おすすめのハードディスクケース【ケースタイプや取り付けタイプに注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのハードディスクケース【ケースタイプや取り付けタイプに注目をする】

 

今回はパソコン内に内蔵されているHDDを収

 

納したり又は外付けのストレージとしても利

 

用出来る『ハードディスクケース』にスポッ

 

トをあててお伝えをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

そして利用をしなくなったパソコンのHDD

 

効活用されたり大容量のHDDを複数搭載し

 

サーバー化したり出来る便利なアイテムです

 

ですがいざ製品を選ぼうと思ってもケースタ

 

イプや取り付けタイプ等の色々な種類のタイ 

 

プが豊富にある上にサイズも3.5/2.5/1.8イン

 

チ等のラインナップがあって更に複数搭載可

 

能なタイプから持ち運びタイプまであるので

 

どのような基準で選んだらよいのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はハードディスクケースの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 大容量HDDには3.5インチ対応モデルで小型HDDには2.5インチモデルにも注目する
  3. 一般的な接続コネクタはSATAが主流で古いHDDの場合にはIDE対応製品に注目をする
  4. 利用される用途ハードディスクケース選びにも注目をする
  5. データ転送をされる回数が多い場合にはUSB3.0対応を目安にしてモデルを選ぶ
  6. 外出先でも利用される場合にはUSBバスパワータイプに注目する
  7. 最大HDD容量にも注目をする
  8. HDDが複数搭載出来るタイプならRAID機能』対応製品に注目をする
  9. 記録容量等の増設を視野に入れられる場合にはTV録画対応のHDDにも注目する
  10. 最後に

 

 

ハードディスクケースの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はハードディスクケースを

選ばれる上で重要なポイントを

各項目事にお伝えをしていきます?

始めに利用されたいHDDモデルが搭載

可能なシリーズを選ばれる事が重要です。

またハードディスクケースに入れるHDD

種類が非常に多いのでまずは利用されたい

HDDが搭載可能なサイズであるかやコネクタ

の種類を事前に確認をするが重要になります。

 

 

 

大容量HDDには3.5インチ対応モデルで

小型HDDには2.5インチモデルにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

パソコンモデルの中でもデスクトップに利用

 

されている大容量HDD3.5インチ対応製品

 

を選ばれてノートパソコンやゲーム機等に搭

 

載されている小型HDD2.5インチ対応のハ

 

ードディスクケースを選ぶようにして下さい。

 

更に大きいケースの場合は小さいHDDを搭載

 

出来る場合もありますが2.5インチ用のハード

 

ィスクケースに3.5インチHDDは入りません

 

その他に購入後に後悔されないようにHDD

 

インチは必ずチェックをされる事が重要です。

 

また両方を利用されるなら3.5インチと2.5

 

ンチ両方に対応している製品を選んで下さい。

 

一般的な接続コネクタはSATAが主流で古

HDDの場合にはIDE対応製品に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ハードディスクが2006年寄りも以前に販売され

 

ているHDD等には利用されたい場合は[IDE

 

ネクタ対応の製品を選ばれて2006年以降に

 

売されたHDDはSATA]コネクタ対応の

 

ードディスクケースを選ぶようにして下さい

 

そして接続されるコネクタの形状が異なって

 

しまうと対応しているハードディスクケース 

 

でしか利用出来ないので注意をして下さいね。

 

また今現在主流となって販売されている製品

 

は[SATA]対応製品になりますので仮にです

 

がもし古いHDDを搭載されたいと言う場合は

 

販売数自体は少ないですがIDESATA両方に

 

対応しているハードディスクケースも販売さ

 

れていますので検討されるようにして下さい。

 

利用される用途に合わせたハード

ディスクケース選びにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですがメインで利用される用途の方が

 

外部ストレージならケースタイプがおすすめ

 

HDD同士のデータ転送も視野に入れられる

 

なら取り付けタイプを優先的に選んで下さい。

 

またケースタイプの製品はHDDを完全に中

 

全部収納出来るので安全に外部ストレージと

 

して利用される事が出来ますがただ注意点と

 

して複数搭載出来るタイプでもパソコンを利

 

用されないとデータのやり取りが出来ません。

 

その他取り付けタイプならHDDがむき出しに

 

なっているのでHDDを搭載されるだけでパソ

 

コンを利用されなくてもデータのやり取りを

 

する事が出来る上にバックアップ作成も簡単

 

に出来ると言ったメリットとデメリットがあ

 

るので利用用途に合った製品を選んで下さい。

 

