おすすめのグラフィックボード【3Dゲームや動画処理には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのグラフィックボード【3Dゲームや動画処理には欠かせないアイテム】

 

今回はパソコンでゲームをされたり又は

 

動画や画像処理等には欠かせないアイテム

 

『グラフィックボード』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

そしてグラフィックボードはディスプレイに

 

映像を映し出す為には欠かせないパーツです。

 

またいざ製品を選ぼうと思っても[NVIDIA

 

や[AMD]メーカー等のGPU製造メーカーが

 

異なるだけでなく[ASUS]や[MSI]等の 

 

マザーボードの製造メーカーも異なってくる

 

上に製品に寄っては対応しているコンテンツ

 

や端子の他に必要な電源容量等も異なるので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?  

 

今回はグラフィックボードの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 3Dゲーム等のようなハイエンド向け仕様にパソコンされるなら『NVIDIA』がおすすめ
  3. 映像処理やコスト重視されるなら『AMD
  4. スリムタイプや小型ケースを重視されるならロープロファイル対応の製品に注目をする
  5. ミドルやフルタワーケースを重視される場合はパーツに緩衝しないサイズに注目をする
  6. 長期的に利用される事を視野に入れられる場合はスペックは少しでも上位モデルを選ぶ
  7. 同じバージョンならビデオメモリに注目
  8. モニターの接続端子にも注目をする
  9. マルチディスプレイにされる場合には出力端子の数にも注目をされて選ぶ
  10. 補助電源搭載モデルを選ばれる場合にPINチェックも欠かせない作業の一つ
  11. 最後に

 

 

グラフィックボードの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はグラフィックボードを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めにパソコンの利用目的に合ったGPU

メーカーを重視されて選ばれる事が重要です

そしてGPUと言うのはCPUの代わりに画像処

理を行うグラフィックチップの事でこちらは

各メーカー事のチップを採用していてグラフ

ィックボードを製造や販売等を行っています。

またGPUシェアは[NVIDIA]と[AMD]の

2つのメーカーに占められているのでまずは

れぞれの特徴を把握されてどちらのGPU

用されるのかどうかを決めて言って下さい。

 

 

 

■3Dゲーム等のようなハイエンド向け仕様

にパソコンされるなら『NVIDIA』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

お持ちのパソコンでゲームをされる為にグラ

 

フィックボードを購入されるならNVIDIA製の

 

GPUを搭載したモデルがおすすめになります。

 

NVIDIA製の製品は3Dゲームの処理能力が高

 

くて人気がある事もあり寄り多くのハイエン

 

ドゲーミングパソコンにも搭載されています。

 

またNVIDIAGeForceシリーズの場合にはゲ

 

ーム開発者向けのサポートも実施をしていて

 

最新ゲームの開発初期の段階から関わってい

 

る事の多いメーカーでもあるのでテスト環境

 

等を含めてGeForceを利用している場合が多

 

いので数多くのゲームの3D表示機能が最適化

 

されていると言ったメリット等もありますよ。

 

スポンサーリンク

 

映像処理やコスト重視されるなら『AMD

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に動画処理や写真処理の作業を行われる場

 

合はAMDGPUモデルがおすすめになります。

 

またハイエンド向けの製品としてはNVIDIA

 

品の方がランク的に少し上にはなりますが同

 

じ性能の製品で比較をされるとコスト面では

 

AMDメーカーの方が魅力を高く感じられます。

 

そしてPS4等にも搭載はされていますが主にロ

 

ーエンド向けのパソコンに搭載されていたり更

 

は動画の再生能力に関してはNVIDIA製寄り

 

も性能の方が高いので特にグラフィック系の

 

仕事をメインにされている方に向いています。

 

ただ注意点として圧倒的にNVIDIA製品の利用

 

者の数が多いのでグラフィックボード自体に

 

少しこだわりのある方向けの製品になります。

 

 

 

ケースサイズに合った製品を選ぶ

 

グラフィックボードをマザーボードに取り付

けられた際にケースや周りのパーツに緩衝し

ないものを選ばれる事も重要なポイントにな

ってくるので製品に寄ってかなり大きさに違

いがあるのでしっかりとケースとのバランス

考えられながら購入をするようにして下さい。

 

 

 

スリムタイプや小型ケースを重視されるな

ロープロファイル対応の製品に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれているケースのタイプの方が細いスリ

 

ムケース又は拡張性能が限られているキュー

 

ブ型ケースの場合はロープロファイル対応グ

 

ラフィックボードを選ぶようにして下さいね。

 

そしてロープロファイル対応の製品は通常は

 

搭載不可のスリムタイプのケースに収まるよ

 

うにサイズがコンパクトになっているので基

 

盤や冷却ファン等のパーツが省かれています。

 

ですのでハイエンド向けのグラフィックボー

 

ド品と比較された際には性能の差があるので

 

高負荷の最新3Dゲーム等には適していません。

 

またスリムタイプにはどうしてもグラフィッ

 

クボードを搭載されたい方や少し動画や写真

 

の処理能力を上げたい方の他にもちょっとし 

 

3Dゲーム等をされたい方にもおすすめです。

 

ミドルやフルタワーケースを重視される場

合はパーツに緩衝しないサイズに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に拡張性がキープ出来るようなケースを利

 

用されている場合はその他のパーツ類と緩衝

 

しないサイズのものを選ばれる事も重要です。

 

また元々はミドルタワー等の拡張性のあるケ

 

ースの為に製作されたものになるので選べる

 

サイズのラインナップの方も豊富になります。

 

更にもちろんですが寄り性能の高いグラフィ

 

