おすすめのグランドシート【アウトドアには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのグランドシート【アウトドアには欠かせないアイテム】

今回はテントの下に敷いて利用するアイテム

『グランドシート』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

キャンプ等をされる際にグランドシートが

有れば地面との摩擦や石による傷を防いで

くれて更にテントの汚れを防いでくれます。

また防水効果も搭載をしているので浸水等か

らも守ってくれるそんな便利なグランドシー

トですが製品に寄っては耐久性や耐水圧に大

きな違いがあったり又は数多くのアウトドア

用品メーカーから販売されていたりするので

いざ製品を選ぼうと思っても 

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も 

多いのではないでょうか? 

今回はグランドシートの選び方に

ついてお伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. グランドシート自体のサイズ感とサイズ展開に注目をして製品を選ぶ
  3. シート収納時のサイズに注目をする
  4. 素材にもこだわって製品を選ぶ
  5. シートの耐久性にも注目をする
  6. 水圧の目安は1500mm以上にする
  7. 同じメーカーのグランドシートに合うドームテントで有ればサイズもピッタリ
  8. 最後に

グランドシートの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はグランドシートを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに利用されているテントに

寄っては合うアイテムは異なります。

更に選び方のポイントをしっかりと

押さえてベストの物を見つけて下さい。

グランドシート自体のサイズ感と

サイズ展開に注目をして製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

まずグランドシートを選ばれる大切な事はテ

ントの大きさに合った製品を選ばれる事です。

仮にですが小さいグランドシートの場合には

テントをカバーする事が出来ないのはもちろ

んですがテントサイズ寄りも遥かに大きすぎ

たりするのは少し考えないといけないですし

また雨が降ってきた場合にはシートの上に水

が溜まってテントが濡れてしまっては浸水し 

てしまう事態に襲われてしまいかねないです。

グランドシートを選ばれる際はテントの底面 

を保護してくれて尚且つ水がたまらないよう

にグランドシートがテント寄りも10cm程度

小さいものを選ばれるのがベストになります。

その他にも色々な大きさのテントに合わせや

すいように各メーカーではサイズ展開を豊富

に出している場合のパターンが多いので仮に

気になるシートが見つけられた際にはサイズ

のバリエーションも同時に確認をして下さい。

スポンサーリンク

シート収納時のサイズに注目をする

https://www.amazon.co.jp/

グランドシートを登山用途に利用される場合

には特に収納時のサイズチェックが重要です。

また厚みのあるグランドシートの場合は収納

時に折りたたんでいたとしてもある程度の大

きさなので鞄の中で場所を取ってしまいます。

また荷物に制限がある場合はシート自体に収

納用のポケットが備えられているタイプや畳

みやすい工夫がされている物がおすすめです。

その他に収納袋がセットになっているタイプ

は少なくはないですがコンパクトに持ち運ぶ

場合はシート自体への工夫も要チェックです。

素材にもこだわって製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

グランドシートの素材は大きく分けて

化学繊維と合成樹脂の2種類があります。

またナイロンやポリエステルオックス等の 

化学繊維はシートの端にハトメを設けている

タイプも多くてタープとしても利用出来ます。

更に収納時はコンパクトに出来る上にデザイ

ン性の高い商品が豊富なのも魅力の一つです。

ただ注意点として基本的には繊維に防水加工

を施して作られているので加工部分が剥がれ

ると水を通してしまうような欠点があります。

その反対にPVC(ポリ塩化ビニル)PE(ポリ

エチレン)等の合成樹脂の場合は水を通さない 

性質を持っているので水が浸水してしまうよ

うな事がなくなるので天候の変化が激しい場 

所でされるようなキャンプにもおすすめです。

その他に価格の方も化学繊維に比べるとお手

頃価格になるのは非常に嬉しいポイントです。

製品の中にはブルーシートのようなバリバリ

とした触り心地が気になると言う声もネット

上ではあるので御自身の目的用途に合ったグ

ランドシートを考えて選ぶようにして下さい。

シートの耐久性にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

グランドシートを選ばれる際の素材に関して

はポリエステルオックス210Dと言ったような

素材の名前の他に[210D]と言った数字が

シート製品に記載されている場合があります。

また表記ですがその素材の糸の太さを表した

ものでDdenier[デニール]と言う単位で

この数値が大きくなる程耐久性も上がります。

更にグランドシートはテントを保護する為の

物になるのでデニールの数値が大きい方が良

いと思われがちではありますが数値が大きく

 

なればなる程に重量も増えていくので無理に

デニールが大きい方が良い訳ではありません。

仮に登山をされる際に荷物の量などに制限が

ある場合はグランドシートの耐久性と重さの

バランスを視野に入れながら購入して下さい。

耐水圧の目安は1500mm以上にする

https://www.amazon.co.jp/

シートを選ばれる上でもちろん耐久性も重要

になりますが耐水圧も同時に確認して下さい。

また耐水圧と言うのはどれだけ浸水しにくい

かの指標になるので仮に耐水圧が1000mm

すると1cm四方に水を1000mmまで積み重ね

たとしても水を通さないという事になります。

更に耐水圧が低いグランドシートの場合には

雨が降るとテントに水が染み込んでしまって

中の荷物等が濡れてしまう事も想定されます。

耐水圧に関しては数値が大きければ大きい程

浸水しにくいので通常のキャンプ等では耐水

圧は1500mm以上あれば十分対応が可能です。

登山等の場合でも雨が降る可能性が高い場合

には2000mm以上シートがあれば安心ですよ。

同じメーカーのグランドシートに合う

ドームテントで有ればサイズもピッタリ

https://www.amazon.co.jp/

グランドシートに合わせて利用出来るテント

の形は商品によって色々なタイプがあります。

また底面の長さを計測してピッタリのグラン

ドシートを探す作業はちょっと大変ですよね。

ですのでテントにピッタリと合うグランドシ

ートを利用されたい場合にはシートもテント

と同じメーカーで揃える事をおすすめします。

更にロゴスやコールマン等のキャンプ用品専

門メーカーの製品で有ればテントの底面に合

わせたグランドシートも販売されているので

サイズ購入したら悩まれる必要もありません。

製品の大半はテントに合わせたデザインで作

られてるので見た目の印象も非常に良いです。

スポンサーリンク

最後に

今回はグランドシートの選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

グランドシートが有ればテントを傷や

浸水から守る事が出来る便利アイテムです。

また今回の記事を御参考にされて御自身に

ピッタリと合う最適な製品を見つられて寄り

快適キャンプライフを楽しんで頂きたいです。