おすすめのコンソメ【スープや料理にはピッタリのアイテム!!】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのコンソメ【スープや料理にはピッタリのアイテム!!】

 

今回はお肉や野菜から抽出した旨味成分を

 

凝縮している『コンソメ』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

一口に『コンソメ』は気軽に美味しいスープ

 

スポンサーリンク

 

やスープ料理を作りたい方におすすめですが

 

スープの中のシリーズにも固形や顆粒の他に

 

も粉末や更には液体の色々なシリーズ寄って

 

も旨味の種類や成分は大きく異なってきます。

 

また味の素やユウキ食品の他に明治等のの

 

数多くのメーカー発売されているので

 

いざ製品を選ぼうと思っても

 

どの製品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はコンソメの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. ブイヨンとコンソメの違いを把握する
  3. 定番のスープを作られるのならゆっくり溶けて旨味が浸み込む『固形』タイプ
  4. 炒め物やスープに利用されるならすぐに溶ける『顆粒』『粉末』がおすすめ
  5. お肉や魚等の下味を付けたりされるなら『液体』タイプがおすすめ
  6. お肉を煮込みむスープを選ぶなら濃厚な旨味を持つ『ビーフコンソメ』
  7. 野菜や卵等の味わいを引き立てるなら『チキンコンソメ』シリーズがおすすめ
  8. 製品の原材料にも注目をする
  9. 赤ちゃんの離乳食にも利用されるなら『無添加コンソメ』タイプがおすすめ
  10. 健康を重視される方は塩分が控えめなシリーズの製品を選ぶ
  11. 美味しいコンソメを選ばれるなら油浮きが少ない黄金のスープがおすすめ
  12. おすすめのコンソメ
  13. 幅広い料理に使えるコンソメに注目する
  14. 中華だしにも注目をする
  15. 最後に

 

 

■ブイヨンとコンソメの違いを把握する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

『コンソメ』はブイヨン[肉や骨の煮出汁]

 

に肉や野菜の他に調味料等を加えてじっくり

 

煮詰めて植えで旨味を抽出した調味料です。

 

因みに『ブイヨン』は別の呼び方で

 

[洋風だし]若しくは[スープの素]です。

 

始めからスープを作るのは時間と材料費が

 

同時にかなりかかってしまうのでそんな時に

 

『コンソメ』があれば面倒なアク取りに

 

手間がかからずにお手頃価格で手に入ります。

 

『コンソメ』はブイヨンとは違って塩の他に

 

スパイスで味が調えられているので味付けも

 

要らずでプロ並みの料理が簡単に作れます。

 

またコンソメで作ったスープで有れば

 

病中の方若しくは病後の人の方でも

 

食べやすい栄養が豊富にとれる滋養食です。

 

成長期のお子さんや健康を気にされる方に

 

もおすすめなので是非コンソメをした料理

 

を献立の中に取り入れるようにして下さい。

 

 

 

コンソメの選び方

 

今回はコンソメを選ばれる上での

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

沿って選んでいきましょう。

まず始めにコンソメは調理方法に

合わせて選ぶようにして下さい。

主に形状に寄って4つのタイプに

分かれていてそれぞれの製品に

寄って使い勝手が変わってくるので

料理の種類や調理方法に合わせて

製品のタイプを選ぶようにして下さい。

 

 

 

■定番のスープを作られるのならゆっくり

溶けて旨味が浸み込む『固形』タイプ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

『固形』タイプは必要な分量のコンソメを

 

四角く固めたシリーズで調理の際にする

 

面倒な計量等の手間を省いて利用が出来ます。

 

またお鍋に固形のコンソメを入れるだけで

 

簡単にスープが作れる上にゆっくりと溶けて

 

旨味と風味を追加する為に更に深みが

 

増して食材との相性も抜群に良くなります。

 

ただ『固形』タイプは硬いのでスープ以外

 

には使いにくくて少量使いが出来ないです。

 

更に包丁で割って利用する事も出来ますが

 

少量用の個包にされた製品を選ばれた場合

 

なら作られる料理に寄ってその場で量を

 

調整出来ると言った特徴を持っています。

 

■炒め物やスープに利用されるなら

すぐに溶ける『顆粒』『粉末』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

『顆粒』『粉末』タイプは見た目が

 

サラサラしているので量の調整をしやすく

 

簡単に溶けるのが一番の特徴になります。

 

また味の広がりが早いので素早く均一になる

 

のでスープ作りをされるのには最適です。

 

