おすすめのマザーボード【自作のパソコン製作には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのマザーボード【自作のパソコン製作には欠かせないアイテム】

 

今回は自作のパソコンを作られる際に必ず

 

必要になってくるアイテム『マザーボード』

 

にスポットをあててお伝えをしていきいます。

 

また『マザーボード』にはCPUやメモリーの

 

スポンサーリンク

 

他にもグラフィックボード等の色々パーツを

 

取り付ける為の重要なパーツになっています。

 

ですがいざ製品を選ぼうと思ってもどのモデ

 

ルのマザーボードを選ばれるかに寄って利用

 

可能なパーツも異なる上にチップセットやイ

 

ンターフェイスの確認項目も数多くあるので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はマザーボードの選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. ミニタワーやキューブタイプを重視されて選ばれる場合には『microATX』がおすすめ
  3. ミドルタワーやフルタワータイプを重視されて選ばれる場合には『ATX』がおすすめ
  4. インテルCore iシリーズを重視されて選ばれる場合には『LGA1151』がおすすめ
  5. AMD製のRyzenシリーズを重視されて選ばれる場合には『SocketAM4』に注目をする
  6. 高負荷作業をメインにされないならミドルスペック製品に注目をして選ぶ
  7. オーバークロックも視野に入れられている場合は性能重視のマザーボードに注目をする
  8. HDDやドライブに利用されるならSATAにも余裕があるマザーボードに注目をする
  9. グラフィックボードの利用も視野に入れられる場合には『PCI-Express 16』に注目をする
  10. 選ばれるならUSBポートは最低でも4つ以上で3.0以上がおすすめ
  11. モニター接続で有れば出力端子に注目する
  12. 最後に

 

 

マザーボードの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はマザーボードを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事はパソコンケースの

大きさに合わせて製品を選ばれる事です。

そして製作されるパソコンの大きさから

選ばれるようにして決めていって下さいね

ここでの内容は今現在販売されている製品の

中でも人気の高い基盤[サイズ]規格である

microATX]と[ATX]をお伝えをします。

 

 

 

ミニタワーやキューブタイプを重視されて

選ばれる場合には『microATX』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

出来ればコンパクトなパソコンを組みたいと

 

思われている場合には『microATX』のライ

 

ンナップの中から製品を絞って見て下さいね。

 

microATXのサイズは244×244mmとミニタ

 

ワーやスリムなパソコンケース等に最適です。

 

また[ATX]と比較された際は拡張性に限界

 

を感じられますがノーマルのパソコンで良い

 

と思われる方やまた置き場所がなくてスペー

 

スがきちんと確保出来ないので設置できるパ

 

ソコンを作りたい方には非常におすすめです。

 

更にケースを選ばれればグラフィックボード

 

等のパーツも搭載出来ない訳ではありません。

 

ただ注意点として『microATX』でハイエン

 

ド向けのゲーミングパソコンを作りたい場合 

 

はどうしても限界があるため注意が必要です。

 

そして小さいパソコン等にこだわりがないよ

 

うで有れば迷わず[ATX]を選んで下さいね。

 

ミドルタワーやフルタワータイプを重視

されて選ばれる場合には『ATX』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

自作で作れるパソコンをミドルタワー以上の

 

スで拡張性能が維持されたパソコン構成

 

にされたい場合は『ATX』がをおすすめです。

 

そしてATX305×244mmの設計で色々な

 

拡張端子を搭載しているのが長所になります。

 

また家電量販店やネットショップで販売され

 

ている高性能パソコンに利用されている基盤

 

と同じで更に選べる製品も豊富なので設置ス

 

ペースをキープ出来る方やゲーミングパソコ

 

ンを作りたい方には『ATX』がおすすめです。

 

 

 

利用されるCPUCPUソケット

を視野に入れて製品に注目をする

 

候補として選ばれたPCケースのサイズが決ま 

りましたら利用されるパソコンのCPUに合わ

せて更に製品を絞っていく必要性があります

またCPUは[インテル系]又は[AMD系]の

どちらかになるので対応ソケットが合わない

CPUがはまらない点だけは注意が必要です。

 

 

 

インテルのCore iシリーズを重視されて

選ばれる場合には『LGA1151』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

インテル製のタイプのCPUを搭載される場合

 

は現在販売されているCore iシリーズを購入

 

される方が多いと思いますのでCore iシリー

 

ズの型番にも寄りますが今現在主流となって

 

いる79世代CPUので取り付けをされるなら

 

LGA1151』を選ばれる事をおすすめします。

 

ただ注意点として今現在販売されているCPU

 

前の第2世代や第3世代の製品に取り付けを

 

れる場合にも『LGA1155』を搭載している

 

マザーボードを選ぶように注意をして下さい。

 

■AMD製のRyzenシリーズを重視されて選ば

れる場合には『Socket AM4』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

AMDの製品の中で今現在人気の高いRyzen

 

リーズで有れば『SocketAM4』に注目です

 

またRyzen Threadripperシリーズを利用され

 

たい場合には『TR4』がおすすめになります。

 

更にシリーズ事に規格が統一されているので

 

利用されたいCPUのシリーズに合わせてソケ

 

ットの種類を基準に選ぶのが一番良いですよ。

 

但し同じシリーズであってもソケットが合わ

 

ない可能性も考えられるのでAMDCPU

 

マザーボードを購入される場合には対応出来

 

るソケットの種類にも注目をされて公式サイ

 

ト等で必ず確認をしておくようにして下さい。

 

 

 

用途に合ったチップセットにも注目する

 

