おすすめのキャプチャーボード【ゲーム画面録画やYouTube等のライブ配信に欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのキャプチャーボード【ゲーム画面録画やYouTube等のライブ配信に欠かせないアイテム】

 

今回はゲームプレイ動画やキャプチャー他に

 

古い動画のダビングにも利用できるアイテム

 

『キャプチャーボード』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

またキャプチャーボードが有れば高画質のフ

 

HD4K映像で60FPSに対応している製品

 

等の高性能なタイプもかなり増えてきました。

 

ですがいざキャプチャーボードを選ぼうと思

 

ってもAVerMediaI-O DATA等の有名メー

 

カー以外に販売をしているメーカーは数多く

 

ある上にパススルーやフレームレート等の専

 

門的な用語の数も非常に多かったりするので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

迷われてしまう方も


多いのではないでしょうか?

 

今回はキャプチャーボードの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. ハイエンドパソコンを利用されている場合には内蔵タイプのキャプチャーボードに注目
  3. 拡張性のないデスクトップやノートパソコンに利用される場合は『外付けタイプ』に注目
  4. 利用される入力端子の種類に注目をする
  5. モニターとパソコンが別々に接続する事が可能なパススルー対応モデルにも注目をする
  6. 対応解像度は『フルHD』に注目をする
  7. スムーズな動画録画を重視される場合には『フレームレート60』に注目をする
  8. 作業中の遅延の差にも重視される場合にはエンコードタイプに関しても比較をする
  9. ゲーム実況には欠かせないアイテム『コンデンサーマイク』にも注目をする
  10. 最後に

 

 

キャプチャーボードの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はキャプチャーボードを

選ばれる上で重要なポイントを

各項目事にお伝えをしていきます。

まず始めにパソコン画面に合わせて接続

タイプのモデルを選ばれる事が重要です。

そしてキャプチャーボードは主にパソコン

に接続をされて利用される事が多いので

まずは御使用中のパソコンで利用出来る

タイプのモデルを選ばれる事が重要です。

 

 

 

ハイエンドパソコンを利用されている場合

には内蔵タイプのキャプチャーボードに注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今現在利用されているパソコンのタイプがデ

 

スクトップパソコンの利用で[PCI-Exp]ス

 

ロットに空きがある方の場合には内蔵タイプ

 

のキャプチャーボードがおすすめになります。

 

こちらのモデルは以前からあるシリーズでパ

 

ソコンのマザーボードを接続して利用するの

 

で外部電源等も不要で見た目もスッキリです。

 

またUSB接続をされる外付けのキャプチャー

 

ボードと比較された際には転送速度も優れて 

 

いて尚且つ遅延が目立ちにくいのが長所です。

 

ただ注意点としてどんなパソコンでも利用出

 

来ると言う訳ではなくハイエンド向けのゲー

 

ミングパソコンやグラフィックボードを搭載

 

しているパソコンのモデルに対応しています

 

拡張性のないデスクトップやノートパソコン

に利用される場合は『外付けタイプ』に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用されているパソコン内部に搭載出来るス

 

ペースがないパソコンやノートパソコンを利 

 

用されている方には外付けタイプの製品のラ

 

インナップシリーズが選ぶようにして下さい。

 

そしてUSBケーブルでパソコンとの接続する

 

製品が多くてUSB2.0以上で有れば動作します。

 

また外付け製品の中でもキャプチャーボード

 

単体での録画にも対応している製品で有れば

 

SDカードを利用したゲーム録画等も可能です。

 

利用される入力端子の種類に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にPS4等の最新機器の場合にはHDMI端子

 

に対応している製品を選ばないといけないで

 

すが少し前のモデルのPSやゲームキューブは

 

RCA端子を利用する機器になっているので必

 

要な端子を搭載している製品を選んで下さい。

 

そしてまた対応していない製品を購入してし

 

まった場合には変換コネクターを別途購入を

 

されればれば接続される事は可能ですがその

 

分遅延が発生してしまう事とまたかからなく

 

ても良い不要なコストもかかってしまいます。

 

ですので製品選びの前に接続をされる機器の

 

端子を必ず確認をされた上で購入して下さい。

 

スポンサーリンク

 

モニターとパソコンが別々に接続する事が

可能なパススルー対応モデルにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

日常的に利用されているテレビモニターにゲ

 

ーム画面を表示されて録画用の画面をパソコ 

 

ンに表示させたい場合にはパススルー機能に

 

対応したキャプチャーボードがおすすめです。

 

