おすすめのハイブリッド車【ミニバンモデルやコンパクトカーモデル更にはセダンモデルに注目する】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのハイブリッド車【ミニバンモデルやコンパクトカーモデル更にはセダンモデルに注目する】

今回は燃費の良さと地球環境に配慮された

車両構造になっていると注目を集めている

『ハイブリッド車』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

一口に『ハイブリッド車』と言っても

それぞれのメーカー代表格とも言えるトヨタ

のプリウスを始めとしてホンダや日産等から

も人気モデルが多くの車が販売されています。

またミニバンモデルやコンパクトカーモデル

等も含めて色々なタイプのハイブリッド車が

の方が続々とリリースされていっているので

いざハイブリッド車両を選ぼうと思っても

どのような基準で選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回ハイブリッド車の選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. ハイブリッド車とエコカーの違いとは?
  3. 『JC08モード燃費』に注目をする
  4. シンプル構造の『パラレル式』
  5. エンジンとモーターの両方を効率良く動かす事が出来る『シリーズパラレル方式』
  6. エンジンが停止していても運転走行が可能な『シリーズ式』
  7. 電池の違いやその影響力にも注目をする
  8. 事故防止の安全性能にも注目をする
  9. エコカー減税や初期費用にも注目をする
  10. コスパを重視されるなら車体の価格と維持費のバランスにも注目をして選ぶ
  11. リセールバリューにも注目をする
  12. 最後に

ハイブリッド車とエコカーの違いとは?

https://www.honda.co.jp/

今回はハイブリッド車をお伝えをする前に最 

近は良くエコカーと言う言葉を聞かれる方も

多いとは思いますがまず始めにエコカーとハ

イブリッド車についてお伝えをしていきます。

エコカーと言うのはガソリン資源を守りなが

ら温暖化の対策も考えて開発されている自動

車にはなりますが更に具体的にお伝えをする

とガソリン以外の燃料も利用していて燃費が

良かったり又は二酸化炭素の排出量が少ない

事で環境に与える影響が少ない車を指します。

またハイブリッド車の中でもクリーンディー

ゼル車やPHVの他に電気自動車や水素を燃料

とする燃料電池自動車更に天然ガス自動車や

バイオエタノール燃料車両等が挙げられます。

更にエコカーの一つでもあるハイブリッド車

はガソリンで動くエンジンと電気で動くモー

ターの2種類の動力源を持つ優秀な車両です。

ハイブリッド車は走行される状況に合わせて

エンジンとモーターの動力を切り替える他に 

もモーターがエンジンをサポートしてくれて

ガソリンの燃費を向上させながらも大気汚染

に関わる排気ガス等の量も減らしてくれます。

その他にもハイブリッド車を含めたエコカー

は国土交通省が定める排出ガスと燃費の基準

値に寄っても購入される際には自動車税や自

動車重量税の他に自動車取得税等が優遇され 

るエコカー減税の対象になる車両になります。

ハイブリッド車の選び方

今回はハイブリッド車を選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

JC08モード燃費』に注目をする

https://www.honda.co.jp/

燃費と言うのは1リットルで走行出来る距離を

km/L]と単位で示していて実際の燃費の良

さで確認をされる場合はカタログや公式サイ

ト等で[JC08モード燃費]とe燃費サイトで

も同様に[実燃費]の両方を確認して下さい。

またメーカーのサイトでも御自身で確認が出

来る[JC08モード燃費]は国土交通省が定め

ている[JC08モード]規格に基づいて計測が

されたものにはなりますが実燃費は車種や性

の他にも重さや走行環境等に寄っても大きく

異なってはくるので実燃費の数値に関しては

JC08ード燃費から24割程は低くなります。

ですので[JC08モード燃費]と[実燃費]