ックボードのラインナップの中から選べます。

 

ただ注意点としてケース自体に余裕があるか

 

らと言って大きなハイエンド向けの製品を購

 

入されるのはあまり適切だとは言えないです。

 

それはマザーボードに取り付けられた際にメ

 

モリーやCPUクーラー等の他にパーツ類に緩

 

衝して取り付けられない場合も考えられます。

 

ですのでこれからパソコンを自作されるなら

 

グラフィックボードを中心にサイズを決めら

 

れておけば問題はありませんが既にケースを

 

お持ちでグラフィックボードだけを購入され

 

る場合には特に注意をするようにして下さい。

 

 

 

利用される用途に合ったスペックに注目する

 

グラフィックボードを購入される上で利用さ

れる用途に合ったスペックを選ばれる事も重

要になってくるのでパソコンで利用されるツ

ールやゲーム等には推奨スペックが必ず記載

されているので必ず事前に確認をして下さい。

 

 

 

長期的に利用される事を視野に入れられる

場合はスペックは少しでも上位モデルを選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用されているツールやゲーム等で推奨をし

 

ているグラフィックボードのスペック寄りも

 

少し上位モデルを選ばれるのがおすすめです。

 

そして1つ上のスペックを選ばれておけば必要

 

なスペックが上がっても対応する事が出来ます

 

また推奨のスペックは[NVIDIA GeRorce

 

ージョン名]や[AMD RADEON バージョン

 

名]と表記されていますがシリーズのモデル

 

が変わらない限り最後のバージョンの数値が

 

大きければ大きい程高性能なモデルになります

 

仮にですが推奨スペックを選ばれる際に

NVIDIA GeRorce 1050]で有れば

1つ上の[NVIDIA GeRorce 1060]を

選ばれる事をおすすめしたいと思います。

 

同じバージョンならビデオメモリに注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが同じバージョンの製品で有れば

 

ビデオメモリにも注目をしてみて下さいね。

 

またビデオメモリでも[2GB]寄り[4GB

 

の方が当然ですが処理性能等が高くなります。

 

更にグラフィックボードは基本的にはバージ

 

ョン名でスペックを判断する事が可能ですが

 

中には同じバージョン名の製品が搭載されて

 

いる機能にも違いがあるタイプのものも販売

 

されているのでバージョン名と合わせてビデ

 

オメモリの容量もしっかり確認をして下さい。

 

 

 

利用される環境に合わせた製品を選ぶ

 

グラフィックボードを選ばれる際は全部のモ

ニターで利用出来ると言う訳ではありません。

また製品の中には別途ケーブルが必要になる

ので利用環境に合わせた製品選びも大切です。

 

 

 

モニターの接続端子にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

御自身で利用されるモニターに接続が出来る

 

モニターを選ばれるのも重要なポイントです。

 

またHD画質のモニターで有れば[DVI端子]

 

や[HDMI]にはなりますが4K対応のモニタ

 

ーに接続される場合には[DisplayPort]対

 

応の製品モデルを選ばれる事をおすすめです。

 

更に[DVI端子]のみを搭載したモニターを

 

利用されているのに最新の[DisplayPort

 

や[HDMI]端子のみに対応しているグラフ

 

ィックボードを購入されると別途ケーブル購

 

入が必要になる場合もありますし接続自体が

 

出来ない場合もありますので注意して下さい。

 

マルチディスプレイにされる場合に

は出力端子の数にも注目をされて選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばモニターを複数接続ゆされる際にマル

 

チディスプレイ環境を構築されたい場合には

 

グラフィックボードの端子の数にも注目です。

 

またDVI端子やHDMIの他にDisplayPort等で

 

それぞれ1つでモニター接続する事が出来れば

 

マルチディスプレイの環境を作る事が出来ます

 

ただ注意点として高解像度のマルチ環境にさ

 

れたい場合には寄り高性能なグラフィック処

 

理能力を持った製品が必要になってきますし

 

その分コストもかかる点は注意をして下さい。

 

補助電源搭載モデルを選ばれる場合に

PINチェックも欠かせない作業の一つ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

グラフィックボードを選ばれる際に補助電源

 

が搭載されている製品にも注目をされる場合

 

には必ず必要なPINの種類を確認して下さい。

 

そして御自身の電源ユニットに6PIN8PIN

 

の電源接続ケーブルが搭載されているのかか

 

が確認出来れば問題は全くないですし更に確

 

実に対応するモデルので有れば電源ユニット

 

自体を大容量のものにしておくのも有りです。

 

また補助電源はパソコンに搭載されている電

 

源ユニットからケーブルを挿して給電する流

 

れになるので電源ユニットの容量が少なけれ

 

ばモニターに何も表示されずにパソコンの電

 

源がつかない事もあるので注意をして下さい。

 

 

 

売れ筋のグラフィックボードにも注目する

 

御参考までにはなりますがグラフィックボー

ドを選ばれる上でAmazonサイトや楽天サイ

トの他にもYahoo!ショッピングサイト等から

売れ筋商品ランキングにも注目をして下さい。

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はグラフィックボードの選び方

 

についてお伝えをさせて頂きました。

 

今回お伝えさせて頂いたグラフィックボード

 

を選ばれるポイントはどれも重要ポイントで

 

すがまずはパソコンを利用されて何がされた

 

いのかを良く考えられる事をおすすめします。

 

そして幅広く使いこなせられるからと言って

 

高性能な製品を購入される必要はありません。

 

また今回の記事を御参考にされて御自身の利

 

用される用途に合うのグラフィックボードを

 

購入されて快適なパソコンを楽しんで下さい。