更にジャガイモのような水分の少ない食材

 

とも相性が良いので炒め物に利用されても

 

炒め物が水っぽくなる心配もありません。

 

ただデメリットとしては湿気の時期等には

 

固まってしまう場合が多いのが難点になる

 

ので利用頻度が少ない方はスティックタイプ

 

を選ばれるか若しくはジップが付いている

 

物を選ぶようにして早めに使用して下さい。

 

■お肉や魚等の下味を付けたり

されるなら『液体』タイプがおすすめ

 

https://www.amazon.co.jp/

 

コンソメのラインナップの中でも商品数は

 

少ないですが旨味を抽出した後に濃縮を

 

させた『液体タイプ』もおすすめになります。

 

『液体タイプ』は味を薄めないで更に水分も

 

使用しないで調理が出来るのでスープの

 

下味付けや隠し味等に幅広く使えて便利です。

 

また醤油等のの瓶入りタイプの場合は

 

蒸発が早くて味が変わってしまったりする

 

ので出来れば少量ずつこ個包パックに

 

なった商品のラインナップがおすすめです。

 

 

 

料理メニューや作られる食材に合わせ

ながら旨味の種類を調整しながら選ぶ

 

コンソメ製品の旨味には大きく分けて

2種類ありますがその他にもブレンドされた

製品のシリーズも販売されているので

作られるスープや食材と相性を考えて素材

の味が引き立つものを選ぶようにして下さい

 

 

 

■お肉を煮込みむスープを選ぶなら

濃厚な旨味を持つ『ビーフコンソメ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

濃厚な味わいを優先されるのであれば

 

牛肉や牛骨から旨味を抽出した

 

『ビーフコンソメ』がおすすめです。

 

『ビーフコンソメ』の一番の特徴は

 

味わいが濃厚な事と口に入れた時の

 

高級感あふれる味にスープになる事です。

 

またシチュー等の煮込み料理等には深い

 

味わいと風味が追加されますが人に寄って

 

獣の臭いが駄目な方もいらっしゃる場合は

 

カレーのような味の強い煮込み料理に 

 

スープに入れて一味変わった煮込み料理の

 

隠し味にされてみては如何でしょうか?

 

スポンサーリンク

 

■野菜や卵等の味わいを引き立てるなら

『チキンコンソメ』シリーズがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

野菜や卵等の味わいを重視して

 

選ばれるので有れば鶏肉ベースの

 

『チキンコンソメ』がおすすめです。

 

『チキンコンソメ』は軽い味わいになる

 

のが特徴になるので食欲のない方でも

 

あっさり食べられるのが魅力になります。

 

スープの味わいが前面に出すぎないので

 

野菜や卵等の薄味素材にも向いています。

 

味わいが優しいので好き嫌いの激しい

 

お子さんにもおすすめですが逆にスープが

 

あっさり過ぎて少し物足りない方は

 

プラスαのトッピングでソーセージや

 

ベーコンの他にもトマトやクルトン等で

 

アクセントを付けるようにして下さい。 

 

 

 

安全性も考えて製品を選ぶ

 

料理の代表的なメインと言えば

やはりお肉にはなると思いますが

コンソメにも色々な食材や調味料が

使用されているので原材料にも注目を

して安全性にある製品選びが大切です。

 

 

 

■製品の原材料にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

コンソメの原材料にはお肉以外にも

 

玉ねぎやセロリの他にニンニクや更に

 

ニンジン等の香味野菜やスパイスやハーブ

 

類等の数多くのものが使われています。

 

当然のお話しですが原材料の種類が

 

多ければ多い程・味わいに奥行が出て

 

濃厚な煮込み料理の隠し味にはピッタリです。

 

また醤油をベースにした製品は日本人の

 

好みに合いやすいので洋食が苦手な

 

お年寄りの方でも比較的食べやすいです。

 

■赤ちゃんの離乳食にも利用されるなら

『無添加コンソメ』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

調味料も原材料から作る食品になるので

 

寄り安全製品を選ばれる事が重要になります。

 

また化学調味料や保存料の他にも着色料等を

 

一切使用しない製品の場合は赤ちゃんの

 

離乳食にも利用出来て更に成長期のお子さん

 

にお腹の中に赤ちゃんがいる女性等の食事の

 

メニューにもおすすめ出来るシリーズです。

 

■健康を重視される方は

塩分が控えめなシリーズの製品を選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

スープは手軽に味わえる製品になるので

 

