おすすめの枕カバー【有名ブランドの枕カバーも見逃せないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの枕カバー【有名ブランドの枕カバーも見逃せないアイテム】

 

今回は快適な眠りをサポートしてくれる

 

『枕カバー』にスポットをあてて

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

一口に『枕カバー』と言っても色々な

 

スポンサーリンク

 

メーカーから発売されていますがやはり

 

枕を包むカバーも良質な眠りを手に入れる

 

のには欠かせないアイテムにはなりますが

 

顔や髪に直接触れる製品になるので品質や

 

素材も厳しいチェックをして選びたい所では

 

ありますが製造メーカーに寄ってデザインや

 

触り心地は製品に寄って異なってくるので

 

いざ製品を選ぼうと思っても

 

どの製品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も 

 

多いのではないでしょうか? 

 

今回は枕カバーの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. 『枕カバー』は快適な睡眠をされる為には欠かせないアイテム
  3. 製品の刺激を気にして選ばれるなら『綿・リネン』素材がおすすめ
  4. 髪に優しい低摩擦を重視して選ばれるなら『シルク』素材がおすすめ
  5. 製品の[接触冷感][抗菌防臭]等の機能面の性能を重視されるなら『ポリ・レーヨン』素材がおすすめ
  6. 一般的な枕サイズに合わせたカバーを選ぶ
  7. 枕カバーの装着方法の『ファスナー式』『封筒式』『フィット式』のいずれかで利用用途にピッタリの製品シリーズを選ぶ
  8. おすすめの枕カバー
  9. 枕カバーの交換は週1回ペースがおすすめ
  10. 最後に

 

 

■『枕カバー』は快適な睡眠を

される為には欠かせないアイテム

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

快適で良質な睡眠を取られる為に

 

枕にこだわりを持たれる方も多いと

 

思うのですがせっかく良質な枕を

 

お持ちなので有れば高品質な枕カバー

 

にも注目をして頂きたいと思います。

 

また汗を大量にかいてしまう方であれば

 

吸水性に特化した製品がおすすめです。

 

その他・枕についた臭いが気になる方で

 

有れば防臭性や防ダニ性に特化した製品等 

 

が発売されていて最近の枕カバーの機能性に

 

は自由に選べるレパートリーになっているの

 

で御自身に合った『枕カバー』を選ばれれば

 

睡眠の質と同時にお手入れもしやすくなるの

 

で寄り快適な睡眠を手に入れて頂きたいです。

 

 

 

枕カバーの選び方

 

今回は枕カバーを選ばれる上での

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

また枕カバーの選び方に関しては

素材→サイズ→タイプの3つに分けて

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに必要な事は御自身に合った

素材選びが重要で機能性や触り心地にも

注目をしてそれぞれの素材の特徴等を

把握しながらお好みの枕カバーの

製品を見つけて頂きたいと思います。

 

 

 

■製品の刺激を気にして選ばれる

なら『綿・リネン』素材がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

寝ている際に汗の量を人寄りも多くかいて

 

しまう方には吸水性が非常に高い綿やリネン

 

素材の『枕カバー』がおすすめになります。

 

特にパイルやガーゼのタイプのシリーズは

 

汗を吸収しやすく肌触りも非常に良いので

 

ネットや口コミ評価の中でも人気があります。

 

またサラサラした寝心地がお好みで有れば

 

ガーゼ素材がおすすめでふわふわした寝心地

 

がお好みで有ればパイル生地がおすすめです。

 

その他に天然繊維はお肌への刺激が非常に少

 

ないので肌の弱い方やお子さんにも安心です。

 

綿やリネン素材のデメリットとしては洗濯を

 

された際に縮みやすい特性を持っているので

 

事前にお手入れ情報等も確認してみて下さい

 

■髪に優しい低摩擦を重視して

選ばれるなら『シルク』素材がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

枕はカバーのラインナップの中でも繊維の

 

柔らかいシルク素材は摩擦が少なくて

 

お肌や髪に優しいのが特徴になります。

 

またシルク素材の枕カバーを利用して

 

[髪の毛がさらさらになった]と言う

 

ネット上の口コミ等も多数上がっていますが

 

