おすすめの無水鍋【1つのお鍋で8通りの調理が楽しめるアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの無水鍋【1つのお鍋で8通りの調理が楽しめるアイテム】

今回は鍋蓋がしっかり閉まっていて

調理の際にお水がなくても料理が

作れる『無水鍋』にスポットをあてて

お伝えをしていきたいと思います。

一口に『無水鍋』と言っても様々な

製品がありますが一番ポイントは

ヘルシーでコクと旨みのある料理を

作れると言う事ですが鍋の素材や

サイズや形状等も色々なメーカーから

販売されていてその代表的な

メーカーのストウブやバーミキュラの

他にもアイリスオーヤマ等の

数多くのメーカーが作っているので

いざ製品を選ぼうと思っても

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回は無水鍋の選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 無水鍋の特徴と良さは?
  3. 日常的に利用される場合は『アルミやステンレス製』がおすすめ
  4. キャンプやアウトドア全般に利用出来る用途が幅広い『鋳物』製がおすすめ
  5. インテリア性を重視される場合は『ホーロー・セラミック製』がおすすめ
  6. 作る人数に合わせて製品のサイズを選ぶ 
  7. テーブルサーブで選ばれるのであれば見栄えも良い薄型のタイプがおすすめ
  8. 蓋の気密性にも注目して製品を選ぶ
  9. 調理器具としても利用出来る製品を選ぶ
  10. 調理後の汚れ落ちにも注目をする
  11. 調理時間を有効的に使いたい方には電気式の無水鍋』がおすすめ
  12. 有名ブランドの製品の特徴も把握する
  13. 最後に

■無水鍋の特徴と良さは?

https://www.amazon.co.jp/

無水鍋と言うのは特殊な構造で蓋と鍋の

間に『ウォーター皮膜』を作って素材

から出る水蒸気で調理をするお鍋です。

蒸す→煮る→茹でる→炊く→炒める→

焼く→揚げる→オーブン代役だったりと色々

な調理に活用できるので非常に便利です。

また無水鍋の一番の魅力は栄養価が

高くておいしい料理が作れる事です。

調理の際には水を足さないので栄養の

損失が少なく素材の美味しさをそのまま

凝縮する事で無駄な調味料や油分が

不要になるので成長盛りのお子さんや

ダイエットや健康に気をつけられて

いる方にも非常におすすめになります。

無水鍋を利用される事で調理時間も短縮

出来て尚且つガスや電気代の節約も

出来る優れものアイテムになるので

無水鍋を利用されて美味しい料理

作りを楽しんでみては如何でしょうか?

無水鍋の選び方

今回は無水鍋を選ばれる上での

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず初めに利用される鍋の素材と

ガスとIHとの相性の確認が必要です。

また無水鍋を利用される状況等を

想定して色々な素材が使用されて

いるのでガスやIHへ等の使い方を

考えて素材等を選ぶようにして下さい。

■日常的に利用される場合は

『アルミやステンレス製』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

無水鍋のラインナップの中でもアルミや

ステンレス製は一般的なお鍋の大半が

こちらのシリーズで尚且つ購入価格の方も

比較的お手頃価格の製品が多くて耐久性に

も非常に優れているので日々利用出来ます。

特にアルミ製品は非常に軽いので厚手で重く

なりがちな無水鍋でも手軽で使いやすいです。

お手入れに関してもコーティング無しでも

錆びにも強いのでお手入れも簡単に出来ます。

基本的には料理全般に利用出来たりしますが

油のなじみが悪かったりする場合も製品に

寄ってはあるので出来るだけ表面加工を

施してある製品を選選ばれるか若しくは

調理前から十分加熱してから具材を

入れて焦げ付き等を防ぐようにして下さい。

■キャンプやアウトドア全般に利用

出来る用途が幅広い『鋳物』製がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

製品モデルの中でも鉄やアルミ合金を

鋳造した鍋は非常に分厚くて

耐熱温度が高いのが特徴になります。

また色々な料理を無水鍋で実際に作って

みたい方には非常におすすめになります。

更に鋳物はゆっくりと熱が伝わる事で

焦げ付きが少なくして更に重い蓋で

気密性を高めて鍋の中の素材の栄養も

旨味もしっかりと凝縮する事が出来ます。

またアウトドア等に行かれた際には料理

品目に寄ってはダッチオーブンとして

利用されたりそのままオーブンに入れたり

する事が出来るので非常に幅広い使い方が

出来るので非常におすすめになります。

注意点としては錆びやすいので小まめに

お手入れをするように心がけて下さい。

■インテリア性を重視される場合は

『ホーロー・セラミック製』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ホーローやセラミック製品の特徴は発色が

