おすすめのCDプレーヤー【最新モデルに注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのCDプレーヤー【最新モデルに注目をする】

 

今回は最近の音楽CDではパソコン等でリッピ 

 

ング作業をされてファイル化をされる為のソ

 

ースとして利用される事が多くなっています。

 

またオーディオとして純粋に楽しみたいと言

 

スポンサーリンク

 

う場合はやはりCDプレーヤーが欠かせません。

 

そして高音質なSACD等はパソコンを利用し

 

たとしても読めなかったりするので再生され

 

るならCDプレーヤーが必須になってはきます。

 

その他いざCDプレーヤーを選ぼうと思っても

 

色々な種類がある上にMP3が再生可能かどう 

 

かの他に出力端子等も異なり購入される価格

 

帯もモデルに寄って大幅に変わってくるので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はCDプレーヤーの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 再生音を重視されるなら周波数特性で選ぶ
  3. SACDMP3も再生されたい場合には対応フォーマットに注目をする
  4. CD-Rを利用される場合には機器に対応しているディスクに注目をする
  5. デジタル『出力端子』にも注目をする
  6. 最後に

 

 

CDプレーヤーの選び方

 

 

https://item.rakuten.co.jp/

 

今回はCDプレーヤーを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

そしてまた基本的な部分ばかりですので

以下のポイントを押さえられれば環境に

合ったCDプレーヤーを簡単に選べますよ。

 

 

 

再生音を重視されるなら周波数特性で選ぶ

 

 

https://biccamera.rakuten.co.jp/

 

プレーヤー本体が再生出来る最低音から最高

 

音までの範囲を示すのが『周波数特性』です。

 

また人間の耳はおよそ20Hzから20kHzの幅

 

で音として聞き分けが出来ると言われてます。

 

更に音楽CDもおおよそ大体同じような周波数

 

特性で作成がされてはいますがプレーヤー側

 

で更に低音域[25Hz 程度]以外に高音域

 

[ハイレゾは40kHz以上]まで再生可能にな

 

っている音として聞き分けられない空気感の

 

ようなものまで再生出来ると言われています。

 

そして寄りリアルな高音質を追究されるので

 

有れば周波数特性の広いシリーズが良いです。

 

その他そこまでは求められない言う場合には

 

大半のどのプレーヤーでも音楽CDの再生に適

 

したスペックになっているので問題ないです。

 

■SACDMP3も再生されたい場合

には対応フォーマットに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にSACDMP3を記録したCDはプレーヤー

 

側で対応している必要があるのでそれらの音

 

楽を聴きたい場合には必ず確認をして下さい。

 

そしてSACDは普通の音楽CD寄りさはるかに

 

高音質でいわゆる[ハイレゾ]と呼ばれてい

 

る種類のCDで通常の音楽CDとは根本的にフ

 

ォーマット異なってしまうので利用されるプ

 

レーヤーが対応していないと再生出来ません。

 

またMP3等の圧縮音源の再生対応になります

 

がこちらも音楽CDと記録フォーマットが異な

 

っていてまた音楽ソースが圧縮されています。

 

更にプレーヤー側でデコードに対応していな

 

いと音源再生が出来ないの注意して下さいね。

 

そしてSACDの場合にはハイエンドオーディ

 

オ環境があるようで選ばれる価値が十分にあ

 

るとは思いますのでチェックしてみて下さい。

 

その他にはMP3対応はスマートフォンやパソ

 

コンで音楽を聴かれる方であれば必ずしも必

 

要な機能だといない部分もありますのでその

 

時々に応じて必要で有れば確認をして下さい。

 

■CD-Rを利用される場合には機器

に対応しているディスクに注目をする

 

 

https://item.rakuten.co.jp/

 

購入されるCDの内容をCD-RCD-RWにコ

 

ピーされた場合にはプレーヤー側でCD-R

 

CD-RWの再生に対応しているモデル製品で

 

ないと再生をして音楽を聴く事が出来ません。

 

またCDをレンタルされてリッピングだけでな

 

くコピーもされると言う事で有ればCDプレー

 

ヤーにこの機能が搭載されて入れば寄り便利

 

ですが反対にCD-R等は一切利用されないと

 

う事で有れば未対応でも問題ない機能ですよ。

 

デジタル『出力端子』にも注目をする

 

 

https://item.rakuten.co.jp/

 

重要になってくるのがCDプレーヤーのアンプ

 

等に接続をされる『出力端子』にも注目です。

 

またどのプレーヤーにも搭載されているアナ

 

ログ端子[RCA端子]ですがこちら以外にデ

 

ジタル出力端子が付いている製品も多いです。

 

更にデジタル出力端子は2種類あるのでお手

 

持ちのオーディオ機器にどちらの端子が搭載

 

されているのかもしっかり確認をして下さい。

 

そしてデジタル出力端子の中でも有名なのが

 

光デジタル出力端子でプレーヤーだけでなく

 

アンプ等にも搭載されているが多い端子です。

 

光ファイバーはデジタル信号を出力するもの

 

で端子の形状が舟形と丸形の2種類あるので

 

出力の際には見間違えないようにして下さい。

 

その他にももう一つ同軸ケーブルを利用した

 

デジタル出力端子が搭載されているモデルも

 

見た目はアナログ端子と似たようなものです。

 

こちらのシリーズはデジタル信号を送ります。

 

最近発売されたAVアンプに関しては搭載され

 

ている場合も多いのでそれぞれの端子が必要

 

な方は対応・非対応を必ず確認をして下さい。

 

 

 

売れ筋のCDプレーヤーに注目をする

 

御参考までなりますがCDプレーヤーを選ばれ

る上で楽天サイト等の売れ筋商品ランキング

にも注目をされながら商品選びをして下さい。

 

楽天サイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はCDプレーヤーの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

またCDプレーヤーはコンポーネントオーディ

 

オの中でも再生を担う重要なプレーヤー機器

 

だけに各メーカー同士で色々なモデルを競い

 

合い台数を揃えてハイエンドからローエンド

 

まで幅広いモデルのラインナップを取り揃え

 

ていますので御自身のオーディオ環境や購入

 

されたいCDプレーヤーのスペックを色々と考

 

えられながら記事を御参考にしてみて下さい。