おすすめの高反発枕【肩こりや腰痛にめ欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの高反発枕【肩こりや腰痛にめ欠かせないアイテム】

 

今回は適度な硬さがあって

 

頭が沈みにくい高反発枕に

 

スポットをあてて

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

高反発枕は肩こりや腰痛等を改善

 

するのに欠かせないアイテムです。

 

スポンサーリンク

 

また高反発枕と一口に言っても

 

型崩れしにくいシリーズ

 

通気性が良いシリーズ

 

寝返りが打ちやすいシリーズ

 

製品を使用される上でのメリットが

 

盛りだくさんにはなりますが似たような

 

高反発枕でも製品に寄って形状が異なったり

 

メーカーに寄っても異なるので

 

いざ製品を購入しようと思っても

 

どの製品が選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は高反発枕の選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. 高反発枕と低反発枕の違いを把握する
  3. 頭と首にフィットするタイプの製品を選んで体への負担を減らす
  4. 寝方に合わせた高さも重要ポイント
  5. 適度な柔らかさを分散出来るシリーズがおすすめ
  6. 寝返りがが打ちやすい製品を選ぼう
  7. 洗濯出来る製品シリーズを選ぶ 
  8. 購入予定の枕の寝心地も確認する
  9. マットレスにも注目をする
  10. 最後に

 

 

■高反発枕と低反発枕の違いを把握する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回お伝えをさせて頂く高反発枕と

 

低反発枕について違いは御存知でしょうか?

 

同じ枕なので柔らかさだけと思われて

 

いるようでしたら以下の内容を

 

御参考にして頂きたいと思います。

 

頭にしっかりとフィットする低反発枕は

 

首や肩への負担は非常に少ないですが

 

寝返りをしにくいのがデメリットです。

 

ですので肩こりや腰痛持ちような方には

 

不向きなのでおすすめが出来ないです。

 

また高反発枕はしっかりとした弾力性が

 

あって寝返りがうちやすいのが特徴ですが

 

頭や首へのフィット感は感じにくいので

 

低反発枕に比べて商品の展開数が少ないと

 

言う残念な点はありますが首や肩こりや

 

腰痛に悩んでいる方にはおすすめです。

 

 

 

枕の選び方

 

今回は高反発枕を選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

高反発枕を選ばれるなら御自身の体に

合った製品を選ばれる事で頭や首の

負担が軽くなるのでピッタリの

製品を見つけて頂きたいと思います。

 

 

 

■頭と首にフィットするタイプの

製品を選んで体への負担を減らす

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

高反発枕に頭を乗せても枕の形状が

 

変化しにくいので購入前に御自身の体に

 

合っているのかを確認する事が重要です。

 

また頭や首に枕との間にすき間があると

 

頭の重さを後頭部だけで支える事になる

 

ので首に大きな負担を与えてしまいます。

 

高反発枕を選ばれる際のポイントとしては

 

枕のサイズでフィット感を高める工夫が

 

あったり調整用のシート等付属されている

 

シリーズの製品がおすすめになります。

 

仮に頭にフィットしない枕を利用されて

 

いると寝ている間に首や肩の筋肉が緊張する

 

事になってしまうのでこのような状態で

 

幾ら良い高反発枕を利用されていてもやはり

 

肩こりや首のだるさを感じてしまう原因に

 

なってしまうので出来るだけ後頭部と首に

 

すき間がない製品を選ぶようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

■寝方に合わせた高さも重要ポイント

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

高反発枕を選ばれる上で御自身の寝姿の

 

高さも高反発枕選びが重要なポイントです。

 

寝方も色々ありますが仰向けや横向き等

 

人に寄って寝やすい姿勢は異なります。

 

『呼吸はしやすいかどうか?』

 

『首や肩に負担がかからないかどうか?』

 

等も重要なポイントになるので

 

御自身の高さに合う枕を探される為の

 

参考資料にもして頂きたいと思います。

 

仮に理想的な高さの高反発枕を購入を

 

されたとしてもマットレスに体が沈んで

 

頭の位置がズレてしまうと高さの

 