良くて見た目が温かみが印象になるので

インテリア性も非常に良いのでおしゃれな

無水鍋を利用したい方におすすめになります。

また表面がツルツルとしていますが汚れ落ち

も非常に良く蓄熱性が高いので余熱調理で

節約も出来るのでとても優秀はアイテムです。

更にセラミック製品で有れば電子レンジ等で

温め直す事も出来るので時間がなくて調理

時間を短くする場合でも非常に重宝します。

■作る人数に合わせて製品のサイズを選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

無水鍋を選ばれる際に鍋のサイズが

大きすぎるとやはり邪魔になってしまって

逆に小さすぎると作られる量が足り無く

なったりまた料理品目等が少なくなって

しまう場合があるので御家族の人数や利用

される用途や作られる料理の種類に合わせて

製品のサイズや容量を選ぶようにして下さい

仮に2人暮らしの場合であれば鍋底径が

16~20㎝程度が扱いやすくて便利ですが

お子さんがいらしゃる御家庭等で鍋料理を

される場合は20~24㎝位がおすすめです。

更に大人数の5人以上の大家族で鍋料理や

煮込み料理等を大量に作られて小分け保存

等をされる場合は24㎝以上の製品の

サイズを選ばれる事をおすすめします。

スポンサーリンク

■テーブルサーブで選ばれるのであれば

見栄えも良い薄型のタイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

無水鍋の型のラインナップには

深型→浅型→両手鍋→片手鍋→丸型→

楕円型等の色々な形状があります。

また毎日の少しずつでも様々な形状の

鍋が有れば調理にも非常に便利なので

利用される用途に合わせて鍋の形を 

使い分けて選ばれる事をおすすめします。

更に一般的な深い丸型タイプのお鍋は

オールマイティーに利用が出来ますが

浅型のタイプは鍋物やテーブルでの

盛り付けがしやすいのが特徴になります。

更に楕円型のタイプはトウモロコシや

魚等の長さのある食材でも丸ごと調理が 

出来るだけでなく御家族でテーブルを 

囲んだ際にもまんべんなく料理に手が

届いて非常に使い勝手が良いアイテムです。

またテーブルを頻繁に出して製品を

利用される場合が多い場合はオシャレな

色合いやデザイン性にも注目をして

製品を選ばれるのも選択肢の一つです。

煮込み料理や鍋物料理等に利用される

場合には赤やオレンジ等の暖色系カラーを

選ばれる等の食器との相性も考えながら

選ばれる事で寄り見た目が引き立って料理

も寄り一層美味しく味わう事が出来ます。

■蓋の気密性にも注目して製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

無水鍋の蓋を選ばれる場合は蓋自体が

重くて密閉性が高いので水蒸気の膜を 

鍋口に作る『ウォーターシール効果』が

高い製品を選ばれる事をおすすめします。

更に蓋に細かい突起や溝があるタイプは

水蒸気の循環が生まれるので素材を均一

に加熱させるので直接には非常に有効です。

その他蓋をひっくり返して鍋やグリル皿の

他にもフライパン等としても利用出来るなら

料理の品数が増やせて洗い物も減らせるので

生活必需品としては大きく役立ってくれます。

無水鍋の使いやすさにも注目する

無⽔鍋は各メーカーから発売されている

製品に寄って機能も異なってきます。

また御自身にとって使いやすくて

役に⽴つアイテムなのかどうかも

確認しながら製品を選ぶようにして下さい。

■調理器具としても利用出来る製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

無水鍋の中でも対応する熱源だけでなく

調理器具としても利用出来るかどうかも

確認しておく事もポイントになります。

更に直火でフライパンやグリル皿の替わり

にも利用出来たりするとキャンプや

アウトドアでも利用される幅も広がります。

また耐熱温度や利用出来る調理器具も

色々シリーズがありますが電子レンジや

オーブンにも利用出来る製品になるので

調理後には焼き色を付けたりすると料理の

見た目が更に良くなり食欲をそそります。

■調理後の汚れ落ちにも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

調理をされた後の調理器具のお手入れの

しやすさも製品を選ぶ上で重要になります。

無水鍋は厚みがある分重いので焦げ付きの

リスクも高いので出来れば大きいサイズで

鍋の内側がツルツルとした表面加工を 

施した汚れ落ちの良いものを選ばれる事で

お手入れの時間も短縮出来ると思います。

また小さいサイズの鍋で有ればボタン1つで

綺麗になる食洗器対応の製品がおすすめです。

■調理時間を有効的に使いたい方

には『電気式の無水鍋』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

無水鍋は水を足さない分焦げやすいと

言うデメリットもあるので調理中に

ずっと鍋の前に付きっ切り状態には

出来ないと言う方は電気式の

無水鍋を利用される事をおすすめします。

無水鍋のシリーズの中でも電気式であれば

難しい火加減や混ぜ合わせると言った

手間も無くなり具材を入れてボタンを

押すだけで美味しい無水料理が完成します。

更にタイマー機能付きの製品であれば朝の

間に具材を入れておけば帰宅した頃には

美味しい煮込み料理が味わえるのが特徴です。

■有名ブランドの製品の特徴も把握する

https://www.amazon.co.jp/

購入時に無水鍋をどのブランドが良いか?

迷ってなかなか決められない方におすすめ

したいのがブランドの特徴から選ぶ事です。

例えばコスパと使い勝手の良さを重視して

製品を選ばれるならアイリスオーヤマです。

また製品の信頼度のメイドインジャパンで

選ばれるなら精密な加工でご飯がふっくら

と炊けると評判のブランドHALムスイや

再ホーローコーティング等の永久的にリペア

サービスを対応してバーミキュラが安心です。

更にストウブ等の外国ブランドの

無水鍋のモデルで有ればデザイン性も

非常に高いのでキッチンやテーブル等の良い

アクセントになる事間違いないと思います。

スポンサーリンク

■最後に

今回は無水鍋の選び方について

お伝えをさせて頂きました。

御家庭に無水鍋が1個あれば素材の味を

生かした美味しい料理が簡単に作れます。

また上手に無水鍋を選ばれれば1つの

フライパンで圧力鍋や炊飯器の他にも

フライヤー等にも対応出来るので

今回の記事を御参考にお気に入りの 

製品を見つけて頂きたいと思います。