また本来はキャプチャーボードと言うのは接

 

続した機器から出力できるディスプレイは1

 

だけの製品モデルが大半でしたが技術進歩に

 

寄ってパススルーに接続をされるモニターへ

 

の遅延無しに出力する事が可能になりました。

 

そしてゲームを通常通りにプレイが出来てパ

 

ソコンの画面も別で利用出来る状況と言うの

 

はゲーム実況を行っている方には理想的です。

 

更に遅延がないのでFPSやアクションの他に

 

も格闘ゲームのプレイソフトであっても作業

 

の際に支障がないのが大きな長所になります。

 

対応解像度は『フルHD』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

作業の際に余程特殊な理由でもない限りフル

 

HD対応のキャプチャーボードがおすすめです。

 

そして4K対応の製品も販売はされていますが

 

4Kの場合は4Kモニターが必要になる上に録

 

画の動画サイズもそれなりに大きくなります。

 

また特にゲーム録画や実況プレイを中心に考

 

えられている方には余りおすすめ出来ません。

 

ただ注意点として4K動画に対応した機器等を

 

既に持っていて高画質録画や高画質視聴等を

 

行いたい方には4K対応の製品がおすすめです。

 

その他にもフルHDの映像寄りも更に高画質な

 

環境で寄り綺麗な映像等を楽しむ事が出来ます

 

 

 

ゲームの録画や実況等に遅延の少ない

スペックにも注目をしてモデルを選ぶ

 

ゲームの実況をされる方で特に気になるの

が[遅延]にはなりますがどれだけなめらか

な動画を録画出来るのかどうかは利用される

スペックを比較されておけば寄り快適な環境

でゲームプレイを楽しむ事が出来ると思います

 

 

 

スムーズな動画録画を重視される場合

には『フレームレート60』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

寄りスムーズな動画録画に欠かす事が出来な

 

いのがフレームレートにです[単位:FPS

 

そしてフレームレートは1秒間に何枚の画像

 

をディスプレイ表示可能かを表したものです。

 

仮にですが30FPSなら30枚で60FPSなら60枚

 

と枚数が多ければ多いほど高性能になります。

 

またキャプチャーボードでスムーズな録画を

 

されるなら60FPS対応の製品を選んで下さい。

 

更に高解像度に合わせて60FPSにされておけ

 

ば綺麗な画面を録画する事が可能になります。

 

その他にも内蔵タイプも外付けタイプ60FPS

 

に対応しているモデルが多くなってきている

 

のでスムーズな録画をされるなら外せません。

 

作業中の遅延の差にも重視される場合に

はエンコードタイプに関しても比較をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

キャプチャーボードでゲームプレイをパソコ

 

ンでしながらゲーム実況をされる方には遅延

 

の少ないソフトウェアエンコードに注目です。

 

そしてエンコードと言うのは表示されている

 

動画をパソコンで処理をする作業の事でソフ

 

トウェアとハードウェアの2種類があります。

 

ソフトウェアの方はパソコンに負荷がかかり

 

ますが遅延を抑えられるのが特徴になります。

 

ただ注意点としてゲーミングパソコン並みの

 

スペックが求められるのでパソコンのスペッ

 

クが低い場合はハードウェアエンコードタイ

 

プのモデルシリーズを選ばれた方が無難です。

 

ハードウェアエンコードタイプなら遅延は無

 

くゲームプレイをされたい方はお伝えをさせ

 

て頂いたパススルー対応製品を選択されれば

 

ゲームプレイと録画同時にする事も可能ですよ

 

ゲーム実況には欠かせないアイテム

『コンデンサーマイク』にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

頻繁にゲーム実況をされる機会が多い場合

 

にはコンデンサーマイクもも欠かせません。

 

またノイズが入りにくいタイプや簡単にミュ

 

ート設定できるものなら使い勝手も抜群です。

 

更にライブ配信等を寄り本格的に楽しめますよ

 

 

 

売れ筋のキャプチャーボードに注目する

 

御参考までにはなりますがキャプチャーボー

ドを選ばれる上でAmazonサイトや楽天サイ

トの等の売れ筋商品ランキングにも注目です。

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はキャプチャーボードの選び方

 

についてお伝えをさせて頂きました。

 

またキャプチャーボードには内蔵タイプと外

 

付けタイプのそれぞれのモデルがありますが

 

どれも人気のある良い製品ばかりになるので

 

今回の記事を御参考にされて御自身にピッタ

 

リと合う製品を見つけて頂きたいと思います。