おすすめの確率の参考書【苦手分野を克服】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの確率の参考書【苦手分野を克服】

今回は高校に進学をされてから数学の

難題になる『確率』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

一口に『確率の参考書』と言っても

色々な出版社から発売されているので

問題を解決されるべく参考書を探されて

いる方も多いのではないでしょうか?

また一番大切な事は『確率』の問題は

そもそもの概念を理解されると言う事が

一番重要にはなりますが概念を理解される

と言う事が問題が解けると言う事には直結し

にくい分野である為に参考書選びも本屋さん

の店頭に並んている書籍を見られたとしても 

どの商品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回は確率の参考書を

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 弱点の克服を重視されるか若しくは進学を目指されるかで参考書が変わる
  3. 参考書を選ばれる優先順位は受験大学の問題レベルや特徴も考えながら書籍を選ぶ
  4. 確率の参考書を選ばれる場合は『演習問題』の数が多い書籍を選ぶ
  5. 参考書を選ばれるポイントは問題の解答や解説がしっかりした書籍を選ぶ
  6. 受験までの時間を最優先されるなら『適度なボリューム』の参考書を選ぶ
  7. 最後に

確率の参考書の選び方

今回は確率の参考書を選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきいたと思います。

書籍選び方のポイントをしっかりと

把握されて御自身にぴったりの

一冊を見つけて頂きたいと思います。

弱点の克服を重視されるか若しくは

進学を目指されるかで参考書が変わる

https://www.amazon.co.jp/

『確率』の参考書は大きく分けて

2つのパターンに分類する事が出来ます。

一つは弱点を克服のための参考書です。

もう一つは難関大学受験用として御自身の

得意分野を伸ばして更なる発展的な理解が

出来るように作られたのが参考書になります。

それぞれの参考書は勉強に使われる目的が

異なるのでその内容は大きく異なってきます。

参考書を選ばれる上で一番重要な利用目的に

合わせた書籍を選ばないと問題の内容が難し

すぎて理解の方が出来なくなってしまったり

反対に既に理解が出来ている内容になってく

ると全く意味をなさないと言う事になります。

スポンサーリンク

参考書を選ばれる優先順位は受験大学の

問題レベルや特徴も考えながら書籍を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

参考書を選ばれる優先順位は何も確率の参考

書だけの話には限りませんが御自身で受験を

される大学で出題される問題のレベルや特徴

に合った一冊の書籍を選ばれる事も重要です。

国公立の難関大学での突破が目標なのか?

そこそこ難しい私学を目指されているのか?

に寄っても選ぶべき参考書は異なってきます。

更に参考書を選ばれる際にはついついレベル

が高い参考書に手を出してしまいがちですが

本の帯に[東大受験用】等と書かれていると

非常にレベルが高そうに感じてしまいますが

仮にしっかりとした内容のレベルの高い内容

が書かれていたとしても実際に受験をされる

大学のレベルに合っていなければ時間をかけ

て本を利用される事は全く意味がありません

その他に私学の数学に関しては学校事に特徴

が出るような問題が出題がされる場合がある

ので何も考えずやみくもに選ばれたとしても

その参考書も意味がなくなってしまいます。

確率の参考書を選ばれる場合は

『演習問題』の数が多い書籍を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

『確率』は文章題として出題される事が多い

ので概念として理解される事と実際に問題を

解くと言うのは若干の隔たりがあったりする

ので確率の参考書を選ばれる際には演習問題

がしっかりとついているものがおすすめです。

【例えば説明演習問題応用問題説明】

[以下同様]と言うような構成になって

いる参考書のシリーズがおすすめになります。

その他時間に余裕がある限り練習問題を一問

でも多く解いた方が良いですが問題が多すぎ

ても勉強の進み具合が良くないと言った場合

もあるので偶数問題を優先的に解くと言った

工夫等をしてクリアする事を目指して下さい

参考書を選ばれるポイントは問題の

解答や解説がしっかりした書籍を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

勉強を上手に進められる為に練習問題を寄り

多くの問題を解いておく事も大切ですが

必ず解答の答え合わせをする必要があります。

そこで重要視をしないといけなのが間違えた

問題をどのように間違えたかをチェックして

更に間違えた問題に対して理由を理解して

次に同様の問題が出た場合にこそ間違えない

ようにしてこそ次の成績アップに繋がります。

また間違えた理由を理解するのに役立つのが

問題の解答や解説が書かれている参考書です。

ですが問題の解答や解説の説明が不親切の場

合は理解出来ない問題が益々理解出来ないと

負のスパイラルに陥っていまう事もあるので

問題の解答解説部分の説明に関しては少ない

量の参考書寄りもやはり多ければ多い程親切

な内容になっている物の方が理解しやすいと

思いますので必ずチェックをしてみて下さい

受験までの時間を最優先されるなら

『適度なボリューム』の参考書を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

[確率]と言うカテゴリーのジャンルは

あくまでも高校の数学科目の一部になります。

受験をされる場合には数学が満遍なく解ける

スキルも見に付ける必要がありますし英語の

他に物理等も必要になるので受験生の方なら

確率に割ける時間はかなり限られています。

ですので基本的には参考書を読みながら勉強

をこなされる時間はそのページ数に比例する

ものなので急いで復習をしたいと思われる場

合には薄めの参考書を選ぶ必要がありますし

高校1年生や2年生でじっくり時間をかけてい

る方なら厚め参考書を利用されてしっかりと

理解しておくと言うのも重要なポイントです。

その他受験では苦手分野を克服される事以外

にも総合的な戦略を立てていく事も重要です。

また御自身の進行状況を振り返って受験まで

の間で必要な1冊を検討するようにして下さい

スポンサーリンク

最後に

今回は確率の参考書を 

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

『確率』の参考書の一番の目的は苦手

分野を克服してくれたり又は御自身の得意

分野の強化に利用される事で勉強の手助け

をしてくれる非常に優秀なアイテムです。

大学受験までの時間を有効に活用される為に 

も今回の記事を御参考に御自身にピッタリ

と合う確率の参考書を見つけて頂きたいです。