『シルク素材』はその他の繊維と比較すると

 

お手入れが非常に難しかったり虫食い被害の

 

リスクは避けられないので扱いの難しさは

 

デメリットになるので注意をしてください。

 

■製品の[接触冷感][抗菌防臭]

等の機能面の性能を重視されるなら

『ポリ・レーヨン』素材がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

枕カバーの中でもポリエステルやレーヨンで

 

出来ている製品はひんやりする接触冷感や

 

抗菌の他に防臭等の機能性を持った製品が

 

数多く製品として発売されているので

 

機能性を優先的にして選ばれる場合はこちら

 

の素材に注目をして確認をしてみて下さい。

 

またデメリットとしては吸湿性に関しては

 

あまり良くないので睡眠中の蒸れが気になる

 

方等にはあまりおすすめ出来ない素材です。 

 

■一般的な枕サイズに合わせたカバーを選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

枕カバーを選ばれる上で素材やデザイン性も

 

もちろん重要ですがまず始めに確認をするの

 

は枕サイズが合っているかどうかになります。

 

また枕に対してカバーな大きすぎるとズレに

 

寄っては睡眠の質が低下に繋がってしまいま

 

すが反対に枕サイズに対して小さいカバーの

 

場合は製品の枕が入らないと言うような事に

 

なってしまう場合もあるので注意が必要です。

 

最も一般的な枕のサイズとして最も標準的な

 

サイズは[縦43㎝×横63㎝]になります。

 

誤差2~3センチ程度なら問題ないと思います。

 

その他・低反発枕を含む特殊な形の枕製品や

 

サイズが大きいタイプの枕に関しては専用の

 

枕カバーを利用される事をおすすめします。

 

御利用中の枕カバーをどうしても変更をされ

 

たい場合は伸縮性の高い良く伸びる素材で出

 

来ている形状なのでどんな形にも合わす事が

 

出来る枕カバーのシリーズがおすすめです。

 

■枕カバーの装着方法の『ファスナー式』

『封筒式』『フィット式』のいずれかで

利用用途にピッタリの製品シリーズを選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

枕カバーを選ばれる基準として最後に

 

装着方式にも注目をして頂きたいです。

 

一般的な装置方法は3パターンに分かれます。

 

[ファスナー式]

 

[封筒式]

 

[フィット式]の枕カバーになります。

 

製品を選ばれる際は枕のサイズと比較された

 

り装着方式のレベルで選ばれたり御自身の

 

お好みに合わせて選んで頂ければと思います。

 

『ファスナー式』の特徴は枕カバーの

サイドにファスナーが付いていている

部分を開閉をして枕の出し入れします。

ファスナー式の枕カバーは種類も非常に

多いタイプになるので装着も簡単です。

 

『封筒式枕』カバーの特徴はカバーの縦の

部分に穴が開いていめその部分から枕自体の

出し入れが出来るようになっていて枕の横幅

寄りも数十㎝程の余裕を持つサイズで作られ

ているので余った布ら折り込んで使用します。

 

『フィット式』の枕カバーの特徴はパイルや

ニット等の伸縮性を持つ素材で作られたて

いるのでフィット式は付け替え作業が非常に

簡単なので特殊な形の枕にも利用が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

おすすめの枕カバー

 

ここからはおすすめの枕カバーの商品を各

項目事にお伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

◆ネヤス

[枕カバー]

 

 

エコテックス認証取得の商品に注目

抗菌・防臭・防ダニ加工等にも対応

 

こちらは高級綿を100%にして落ち着いたカ

ラーラインナップを揃えている枕カバーです。

 

また約300本の高密度織りを採用したブロー

ド生地の高級綿はシルクのような肌触りにな

っていますので綿生地の品質だけでなくヨー

ロッパの安全基準の一つでもある有害な物質

を使用しない「エコテックス」の認証を受け

ているのも非常に大きなポイントになります。

 

その他SEK抗菌防臭加工と防ダニ加工で蒸れ

が気になる夏の間の使用にもピッタリですよ。

 

 

 

◆ツキノユメ

[枕カバー]

 

 

高密度生地で型崩れもしにくいタイプで

サイズ展開のラインナップも非常に豊富

 

