おすすめのマレット【打楽器に欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのマレット【打楽器に欠かせないアイテム】

 

今回は打楽器を演奏する際に欠かせない

 

アイテム『マレット』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

『マレット』は打楽器を演奏される上で

 

スポンサーリンク

 

綺麗な音色を出したりまた演奏中に表現した

 

い音色を素早く出したりする際に使い分けた

 

りするのに欠かせないアイテムですが一口に

 

打楽器と言ってもマリンバやグロッケンの

 

他にもティンパニ等の色々な楽器があって

 

その中でもヘッドの素材や硬度の違い等で

 

色々な種類の製品が数多く豊富にあるので

 

いざ製品を選ぼうと思っても演奏される

 

楽器や曲に合う製品はどれが良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はマレットの選び方について

 

お伝えをしていきまたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. 『マレット』は楽器に合わせて選ぶ
  3. はっきりとした音色を重視されるなら『ハードタイプ』を選ばれるのがおすすめ
  4. 柔らかい音色を重視されるなら『ソフトタイプ』を選ばれるのがおすすめ
  5. 鍵盤打楽器用で選ばれるならマレットの球の素材にも注目する
  6. マレットを初めて利用されるならラタンや竹で出来た柄のものがおすすめ
  7. 最後に

 

 

 

マレットの選び方

 

今回はマレットを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

 

『マレット』は楽器に合わせて選ぶ

 

https://www.amazon.co.jp/

 

マレットはそれぞれの鍵盤打楽器や

 

ティンパニの他にバスドラム等の専用品

 

等が販売されているので一つ一つの楽器

 

に合わせて楽器を選ぶようにして下さい。

 

また一曲の中で複数の打楽器を兼任される

 

と言ってもマレットを複数の楽器で利用を

 

されると言うのは基本的には不可になります。

 

また楽器に合わせてマレットを

使用しないと楽器自体を痛めてしまう

場合があるので注意が必要です。

 

更には鍵盤打楽器製品は木製のマリンバや

 

シロフォンの他にも金属製のビブラフォンや

 

グロッケンシュピールと細かく分かれている

 

ので理想は専用タイプがおすすめになります。

 

マレットのシリーズの中には鍵盤打楽器全般

 

に利用可能なタイプもありますが楽器事の持

 

ち替えや費用面的に難しい場合にはそれぞれ

 

の用途を確認をして検討をしてみて下さいね

 

 

 

表現されたい音色はヘッドの

硬度選びが重要なポイントになる

 

マレットのタイプにはソフトタイプや

ミディアムタイプの他にハードタイプ

等の色々な硬度の球が付いていますので

製品を選ばれる際には表記されている

硬度の表記にも注目して選ん下さい。

 

はっきりとした音色を重視されるなら

『ハードタイプ』を選ばれるのがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

演奏を奏でる際はっきりとした音色を

 

奏でたい場合にはヘッドが硬めの

 

タイプを選ばれる事をおすすめします。

 

またソフトミディアムハードの順に

 

硬度が左から順に硬くはなりますが

 

はっきりと⾳の粒のような音色を感じて

 

貰いたい場合にはミディアムハードや

 

ハードタイプのマレットがおすすめです。

 

更に[ミディアムハード]と言うのは

 

ミディアムとハードの中間の硬さを指します。

 

マレットは硬いタイプの方が寄り高い音を

 

響かせる効果があるので鍵盤打楽器の場合は

 

楽曲の音程に合わせて選ぶのもおすすめです。

 

その他にマーチング等の屋外で演奏される場

 

合やロールをされる際にも音の粒がはっきり

 

と聞こえるのは硬めのタイプが向いています。

 

柔らかい音色を重視されるなら

『ソフトタイプ』を選ばれるのがおすすめ

 

https://www.amazon.co.jp/

 

柔らかくて優しい音色を重視される場合には

 

球の硬度がソフトタイプ若しくはミディアム

 

ソフトと表記のあるマレットがおすすめです。

 

[ミディアムソフト]はソフトタイプ寄りは

 

硬いですがミディアム寄りも柔らかい物です。

 

音色に厚みがあって暖かくて深い音色を奏で

てくれるのがソフト・ミディアムの特徴です。

 

また柔らかい球になると仮ですが鍵盤打楽器

等で低音を響かせたい場合等に向いています。

 

その他にもバスドラムやティンパニ以外の楽

 

器の中でも余り目立ちさせたくない場合には

 

このやわらかいタイプがおすすめになります。

 

鍵盤打楽器用で選ばれるなら

マレットの球の素材にも注目する

 

https://www.amazon.co.jp/

 

鍵盤打楽器用でマレットを選ばれる際

 

には球素材の特徴にも注目が必要です。

 

美しい音色を目立たせたい場合には

 

ゴム製や木製タイプがおすすめです。

 

ただ注意点としまして木製品の鍵盤に木製の

マレットを利用される場合には鍵盤が割れる

場合もあるので木製品の楽器にはゴム製品の

マレットを選ばれる事を強くおすすめします。

 

金属製タイプのビブラフォンや

 

グロッケンシュピール等の音色を

 

目立たせたい場合には金属製の

 

マレットを選ばれる事で金属独特の

 

キンキンとした音色が良く目立ちます。

 

その他にも木琴や鉄琴等の鍵盤打楽器

 

の柔らかくて優しい音色を奏でたい場合

 

には毛糸巻きタイプがおすすめになります。

 

また毛糸巻きタイプはゴム球の周囲に

毛糸が巻かれている事で音色も

柔らかくて優しいのが特徴になります。

 

更に毛糸巻きタイプ寄りも硬めの音色

 

になるのが綿糸巻きタイプになります。

 

マレットを初めて利用されるなら

ラタンや竹で出来た柄のものがおすすめ

 

https://www.amazon.co.jp/

 

初めてマレットの購入を検討される際に柄シ

 

リーズ等の色々なタイプの製品がありますが

 

おすすめはラタン製や竹製のものになります。

 

ラタン製や竹製品は打ち込んだ際の跳ね返り

 

が良くて比較的手が疲れにくいのが特徴です。

 

また竹製品は中が空洞になっているので製品

 

自体も非常に軽量なので取り回しがラクです。

 

更にマレットに慣れない間はどうしても練習

 

で手が痛くなる事が多いので製品自体の扱い

 

に慣れるまでは使いやすい物を選んで下さい

 

その他に製品自体がしなりにくい木製タイプ

 

や強度の高さを重視した樹脂製等があります。

 

どうしても製品をお好みで選びたくなるとは

 

思いますが出来ればマレット自体の扱いに慣

 

れてくる中級者から上級者になられてからお

 

気に入りの製品を探されては如何でしょうか

 

リズム等のテンポを調整されるのに欠か

せないメトロノームアプリにも注目をする

 

 

https://apps.apple.com/

 

https://play.google.com/

 

演奏のテンポを調整される際にパーカ奏者の

 

方には欠かせないテンポチェックが重要です。

 

またバスドラムやスネアドラムを担当される

 

方にとってはテンポが命とも言っても過言で

 

はないので練習の際もテンポチェックにも非

 

常に役立つメトロノームアプリにも注目です。

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はマレットの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

マレットが有れば打楽器に合わせた

 

製品を選ばれるのはもちろんですが

 

奏でたい音色に合わせて球の硬さや

 

取り回しのしやすい柄の製品を選ばれる

 

際も確認される項目が沢山あるので

 

見極め等も非常に大事になってきます。

 

また初めのうちは標準的な製品を選ばれて

 

慣れてきた頃に御自身のこだわりを入れて

 

色々なマレットを試されるのがおすすめです。