おすすめのくるみ【おやつやお菓子作りには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのくるみ【おやつやお菓子作りには欠かせないアイテム】

今回は香ばしくて非常に口当たりの

軽い『くるみ』にスポットをあてて

お伝えをしていきたいと思います。

くるみらただ美味しいだけでなく栄養も

非常に豊富で少量でも満腹感を持てるので

ダイエット中のおやつにもおすすめです。

スポンサーリンク

またくるみはローストされたものや生の

タイプの他に無塩やノンオイルと言った

色々な商品が数多く販売されているので

いざ商品を購入しようと思っても

どの商品を購入したらよいのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はくるみの選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 栄養豊富なくるみの魅力とは?
  3. カリカリの香ばしさを重視されるなら『ロースト』タイプ
  4. くるみ本来の味わいを重視されるなら『生タイプ』がおすすめ
  5. 鮮度重視でくるみを選ばれるなら『殻付きタイプ』がおすすめ
  6. くるみの粒が崩れていないかも確認する
  7. 健康を重視してくるみを選ばれるなら『無塩』若しくは『オイルなし』を選ぶ
  8. おやつ重視で選ばれるなら『味付き』タイプのくるみがおすすめ
  9. 最後に

栄養豊富なくるみの魅力とは?

https://www.amazon.co.jp/

くるみの一番の特徴は栄養素のバランスが

非常に良く含まれているところになります。

また不飽和脂肪酸や植物性たんぱく質を始

めとするビタミンEビタミンB等のビタミン

やマグネシウムの他に亜鉛等のミネラルも

非常に豊富で食物繊維も多く含まれています。

またその中でもオメガ-3の成分の中には

悪玉コレステロール値を下げたり骨や歯を

強くしたり健康に保つ効果等を持っています。

更に睡眠のリズムを整えてくれるアンチエイ

ジング効果を持っているメラトニンと言う成

分も豊富に含まれているので生活のリズムが

乱れやすい方にとっては非常に嬉しいですね

その他くるみには味わいが美味しいだけで

なく不足しがちな栄養素を補えるので1

28g1つかみ程度]を目安にして下さい。

くるみの選び方

今回はくるみを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めにくるみはどれも同じように

見えるくるみであっても焙煎の有無や

食塩の他に油等が使われているかに

寄って味わいの方が大きく異なります。

またローストタイプ生タイプ殻付き

等のくるみの状態に寄って変わってきます。

その他くるみの状態に寄って栄養価や酸化し

やすさが異なるので事前に確認をして下さい

カリカリの香ばしさを重視

されるなら『ロースト』タイプ

https://www.amazon.co.jp/

くるみのタイプの中でもカリカリとした

食感と香ばしさを重視されたい方には

ローストタイプのくるみがおすすめです。

また素焼きにされたくるみの場合はは軽い

食感になるので手軽に食べやすくワインや

ウイスキー等のお酒のおつまみにも最適です。

更にくるみはロースト具合で色が変化して

ローストが深くなる程色合いが濃くなります。

その他ローストが強くなると苦みめ増すので

苦味があまり好きではない方はローストの

浅い薄い色のくるみを選ぶようにして下さい

スポンサーリンク

くるみ本来の味わいを重視

されるなら『生タイプ』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

くるみ本来の味わいをそのまま味わいたい

場合には生タイプのくるみがおすすめです。

またくるみは加熱をしなくてもそのまま食べ

る事が出来るのでローストタイプの香ばしい

食感に比べると柔らかい口当たりとくるみ

本来のオイリーな味わえるのが魅力の一つ。

更に殻をむいただけの状態になると加熱で栄

養素が酸化して減ってしまう事もありません

その他・くるみ特有の味わいが苦手だと言う

にはフライパン等を利用して加熱される事

でお好みのロースト具合にする事も可能です

鮮度重視でくるみを選ばれる

なら『殻付きタイプ』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

くるみはどうしても空気に触れてしまうと

酸化が進んでしまって味が落ちてしまいます。

また出来るだけ鮮度を落とないで栄養価が高

いままのくるみを味わいたいという場合には

殻付きくるみを選ばれる事をおすすめします。

殻付きタイプで有れば余計な加工がされてい

ないので添加物等が気になる方にもおすすめ

その他中身を取り出さなければ長期間の間新

鮮な状態のまま保存出来るのもポイントです。

ただ殻を砕くには道具や手間が必要になので

殻を割る事自体が面倒に感じてしまう場合も

頻繁にくるみを食べられる場合は殻割りの

作業があるのであまりおすすめが出来ません

くるみの粒が崩れていないかも確認する

https://www.amazon.co.jp/

くるみを選ばれる上で綺麗な形をしている

かどうかも購入される重要なポイントです。

また形崩れ等をしていると見た目が悪い

だけでなく殻が割れた部分から酸化しやすく

なると言ったデメリットが考えられます。

更に見た目や味の他に栄養の3拍子が揃った

良質の良いくるみを購入されたい場合は型崩

れの少ない粒の商品を選ぶようにして下さい

その他くるみの形が整っている商品の大半は

高価な商品の場合が多いので仮に毎日くるみ

を食べられたり料理に利用される頻度が高く

て新鮮な状態の時に食べ切れるので有れば

コスパ重視の袋詰めを選ぶようにして下さい

健康を重視してくるみを選ばれるなら

『無塩』若しくは『オイルなし』を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

健康を重視してくるみを頻繁に食べられる方

は、味付けがされていない『無塩』若しくは

ノンオイルのくるみがおすすめになります。

またくるみには味付けされているものや油

で揚げているくるみ等も展開されています。

更におつまみやおやつ等で少量食べられる分

には問題はないですが日常的に食べられると

なると塩分やカロリーの取り過ぎが気になっ

たり余計な塩分や油分を控えられ為には食品

添加物の含まれていない商品を選んで下さい

おやつ重視で選ばれるなら

『味付き』タイプのくるみがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

くるみはおやつやおつまみとしても食べられ

るのでフレーバーにも注目をして見て下さい

くるみは黒糖やはちみつの他にメープルシロ

ップやきな粉で味付けされているものやキャ

ラメリゼされている商品も展開されています。

また添加物が入っているものを選ばれないの

で有れば出来るだけシンプルな味付けになっ

ているくるみの商品がおすすめになります。

更に食べ過ぎはカロリーオーバーの原因にな

ってしまうので注意をするようにして下さい

くるみは独特な味わいを持っていますがフレ

ーバータイプ利用されるのも一つの方法です。

スポンサーリンク

最後に

今回はくるみの選び方について

お伝えをさせて頂きました。

くるみは栄養豊富で腹持ちの良い食品で

お子さまやダイエット中の方のおやつにも

おすすめで更にヨーグルトに混ぜられたり

サラダに乗せたりと手料理にも手軽に取り入

れる事が出来るので今回の記事を御参考に

お気に入りの商品を見つけて頂きたいです。