スポンサーリンク

 

データ転送をされる回数が多い場合に

はUSB3.0対応を目安にしてモデルを選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用をされる状況に寄ってはハードディスクケ

 

ースをデータの保存用ストレージとして頻繁に

 

用される方にはデータの転送速度の寄り速い

 

USB3.0]対応モデルを選ぶようにして下さい

 

またテレビ録画用として利用される場合には

 

録画ね対応さえされて入れば特にこだわりのよ

 

うなポイント等は必要ありませんがパソコンに

 

接続をされて大容量のデータ読み書きを頻繁に

 

う場合にはこだわっておきたいポイントです

 

更にUSB2.0モデルと比較をされればUSB3.0

 

モデルのスペック上では約10倍の差が出てい

 

て実質的にはHDDや接続ポート等の影響も出

 

たりしますがそこまでの速度は出ると言った

 

ような事はありませんがUSB2.0のタイプ寄

 

りも快適に利用できるのは間違いありません。

 

その他にも写真データや動画データを大量に

 

保存されたい方や会社等でも利用されている

 

方はデータの読み書きを頻繁に行う事が多い

 

と思いますので転送速度も確認をして下さい。

 

外出先でも利用される場合には

USBバスパワータイプに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用場所が室内だけでなく外出先でもハード

 

ディスクケースを利用される方はUSBから給

 

電可能なUSBバスパワー製品を選んで下さい。

 

そして大容量で大型の3.5インチ対応製品の場

 

合で有れば基本的にはACアダプターを接続し

 

てコンセントから給電する製品が大半になり

 

ますが2.5インチ対応の製品の場合にはUSB

 

給電ラインナップが数多く販売されています。

 

またACアダプターが不要でPCUSBポート

 

に接続されるだけで利用出来るのでパソコン

 

周りをスッキリさせたい方にもおすすめです。

 

最大HDD容量にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

製品を購入される際にはHDDの容量に対応し

 

ているハードディスクケースを選んで下さい。

 

またHDDの容量のグレードには500GBから

 

10TBまでの豊富なラインナップにもなります。

 

仮に非対応の場合は全ての容量に利用出来な

 

い場合や認識すらしてくれない事もあります。

 

その他にも単体の製品はもちろんですが複数

 

HDDを搭載可能な製品であっても11つの

 

最大容量自体が制限されている事もあります。

 

ですので利用されたいHDD容量に対応してい

 

るかどうかは事前に必ず確認をして下さいね。

 

■HDDが複数搭載出来るタイプなら

RAID機能』対応製品に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ハードディスクケースの中でも複数のHDD

 

搭載可能な製品を選ばれる場合はデータを安全

 

に守る事が出来て尚且つバックアップにも適し

 

RAID機能搭載モデルがおすすめになります。

 

また『RAID機能』と言うのはデータを別々の

 

HDDにバックアップとして保存が出来たり結

 

合したりとモードを選択が出来る製品の事です

 

更にRAIDモードとミラーリングモードが搭載

 

されている製品なら1つのデータを複数のドラ

 

イブに保存出来たりするので仮にですが1つの

 

HDDが壊れたとしても復元は可能になります。

 

その他にも特に会社等で利用されているパソ

 

コンの場合には重要なデータを保存されてい

 

ると思いますので万が一の為に『RAID機能』

 

搭載型を検討される事をおすすめしたいです。

 

録画容量等の増設を視野に入れられる

場合にはTV録画対応のHDDにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

録画をされるテレビやレコーダーの容量を増

 

設される事を視野に入れられる場合はテレビ

 

録画用のHDDの購入も選択肢に入れられる事

 

で容量を増設出来るだけでなく寄り静音性と

 

耐久性に優れた製品を利用する事が出来ます。

 

 

 

売れ筋のハードディスクケースに注目する

 

御参考までですがハードディスクケースを選

ばれる上でAmazonサイトやYahooショッピ

ング等の売れ筋商品ランキングにも注目です。

 

Amazonサイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はハードディスクケースの選び方

 

についてお伝えをさせて頂きました。

 

ハードディスクケースが有ればどのHDD

 

あっても搭載可能な訳ではなく利用されたい

 

HDDやケースの利用方法に寄っても選ばれる

 

製品に寄って異ってきますが前もって利用さ

 

れたいHDDや利用用途等を事前に考えておか 

 

れればハードディスクケース選びも簡単ですね

 

また今回の記事を御参考にされて利用環境等に

 

合うハードディスクケースを見つけて下さいね