おすすめフルフェイスヘルメット【2019年最新モデルシリーズ】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめフルフェイスヘルメット【2019年最新モデルシリーズ】

今回顎の先までしっかりと頭部の安全を確保

してくれるバイクに乗る際には必須アイテム

『フルフェイスヘルメット』にスポット

をあててお伝えをしていきたいと思います。

一口に『フルフェイスヘルメット』と言って

もアライやSHOEIの他にもオージーケ

カブト等の色々な有名メーカーが展開して

ますが購入される際にはサイズや視界性の

他にも通気性や重量更には安全規格と言った

ポイントも大きく異なってきてしまうので

いざ製品を選ぼうと思っても

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も 

多いのではないでしょうか?

今回はフルフェイスヘルメットの 

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 製品を選ぶ際には頭部周りのサイズをしっかりと計測をする
  3. ヘルメットシールドの色やUVカット機能の効果での視界性にも注目をする
  4. ベンチレーション構造』付きのフルフェイスヘルメットにも注目をする
  5. ヘルメットの重量にも注目をして2kg以下を目安にして製品選びをする
  6. 日常的なバイク走行に利用される場合はJISPSCSG』適合の製品がおすすめ
  7. レース出場水準レベルの製品を希望される場合には『MFJSNELL』等の世界的レベルの水準を満たしているヘルメットがおすすめ
  8. 最後に

フルフェイスヘルメットの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はフルフェイスヘルメットを

選ばれる上での重要なポイントを

各項目事にお伝えをしていきます。

製品を選ぶ際には頭部周りの

サイズをしっかりと計測をする

https://www.amazon.co.jp/

フルフェイスメットを選ばれる上で重要にな 

ってくるのが御自身の頭部に合ったサイズの

製品を見つけられる事が一番重要になります。

またヘルメットは頭部全体を保護してくれる

ので適切なサイズでないと意味がありません。

更に御自身に合ったサイズのフルフェイスヘ

ルメットを見つけられれば安全性が充分に発

揮されると同時に目の位置が適切な視界で良

好なって口元や首回りも寄り快適になります。

その他にも頭部や顔面の構造に関しては個人

差があったりして頭蓋骨の出っ張り具合や頬

骨更には顎の形状も千差万別になってきます。

ですのである部位がピッタリと収まったとし

ても別の部位に隙間が生じる事があったりす

るのでそのような場合には隙間にパッド等を

詰めてフィットさせると言う方法もあります。

ヘルメットは交通事故のリスクを低減するだ

けでなく快適走行の為に一度は頭部周りの長

さを正確に計測してみる事をおすすめします。

スポンサーリンク

■ヘルメットシールドの色やUVカット

機能の効果での視界性にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

ヘルメットを選ばれる際には出来るだけ明る

い色で尚且つUVカット機能を有しているシー

ルドが付いている製品がおすすめになります。

当然ですがフルフェイスヘルメットは顔面全

体を覆ってしまうので開口部の面積が小さく

て視界自体が狭くなりやすい性質があります。

また黒や濃いグレー等の暗い色のシールドに

関しては夜間の視界が悪くなって交通事故の

リスクも寄り高まってしまうので夜間走行を 

される機会が多い方にはおすすめ出来ません。

更にUVカット機能付きシールドの製品なら

紫外線から目を保護したり日焼けの防止して

くれたりする事が可能になるので視界性の確

保と紫外線からの目の保護をしながらも日焼

けも防止して安全且つ快適に走行して下さい。

■『ベンチレーション構造』付きの

フルフェイスヘルメットにも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

ヘルメットの製品の中でも通気性が確保され

たベンチレーション構造付きがおすすめです。

またフルフェイスヘルメットは安全性を確保

する為に顎の先までしっかりとカバーをして

くれるので非常に通気性が悪くなって内部に

熱がこもりやすくて息苦しい傾向があります。

このフルフェイスの暑苦しさを緩和してくれ

て呼吸をしやすいように通気性に優れている

のが[ベンチレーション](換気用の穴やスリ

ット』構造になっている製品で顎や頭頂部に

取り入れてられているタイプがおすすめです。

ヘルメットの重量にも注目をして

2kg以下を目安にして製品選びをする

https://www.amazon.co.jp/

製品のシルエットやデザイン性ももちろん大

事ですが購入されるので有れば2kg以下を目

安にフルフェイスヘルメットを選んで下さい。

また2kg以下を目安に製品を選ばれれば首に

も負担がかからずに運転の方もしやすいです。

更にフルフェイスヘルメットは顎の先に至る

まで頭部を完全に包む込み込んでくれるので

その他のヘルメット製品と比較しまうとどう

してもかなり重たくなるのが特徴になります。

ただ注意点として余りにヘルメットが重すぎ

ると首に多大な負担がかかって運転しにくく

なるのでフルフェイスヘルメットの中でも軽

2kg以下のタイプがおすすめで体格に合う

無理のない重量のある製品選びをして下さい。

安全規格の種類にも注目をする

フルフェイスヘルメットの一番の特長は寄り

安全性を高める為に全ての製品に同水準

ではく[JIS][PSC][SG][MFJ

SNELLと言った色々なレベルの安全規格

が定められる重要な注目ポイントになります。

日常的なバイク走行に利用される場合は『JISPSCSG』適合の製品がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

仮にですが高速道路走行を含めた日常的なバ

イク走行なら『JISPSCSG』規格に適合

したフルフェイスヘルメットがおすすめです。

またそれぞれ日本工業規格や消費生活用製品

安全法の他にも一般財団法人製品安全協会の

安全基準を満たしているので基準を満たして

いる製品は充分な安全性が確保されています。

また『JIS』の規格では色々な工業製品の安全

基準や試験方法が定められているのでフルフ

ェイスヘルメットで有れば【JIS T8133】よう

なシリアル番号等の詳細が記載されています。

更に衝撃吸収性試験やあごひも試験の他に回

転離脱性試験や構造試験更には耐貫通性試験

等でも安全基準を満たさなければいけません。

その他にPSCの安全基準は20174月にJIS

同等水準に引き上げられていてその差はほぼ

無くなっていますがSGマークの付いた製品は

着用されてらいて仮に事故が発生した場合に

は製品欠陥があってその欠陥と負った損害と

の間に因果関係があると認定された場合には

最高で1億円の賠償が講じられる程になります。

レース出場水準レベルの製品を希望される

場合には『MFJSNELL』等の世界的レベル

の水準を満たしているヘルメットがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

バイク走行をされる際に本格的はレースに出

場されるようなレベルの極めて高い安全水準

を希望される方には『MFJSNELL』と言っ

た規格に適合をしていれるフルフェイスヘル

メット製品を購入される事をおすすめします。

また『MFJ』は日本モーターサイクルスポー

ツ協会のレース用のヘルメットの規格に認定

されているので高い水準の安全性が必要です。

SNELL』はアメリカの[SNELL財団]が

定めたバイク用ヘルメットの規格になるので

世界で最も厳しい安全基準としても有名です。

ただ注意点としてこれらの規格に適合してい

る製品の購入価格の方が高めになるので高速

道路走行を含む日常のバイク乗車で利用され

るのには高すぎるスペックかも知れませんね。

スポンサーリンク

最後に

今回はフルフェイスヘルメットの 

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

フルフェイスヘルメットを選ばれる際には必

ずサイズや視界性の他に通気性更には重量や

安全規格等をしっかりと確認をされて今回の

記事を御参考にされながら御自身に合うお気

に入りのフルフェイス見つけて頂きたいです。