一緒に比較される事でハイブリッド車両の

燃費性能をしっかり確認をする事が出来ます。

今現在は国際燃費基準の[WLTC]が導入さ

れた事で201810月からは寄り実燃費に近い

数値が出る[WLTCモード燃費]の表示が義

務化されるようになっていますが記載数値は

まだ[WLTCモード]の義務化前になるので

[JC08モード]の数値を参考にまとめています

ハイブリッドシステムにも注目をする

各有名メーカーのハイブリッドシステムの違

いは走行性能にも大きく影響をしてくるので

今現在はハイブリッドシステムはパラレル式

やパラレルシリーズ方式等のシリーズ式の3

つに分けられるので各メーカーのハイブリッ

ドシステムの特徴や違いも比較をされながら

御検討をされれば更に選びやすくなりますよ。

シンプル構造の『パラレル式』

https://www.honda.co.jp/

ハイブリッドシステムの[パラレル式]は動

力のメインをエンジンが繋いで急加速や更に

パワーが欲しい際にモーターがエンジンにパ 

ワーを上げてサポートをしてくれる方式です。

また走行する際のモーターが発電機を兼ねる

事で低コスト且つコンパクトな駆動系でハイ

ブリッド化が出来ているのが最大の特徴です。

ただ現状の注意点としてモーターが発電機の

働きを兼ねているので発電しながらモーター

走行をする事が出来ない所は大きな弱点です。

その他にも[パラレル式]を採用している 

代表的なメーカーと言えばホンダになります。

モーターの数にそれぞれグレードが変わる

1モーターの[SPORT HYBRID i-DCD

2モーターの[SPORT HYBRID i-MMD

3モーターの[SPORT HYBRID SH-AWD

のラインナップをそれぞれを展開しています。

エンジンとモーターの両方を効率良く

動かす事が出来る『シリーズパラレル方式』

http://toyota.jp/

国内自動車メーカーの中でも大手のトヨタが

採用している[シリーズパラレル方式]と言

うのはエンジンとモーターの2つを上手く使

い分ける事でモーターとエンジン両方の動力

で車輪を駆動させると同時にモーターの走行

時にも発電を可能にしている方式になります。

また高速走行に向いているエンジンと低速ト

ルクに優れるモーターを状況に応じて使い分

けたり組み合わせられる事で効率的に寄り力

強い運転走行を実現している方式になります。

更にモーターとエンジンを同時に通常走行の

際に余ったエネルギーや減速時のエネルギー

を発電に再利用出来るので燃費も向上します。

ただ注意点としてこの方式はガソリン車には

必要なかったモーターや大きなバッテリーの

他にも発電機を搭載しなければいけなくなっ

たので車体重量の方が重たくなので利用状況

に寄っては燃費が悪くなってしまう場合が

ありますのでこの点も押さえておいて下さい。

エンジンが停止していても

運転走行が可能な『シリーズ式』

https://www3.nissan.co.jp/

大手の日産自動車メーカーが自社のノートや

セレナに採用しているハイブリッドシステム

e-powerは[シリーズ式]と呼ばれています。

またシリーズ式はエンジンを発電専用にして

動力源は100%モーター駆動となっています。

更に電気自動車のような特徴を持っているの

で自動車の充電さえ出来ればエンジンを停止

していたとしても運転走行が可能になります。

その他にはモーター駆動になるので電気自動

車のような加速性やレスポンスも味わえます。

そして発電に関してはガソリンで走行を行う

ので充電等を気にしないで電気自動車の運転

走行を楽しめるのは最大の長所でもあります。

スポンサーリンク

電池の違いやその影響力にも注目をする

http://toyota.jp/

次にハイブリッド車にとっては重要ポイント

になるバッテリーにも注目して頂きたいです。

また現在のハイブリッド車両に搭載されてい

るバッテリーには[リチウムイオン電池]と

[ニッケル水素電池]の2種類がありますが

最新のハイブリッド車両のバッテリーの主流

の候補は[リチウムイオン電池]になります。

そして軽くてコンパクト且つ充電量も多くて

エネルギー抵抗が低いので燃費効率も良いと

言われている非常に多くの良い面があります。

その他バッテリーの性能を重視をされる場合

は[リチウムイオン電池]搭載車が良いです。

更にはコストがかかると言われて来ましたが

量産される事でコストも下がってきています。

反対にコストや気候を考慮されて選ばれるな

ら[ニッケル水素電池]悪いと言う訳ではな

く特に雪国等の寒い地域では低温特性に優れ

る[ニッケル水素電池]のハイブリッド車両

は非常におすすめで以前は重くて大きくて性

能もリチウム電池に比べて劣ってはいました

が最近は技術の進歩と伴ってニッケル水素電

池の小型化や高性能化もかなり進んでいます。

事故防止の安全性能にも注目をする

http://toyota.jp/

ハイブリッド車を選ばれる際にはドライバー

は十分歩行者の安全を気遣う必要があります。

またハイブリッド車両は電気モーターで走行

している際には歩行者が気づかない程の静か

な音になるので事故の危険性も高まる為です。

現行のハイブリッド車両に関してはレーダー

とカメラで前方の障害物等を検出してくれて

衝突が予測される際には警告や回避アシスト

を自動作業で行うと言ったような色々なシス

テムを搭載した車種のモデルも増えてはいる

ので各社メーカーの仕組みは少しずつ異なり

ますので必ずサイトで詳細を確認して下さい。

更にハイブリッド車両の安全性に関しては政

府が交通事故防止対策の一環として普及啓発

しているセーフティ・サポートカー[略称:

サポカー]の認定を受けている車両なのかど

うかで判断されても良いですし自動ブレーキ

等の安全運転をする上での支援をする機能が

しっかり搭載されている車両のモデルで有れ

ば認定されているので一つの目安になります。

コストパフォーマンスも重視する

ハイブリッド車のデメリットとしてガソリン

との比較をされた際の一番のポイントに

るのは車体価格の方が高い事が挙げられますが

ハイブリッド車両を選ばれればガソリン代等の

維持費削減出来るだけでなく車体価格を含めた

コストパフォーマンスも良くなる事は間違いな

いので御自身の納得の行く車選びが出来きます

エコカー減税や初期費用にも注目をする

http://toyota.jp/

ハイブリッド車両を購入される上で自動車取

得税や自動車重量税等が優遇される[エコカ

ー減税]対象車になる車種も非常に豊富です。

またガソリン車両寄りも車体価格が3045

万円程は高価にはなりますがエコカー減税の

対象車となるので実際の価格寄りもメーカー

小売希望価格寄りも安くなる場合があります。

ただ2017年から2018年にかけて段階的にエ

コカー減税対象車種等が大幅に見直される事

になって免税や減税額の基準が変わりました。

その他エコカー減税対象だからお得に購入出

来ると思われて購入されたは良いですが実は

御自身で期待されていた程減税されていない

と言う事がないように各メーカーや中古車販

売業者のHP等でしっかり確認をして下さいね。

コスパを重視されるなら車体の価格

と維持費のバランスにも注目をして選ぶ

http://toyota.jp/

ハイブリッド車は日々の走行距離が長ければ

長い程ガソリン代の節約にかなり繋がります。

またハイブリッド車は車体自体がガソリン車

に比べてどうしても高いのでその分の差額分

を節約したりガソリン代で取り戻す事が可能

かどうか含めてコストパフォーマンスを考え

られるには非常に重要なポイントになります。

更にせっかく選ばれた燃費の良いハイブリッ

ド車を購入されたとしても普段からほとんど

乗られないような状況で有ればあまり意味が

なくなってしまうのであくまでま目安として

年間で15000km以上を走行して10年間乗ら

れる事を想定されるので有れば燃料費節約分

による金銭的メリットがあると考えて下さい。

その他それ以下の走行距離で買い替えをされ

たりもっと早い時期での予定を立てられてい

る場合はかなり割高になる可能性があるので

利用状況等を考えながら検討してみて下さい。

リセールバリューにも注目をする

http://toyota.jp/

ハイブリッド車両のコスパを重視される際に

見落とせないのがリセールバリューにはなり

ますがこれは次に手放す際にいくらで買い取

ってもらえるかも重要なポイントになります。

また購入価格が高額になりがちなハイブリッ

ド車両ですが中古での売却価格はガソリン車

両寄りも値崩れしない傾向にあるので仮に維

持費で得した分を考えられても買い替えられ

る時には最終的にガソリン車両寄りもコスパ

が良くなる可能性も十分考えられるポイント

にはなるので35年以内の短期で乗り換えを

予定されている場合は値崩れの幅は更に小さ

く高額で買い取って貰える確率が上がります。

更に中古車相場でも人気車種がありますので 

気になる車種があったら必ずリセールバリュ

ーの高さに関しても調べておく事が重要です。

スポンサーリンク

最後に

今回ハイブリッド車の選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

ハイブリッド車は燃費を追求したタイプや

走行性能を追求した車種のモデル等の

一口に『ハイブリッド車』と言っても色々な

ラインナップが展開されていますがこれから

購入される車選びのヒントになれば幸いです。

またハイブリッド車のコストパフォーマンス

に関しては色々な諸説がありますが実際には

所有されている満足度も踏まえて御自身が欲

しい車種や性能を見極めて気に入ったものを

購入される事が一番ですが最終的には購入さ

れて後悔しない車選びに繋がればと思います。