[美味しい]と言って頻繁に飲んでしまうと

 

意外と塩分をとってしまうのが難点です。

 

また健康が気になる方や食事制限中の場合は

 

塩分が控えなタイプがおすすめになります。

 

更に成分自体を減塩しながらスープのコク

 

や味わいを補っているので風味や素材の

 

味を楽しまれる方にはおすすめになります。

 

■美味しいコンソメを選ばれるなら

油浮きが少ない黄金のスープがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

コンソメスープと言えば透明で黄金色を

 

していて表面に油がギトギトしていて油が

 

表面に浮くと飲みにくくなってしまって

 

しつこい後味が残ってしまいまいがちです。

 

プレーンのコンソメスープを楽しまれる場合

 

は口コミ等で確認される事をおすすめします。

 

また商品自体の旨味を抽出をするにも丁寧に

 

アク取りをされた商品で有ればある程の脂の

 

浮きが少なくなるのでコンソメの一味違った

 

味わいを楽しめるのは油が浮いてこない品質

 

の高さの証明になりますので参考にして下さい

 

スポンサーリンク

 

おすすめのコンソメ

 

ここからはおすすめのコンソメの商品を各

項目事にお伝えをしていきたいと思います。

また美味しい料理であったり調理方法に合っ

た最適な商品を見つけて頂ければと思います。

 

 

 

◆平和食品工業

[コンソメスープ]

 

 

料理の格上げなら本格派スープの素に注目

 

こちらの商品は平和食品工業メーカーが販売

する顆粒タイプの本格派コンソメスープでビ

ーフやチキンにはもちろんですが野菜の旨味

も配合された風味豊かなパウダーになります。

 

また化学調味料や着色料は不使用で濃厚な旨

味とコクがしっかり感じられるのでいつもの

料理に追加されれば格段に美味しくなります。

 

 

 

◆ヤスマ

[マスコット オーネ コンソメ]

 

 

料理の下味からスープまで幅広く

使える顆粒タイプにも注目をする

 

こちらの商品は家庭用のスパイスブランドメ

ーカーのマコーミックのオーネコンソメです。

 

商品には沖縄の糸満海水塩を使用して旨味と

コクのバランスが良くてシンプルな味わいが

楽しめてしかも便利な顆粒タイプになります。

 

更にコンソメスープとしてはもちろんですが

カレー・シチュー・コロッケ・ピラフ等の幅

広い料理の下味を付けるのにも活用出来ます。

 

 

 

◆創健社

[チキンコンソメ]

 

 

チキンが凝縮された自然な旨味に注目

 

こちらの商品は自然食品等を取り扱う創健社

メーカーのチキンコンソメでチキンエキスや

地中海のイタリア産天然塩を使用したナチュ

ルな旨味たっぷりな固形タイプになります。

 

またコクのあるまろやかな味わいはスープは

もちろんですがカレーやシチューの他にチャ

ーハン作りにもピッタリですしパッケージは

個包装で保存しやすいのも注目ポイントです。

 

 

 

◆無塩ドットコム

[塩分 43%カット 減塩 コンソメ]

 

 

ヘルシーコンソメにも注目をする

 

こちらはノルトメーカーが展開する減塩専門

店の無塩ドットコムの商品で一般的なコンソ

メと比較をされても塩分を43%カットしたチ

キンコンソメになっていて更には腎臓疾患の

方に配慮しリン68%・カリウム35%のカット

にも実現して化学調味料も使用していません。

 

また野菜や鶏肉等の旨味もたっぷりと凝縮さ

れて美味しくヘルシーな食事が楽しめますよ。

 

 

 

◆味の素

[コンソメ 塩分ひかえめ]

 

 

旨味が多く塩分控えめな商品に注目

 

こちらは味の素メーカー固形コンソメの減塩

タイプでチキンやビーフ等の旨味はそのまま

に同社のコンソメに比べて塩分40%カットの

固形のタイプにはなるのでスープやカレーの

他にシチュー等の煮込み料理にピッタリです。

 

また同一ラインの味わいがお好みで塩分が気に

なる方には是非試して頂きたい商品になります

 

更には凝縮されたコクと旨味にはそのままで

減塩メニューのレパートリーが広がりますよ。

 

 

 

◆光食品

[チキンコンソメ]

 

 

鶏のエサの原料にまでにこだわり

ぬいた液体タイプにも注目をする

 

こちらの商品は徳島の光食品メーカーが素材

に製造法にもこだわって作ったコンソメです。

 

