おすすめの国産ステーションワゴン【2019年最新モデルシリーズ】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの国産ステーションワゴン【2019年最新モデルシリーズ】

今回はラインナップとしてはそれ程多くは

ないですが積載量や走行性能に優れている

『国産ステーションワゴン』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

一口に『国産ステーションワゴン』と

スポンサーリンク

言ってもトヨタやホンダの他にスバルや

更にはマツダのメーカーまであります。

また各メーカーから性能の高い車両の方が

次々に車が発売されていて更には荷物の方を

寄り多く積む事に不安がある方や運動をされ

るにあたってハンドルの取り回し等にも自信

の方にもおすすめ出来る車両ではありますが

いざ車両のモデルを選ぼうと思っても

何を基準に選んで購入すれば良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回は国産ステーション

ワゴンの選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 国産ステーションワゴンはどんな車?
  3. ハンドルの取り回しを重視されるなら『コンパクトタイプ』の車両がおすすめ 
  4. 走行中の楽しさや燃費の良さを重視されるなら『ミドルタイプ』がおすすめ
  5. 長距離運転を重視して選ばれるなら『ラージタイプ』がおすすめ
  6. 燃費重視で選ばれるならハイブリッド車とグリーンディーゼル車に注目をする
  7. 車両の荷室容量にも注目をする 
  8. 走行性能の良さを生かされるなら視認性の良さも要チェックポイント
  9. 最後に

国産ステーションワゴンはどんな車?

http://toyota.jp/

始めに国産のステーションワゴンと言う

のはどんな車両なのかをお伝えします。

ステーションワゴンは輸入車にはない小さめ

の車両でもあるので運転免許を取得されて間

もない方が狭い道を走行されるのに最適です。

また走行していても燃費が良い車両が多いと

言うのも特徴の一つになるので普段から通勤

やと遠方へ行く際にも非常に便利な車両です。

更にステーションワゴン自体の特徴は荷物が

いっぱい積める事と仕事や買い物の他にも

スポーツや更にはアウトドアまで幅広く荷物

を多く積む事が多い場合には非常に便利です。

更にステーションワゴンは車高が低いので車

両になるので立体駐車場等にも比較的駐車自

体もしやくすくて非常に扱いやすい車両です。

その他に荷物を積み込むならミニバンの方が

良いと思われがちですがステーションワゴン

と言うのははセダンの車両をベースを作って

いるのでミニバン寄りも運動性能が高いです。

[荷物を頻繁に積む事が多い方]や

[立体駐車場や狭い道の運転が苦手な方]

ステーションワゴンに注目をしてみて下さい

ステーションワゴンの選び方

今回は国産ステーションワゴンを

選ばれる上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は車両のサイズです。

ステーションワゴンを選ばれる上でも

一番重要なポイントだとも言われでいます。

またステーションワゴンのサイズには

[コンパクトタイプ][ミドルタイプ]

[ラージタイプ]の3つに分けられます。

サイズに寄ってそれぞれの長所と短所がある

事を把握された上で選ばれる事が重要です。

ハンドルの取り回しを重視されるなら

『コンパクトタイプ』の車両がおすすめ

https://www.honda.co.jp/

[ハンドルの取り回しがスムーズ]

[小回りが利いて運転しやすい]

[狭い道路でも余裕を持って運転出来る]

