おすすめの硬式バット【プロ選手モデルにも注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの硬式バット【プロ選手モデルにも注目をする】

 

今回は小学校や中学校のリトルリーグから

 

社会人の野球まで必ず必要となるアイテム

 

『硬式バット』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

一口に『硬式バット』と言っても色々な

 

有名メーカーのミズノやアシックスの他に

 

ット等がある上にバットの素材に関しても竹

 

やアオダモの他にジュラルミン等の素材が数

 

多くラインナップをして展開されているので

 

いざ製品を選ぼうと思っても

 

どの商品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は硬式バットの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 硬式バットは軟式バットと併用可能?
  3. 飛距離重視なら『トップバランス』
  4. コンパクトなバッティングを重視して選ばれる場合には『カウンターバランス』
  5. バットのコントロール性能を重視されて選ばれるなら『ミドルバランス』がおすすめ
  6. バットコントロール性能も重視して選ばれるので有れば長さにも注目をする
  7. 飛距離重視なら『金属製バット』にも注目
  8. スキル重視で選ばれるなら『木製バット』
  9. 硬式バットの重量感にも注目する
  10. 中古で購入される場合の注意点とは?
  11. グローブにも注目する
  12. 最後に

 

 

硬式バットは軟式バットと併用可能?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

硬式野球をされる際には当たり前のように利

 

用されてる硬式バットのシリーズには金属製

 

のものが多くて硬式野球の硬いボールを打っ

 

ても折れにくい事が一番の特徴でもあります。

 

そして重量もありますが軟式野球のルールで

 

も併用して利用する事が出来るので軟式バッ

 

トが軽いと感じる選手からも使われています。

 

その他に重量やグリップ部分の太さ等の部分

 

へカスタムが可能なオーダーメイドの硬式バ

 

ットのモデルもラインナップとして販売され

 

ているので御自身のお気に入りの硬式バット

 

をも見つかりやすいのも大きなポイントです。

 

また野球を楽しまれる為の必須アイテムとし

 

て利用しやすい硬式バットを見つけて下さい。

 

 

硬式バットの選び方

 

今回は硬式バットを選ばれる上で重要な

ポイントを各項目事にお伝えをしています。

まずプレイスタイルから重心のとれたバラン

ス重視で硬式バットを選ばれる事が重要です

そして硬式バットを選ばれるさいにはまずは

重心のバランスに注目をされて御自身の目指

すプレイスタイルに合わせて選んで下さいね。

 

 

飛距離重視なら『トップバランス』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にホームランやロングヒットを狙う場合は

 

トップバランスの硬式バットがおすすめです。

 

そして重心がバットの先端にあるので思いっ

 

きり振り抜きやすく打った球の飛距離が伸び

 

やすいのこちらのトップバランスになります。

 

また勢いある打球を打ち出す事が出来るので

 

ロングヒットを打ちたい場合にぴったりです。

 

更に遠心力を利用出来るのでパワーが弱めの

 

方でも比較的ロングヒットを打ちやすいです。

 

ただ注意点としてヒットを打ちやすい分スイ

 

ングの瞬間は実際の重さ寄り重たく感じるの 

 

で余裕を持って振れるバットを選んで下さい。

 

コンパクトなバッティングを重視して

選ばれる場合には『カウンターバランス』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

投球されたインボールの球筋も安定して打ち

 

たい方はカウンターバランスがおすすめです。

 

またカウンターバランスのタイプは飛距離は

 

伸ばしにくいですが重心がグリップ付近にあ

 

るのでスイングがしやすくて幅広いコースの

 

球に対応出来るのが大きな長所にはなります

 

がヒット数を増やしたい場合もおすすめです。

 

その他にはカウンターバランスの目次はスイ

 

ングが軽いバットになるのでスイングの振り

 

ぬきに負けてしまいがち方にもおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

バットのコントロール性能を重視されて

選ばれるなら『ミドルバランス』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

飛んだ打球の飛距離を伸ばしながらスイング

 

のしやすさも重視して選ばれる場合はミドル

 

バランスタイプの硬式バットがおすすめです。

 

またミドルバランスの硬式バットは重心がバ

 

ットの中心近くにあるのでスイングも軽くバ

 

ットコントロールもしやすい点が魅力の一つ

 

でもありますがトップバランスモデルやカウ

 

ンターバランスモデルの両方の良い部分が取

 

り入れているのがミドルバランスモデルです。

 

更に狙ったポイントにも振りやすいので公式

 

試合等でヒットを狙うのはもちろんですが練

 

習用としても向いているので高校から硬式野

 

球に挑戦する方にも初心者にもおすすめです。

 

バットコントロール性能も重視して

選ばれるので有れば長さにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

バットを選ばれる上でバットコントロールを

 

良くされる為には御自身の腕の長さに合わせ

 

た硬式バットを選ばれる事が重要になります。

 

また御自身の指先から脇までの長さにかけて

 

1.3]をかけた数値が最適な硬式バットの長

 

さになるので購入前には必ず確認して下さい。

 

更に体格に寄って異なりますが高校生以上の

 

方になると[8385cm]が目安となります。

 

その他にバットは長ければ長い程打球の飛距

 

離が伸びやすくなるので御自身の腕の長さに

 

合わせた硬式バットの飛距離が物足りないの

 

