おすすめの鉢カバー【観葉植物の鑑賞には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの鉢カバー【観葉植物の鑑賞には欠かせないアイテム】

 

今回は観葉植物を鑑賞されるのに欠かせない

 

鉢ですが商品自体はシンプルなデザイン性の

 

タイプのものが多く仮にですが部屋の雰囲気

 

にマッチしないと言う事もしばしばあります。

 

スポンサーリンク

 

そして鉢を交換される為に植え替えをされる

 

のはやはり少し手間がかかって面倒ですよね。

 

またそんな場合には『鉢カバー』に注目です。

 

お手元に『鉢カバー』が有れば植物等を鉢に

 

入れるだけで観葉植物の印象をガラリと変え

 

てくれるオシャレなインテリアアイテムです。

 

そこで今回は鉢カバーの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 鉢カバーを利用されるメリットとは?
  3. 先ずは鉢に合った大きさのものを選ぶ
  4. 鉢の高さも重要なポイント
  5. 室内利用の場合は重さにも注目する
  6. 耐水性を重視されるなら『陶器』
  7. 軽くて持ち運びを重視されるなら『樹脂』
  8. 部屋のインテリア重視なら『自然素材』
  9. 長期的に利用されるなら『金属』
  10. シンプルなデザイン重視なら『セメント』
  11. 観葉植物を寄りオシャレにレイアウト
  12. 最後に

 

 

鉢カバーを利用されるメリットとは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれた鉢カバーはインテリアアイテムとし

 

てだけではなく鉢から水漏れを防いでくれた

 

り土の急な温度の変化からも植物を守ったり

 

してくれる等の非常に大きな長所があります。

 

そして鉢カバーを交換されるだけで植物の印

 

象もガラっとと変わってお部屋の模様替えの

 

一つにもなりますし購入された商品に寄って

 

は植物を簡単に交換出来るのも嬉しいですね。

 

また室内で植物を育てられる場合には受け皿

 

がなければ底穴から余分な水があふれてしま

 

ってお部屋の中が汚れてしまう事もあります。

 

そのような場合に『鉢カバー』を利用されれ 

 

ば水漏れを防ぐ事が出来ますし又は長期的な

 

お出掛けの場合には鉢カバーに水を入れてお

 

かれれば植物が枯れるのを防ぐ事も出来ます

 

し更には重さのある鉢カバーを利用されれば

 

風の強い場所等にも植物を置く事が出来ます。

 

ただ注意点として外で鉢カバーを利用される

 

際には雨水が溜まってしまわないように注意

 

をされないといけないでぜ室内で利用される

 

場合もお水のあげすぎには注意をして下さい。

 

 

 

鉢カバーの選び方

 

今回は鉢カバーを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

そして購入される際にはついつい

デザイン性を重視されて選んで

しまいがちになりますが鉢に合った

大きさのものを選ばれる事が重要です。

また見た目よりも使いやすさを重視して 

いる鉢カバーの商品を選んで下さいね。

 

 

 

先ずは鉢に合った大きさのものを選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

初めに鉢カバーを選ばれる際に重要なポイン

 

トになってくるのが大きさにはなりますが鉢

 

寄りも小さな過ぎると入りませんし逆に大き

 

すぎると鉢がカバーの中で倒れてしまいます。

 

また鉢カバーに記載されているサイズを見ら 

 

れたらそれ寄りも大きなものを選んで下さい。

 

大きなものを選ばれる理由として鉢カバーの

 

大きさが内寸と外寸で記載されている場合は

 

内寸が内側の直径サイズになるので御参考に

 

して頂きたいのですが鉢の厚みに関しては販

 

売をされている商品事に異なるので鉢カバー

 

を購入する前に鉢の直径を計測して下さいね。

 

仮に[○○号用]と記載されている鉢カバー

 

はその号数の鉢でお使いにはなれますがただ

 

鉢の直径は号数で明記されていますが1号は

 