またとりがらスープには植物性のエサで飼育

した鶏を採用していて醤油や野菜も国産の有

機食材を採用している等の素材にもとことん

こだわった液体タイプのコンソメになります。

 

そして保存料や着色料だけでなく化学調味料

やデキストリンも使用していませんのでスー

プやシチューはもちろんですが下味更には隠

し味にも使いやすく保存にも便利な個包装な

のでストック用としても非常におすすめです。

 

 

 

◆ネスレ日本

[マギー 無添加コンソメ]

 

 

塩分が控えめで脂質もゼロに注目をする

 

こちらの商品はネスレ日本メーカーが展開す

るマギーブランドのコンソメでコンソメ自体

は粉末タイプになるので味わいを決めやすく

塩分も控えめで脂質がゼロというヘルシーさ

で気になる着色料や香料も不使用になります。

 

そしてクセのない味わいでクリアな旨味がし

っかりと感じられるのでスープから炒め物の

他にも下味にも手軽に幅広く使えて便利です。

 

更に小容量ずつのスティック包装になるので

湿気も気にせずに済みますしコンソメテイス

トをヘルシーに楽しみたいならこちらですよ。

 

 

 

◆ユウキ食品

[化学調味料無添加コンソメ]

 

 

便利な振り出しタイプにも注目をする

 

こちらはユウキ食品メーカーが提携をするマ

コーミック社のコンソメでチキンとビーフの

旨味の他にもコクがギューッと凝縮されて量

自体も調節がしやすい顆粒タイプになります。

 

また片手でキャップを開けてふりかけられる

ので炒めもの等にも使いやすいのも魅力です。

 

更にふり出し穴の他に軽量スプーンの差し込

み口がついているので使い勝手も良いですよ。

 

その他にも旨味はしっかりと感じられるのに

化学調味料無添加になっていますのでスープ

や煮込み料理以外にもリゾット・パスタ・パ

エリア等の幅広いメニューに活用出来ますよ。

 

 

 

◆味の素

[コンソメ 固形]

 

 

入れるだけで味が決まるキューブコンソメ

 

こちらの商品は味の素コンソメシリーズの定

番シリーズでキューブタイプのコンソメです。

 

またビーフとチキンの旨味をバランス良く配

合してありますのでお鍋の中にキューブをポ

ンッと入れるだけで簡単に味付けが出来ます。

 

更にキューブ1個は顆粒の小さじ2杯分に相当

しますので1個で2人分の具だくさんスープが

作れ面倒な計量作業等の一切必要はなしです。

 

そしてこのタイプならお料理初心者でも簡単

に調理できるのは固形タイプならではですね。

 

その他にも顆粒タイプに比べて比較的リーズ

ナブルに購入出来るのも大きなポイントでか

さばらないスリムパッケージになりますので

収納しやすくストック用としても使えますよ。

 

 

 

■幅広い料理に使えるコンソメに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

『コンソメ』はただスープの素として

 

飲めるだけでなく立派な調味料になります。

 

例えば液体タイプで有ればオムレツやチキン

 

ソテーの下味にも利用が出来て顆粒や粉末の

 

タイプで有れば茹でキャベツやジャガイモ等

 

ふりかければ美味しい一品の出来上がりです

 

そして固形タイプもアレンジ料理としてバター

 

ミックスベジタブルを一緒に炊飯器で炊けば

 

寄り一層美味しいピラフ料理が出来上がります

 

また和風だしに『コンソメ』を少し加えられ

 

るだけでも味わいの奥深い味噌汁が出来ます。

 

スープやメイン料理の他にも洋風更には和風に

 

関わらず色々なコンソメ商品を活用して下さい

 

中華だしにも注目をする

 

 

調理をされる際にコクのある美味しい中華料

 

理を作りたい場合は中華だしに欠かせません。

 

そしてメニューに合わせて使い分けられれば

 

御家庭でも本格的中華の味わいを楽しめます。

 

■最後に

 

今回はコンソメの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

製品自体の外見はどの製品も大きな

 

違いはありませんが製品事に寄っての

 

味わいは異なるので人に寄って好みが

 

はっきりと分かれる繊細な調味料です。

 

各メーカーの製品のタイプに寄っても

 

味わいや風味が変わってくるので沢山の

 

種類の商品を色々と試して頂いて御自身の

 

手料理に合うピッタリの商品を今回の記事

 

を御参考に見つけて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク