おすすめの腰袋【職人さんやDIY等にも欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの腰袋【職人さんやDIY等にも欠かせないアイテム】

 

今回はDIY等の作業をされる際に御自身の腰

 

からぶら下げて道具類を入れておくアイテム

 

『腰袋』にスポットをあててお伝えをします。

 

また一度に寄り多くの道具を持ち運べるのは

 

もちろんですが必要な時にすぐに手に取れて

 

利用出来るのと言うのも大きなメリットです。

 

ですが一口に『腰袋』と言っても多目的タイ

 

プや電工タイプ等の色々な種類がある上に有

 

名メーカーのニックスやマキタの他にもフジ

 

矢等の大手メーカーから販売されているので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は腰袋の選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。 

 

  1. 目次
  2. 必要な道具が全て入るタイプに注目
  3. 道具サイズに合ったポケットの腰袋に注目
  4. DIY用なら仕切りの少ない『小型タイプ』
  5. 特定の道具だけなら『専用タイプ』に注目
  6. 尖った工具には先端がカバーがあるタイプ
  7. 丈夫で破れにくい素材の腰袋に注目する
  8. 屋外での作業用なら防水タイプに注目する
  9. 作業中の負担が少ない軽量タイプにも注目
  10. 『専用ベルト』にも注目をする
  11. 腰の負担を軽減されるなら『腰当て』
  12. 大事な工具類も整理整頓が必要
  13. 最後に

 

 

腰袋の選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回は腰袋を選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ずは収納される道具に注目です。

最初にどのような作業をされる事が多いのか

イメージされて頻繁に利用される道具がしっ

かりと収納出来るかどうかに注目して下さい。

また腰袋の一番のメリットは両手が空けれる

事と高い場所で作業される際にも道具をすぐ

に手に取れて作業自体の効率を図れる所です。

ですが同じ腰袋を利用されたとしても作業の

内容や作業される方に寄っての使い勝手の良

い腰袋は大きく異なってきますので御自身の

ピッタリと合う腰袋を見つけて頂きたいです。

 

 

 

必要な道具が全て入るタイプに注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが作業で利用される道具類は大工仕

 

事や電気工事等の作業をされる内容に寄って

 

あたり前の事ですが当然異なってきますので

 

それぞれの作業内容に必要な道具類が全てし

 

っかりと収まるものを選ばれる事が重要です。

 

また収納力がない箇所に無理やり道具類をギ

 

ュウギュウに押し詰めたりしてしまうと落下

 

したり紛失してしまう事にもなりかねません。

 

スポンサーリンク

 

道具サイズに合ったポケットの腰袋に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用される道具類等のサイズ感にも合わせてポ

 

ケットの深さを確認される事も重要になります

 

そしてポケット自体が浅いと長さのある金づ

 

ちやドライバーが少しのはずみで落下してし

 

まう可能性があるのでとても危険な状態です。

 

またサイズの大きい道具類を収納されたい場

 

合は深めのポケットがついたものが安心です。

 

更に腰袋には道具差しや釘のような小さな部

 

品を入れるポケットが幾つも付いている多目

 

的タイプもあり使い慣れる事が出来ればどこ

 

に何を入れたかを袋の中を見なくても手探り

 

でパッと探せばるので作業効率も上がります。

 

その他にどの道具をどこに収納されるのかを

 

イメージされながら選ばれると御自身たけの

 

取り出しやすい商品を見つける事が出来ます。

 

ただ注意点としてビス等を入れられる場合に

 

ポケットが深すぎてしまうと取り出しにくく

 

なってしまいますので道具類のサイズに合わ

 

せたポケットが付いたものを選んで下さいね。

 

■DIY用なら仕切りの少ない『小型タイプ』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えば趣味のDIY用に利用される場合には仕

 

切りの少ないコンパクトにタイプに注目です。

 

またコンパクトタイプならネジや釘を打つだ

 

けの作業を集中して行いたい場合も便利です。

 

そしてポケットに釘を入れて作業をされれば

 

布がよれたり又は穴が開いたりしてしまう事

 

もありますので小さめの腰袋の場合であって

 

もドライバーやペンチの他にペンやはさみと

 

いった道具類は同じ箇所に一緒に入れておく

 

事も出来るので簡単なDIYに十分重宝します。

 

特定の道具だけなら『専用タイプ』に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが同じ作業だけをされる場合には他

 

の余計な道具類まで入れてしまってらいると

 

重たいのでなるべく持ちたくありませんよね。

 

ですのでそんな場合には特定の道具類の収納

 

に特化した専用の腰袋が非常におすすめです。

 

例えばドリル専用のホルスターやビス専用の

 

ものであったり又ペンチやドライバー差し等

 

があり色々な用途での種類が数多くあります。

 

そして電気工事をされる場合には電工バッグ

 

言うような表示になっているタイプを選ばれ

 

