト計を購入され

 

てもすぐ壊れたり使い勝手が悪かったりする

 

場合があるので初めから高い費用が掛けて信

 

頼のおける製品のモデルを選ばれた方がコス

 

トパフォーマンス的にも良い場合があります。

 

コスパ重視なら『BLITZ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

BLITZのブースト計は車両の空間に十分なス

 

ペースを確保できない車両等におすすめです。

 

また電気式タイプのブースト計は元々リンク

 

システムが必須にはなってしまいますがリン

 

クを無くす事で空間を最小限に抑えています。

 

その他リンクがない事で製品自体の価格の方

 

もお手頃価格になっているのもポイントです。

 

OBD]に対応している『Pivot

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

Pivot』メーカーの製品のモデルの全て

 

のモデルが[OBD]に対応しているので

 

カプラーオンなので接続の方も簡単です。

 

また複雑な配線が不要になので初めてブース

 

ト計を購入される方にも非常におすすめです。

 

更にOBD経由で水温や電圧を測る事も可能な

 

ので油温まで確認されたい場合には別売りの

 

DTSセンサーを追加するようにして下さいね。

 

 

 

売れ筋のブースト計にも注目をする

 

御参考までになりますがブースト計を選ばれ

る上でAmazonサイトや楽天サイトの他にも

Yahoo!ショッピングサイト等の売れ筋ランキ

ングにも注目をされて商品選びをして下さい。

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はブースト計の

 

選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

ブースト計を設置される作業の際には

 

意外と配線作業の方が難しい場合があるので

 

業者の方に依頼されれば作業手間を省けます。

 

またブースト計を取り付けされる工賃の方が

 

1万円程度の工賃でおおよそ12時間程です。

 

取り付けに不安があったり余り車に詳しくな

 

い方は車を傷つけてしまう心配もあるので不

 

安が残る場合には業者に依頼をして下さいね