おすすめの解凍プレート【アルミ製品や竹炭製品に注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの解凍プレート【アルミ製品や竹炭製品に注目をする】

 

今回は急な調理が必要になって冷凍されたお

 

肉や魚等の解凍に困ったことはありませんか?

 

また流水をしながら急速解凍が一般的な方法

 

ですがやはり水道代がもったいないですよね。

 

スポンサーリンク

 

ですので『解凍プレート』を利用して下さい。

 

またこのような時には『解凍プレート』を利用

 

されれば水も電気も利用しないで短時間で旨味

 

逃さず解凍出来る非常に便利なアイテムです

 

ただあまり有名ではないアイテムになるので

 

いざ商品を選ぼうと思っても

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は解凍プレートの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 自然解凍で食材の美味しさをキープ
  3. 素材は扱いやすいアルミニウムに注目する
  4. サイズは大きい方が解凍時間が短かい
  5. ヒダ付きの製品は更に解凍スピードが早い
  6. 表面の溝は無ければ洗いやすくて清潔
  7. 各パーツの分解部分にも注目をする
  8. 最後に

 

 

自然解凍で食材の美味しさをキープ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですが使い切れない食材であっても冷

 

凍しておけば単純に日持ちはしますがただ困

 

ってしまうのはやはり解凍のタイミングです。

 

また自然解凍をされる場合には時間が掛かり

 

すぎるのでレンジを利用されようとすると加

 

熱しすぎて調整が難しい事も多いと思います。

 

そこでおすすめをしたいのが解凍プレートに

 

なりますが解凍プレートが有れば熱伝導率の

 

高い素材を採用しているのでプレートの上に

 

凍った食材を置いておくだけで通常の自然解

 

凍寄りも速く解凍が出来る便利アイテムです。

 

仮にですが金属製のバット等に置いておけば

 

良いのかと思われる方も多いかもしれません

 

が解凍プレートは専用品として作られている

 

だけあって厚みもあって解凍を速める特殊な

 

形状をしているので料理用のバットと比べら

 

れると寄り短時間で済むように出来ているの

 

で素早く解凍自体が出来れば食材の傷みを抑

 

えられて尚且つ食中毒の防止にもなりますよ。

 

 

 

解凍プレートの選び方

 

今回は解凍プレートを選ばれる上で重要な

ポイントを各項目事にお伝えをしていきます

まあ意外と多くの種類が販売されているので

まずはプレートの選び方に注目をして下さい。

 

 

 

素材は扱いやすいアルミニウムに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

製品の中には大理石の製品もあるようですが

 

基本的にはアルミニウム製の解凍プレートで

 

問題はないのですが金属の中でも熱伝導率が

 

高めのアルミニウムは安全で金額も手頃です。

 

そして因みにですがアルミニウム素材寄り熱

 

伝導率が高い金属に銀や金の他にも銅等あり

 

ますが金は言うまでもなくですが銀や銅製も

 

価格が高くなり過ぎるので解凍プレートの素

 

材はアルミニウムの素材が一番だと思います。

 

その他炭を焼き固めてセラミックにしたよう

 

な変わった解凍プレートも販売されています。

 

またこちらの製品は値段は高くなりますがア

 

ルミニウムにはない抗菌作用やエチレンガス

 

吸着作用等があるので食材の美味しさにこだ

 

わるような方には非常におすすめの製品です。

 

 

 

解凍時間の短さ重視をされる場合

にはサイズと形状等を最重視する

 

解凍プレートの時間をなるべく短くしたい場

合は2つのポイントに注目して選んで下さい。

 

 

 

サイズは大きい方が解凍時間が短かい

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれた各メーカーの製品に寄っては大・小

 

のようにサイズ別に分けられて解凍プレート

 

を販売していますので基本的にはサイズが大

 

きい方が寄り多くの熱を伝える事が出来るの

 

で解凍性能も非常に高くまた同じ理由で厚み

 

に関してもどれ位なのかも見ておいて下さい。

 

ただあまりに大きい場合には収納時には困っ

 

てしまいますのでこのような時には細長いア

 

ルミニウムの板を巻きすのように繋げたタイ

 

プの方が収納時に分解できるので困りません。

 

ヒダ付きの製品は更に解凍スピードが早い

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

解凍プレートのラインナップの中には裏面に

 

ヒダが付いた形状のタイプも販売されていま

 

すがヒダが付いていないタイプ寄り解凍速度

 

が速いので選ばれるならヒダ付きタイプです。

 

またこのヒダには表面積を大きくする事で熱

 

のやり取りを増やす効果もあるので注目です。

 

表面の溝は無ければ洗いやすくて清潔

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えば凍ったお肉や魚を解凍されるとドリッ

 

プと言う液体が出てきますが一部の製品に寄

 

ってはこのドリップが流れやすいように表面

 

に溝を付けたプレート類も販売されています。

 

ただドリップが出た後の掃除をされる事を考

 

えると溝はないプレートの方がおすすめです。

 

また溝部分にドリップが入ってしまうと後で

 

除去しきれない場合も出てきてしまうので不

 

衛生になりがちと言うデメリットもあります。

 

ただそれでも溝が付いているタイプが良いと

 

いう場合には溝の間隔が広くて洗いやすいタ

 

イプを選ばれた方が後々の掃除の方も楽です。

 

各パーツの分解部分にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

解凍プレートの中では巻きす型や足付き等の

 

プレート事にパーツが付いているタイプには

 

分解可能かどうかに関しても注目して下さい。

 

また生肉や魚等を取り扱うのでパーツ事の隙

 

間等に汚れが入り込むと不衛生になる理由が

 

あるのと分解できるタイプで有れば徹底的に

 

洗えるので寄り清潔に利用する事が出来ます。

 

そして食材の油抜きや消毒の為に熱湯かける

 

ような利用方法の場合には各部のパーツ事に

 

シリコン素材を利用している製品に注目です。

 

更にシリコン素材で有れば耐熱温度が230

 

と非常に高いので熱湯をかけても安心ですよ。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は解凍プレートの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

解凍プレート自体はあまり有名ではないアイ 

 

テムにはなりますが今回お伝えをさせて頂い

 

た記事の中で知られた方も多いとは思います。

 

またアルミニウム製のバット等でも同じよう

 

な効果はありますが解凍プレートはバット等

 

寄りも厚みがあるので寄り素早く解凍が出来

 

ると思いますので今まで利用された食材の解

 

凍に困られた方は是非・利用してみて下さい。