れば電気工事に欠かせないテスター等も定位

 

置にピッタリ収納出来るので非常に便利です。

 

また多目的タイプの腰袋と上手く使い分け等

 

をされれば今以上に作業自体はかどりますよ。

 

尖った工具には先端がカバーがあるタイプ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

工具類のペンチやドライバー等の先端が尖っ

 

ている道具を収納される場合は工具差しが出

 

来だけ先端部分までしっかりとカバーされて

 

いる造りの腰袋が非常におすすめになります。

 

また作業中にうっかり手で触ってしまって思

 

わぬケガをしてしまったり作業中衣類に引っ

 

かかってしまうような事を防ぐ事が出来ます。

 

 

 

利用方法に合った素材に注目をする

 

利用される目的の使い方に適している素材に

はどんなものがあるのかにも注目して下さい。

 

 

 

丈夫で破れにくい素材の腰袋に注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

選ばれた腰袋にはペンチや金槌の他にもドラ

 

イバー等の重さがあるものやネジや釘のよう

 

に先が尖っていたりするものも収納するので

 

強度のあるしっかりと素材を選んで下さいね。

 

そして丈夫で破れにくいEVA素材や高密度ポ

 

リエステル素材の他に本革素材等があります。

 

またすぐに穴が開くような弱い素材だと全く

 

役に立ちませんしケガにも繋がって危険です。

 

ですので頻繁に買い替えが必要になるのも困

 

りますが耐久性の高いタイプがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

屋外での作業用なら防水タイプに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に雨の日に屋外で作業をされる際に適して

 

いる『防水タイプ』の腰袋で有れば水に強い

 

ターポリン生地や高密度ナイロン生地等の素

 

材で作られたラインナップを選んで下さいね。

 

そして布製で中に水が浸みてしまうようで有

 

れば道具やネジの他に釘等も錆びに繋がって

 

しまいまので屋外での補修工事やガーデニン

 

グ等の水を利用されるようや作業を行われる

 

場合には防水タイプの腰袋が非常に便利です。

 

作業中の負担が少ない軽量タイプにも注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にですが道具類だけでも重いと感じられる

 

場合は軽量タイプのシリーズがおすすめです。

 

そして幾ら腰袋が便利とは言っても数多くの

 

工具類を収納されるので有ればかなりの重量

 

になり腰回りにも負担がかかってしまいます。

 

また軽くて丈夫なポリエステル素材やナイロ

 

ン生地の物を選ばれるのも選択肢の一つです。

 

 

 

腰袋を寄り快適に利用されるコツとは?

 

最後に腰袋を寄り快適に使われる為のポイン

トを幾つかお伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

『専用ベルト』にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

腰袋を利用される際に一般的にベルト付きは

 

非常に少なくて腰袋の多くはお手持ちのベル

 

トに付けて利用されるのが使い方が多いです。

 

またもちろん日頃から利用されてらいるズボ

 

ンのベルトに取り付ける事も可能ですが道具

 

類を詰め込んで入れられあ重量のある腰袋で

 

は強度が足りない場合も出てきますので出来

 

れば腰袋専用の丈夫なベルトがおすすめです。

 

その他にもベルト通しの他にもカラビナ等を

 

取り付けるラインナップの商品もありますよ。

 

腰の負担を軽減されるなら『腰当て』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

プロの職人の方達にとっては当たり前になる

 

のかも知れないですが重い腰袋を下げて作業

 

をされるなら腰当てを一緒に利用して下さい。

 

またDIYに凝って色々な道具が徐々に増えて

 

くると腰袋の重量で腰に負担がかかってきて

 

しまうので作業の中に重い資材等を持ち運ば

 

れる際に腰を痛めてしまう事も考えられます。

 

更に腰痛を未然に防ぐ為にしっかり腰当てベ

 

ルトを利用されて上手に活用してみて下さい。

 

大事な工具類も整理整頓が必要

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

色々な作業に取り組まれる事が多くなるとど

 

うしても工具が増えてしまうのでその場合は

 

工具箱やツールケース等に整理をして下さい。

 

そして種類別にきちんと収納をされて入れば

 

作業に必要なものをすぐに見つけられますよ。

 

 

 

売れ筋の腰袋にも注目をする

 

御参考までにはなりますが腰袋を選ばれる

上でAmazonサイトや楽天サイトの他にも

Yahoo!ショッピングサイト等の売れ筋商品

ランキングにも注目をされて選んで下さい。

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は腰袋の選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

そして職人さんだけでなくDIYや趣味の

 

作業にも腰袋があると非常に便利ですね。

 

まあプロの方も利用される本格的な革製の

 

タイプから汎用性のある小型のタイプまで

 

色々なタイプのシリーズがありますので是非

 

今回の記事を御参考にされて利用しやすい腰

 

袋を上手に活用されて作業を楽にして下さい。