おすすめのヘッジトリマー【庭木の剪定や草刈りにも欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのヘッジトリマー【庭木の剪定や草刈りにも欠かせないアイテム】

 

今回は庭木の剪定の場合には刈り込みバサミ

 

等を利用されれば作業自体は行えますが範囲

 

が広かったり又は剪定の位置が高いと作業が

 

しにくくとてもお困りになるのでは思います。

 

スポンサーリンク

 

このような時に大活躍をしてくれるアイテム

 

『ヘッジトリマー』剪定のバリカンにスポッ

 

トをあててお伝えをしていきたいと思います。

 

また生垣の整備や草刈りをされる際に利用出

 

来るヘッジトリマーが一台有ると非常に便利

 

で優れものにはなりますが有名メーカーのマ

 

キタやリョービ等のメーカーからも発売され

 

ている上にコードレスや替刃の交換が可能な

 

タイプ等の色々な製品が販売されているので

 

いざ製品を選ぼうと思っても

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はヘッジトリマーの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。 

 

  1. 目次
  2. ヘッジトリマーの必要性とは?
  3. 初めての方には『ハンディタイプ』
  4. 高作業重視なら『ロングハンドルタイプ』
  5. 一台で何役も利用出来るタイプにも注目
  6. 刈り込み幅にも注目をする
  7. 持ち運び重視なら『コードレス』タイプ
  8. 連続稼働重視ならACコード付きタイプ
  9. 作業時間の長さにも注目をする
  10. 刃の交換作業にも注目をする
  11. オプションにも注目をする
  12. 最後に

 

 

ヘッジトリマーの必要性とは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に生垣の剪定や高枝の処理と言うのは御近

 

所さんにも見える部分からこそ日頃から綺麗

 

にしておきたいものですが刈り込みバサミ等

 

で少しずつの作業だと考えられると荷が重い 

 

作業になってしまうのが躊躇してしまいます。

 

そんな時にはヘッジトリマーが大活躍ですね。

 

そして刈り込みバサミ等では届かない場所の

 

作業がある場合や範囲が広いの場合でも効率

 

よく刈る取る事が出来るのでとても便利です。

 

またヘッジトリマーのタイプに寄って高所

 

枝を切ったり又植木や生垣の剪定をされたり

 

更に下草を刈ると言った高い所から低い所ま

 

で用途は様々になるので一度ヘッジトリマー

 

を利用されるとその効率的な便利さから壊れ

 

てもまた買い換える方も多いのも納得ですね。

 

その他実際に御自身で利用される場所や広さ

 

の他に利用される時間を考えられて目的とさ

 

れる一番最適なラインナップを選んで下さい。

 

 

 

ヘッジトリマーの選び方

 

今回はヘッジトリマーを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ずは用途にに合ったものを選んで下さい。

またヘッジトリマーは手元で操作するモデル

と高所作業にも適したモデルの2種類があり

すのでそれぞれの選び方に注目して下さい。

 

 

 

初めての方には『ハンディタイプ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

手元の作業にハンディタイプは初めて利用さ

 

れる方にも扱いやすくて非常におすすめです。

 

そして数多くのモデルが両手での取り扱いを

 

しますが片手でも利用出来る製品もあります。

 

また[刈り込み幅]の種類が多いのも特徴に

 

なるので利用場所等に応じて刃の長さを選べ

 

たり出来るのも大きな魅力の一つになります。

 

ただ注意点として取り扱いやすいと言っても

 

鋏と比較されればやはり重たくしかも自動で

 

刃が動いてくれるので充分に注意が必要です。

 

更に次にお伝えをさせて頂くロングタイプと

 

比べられればハンディタイプは軽いタイプも

 

多くて刃のカバーがついたモデル等も販売さ 

 

れているのでヘッジトリマーを今回初めて利

 

用される方でも操作がしやすくて安全ですよ。

 

