おすすめの収納付きベビーベッド【小さなお子さんには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの収納付きベビーベッド【小さなお子さんには欠かせないアイテム】

 

今回はベビーベッドとしても利用しつつも幼

 

い赤ちゃん関係のアイテム等を綺麗に収納さ

 

れる事でお部屋の中をスッキリ片付けられる

 

と人気の『収納付きベビーベッド』にスポッ

 

トをあててお伝えをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

また石崎家具やカトージの他にサワベビー更

 

にキンタロー等の色々な有名メーカーからラ

 

インナップのシリーズが展開されている上に

 

一見どれも似ているようにも見えますが収納

 

部分の構造やサイズの他にキャスターの有無

 

等も含めてその特徴は大きく異なりますので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は収納付きベビーベッドの

 

選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 収納部分の構造に注目をする
  3. 衛星面を重視されるなら『ハイタイプ』
  4. 移動重視ならキャスター付きに注目をする
  5. オムツ替えにも便利なスライド式に注目
  6. 長期的に利用出来るどうかも視野に入れる
  7. お部屋の広さに合ったサイズに注目をする
  8. 安全マークが有無にも注目をする
  9. 収納重視で利用出来るベビーベッドのラインナップの豊富さにも注目する
  10. 最後に

 

 

収納付きベビーベッドの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回は収納付きベビーベッドを

選ばれる上で重要なポイントを

各項目事にお伝えをしていきます。

また赤ちゃんのお世話がしやすかったり

使い勝手の良い収納付きベビーベッドを

選ばれるポイントに注目をして下さいね。

 

 

 

収納部分の構造に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

収納付きベビーベッドを選ばれる上で先ずは

 

収納部分の構造や取り出しやすさに注目です。

 

また荷物の取り出しやすさで有れば扉を下に

 

向かって開けられる下開きタイプが便利です。

 

別で下開きタイプで有れば荷物を片手に持ち

 

つつももう一つの手で扉を開け閉め出来ます。

 

更にペットを飼っていなくて収納品にいたず

 

ら等をされる心配が無い場合は収納板のみで

 

扉なしというオープン仕様の収納も便利です。

 

そして収納底板が本体と分離して収納底板が

 

可動するモデルで有れば奥の荷物も楽に引き

 

出せますし例えばですが120×70cmのベビー

 

ベッドの場合は奥の方までは手が届かなくて

 

も実際に使うのは手前の数cmまでと言う事も

 

ありますので収納底板だけを引き出せる仕様

 

で有れば奥の方まで無駄なく利用出来ますよ。

 

 

 

ベッドの収納以外の仕様にも注目をする

 

ベビーベッドの収納以外の仕様についても注

目をして頂きたいのですが赤ちゃんの世話が

しやすい仕様についても視野に入れて下さい。

 

 

 

衛生面を重視されるなら『ハイタイプ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

次に一般的なベビーベッド寄り数cm高くなっ

 

ているハイタイプのベビーベッドなら腰を曲

 

げてお子さんのお世話をする事がなくなるの

 

で腰痛持ちのママさんパパさんでも安心です。

 

またハイタイプのベッドは下の収納部分の板

 

から数cmも離れているのでホコリもたまりに

 

くくベッド下の掃除もスムーズに出来きます。

 

そしてちなみにハイタイプと言うのは床板の

 

高さが床から約55cm以上のものを指します。

 

移動重視ならキャスター付きに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ベビーベッドをスムーズに移動させたい場合

 

にはキャスター付きのベッドがおすすめです。

 

また就寝中の赤ちゃんを起こさずにママさん

 

とパパさんが家事をしている側に寄せる事も

 

出来たりするので仮にですがお掃除等でベビ

 

ーベッドを動かしたい場合も非常に便利です。

 

スポンサーリンク

 

オムツ替えにも便利なスライド式に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮ですが赤ちゃんが寝ているベッドスペース

 

部分の頭枠を上下にスライドできるタイプな

 

らオムツ替えをされる時などは赤ちゃんのお

 

世話をベッド内で出来るのでとても便利です。

 

ただ注意店としてスライド開閉をされる際に

 

下の収納部分の扉が開かなくなってしまうの

 

で出来れば必要なものは事前に収納部分から

 

取り出しておく事をおすすめしますがその後

 

はベッド部分の頭枠を下げるにして下さいね。

 

長期的に利用出来るどうかも視野に入れる

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ベビーベッドの標準的な利用期間と言うは大

 

体になりますが24ヵ月で年齢的には2歳頃ま

 

でになりますがこの時期を過ぎてしまうとベ

 

ビーベッドとしても利用される事がなくなり

 

ますがお子さんの成長とともに形を変えて寄

 

り長く利用出来るタイプも販売されています。

 

そして仮にですが床板の高さを変えられるタ

 

イプのベビーベッドで有れば赤ちゃんが成長

 

していっても枠から飛び出さずに使えますよ。

 

更にプレイヤードや机等に変えられるベビー

 

ベッドも非常に今人気を集めていますのでそ

 

れに付け加えてコンパクトに折りたためるタ

 

イプで有れば利用しない間は解体せずに保管

 

できるので次にお子さんが産まれるタイミン

 

グが有れば再利用もしやすく非常に便利です。

 

お部屋の広さに合ったサイズに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ベビーベッドの一般的なサイズは120×70cm

 

の標準タイプと90×60cmのミニタイプがあ

 

りますが120×70cmの標準タイプで有れば手

 

狭に感じずに収納スペースも確保出来ますよ。

 

ですが標準サイズをお部屋の中に設置される 

 

事に寄ってお部屋自体が手狭になってしまっ

 

ては全く意味がありませんので部屋の状況に

 

応じた適切なサイズのベッドを選んで下さい。

 

安全マークが有無にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

赤ちゃんを大切に寝かせるベビーベッドを選

 

ばれる際の最優先はやはり安全である事です。

 

ですがいざ製品を選ばれる際に安全かどうか

 

を判断されると言うの素人目には難しいです。

 

そこでベッドを選ばれる際の目安となるのが

 

安全マークの[PSCマーク]や[SGマーク]

 

がついている商品を優先的に選んで下さいね。

 

その他因みにですが海外製のベビーベッドに

 

関しては日本製の製品寄りも寄り厳格とされ

 

ているヨーロッパ基準もの製品もありますの

 

で利用される必要に応じて確認をして下さい。

 

収納重視で利用出来るベビーベッド

のラインナップの豊富さにも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回の記事では収納付きベビーベッドのみを

 

お伝えをさせて頂きましたがベビーベッドそ

 

のものは他にも色々な種類と商品があります。

 

ですので今回お伝えしていないベビーベッド

 

も数多くありますし製品の中には収納として

 

有効的に利用出来るものもかなりありますよ。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は収納付きベビーベッドの選び方

 

についてお伝えをさせて頂きました。

 

またベビーベッドは機能性が高くなればなる

 

程に購入される価格もそれなりに上がります。

 

そして製造元がどこであるかと言う事の他に

 

木材品質に寄っても値段が上下したりします。

 

ですのベビーベッドを選ばれる際には寄り長

 

く使えるもので選ばれるか若しくは数ヵ月の

 

利用と決めて選ばれるのかは迷われるところ

 

はありますがもし数ヵ月の利用と言う事で

 

有ればレンタルという手も選択肢の一つです。

 

ベッドを購入されるなら是非品質が良くて機

 

能的な収納付きベビーベッドを選んで下さい。