位置が合わなくなる場合があるので

 

上下で高さが異なるシリーズ

 

調整シート付きのシリーズ等のように

 

高さが調節出来る製品を

 

選ばれる事をおすすめします。

 

■適度な柔らかさを

分散出来るシリーズがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

高反発枕の製品シリーズの中でも硬すぎる

 

シリーズのものは控えるようにして下さい。

 

高反発枕に適度な柔らかさがないと

 

首や後頭部に出来るすき間を埋めにくいと

 

頭の重さを分散する事が出来ないと

 

大きな負担になってしまいます。

 

枕の表面にジェル素材を取り付けられる事で

 

高反発と柔らかさを両立したシリーズや

 

表面にカッティングを施されたり多重構造に

 

される事で柔らかさをグンッとアップします。

 

また横向きで寝られる方の場合は硬すぎる

 

枕だと耳が痛くなったりして心地よい睡眠を

 

妨害されてしまう場合もあるので枕は

 

寝られる際に常に利用するものなので

 

硬すぎずに頭や首に負担のかかりにくい

 

柔らかさのある製品がおすすめになります。

 

■寝返りが打ちやすい製品を選ぼう

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

人間は睡眠中に20回以上寝返りを 

 

打ったりするので高反発枕を利用して

 

横になった状態で寝返りがうちやすいか

 

どうかも要チェックポイントになります。

 

特に中央部分が凹みをつけた高反発枕の

 

場合は左右が高すぎないかを見て下さい。

 

また製品に寄っては頭が固定されてすぎて

 

寝返りを打ちにくいうちにくい場合も

 

あるので寝返りを打っている際に枕から

 

落ちてしまわないようにサイズに関して

 

50~60cm程度の幅が確保されている

 

製品を選ばれる事が一番重要になります。

 

またどんなに良い枕やマットレスを

 

利用されても寝返りを打った際に体位を

 

変えないと一方に体圧がかかって血液や

 

リンパの流れが悪くなってしまうので十分

 

注意をして製品を選ぶようにして下さい。

 

■洗濯出来る製品シリーズを選ぶ 

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

高反発枕の良さとして型崩れしにくくて

 

長く利用出来ますがそのまま使用していると

 

汚れ等も気になる事も多いとは思うのですが

 

寝ている間に人間はおよそ500mlの汗を

 

かくと言われているので寝汗の多い方や

 

衛生的に利用したい方にはおすすめです。

 

枕の素材のウレタン素材やラテックス素材

 

の枕は洗濯が出来ないものが大半ですが

 

ファイバー素材にだけは水洗いが出来ます。

 

また枕が型崩れしてしまわないように

 

洗濯表示に従って洗うようにして下さいね。

 

洗濯が出来ない高反発枕の場合は枕カバーを

 

厚手にしたり被せるタイプの枕カバーを利用

 

される等で枕を汚さないようにして下さい。

 

■購入予定の枕の寝心地も確認する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

高反発枕は他のメーカーの枕と比べて

 

非常に高価になるのでフィット感の良い

 

失枕選びは非常に重要になってきます。

 

出来れば寝具コーナー等で実際に横に

 

なって見られて枕を利用されて柔らかさや

 

高さの他に寝返りしやすさ等を実際に

 

確認をされて御自身の寝方に合っているかを

 

事前に確認する事をおすすめします。

 

マットレスにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に肩こりや腰痛等がお悩みの場合には枕だ

けでなくマットレスにも注目してみて下さい

そして腰痛や肩こりの緩和にも効果的なマッ

トレスも数多くあるので注目のアイテムです。

 

 

 

こんな記事もおすすめです。

 

おすすめの高反発マットレス【コイル・ウレタン・ラテックス・ファイバーシリーズ】

 

 

 

スポンサーリンク

 

■最後に

 

今回は高反発枕の選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

高反発枕を利用される事でより

 

快適な睡眠時間を得る事が出来て

 

人生の3分の1以上を占める大事な

 

時間になるので今回の記事を

 

御参考にお気に入りの製品を

 

見つけて頂きたいと思います。