こちらの商品は9種類の豊富なカラーバリエ

ーションから選べる枕カバーになっています

のでどのタイプも無地でシンプルになってい

すのでお部屋に馴染みやすいのが魅力です。

 

そしてこちらの35×50cmのサイズ感の他に

160x50cmまでの8種類のサイズ感に対応を

幅広い品揃えのラインナップになります。

 

また打ち込み本数300本と高密度の綿100%

地はクオリティーの高い60番手の超極細糸

使用したものですのでサテン織りで光沢も

って高級感のある見栄え等も楽しめますよ。

 

 

 

Acturd

[枕カバー 2枚セット]

 

 

触り心地が良くて通気性もキープ

寝具にも良く馴染む色合いも魅力

 

こちら吸湿性や発散性にも優れた綿100%

カバーですのでファスナー等の金具を一切

使用しないで取り外しが簡単なのが魅力です。

 

また打ち込み本数約300本と高密度の綿生地

を採用し触り心地と通気性の良さが特徴です。

 

そして寝具に馴染みやすいブラウンやネイビ

ーの他にもピンクやグレー更にはホワイトの

5色展開でサイズに関してもこちらのSサイズ

以外にもMサイズ[43×63cm]その他Lサイ

ズの[50×70cm]があって使いやすいですよ

 

 

 

◆ナイスデイ

[モフア 枕カバー]

 

 

超極細繊維のファイバーにも注目をする

 

こちらの商品は超極細繊維の集まりで出来て

いるハイブリッド生地プレミアムマイクロフ

ァイバーを採用している枕カバーになります。

 

また体の水分に反応して発熱をしますので薄

くて軽いのに暖かいと更には洗っても毛抜け

しづらくお手入れも非常に簡単で冬季の利用

であったり又は寒がりの方におすすめですよ。

 

その他には吸湿発熱素材を採用しているだけ

でなく細い繊維を高密度で編み上げたなめら

かな肌触りと低ホルムアルデヒド加工にも注

目で御家族全員で使いやすいアイテムですよ

 

 

 

AYO

[枕カバー]

 

 

吸水性や発散性の他にも通気性が

良くソフトな肌触りの商品に注目

 

こちらはお肌に優しく滑らかなてソフトな触

り心地が魅力的なAYOの綿100%枕カバーに

りますので吸水性や発散性の他にも通気性

優れていて更には抗菌防臭加工や防ダニ加

等も施されていますので気軽に丸洗いも出

て洗濯後に乾きやすいのも特徴になります。

 

そして今・現在利用されているシーツや布団

カバーにも合わせやすい17色展開のカラーバ

リエーションも注目のポイントで温かみのあ

る優しいカラーラインナップが揃っています。

 

その他には使い心地を重視されたい方や頻繁

に枕カバーを洗濯されたい方におすすめです。

 

 

 

■枕カバーの交換は週1回ペースがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

枕カバーは毎日利用されるのものなので

 

洗濯をされる頻度や交換頻度はどの位の

 

ペースが良いのかが気になると思います。

 

また利用される方の体質や性別の他に季節に

 

寄っても差はあったりしますが交換目安とし

 

ては週に1度程度の交換がおすすめになります

 

また就寝中の沢山の汗をかいたりすると

 

どうしても枕カバー自体に頭皮や顔の皮脂が

 

直接付着した汚れがどうしても気になります。

 

そのまま放置をしたりすると更に悪化して

 

嫌な臭いがしたりニキビや頭皮のかゆみの

 

原因にもなるかも知れないので最低でも

 

週に1回ペースで手入れが必要になるので

 

枕カバーを購入される際には洗濯方法等を

 

事前に確認して置く事と交換用の枕カバーを

 

何枚かストックしておくのも重要になります。

 

■最後に

 

今回は枕カバーの選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

一口に『枕カバー』と言っても色々な

 

メーカーから製品が発売されているので

 

どのタイプの枕カバーを選ぶかに寄って

 

どうしても迷いがちになってしまいますが

 

良質な素材で尚且つデザイン性の高い

 

製品のモデルが数多く出回っているので

 

今回の記事を御参考にお気に入りの

 

製品を見つけて頂きたいと思います。

 

スポンサーリンク