おすすめの会計ソフト【会計業務には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの会計ソフト【会計業務には欠かせないアイテム】

 

今回は事業を行われる際に欠かせない経理処

 

理に便利なアイテム『会計ソフト』にスポッ

 

トをあててお伝えをしていきたいと思います。

 

『会計ソフト』と言うのパソコンにインスト

 

スポンサーリンク

 

ールをされて利用されるタイプ一般的にはい

 

わゆるパッケージソフトだけでなく最近のソ

 

フトではインターネット上でシステムを利用

 

できるクラウド型サービスも非常に人気です。

 

そしていざ製品を選ぼうと思っても色々な

 

選択肢がかなり増えている状況なので購入

 

される際にはどの製品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか? 

 

今回は個人事業者には欠かせない青色申告

 

や又は中小企業向けに会計ソフトの選び方

 

についてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 中小企業等で利用される場合は事業内容や従業員規模に合ったソフトに注目をする
  3. 個人事業者の方は『青色申告』に対応するソフトに注目をして使いやすさを重視して選ぶ
  4. セキュリティ面と操作性を重視されて選ばれる場合には『パッケージ型』に注目をする
  5. 簿記や利便性重視で選ばれる場合には『クラウド型』の会計ソフトに注目する
  6. 利用可能なパソコンのOSにも注目をする
  7. 年間のトータルコストにも注目をする
  8. 『消費税の集計表』にも注目をする
  9. 顧問税理士と同じ会計ソフトに注目をする
  10. 経費業務に欠かせない電卓にも注目する
  11. 最後に

 

会計ソフトの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回は会計ソフトを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ず始めに利用目的に合うものに注目です。

そして中小企業等の法人会計若しくは個人

事業者の青色申告なのかに寄って利用される

目的に寄って選ばれる会計ソフトは大きく異

なりますので選び方のポイントにも注目です。

 

 

 

中小企業等で利用される場合は事業内容

や従業員規模に合ったソフトに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが中小企業の経理業務の用途等に利

 

用されるなら事業形態や従業員の規模に合っ

 

た会計ソフトを選ばれる事をおすすめします。

 

また[中小企業]と一口に言っても事業所数

 

や資本金もその会社に寄って色々になります。

 

更に従業員の人数も10人〜50人程度の場合や

 

100人程度等と規模が大きくなればなる程異

 

なってくるの利用やすいソフトも異なります。

 

その他にも従業員人数が数千人を超えるよう

 

な大企業等で利用されるような会計ソフトを

 

小規模な会社が会計ソフトを導入されたとし

 

ても必要のない機能ばかりと言う場合もある

 

ので自社の実態に応じた会計ソフトを選ばれ

 

る事で必要な機能を効率良く利用出来ますよ。

 

個人事業者の方は『青色申告』に対応する

ソフトに注目をして使いやすさを重視して選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えば個人事業主が会計ソフトを利用される

 

際は確定申告時の『青色申告』の用途での利

 

用が大半なので簿記の知識がなくても申告の

 

際に必要な帳簿や帳票の作成等をソフトを利

 

用される事でスムーズに行えるのが便利です。

 

また青色申告に対応しているソフトで有れば

 

日々の売上や経費の日付や金額をを入力して

 

いくだけで帳簿の自動作成が可能になります。

 

更に基本的な機能はどのソフトでも大きな差

 

は余りないので選ばれるならネットの口コミ

 

等で使いやすさを確認されたりサポートの手

 

厚さ等で選ばれるのも一つの方法になります。

 

 

 

管理がしやすくて利用しやすい製品を選ぶ

 

以前の製品モデルで有ればパッケージ型が主

流だった会計ソフトも最近の傾向としてはク

ラウド型のシリーズも人気が高まっています

またそれぞれの長所をしっかりと把握される

事で寄り使いやすいソフトを選んで下さいね。

 

 

 

セキュリティ面と操作性を重視されて選ば

れる場合には『パッケージ型』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ソフトを選ばれる際にセキュリティ面を重視

 

される場合はパソコンにインストールしてか

 

ら利用する『パッケージ型』がおすすめです。

 

また入力されたデータが御自身のパソコン内

 

に保存されるので情報が漏れてしまうと言う

 

ような可能性が低いのがその理由になります。

 

ただ注意点として情報漏洩の原因は人から発

 

生していますのでセキュリティ面のレベルは

 

パソコン自体の管理にもよるものになります。

 

そしてパッケージ型タイプは操作性が高い事

 

も注目すべきポイントになりますが頻繁に利

 

用される科目や摘要を設定してくれているも

 

のが多いので仕訳入力作業をスムーズに行な

 

う事が出来るのが一番のメリットになります。

 

特に仕訳入力作業が多い場合におすすめです。

 

簿記や利便性重視で選ばれる場合には

『クラウド型』の会計ソフトに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが個人事業者や専門経理担当者の方

 

が不在の小規模企業の場合では有れば『クラ 

 

ウド型」の会計ソフトがおすすめになります。

 

こちらの会計ソフトのシリーズはヘルプ機能

 

やチャットサポート機能等も非常に充実して

 

いるので操作性に不安がある場合も安心です。

 