3cmとなっているので6号の鉢の場合は直径

 

18cm寄りも大きなタイプ選んで下さいね。

 

鉢の高さも重要なポイント

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用される鉢の直径も重要ですが高さも同様

 

重要ポイントになってくるので鉢カバーの高

 

さが鉢寄りも低い場合にはカバーから鉢が見

 

えてしまって見た目もあまり良くありません。

 

そして反対に高すぎる鉢カバーの場合だと植

 

物が見えなくなってしまいますし植物の見栄

 

えを重視されるなら飾る鉢の高さも忘れずに

 

計測を必ずされてから選ぶようにして下さい。

 

また鉢カバーのデザインに関しては販売され

 

ている各商品に寄って大きく異なりますし中

 

には左右の高さが一定でないものもあります。

 

更にそのようなデザイン性の鉢カバーをチョ

 

イスされるので有ればカバーの一番低い高さ

 

に鉢が収まるようにされると綺麗に見えます。

 

その他どうしても高さのある鉢カバーを利用

 

してみたいと言う場合にはビニールシート等

 

を底面に敷いて高さを作ってあげて下さいね。

 

室内利用の場合は重さにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

鉢カバーを選ばれる際には重さにも注目です。

 

また見た目がお洒落な鉢カバーであっても重

 

さのあるものは水やりや持ち運びに不便です。

 

そして特に室内で鉢カバーを移動させる場合

 

に引きずってしまわれると床が傷がついてし

 

まう事もありますし金属やセメントで作られ

 

た鉢カバーを選ばれる場合にはそれぞれ素材

 

によって重さが異なるので必ずチェックです。

 

その他に外で利用される場合は転倒防止に重

 

い鉢カバーを利用する事もありますが室内の

 

場合だと使い勝手の良し悪しも含めてやはり

 

重すぎるものは避けた方が無難だと思います。

 

 

 

それぞれの素材事の特徴にも注目をする

 

鉢を選ばれるならデザインも重要になります

そしてデザインが豊富な鉢カバーは素材に関

しても様々ですし選ばれた素材に寄っては見

た目も重さも大きく異なるのでそれぞれの特

徴を把握されると選ぶ時の参考になりますよ。

 

 

 

耐水性を重視されるなら『陶器』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

鉢カバーのシリーズ中でも陶器製は表面に釉

 

薬が塗られているので耐水性が高く鉢を入れ

 

たままの状態で水やりをする事が出来ますよ。

 

また土の風合いを活かした自然な雰囲気も醸

 

し出すものから色鮮やかな釉薬が塗られたも

 

のまで見た目も商品に寄って異なるので和又

 

は洋のどちらにも合わせやすいのも特徴です。

 

そして耐水性の高さがメリットの陶器ではあ

 

りますがデメリットとしては通気性は悪くて

 

水が溜まってしまうと根腐れをおこしてしま

 

う事もありますので水やり後には溜まった水

 

を捨られるのを忘れないようにしで下さいね。

 

その他にも持ち運びの際には陶器を落として

 

割ってしまわないようにも注意して下さいね。

 

スポンサーリンク

 

軽くて持ち運びを重視されるなら『樹脂』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですがポリエチレンやポリプロピレン等

 

の樹脂を素材とした鉢カバーの場合は軽量で

 

尚且つ持ち運びしやすい事が特徴になります。

 

また購入される価格自体もお手頃価格でカラ

 

ーバリエーションも非常に多く色々な有名な

 

メーカーから種類が豊富に販売されています。

 

更に模様替えで鉢カバーを頻繁に交換をされ

 

たい方には樹脂製の鉢カバーがピッタリです。

 

そして防水性にも優れているので水やりが簡

 

単なのも嬉しいポイントですが陶器同様に通

 

気性は低いので水やり後等は余分な水は取り

 

除いて頂くようにされてないと根腐れします。

 

陶器製と比べると軽くて排水しやすいですよ。

 

部屋のインテリア重視なら『自然素材』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

鉢カバーを選ばれる際に自然素材を利用した

 

ラインナップをチョイスされる場合にはイン

 

テリアの邪魔にならずにお部屋の中にスゥー

 

と溶け込みやすいのが大きな特徴になります。

 

また天然木や籐の他に麻等の有名なものから

 

水草の一種[シーグラス]を利用したちょっ

 

と珍しいものまで種類の方は数多くあります。

 

更にはナチュラル系のテイストがお好みの場

 

合であっても非常におすすめでカバー自体が

 

軽いので持ち運び等も楽なのも嬉しいですね。

 

そしてオシャレなデザイン性が多いのも『自

 

然素材』の鉢カバーになりますが植物である

 

がゆえに水に弱い事が最大の弱点になります。

 

また鉢カバーに水がついてしまうと変色やカ

 

ビの原因にもなってしまうので水やりは鉢を

 

取り出して行なわれる事と鉢の底面から出た

 

水でカバーが濡れてしまわないように鉢とカ

 

バーの間に受け皿を敷く事をおすすめします。

 

長期的に利用されるなら『金属』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

鉢カバーを選ばれる際にブリキやステンレス

 

を採用した『金属製』の鉢カバーは見た目の

 

デザインがお洒落だと非常に人気があります。

 

また金属製鉢カバーと植物の相性は非常に良

 

くて多肉植物を入れられるのもおすすめです。

 

更に耐水性も抜群で床が濡れてしまう心配も

 

ありませんし金属なので利用されていく内に

 

サビができますがそれも又良い風合いとなり

 

ますが底面が腐食して穴が開いてしまう事も

 

あるので水やり後は余分な水は捨てて下さい。

 

そして利用される金属に寄っては重さが異な

 

るので通信販売等で購入される場合は重さを

 

しっかりと確認される事をおすすめしますが

 

金属は熱伝導率が高いので直射日光の当たる

 

場所に設置されたりされるのは避けて下さい。

 

シンプルなデザイン重視なら『セメント』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

鉢カバーを選ばれる際に他の素材と比較され

 

た際に種類自体の数はそれ程多くありません

 

がセメント製の鉢カバーも販売されています。

 

また防水性は高くて室内に置かれても床が濡

 

れてしまう事等はありませんしシンプルなデ

 

ザイン性が多いセメント製の鉢カバーはお部

 

屋のインテリアに合わせやすいのも特徴です。

 

ただ注意点として通気性は良くないので水や

 

り後は必ず排水が必要になってきますし重さ

 

のある鉢カバーの場合は無理に動かそうとさ

 

れないでスポンジ等で排水作業をして下さい。

 

観葉植物を寄りオシャレにレイアウト

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

御自身が大好きな観葉植物を寄りオシャレに

 

見せてくれる便利グッズは鉢カバー以外にも

 

色々ありますが例えばですが幾つかの植木鉢 

 

を並べておけるフラワーラック等は限られた

 

空間に数多くの観葉植物を置く事が出来ます。

 

そして吊り下げて飾れるハンギングプランタ

 

ーで有れば場所等を選ばないで観葉植物を飾

 

れたり風通しも良いので植物を育てるのに適

 

した環境を作れると言うのが長所になります。

 

 

 

売れ筋の鉢カバーに注目をする

 

御参考までにはなりますが鉢カバーを選ばれ

る上でAmazonサイトや楽天サイトの他にも

Yahoo!ショッピングサイト等から売れ筋商品

ランキングにも注目をされて選んで下さいね。

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

そこで今回は鉢カバーの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

例えばですが味気のない鉢に入った植物でも

 

デザイン性の高い鉢カバーに移し替えるだけ

 

で雰囲気がガラリと変えられるアイテムです。

 

そして鉢カバーには素材や形のバリエーショ

 

ンが多くて商品事の見た目も色々ありますの

 

でお気に入りの商品を見つけて頂きたいです。