で有れば1cm長めのものを選んでみて下さい。

 

 

利用目的に合った素材を選ぶ

 

硬式バットを選ばれる上で素材事の特徴が

なってくるので利用される目的に合った素材

を選ばれるのも製品選びの重要ポイントです。

 

 

飛距離重視なら『金属製バット』にも注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

打球の飛距離を重視されて選ばれるので有れ

 

ば金属製の硬式バットがおすすめになります。

 

また金属製のバットで有れば打たれた際の瞬

 

間の『キーン』と言う音が非常に心地良くて

 

愛用されている選手の方達も非常に多いです。

 

更には軽さが特徴のアルミ製品や強度の高い

 

アルミニウム合金[超々ジュラルミン]等の

 

素材のシリーズもありますがどの素材も硬く

 

て打球を遠くまで距離を伸ばす事が出来ます。

 

その他にも耐久性に関しては非常に高めで長

 

く利用出来るのも大きなポイントですかバッ

 

ト自体に硬さもあるので強い衝撃が加わった

 

としても傷みにくいのも嬉しいポイントです。

 

金属バットは練習用としてはもちろんですが

 

高校野球の公式試合用としてもおすすめです。

 

スキル重視で選ばれるなら『木製バット』

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

バット選びをされる際に高校野球だけでなく

 

大学野球や社会人野球でも通用する技術を身

 

に付けたい場合は木製バットがおすすめです。

 

また素材としてさアオダモやメイプルの他に

 

竹等がありますがいずれもしっかりとボール

 

を芯にミートさせないと飛距離が出ませんで

 

すのでバットの芯で打つ打撃技術を身につけ

 

る練習をされるのには一番最適なバットです。

 

更に練習用の木製バットを選ばれる際にはラ

 

ミーバットを選ばれるのも選択肢の一つです。

 

そして竹を芯材に採用して外側に別の木材を

 

重ねて作られたのをラミーバットと呼んでい

 

ますが丈夫で折れにくいのが特徴になります。

 

更に一本木バットに寄っては比較的お手頃価

 

格になるのてトレーニング用におすすめです。

 

その他にプロ野球だけでなく大学以降のアマ

 

チュア野球でも金属製のバットの利用は認め

 

られていない事が大半にはなるので寄り長く

 

利用され続けることを目指されるので有れば

 

金属バットとの違いに戸惑わないように早い

 

時期から木製バットに慣れておくと良いです。

 

注意点としてラミーバットも大学野球の公式

 

試合等では利用出来ないので注意して下さい。

 

硬式バットの重量感にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

硬式バットを選ばれる上で欠かせないポイン

 

トに挙げられるのが[本体重量]になります。

 

硬式バットの目安は[900g]前後の寄り重

 

量感を感じられるシリーズを選んで下さいね。

 

そして高校野球の公式試合用のバットはグリ

 

ップテープ等を合わせて900g以上必要です。

 

ですので普段の練習からスイングをされる際

 

900g以上のバットを使うのがおすすめです。

 

また余りにも軽すぎてしまうとスイング中に

 

バットがブレてしまってしまうのでボールを

 

上手にミートさせる場合には振り抜いた際に

 

ある程度の重量感を感じられる事が重要です。

 

その他に練習用のバットで軽いものを選ばれ

 

る場合でも軽すぎないものを選んで下さいね。

 

中古で購入される場合の注意点とは?

 

 

https://auctions.yahoo.co.jp/

 

硬式バットを選ばれる際は価格が高いモデル

 

も多いので中古で購入をされるのも選択肢の

 

一つになるので検討されては如何でしょうか?

 

ですが硬式バットの状態の悪いモデルを選ば

 

れてしまうと正確にきちんと打球を飛ばす事

 

が出来なくなるので慎重に選ぶ事が重要です。

 

そして硬式バットは高耐久のモデルも多いで

 

すが利用されていく内に歪みや凹みが出来て

 

しまうので購入される前にはバット全体を確

 

認されてひどく歪んでいないかを確認される

 

事と特に木製バットのモデルは凹みやすいの

 

で念入りに製品を確認するようにして下さい。

 

その他にも金属バットの場合には亀裂が入っ

 

ていないかも念入りに確認される事が重要で

 

長く利用されたバットは金属疲労等で割れや

 

すくなっているので仮に割れているバットを

 

利用された場合にはパフォーマンスが悪くな

 

るだけでなく怪我や事故の原因にもなり兼ね

 

ないので必ず確認をするようにして下さいね。

 

グローブにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

硬式野球に欠かせない必須のアイテムと言えば

 

やはり[バットとグローブ]のセット品ですが

 

バットを購入される際にはバットに見合った質

 

高いグローブ購入される事をおすすめします

 

 

 

売れ筋の硬式バットにも注目する

 

御参考までにはなりますが硬式バット製品

Yahoo!ショッピングサイトの売れ筋の商

品ランキングからも注目をして選んで下さい。

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

こんな記事もおすすめです。

 

おすすめの軟式バット【2019年最新モデル】

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は硬式バットの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

硬式のバットはどのモデルも打ち心地やバッ

 

トコントロールが優れているものばかりです。

 

また目指すスタイルを重視して選ばれる事で

 

お気に入りの硬式バットも見つけやすいと思

 

いますので今回の記事を御参考にして下さい。