そしてスマートフォンやタブレットの他にも

 

パソコン以外の端末からも利用する事が出来

 

る上にクラウド型で有れば何かの移動中等の

 

際のすき間の時間にも領収書のようなの簡単

 

な入力作業で有ればすぐに出来てしまいます。

 

またパソコン本体の買い換えた場合等もデー

 

タ移行等の手間がかからないので便利ですよ。

 

その他にクラウド型の会計ソフトの大半はど

 

のソフトにも無料の体験版があるので一度一

 

定期間試されてから選ばれる方法もあります。

 

スポンサーリンク

 

利用可能なパソコンのOSにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

会計ソフトを利用される際はいつも使用され

 

ているパソコンOSを確認されてそのOSに対

 

応しているものを選ぶ事も大切ポイントです。

 

またパッケージ型の会計ソフトにはMacに非

 

対応のものも多いのでMacユーザーの方は特

 

に対応なのか非対応なのかが注意が必要です。

 

そしてクラウド型会計ソフトで有ればブラウ

 

ザでインターネットに接続をして利用するの

 

WindowsMac等にOSは関係ありません。

 

その他にもパソコンを頻繁に買い替えをされ

 

る方やMacユーザーの方にもおすすめですよ。

 

年間のトータルコストにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

会計ソフトのパッケージ型でかかるのは初期

 

費用だけで一度購入をされればその後の費用

 

は掛からないと思われがちですがそれは大き

 

な間違いで会計基準等が変更になった場合に

 

はシステムのバージョンアップに費用がかか

 

る場合も少なくなかったり又はサポート費用

 

が別途かかる場合もありますので購入前にか

 

かる費用をしっかりと把握しておいて下さい。

 

またクラウド型の会計ソフトの場合は月々又

 

は年毎に利用料金を支払う必要がありますが

 

ソフト自体のバージョンアップや更新等は自

 

動的に行われて追加費用もかからずに常に最

 

新のシステムで作業出来るなら更に便利です。

 

ただ注意点としてある一定以上の機能を利用

 

される際や利用人数が増える場合は追加利用

 

料が掛かる場合もあるので確認をして下さい。

 

その他いずれにしても全てのコストを洗い出

 

されてトータル的にどれ位掛かるのかを購入

 

前にしっかり確認をされた上で選んで下さい。

 

『消費税の集計表』にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に事業の売り上げが年間1,000万円以上にな

 

ってくると消費税を支払う義務があるのでこ 

 

れに該当する可能性がある場合には消費税の

 

集計表が出力が可能な会計ソフトに注目です。

 

そして会計ソフトに消費税の集計表が出力で

 

きる機能が搭載されて入れば消費税を記帳す

 

る必要もなくなり消費税の科目や税率事に一

 

括してまとめてくれるので非常に便利ですよ。

 

また消費税が出力できない場合は税務調査の

 

際に記帳してある消費税データをエクセル等

 

から移動して加工される等の一手間かかる作

 

業が入ってしまいますので出来る事なら会計

 

ソフトに消費税の集計表が出力できる機能が

 

搭載されて入れば無駄な作業もなくなります。

 

顧問税理士と同じ会計ソフトに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

御自身の会社の記帳や決算等の税務業務を代

 

行してもらわれていると言う方には顧問税理

 

士が利用しているものと同じ会計ソフトを選

 

ばれる事で他のシステムと連携できる会計ソ

 

フトもありますが会計ソフト自体が同じで有

 

ればデータのやり取りがスムーズになります。

 

そしてこれから会計ソフトを導入されたり顧

 

問税理士に代行業務を依頼されるので有れば

 

クラウド型の会計ソフトも最近では人気です。

 

またクラウド型のソフトの利用にを習熟され

 

た税理士さんも徐々に増えてきているのでイ

 

ンターネット上でのデータをリアルタイムに

 

相互に把握する事が出来るのでわざわざ会う

 

必要もなくスムーズにやり取りが出来ますよ。

 

経理業務に欠かせない電卓にも注目する

 

 

https://www.rakuten.co.jp/

 

経理に欠かせないものと言えば『電卓』です。

 

そして一見どれも同じような製品に見えます

 

がちょっとした工夫や機能等の違いで操作性

 

や作業効率が大きく変わる重要アイテムです。

 

また業務を正確に且つ迅速に進めたい場合は

 

日常から利用されている電卓製品からもう一 

 

度色々な製品を検討されては如何でしょうか?

 

 

 

売れ筋の会計ソフトに注目をする

 

御参考までになりますが会計ソフトを選ばれ

る上でAmazonサイトやYahoo!ショッピン

グ等の売れ筋ランキングに注目をして下さい。

 

Amazonサイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は個人事業者には欠かせない青色

 

申告や又は中小企業向けに会計ソフトの

 

選び方についてお伝えをさせて頂きました。

 

『会計ソフト』は経理業務には欠かせません。

 

そしてお伝えをさせて頂いた選び方も視野に

 

入れられて利用目的に合った会計ソフトを選

 

ばれて更に経営状態をリアルタイムに確認を

 

されたり日々の経理業務を円滑にして下さい。