高作業重視なら『ロングハンドルタイプ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

作業をされる際に高所の枝切り等の作業をさ

 

れたい場合はハンドルの長さが変えられるロ

 

ングタイプのシリーズがおすすめになります。

 

そして脚立等を利用されなくても作業が出来

 

るようになるので寄り安全で便利ですしまた

 

ロングタイプの場合には高所作業だけでなく

 

地面の作業にも適していて腰をかがめずに立 

 

ったままの状態で下草を刈ったりも出来ます。

 

こちらは伸縮も出来たりもするので選ばれる

 

商品にも寄りますが大体1.6m2.7m程の長

 

さを変えれたりして背の高い生け垣等には非 

 

常に便利ですが手元の細かい作業には不向き 

 

な面もありますので高所と下草の作業が多い

 

方にはロングハンドルタイプがおすすめです。

 

その他には高所作業時間が長くなる場合は作

 

業が長い分テコの原理で重量の方が更に重く

 

感じて手に負担がかかってきますのでそんな

 

場合にはショルダーベルト等がついたタイプ

 

も展開されていますのでショルダーベルトが

 

重さを分散して手の負担を軽くしてくれます。

 

一台で何役も利用出来るタイプにも注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ヘッジトリマーのロングハンドルタイプの中

 

には高い部分にも手元部分にも利用出来て一 

 

台で何役も活躍してくれるモデルもあります。

 

また立ったまま手に届く範囲の刈り込みだけ

 

に利用されるので有ればハンディタイプの製

 

品がピッタリになりますが下草の刈り取り等

 

の際にその他にも色々な場所に利用されたい

 

場合ははこちらタイプがおすすめになります。

 

スポンサーリンク

 

刈り込み幅にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ヘッジトリマーを選ばれる際にどの場所で利

 

用されるのかも重要になりますがもう一つ選

 

ばれる際に気をつけたいのが刈り込み幅です。

 

そして製品に寄って200mm程の短いタイプ

 

から560mmなどの長いタイプのものまであ

 

って刈り込み幅が広がれば広範囲に一気に刈

 

る事が出来てスピード自体も早く効率が非常

 

に良いのですがその分の重量も重くなります。

 

また直線的な刈り込みが多い場合に効率を優

 

先されるなら広い幅のものがおすすめで細か

 

い作業が多い場合は取り回しの良さや軽さを

 

優先されるなら狭い幅のものを選んで下さい。

 

 

 

コードレスと電源式にも注目する

 

ヘッジトリマーを選ばれる際はバッテリー充

電式のタイプと電源コードが付いているタイ

プの2種類がありますのでそれぞれの特徴を

された上で選んで頂きたいとは思います

製品の中にはエンジン式タイプもあります。

 

 

 

持ち運び重視なら『コードレス』タイプ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ヘッジトリマーを利用される際に広い範囲で 

 

持ち運んで利用される必要がある場合には充

 

電式のコードレスタイプが非常に便利ですよ。

 

そして電源を気にされる事なく何処でも利用 

 

出来る事につけに加えてコード類の長さや絡

 

まり等を気にせずに自由に利用される事が出

 

来るので作業が非常に楽に感じると思います。

 

ただ充電をされて利用出来る時間帯と言うの 

 

は大体3050分程度になるのでそれ寄りも作

 

業時間が長くなる場合は再度充電をされるか

 

若しくは予備のバッテリーをもう1つ追加購

 

入をされて利用されるしか方法がありません。

 

また再度充電をされる場合なは1時間〜1時間

 

半程は充電の時間がかかってしまう場合もあ

 

りますのでバッテリーが付いている分本体が

 

重い場合もありますので必ず確認が必要です。

 

連続稼働重視ならACコード付きタイプ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ヘッジトリマーのコードレスやバッテリータ

 

イプには3040分程度の時間位にしか充電を

 

保てないと言うデメリットもありますが充電

 

を気にされないで利用出来る製品が多いのが

 

電源タイプのACコード付きタイプになります。

 

そしてもちろん電源を確保しなければいけま

 

せんがこの後にお伝えをさせて頂くコード付

 

きタイプの製品は付属品として10mの延長コ

 

ードが付いているものが多くなっていますが

 

一般的に充電式に比べてもパワーはあります。

 

またバッテリーがない分コードレスタイプに

 

比べるも軽量なモデルが多いのも特徴的です。

 

その他にも長時間の作業をされると微妙な重

 

さが負担になる場合もありますがコード付き

 

タイプで有ればこの点は差程気になりません。

 

ただヘッジトリマーを利用されている際にコ

 

ードを巻き込んで切らないようにして下さい。

 

作業時間の長さにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが実際にヘッジトリマーでどれ位の

 

広さに対して刈り込みされるか寄って作業を

 

される時間帯も大幅に変わってきたりします。

 

そして限られた狭い場所だけに利用されると

 

言う事で有ればそれ程気にしすぎると言う事

 

はないとは思いますが長時間利用されるかも

 

しれないと言う場合には特に要チェックです。

 

更には手元や地面近くの作業場所寄りも高い

 

場所の作業の方が時間もかかりやすい傾向が

 

あるのでこの点も考えておく必要があります。

 

またコードレスのバッテリータイプを利用さ

 

れる場合にはもちろん利用可能時間も確認さ

 

れないと作業場所の広さに寄っては購入時に

 

予備バッテリーを手配するのもおすすめです。

 

その他どちらのタイプでもモーターの過負荷

 

を防ぐ為に連続使用時間が定められている場

 

合がありますのでモーター保護の為に必ず休

 

ませてあげる事と電源タイプだけでなく作業

 

時間が長い場合には本体の重量も注目をされ

 

て少しの重さの差であっても長時間の作業で

 

考えられたりすると負担になる事があります。

 

刃の交換作業にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

購入予定とされるヘッジトリマーの中には刃

 

を御自身で交換できるタイプと各メーカーに

 

交換をお願いをするタイプの2種類があります。

 

そしてもちろん利用回数が多く御自身でもメ 

 

ンテナンスをされたいので有ればこの点は確

 

認されておいた方が良いと思いますし製品の

 

性質上ですがどうしても木や葉のクズ等が入

 

り込んでしまうことが多いので利用後の掃除

 

等が簡単に出来るかどうかも注目が必要です。

 

オプションにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用されるハンディタイプのヘッジトリマー

 

に多いですがコードレスタイプではない場合

 

10m程の延長コードが付いてくる場合もあ

 

りますがこちらのコードがあるのとないので

 

は動ける範囲が段違いに変わってきますし御

 

自身で延長コードの準備の必要がありません。

 

そして保護メガネや安全ガード等も購入時に

 

一緒に付いてくるタイプもあるので初心者の 

 

方は特にチェックしておきたいポイントです。

 

更に利用されない時はトリマーをそのまま置

 

いておいたり製品の箱にしまう方も多いとは

 

思いますが収納の為の袋が付属品としてつい

 

てくるタイプもありますのでちょっとした事 

 

ですがこうした点も購入前に確認して下さい。

 

 

 

売れ筋のヘッジトリマーに注目をする

 

御参考までにはなりますがヘッジトリマーを

選ばれる上でAmazonサイトやYahoo!ショッ

ピングサイト等の売れ筋商品ランキング等に

も注目をされて商品選びをして頂きたいです。

 

Amazonサイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はヘッジトリマーの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

ヘッジトリマーを長時間利用される場合はバ

 

ッテリーの保ちや本体の重さ等を考慮されて

 

選ばれると負担は激減し楽に作業が出来ます。

 

また庭のメンテナンス作業も効率良く出来て

 

作業をされる場所にも合わせて御自身のお気

 

に入りのヘッジトリマーを手に入れて下さい。