どのマザーボードにされるのかを選ばれる上

で性能面を重視されるなら『チップセット』

を確認される事が非常に重要になってきます 

そしてチップセットと言うのはCPUやメモリ

等で処理をされたデータの受け渡しを行うパ

ーツでパソコンの性能に大きく関わってくる

ので用途に合った適切なものを選んで下さい。

 

 

 

高負荷作業をメインにされないなら

ミドルスペック製品に注目をして選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

インテル製のシリーズから選ぼうとされてい

 

る方には『H370』でAMD製のシリーズなら

 

B450』前後の製品がおすすめになります。

 

そして特に負荷のかかる作業をパソコンでさ

 

れない方若しくは作業をされるとしても軽い

 

ゲーム位しかならないと言う方には標準スペ 

 

ックとして販売されているこちらのチップセ

 

ットを搭載したマザーボードがおすすめです。

 

またミドルクラス用に開発されたチップセッ

 

トなので何か急激に性能が悪いと言うような

 

事なく利用されるインターフェイスの数も豊

 

富ですがただオーバークロックは出来ません。

 

スポンサーリンク

 

オーバークロックも視野に入れられている

場合は性能重視のマザーボードに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にインテル製品でオーバークロックを行う

 

場合には『Z390Z370』が必要になります。

 

またAMD製の製品でもオーバークロック可能

 

なのでマルチGPU対応の『X470X370』等

 

の性能を重視して製品を選ばれると良いです。

 

その他にもインテル製の第9世代CPUを利用

 

されるので有れば『Z390』がおすすめです。

 

AMD製シリーズのハイエンドスペックを重視

 

される場合は『X570』がおすすめになります。

 

更に高性能モデルを作る為に設計がされてい

 

ますのでグラフィックボードを2枚挿しする

 

SLI]や[CrossFire]にも対応しています。

 

 

 

インターフェイス数にも注目をする

 

マザーボードのサイズやチップセットを決ま

れば後は御自身で利用されたいパーツがきち

んと取り付けられるかを基準に選んで下さい。

 

 

 

■HDDやドライブに利用されるならSATA

にも余裕があるマザーボードに注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にSATAに接続される機器等の数が多い場

 

合はゆとりのあるSATAポート数に注目です。

 

またHDDDVDドライブの為に利用されるポ

 

ートになるのでSSDHDDの数が多い程接続

 

口がすぐに埋まってしまう事も考えられます。

 

更にSATAポートが繋がらずに故障する場合も

 

あるので最低でも2つ位は余るような構成に

 

されて入ればトラブルの際にも対応出来ます。

 

グラフィックボードの利用も視野に入れら

る場合には『PCI-Express 16』に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

グラフィックボードも検討をされている場合

 

は「PCI-Express 16」の有無や数に注目を

 

されて搭載されるボードが1枚なのか又は2

 

なのかに寄っても選ばれる製品が異なります。

 

そしてグラフィックボードを2枚挿しされる

 

ような場合はには[PCI-Express 16]が3

 

搭載されている製品モデルを選ぶと安心です。

 

 

入出力ポートにも注目をする

 

IOポートには色々な機器を接続して利用さ

れる事が出来て尚且つ利用されたい端子が搭

載されているのかしっかり確認して下さいね。

 

 

 

選ばれるならUSBポートは最低

でも4つ以上で3.0以上がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にマウスやキーボードをUSBで接続をされ

 

なければいけない機器が数多くある場合には

 

最低でも4つ以上のUSB端子を搭載している

 

マザーボードを選ばれる事をおすすめします。

 

またマウスとキーボードを接続されて更にSD

 

スロットや外付けストレージも接続されると

 

なるすぐに4つの端子口が埋まってしまいます。

 

そして[USB2.0]ではなく[USB3.0]に対

 

応していれば外付けHDDを接続された場合で

 

も転送速度が速くてやはり高い方が便利です。

 

更に可能で有ればUSB3.0以上が今後は主流

 

になるであろう[TypeC]にも対応している

 

マザーボードを選ばれるのもおすすめですよ。

 

モニター接続で有れば出力端子に注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

グラフィックボードも搭載されたい場合には 

 

御自身が利用されているモニターに接続が可

 

能な端子を搭載したマザーボードが必須です。

 

また接続機器の方が4Kモニターの場合で有れ

 

ば最低でもHDMIDisplayPortが必要です。

 

更に製品の中にはHDMIDisplayPortのみの

 

マザーボードも増えてきているのでDVI端子

 

でモニターに接続される方は注意をして下さい

 

グラフィックボードにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばゲーミングパソコンを組まれる際はグ

 

ラフィックボードも一緒に購入をして下さい。

 

また3Dゲームの処理能力が高いNVIDIA製を

 

始めとするハイスペックな製品が次々に登場

 

しているので必ず注目をすべきアイテムです。

 

 

 

売れ筋のマザーボードにも注目をする

 

御参考までにはなりますがマザーボードを選

ばれる上でAmazonサイトや楽天サイトの他

にもYahoo!ショッピングサイト等から売れ筋

商品ランキングにも注目をして頂きたいです。

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はマザーボードの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

マザーボード選びは自作でパソコンを

 

作られる中でも一番重要なパーツです。

 

また御自身がどんなパーツ構成でパソコンを

 

作られたいのかパソコンを利用されてどんな

 

事を目的とされるのかを明確に見えてくれば

 

ばパーツ選びも楽しくてスムーズになります。

 

更に今回お伝えをさせて頂いたmicroATX

 

ATXの製品も人気のある良い製品ばかりです。

 

今回の記事を参考にされて御自身に合うピッ 

 

タリのマザーボードを見つけて頂きたいです。