運転のしやすさをとコンパクトカーと同等の

取り回しの良さを視野に入れるなら迷わずコ

ンパクトタイプの車両がおすすめになります。

コンパクトタイプの車両サイズに関しては

[全長・4.4m][全幅・1.7m

程度になるのでステーションワゴンの

シリーズの中では最小サイズになります。

また[小回りが利く]という点では 

[最小回転半径]が4.9m程のタイプも

ありますが一般的なステーションワゴンの 

[最小回転半径が5.5m]程もあるので

ハンドルの取り回しの良さが納得出来ます。

その他にコンパクトタイプのステーション

ワゴンの台数は国内でも非常に少ないですが

例えば代表的な車両を挙げると 

[トヨタのカローラフィールダー]と

[ホンダのシャトル]になります。 

スポンサーリンク

走行中の楽しさや燃費の良さを重視

されるなら『ミドルタイプ』がおすすめ

https://www.subaru.jp/

車両のサイズが全長で30cm,全幅で10cm

とコンパクトタイプ寄りもひと回り位大きい

サイズの車両の方なミドルタイプになります。

またこちらのミドルタイプの国産の

ステーションワゴンのモデルと言えば

[レヴォーグ]と[プリウスα]になります。

更に走行中の楽しさを追求されるなら迷わず

[レヴォーグ]の車両がおすすめになります。

レヴォーグの特徴は国産ステーションワゴン

のシリーズの中でもスポーツ系の走行性能を

持っていてエンジンも2種用意されています。

もう一方の[プリウスα]の特徴は走行性能

寄りも燃費の良さを求める方におすすめです。

一番注目されるべきポイントはミドルタイプ

なのに燃費の方が26.2km/Lになるところです

長距離運転を重視して選ばれる

なら『ラージタイプ』がおすすめ

https://www.mazda.co.jp/

自動車が運転が好きで頻繁に乗られる回数も

多く長距離運転等を良くされると言う方には

ラージタイプの車両のモデルがおすすめです。

ラージタイプの車両のサイズの場合には

[全長4.8m]で[全幅1.85m]となるので

コンパクトタイプ車両に比べると

[全長で40cm][全幅で15cm]程

車両自体のサイズ方が大きくなります。

またラージタイプはステーションワゴンの

シリーズの中でも最も車両サイズ大きくて安

定感もあり車内空間も心地良いのが特徴です。

更に国産のステーションワゴンの中でラージ

タイプは[アテンザワゴン]のみになります。

アテンザワゴンは国産のステーションワゴン

のモデルの中でも唯一のディーゼルエンジン

を採用している点が大きな特徴でもあります。

それぞれのモデルこだわり

ポイントにも注目をして選ぶ

候補の車両を選ばれる上で特に気になる

のが車両のサイズ感以外にも色々あります

また燃費や荷室容量の他に視認性の良さにも

こだわって車種を選びたい方も多いはずです。

燃費重視で選ばれるならハイブリッド

車とグリーンディーゼル車に注目をする

http://toyota.jp/

自動車を乗られる機会が頻繁にある方には

国産ステーションワゴンのシリーズの中でも

燃費の良さに注目をした車両がおすすめです。

また燃費を常に気にされると言う方には

ハイブリッド車両のモデルか若しくは

グリーンディーゼル車をおすすめします。

仮にコンパクトタイプのハイブリッド車両

なら[34.4km/L]の燃費を実現しています。

更にガソリン車両寄りも格段に安い軽油を採

用しているグリーンディーゼル車両ならコン

パクトガソリンカー並みの燃料代で済みます。

車両の荷室容量にも注目をする

https://www.mazda.co.jp/

国産のステーションワゴンに限った事では

ないですがセダン系のワゴンを選ばれる

一番の理由は荷室容量の多さだと思います。

色々な用途での利用も視野に入れられて車両

を選ばれるなら荷室容量も注目ポイントです。

また荷室容量には車体サイズと同じではなく

通常時で[570L]前後で後ろ席を格納された

場合には[1141L]と言うコンパクトタイプ

が国産ステーションワゴンのシリーズの中で

は最大になるので是非確認をしてみて下さい

走行性能の良さを生かされるなら

視認性の良さも要チェックポイント

http://toyota.jp/

国産ステーションワゴンは多くの荷物を積め

るのに運動性能が高いのが最大の特徴です。

更にその運動性能を最大限に活かす為にも重

要になってくるのがやはり視認性の状態です。

車両自体の車高が高いと後方の視認性の良さ

が犠牲になってウィンドウ形状やカッティン

グの仕方に寄っても若干の死角が生まれる場

合もあるので死角を減らすボディ設計になっ

ているのかどうかが非常に重要ポイントです。

こちらの内容に関しては公式サイト等で確認

をしたり実際に試乗してみることも大切です。

その他に最新の安全性能が装備されていると

走行性能も飛躍的に生かされるサポカー認定

を受けている車両が安全で安心だと思います。

スポンサーリンク

最後に

今回は国産ステーション

ワゴンの選び方について

お伝えをさせて頂きました。

国産のステーションワゴンと言っても

車両のラインナップ自体は非常に少なくて

その他のタイプの車両に押され気味な所は

あったりしますがかなり使い勝手の良い形で

尚且つ荷物も積み込めて更には走行性も良く

運転しやすい車両になので今回の記事を御参

考にされて御自身の用途にピッタリと合う 

ステーションワゴンを見つけて頂きたいです。