おすすめのハンドストラップ【カメラの固定や落下防止には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのハンドストラップ【カメラの固定や落下防止には欠かせないアイテム】

 

今回はカメラ撮影の際に欠かせないのがスト

 

ラップアイテムですがこちらが有れば落下を

 

防いだり手に固定したりする役目があります。

 

また首からかける[ネックストラップ]もあ

 

スポンサーリンク

 

りますので寄りしっかりとカメラを固定され

 

たいので有ればハンドストラップが便利です。

 

更には最近では可愛いデザイン性の商品や革

 

製のお洒落な商品も徐々に増えてきています。

 

ですがいざ商品を選ぼうと思っても

 

ストラップの取り扱いに慣れていないと 

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も 

 

多いのではないでしょうか? 

 

今回はハンドストラップの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います

 

  1. 目次
  2. 落下防止を重視される場合には手首に引っ掛けるタイプに注目する
  3. カメラの安定性重視ならグリップタイプ
  4. 水場での撮影にはフローティングタイプ
  5. カメラに装着可能かどうかにも注目する
  6. 撮影状況に合った商品を選ぶ
  7. 最後に

 

 

ハンドストラップの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はハンドストラップを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ずな装着方法の種類に注目して下さい。

そしてハンドストラップは装着の方法が何種

類かあってそれぞれで利用される目的が異な

ってくるので利用される場面等を考えながら

御自身に合うピッタリのものを選んで下さい。

またハンドストラップは一般的な手首を通す

タイプからカメラ横側につけて固定するグリ

ップタイプ等の色々なシリーズがあるので利

用される目的や天候の他にもシチュエーショ

ンを考えながらラインナップを選んで下さい。

 

 

 

落下防止を重視される場合には

手首に引っ掛けるタイプに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に落下防止の為にストラップを取り付ける

 

なら手首に引っ掛けるタイプがおすすめです。

 

そして商品数が一番多いのがこちらのタイプ

 

で種類の方も輪っか状になったストラップに

 

手首を入れて写真撮影をスムーズに行う事が

 

出来て紐の長さ次第では手首に巻きつけるよ

 

うな装着も可能になるので利用される一眼レ

 

フやミラーレスカメラだけでなくコンパクト

 

なデジタルカメラに装着される事も可能です。

 

また手首に装着される輪っかはピッタリのも

 

のではなく少し緩みがあったり長めの方が角

 

度を変えたり持ち直したりする際に便利です。

 

その他利用されるストラップに寄ってはアジ

 

ャスターが付いていてそれぞれの手首の部分

 

ろまで長さ調節が出来るタイプもありますよ。

 

カメラの安定性重視ならグリップタイプ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばカメラを持たれる際に安定させたい場

 

合にはグリップタイプがおすすめになります。

 

またグリップタイプはシャッターを押す右側

 

の手の位置をしっかり固定してくれるので持

 

ちやすく安定感が増すだけでなくストラップ

 

の取り付け部分とカメラ底部の三脚ネジ穴の

 

2つの部分を用いて取り付ける事が多いですね

 

更にカメラの本体やレンズが大きい一眼レフ

 

ミラーレスカメラの利用時におすすめですよ。

 

そしてデメリットとしては三脚でカメラを固

 

定して撮影される際にネジ穴に取り付けてい

 

るストラップを外さなないといけない事です。

 

その他にも安定感を増させる為に手の甲に接

 

する部分は覆うようなデザイン性が多いので

 

収納時にかさばりやすいので注意が必要です。

 

水場での撮影にはフローティングタイプ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

海やプール等に防水カメラを持って行かれな

 

るフローティングストラップがおすすめです。

 

そしてダイビングやサーフィン等のアクティ

 

ビティには防水カメラを持っていく機会も多

 

いとは思いますがもし手が滑ってしまいカメ

 

ラを紛失してしまうようは場合もそれを防い

 

でくれるのがフローティングストラップです。

 

またフローティングストラップなら手首の部

 

分が浮くようになっているので万が一手から

 

ら外れてしまった場合もストラップが水の上

 

に浮き上がってくるので探しやすくなります。

 

その他にも目印にもなるのでせっかく購入さ

 

れるので有れば華やかで目立つ色が多いのも

 

特徴の一つにはなるので海や川以外にもプー

 

ル等でで撮影を行う事多い場合でもお一つか

 

のようなストラップが有ればとても便利です。

 

カメラに装着可能かどうかにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

希望に合ったタイプを選ばれたら次はお手持

 

ちのカメラに装着できるかどうかに注目です。

 

またストラップに対応機種が記載あり場合は

 

対応モデルを御確認されて特に対応機種がな

 

い場合はサイズを御自身で確認をして下さい。

 

更に一眼レフやミラーレス一眼の他にコンパ

 

クトカメラの多くの場合はカメラ本体の横側

 

又は上部の端にストラップを取り付ける穴が

 

ありますのでストラップをこちらの穴にくぐ

 

らせて取り付けをしますが選ばれる商品に寄

 

っては入らない場合もありますのでストラッ

 

プの先端幅が10mmのストラップで有れば比

 

較的多くのカメラに対応はしていますがカメ

 

ラの取り付ける穴とストラップの先端幅が合

 

っているかどうかも確認しておくと良いです。

 

そしてストラップの取り付けの穴がない場合

 

やサイズや形状に寄って取り付けが出来ない

 

場合にはカメラの底部の三脚ネジ穴を利用し

 

たストラップもありますので先ずは御自身の

 

カメラの取り付け部分を確認をされて合う合

 

わないのタイプをそれぞれ確認をして下さい。

 

撮影状況に合った商品を選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですがどんな場所でどの位の時間を撮影

 

り使われるのかも考えるのも非常に重要です。

 

また柔らかくて手に馴染んでいく事で人気の

 

ある革製ストラップですが水分に弱いので雨

 

の日の撮影であったり又は汗をかいたりされ

 

る夏場に利用される場合にはシミになったり

 

変形したりする可能性もあるので適しません。

 

そしてストラップの幅が狭いタイプの場合は

 

長時間撮影される場合も手に食い込んで使い

 

づらい事もあるので幅が20mm前後で有れば

 

食い込む事が少なく快適に持つ事が出来ます。

 

更に撮影時間と照らし合わせながら選ばれる

 

事が重要ですが撮影される天候や時間等も考

 

慮して快適に撮影できるものを選んで下さい。

 

 

 

売れ筋のハンドストラップにも注目する

 

御参考までになりますがハンドストラップを

選ばれる上でAmazonサイト等の売れ筋商品

ランキング等にも注目をして選んで下さいね。

 

Amazonサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はハンドストラップの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

またカメラの携帯に便利なハンドストラップ

 

はしっかりとホールドできるグリップタイプ

 

から手首を通すストラップタイプ等の色々な

 

種類のシリーズがありますので御利用される

 

シーンを考えて合うのものを選んで下さいね。