おすすめの内蔵HDD【パソコンの換装や増設には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの内蔵HDD【パソコンの換装や増設には欠かせないアイテム】

 

今回はパソコンやゲーム機器のHDD交換や

 

又はパソコン本体ドライブ容量の増設には

 

欠かせない『内蔵HDD』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

『内蔵HDD』が有ればノートパソコンの場合

 

は外付けハードディスクケースを組み込んだ 

 

りしますががいざ製品を選ぼうと思っても有

 

名なWDSeagateを始めとする数多くの大

 

手メーカーが形状や容量に寄って色々な商品

 

ラインナップを展開をして販売しているので

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は内蔵HDDの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 重要なデータを保存なら内蔵HDD換装

  3. タワー型のデスクトップパソコンに重視されるなら3.5インチがおすすめ
  4. ノートパソコンや一体型パソコンの他にPS4に利用されるなら2.5インチがおすすめ
  5. 画質の高い写真や動画を保存される事を視野に選ばれる場合は24TBがおすすめ
  6.  PS4で選ばれるなら容量160GB以上に注目
  7. 利用用途に合った回転数に注目をする
  8. 内容や回転数に応じてのキャッシュに注目
  9. インターフェイスは『SATA3.0』に注目
  10. 有名メーカーの製品にも注目する
  11. 古いOSの場合は対応容量に注目をする
  12. 外付け用ケースも上手に活用する
  13. 最後に

 

 

重要なデータを保存なら内蔵HDD換装

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

お持ちのパソコンで動画や写真を保存をし続

 

けていくとすぐに容量がいっぱいになります。

 

またもう少し容量を増やしたい場合やあるい

 

は利用される中で時間の経過と共に劣化して

 

きたと感じたら内蔵HDDを増設をされたり

 

またHDD自体を交換されるのがおすすめです。

 

更に内蔵HDDを交換されたり増設をされたり

 

されればわざわざデータを整理する必要もな

 

く簡単に保存容量をキープする事が出来ます。

 

そして内蔵HDDは消耗品とも言われているの

 

HDDを入れ替えられると言う事はパソコン

 

本体内のデータ損失を避けるのにも有効です。

 

その他にも組み立て式のパソコンだけでなく

 

ノートパソコンでも同様に外付けハードディ

 

スクケースに内蔵HDDを組み込んで接続され

 

れば比較的安く増設する事が出来たりします。

 

HDDを交換される事でPCの容量不足で動作

 

が不安定になるのも防ぐ事も出来ますので早

 

速利用用途に合った内蔵HDDに換装されて御

 

自身の大切なデータを守るようにして下さい。

 

 

 

内蔵HDDの選び方

 

今回は内蔵HDDを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ずは利用機器に合ったサイズに注目です。

そして何インチの内蔵HDDが必要なのかに

注目をされてモデルを絞っていって下さい。

 

 

 

タワー型のデスクトップパソコンに

重視されるなら3.5インチがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですがデスクトップ用パソコンの内蔵

 

HDDを交換される場合や容量を増設したい場

 

合は3.5インチのHDDがおすすめになります。

 

またタワー型のデスクトップ用のケースには

 

3.5インチ増設用のベイが複数搭載されている

 

モデルが多いので簡単に容量を増設出来ます。

 

そして3.5インチの内蔵HDDは容量もキープ

 

やすく比較的お手頃な価格で購入が出来ます。

 

更にデスクトップ用にと購入を考えられてい

 

る方やパソコン自体にそれほとこだわりがな

 

い限りは3.5インチを選ぶようにして下さい。

 

ノートパソコンや一体型パソコンの他に

PS4に利用されるなら2.5インチがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にノートパソコンや一体型パソコン用に購

 

入される場合には2.5インチがおすすめです。

 

そして通常のノートパソコンでは厚9.5mm

 

薄型のノートパソコンの場合には7mmのみに

 

なっている可能性もあるので購入前に必ず内

 

蔵可能なHDDの厚さにも注目をして下さいね。

 

ただ注意点として最新のノートPCの大半は

 

HDD交換を想定した作りになっていません。

 

なのでカバーを開けるとメーカー保証が受け

 

られなくなる場合もあるので注意して下さい。

 

またPS4用に購入を考えられている場合には

 

2.5インチで厚さ9.5mm以下に限定されます。

 

どうしても3.5インチの大容量タイプを利用さ

 

れたい場合にはケースと一緒に購入をされて

 

外付けHDDとして利用される方法もあります。

 

 

 

利用用途に合わせて容量を選ぶ

 

内蔵HDDを選ばれる際に容量は少ないものか

ら大きなものまで色々なシリーズがあります

また御自身の利用方法等に合わせて必要な容

量をしっかりと考えられた上で選んで下さい。

 

 

 

画質の高い写真や動画を保存される事を

視野に選ばれる場合は24TBがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

パソコン等に大量の動画や写真を保存された

 

い場合には今現在利用されている商品寄りも

 

更にゆとりのある容量のものを選んで下さい。

 

そして現在3.5インチのHDD1ドライブ辺

 

16TBが最大容量になりますがコスパを重

 

視されるなら34TBあたりがおすすめです。

 

またノートパソコンにデータを大量保存され

 

たい場合には2TB容量のものがおすすめです。

 

仮にノートPCへの利用に適した2.5インチの

 

HDD等は容量の方が少なめの傾向になります。

 

その他2TBHDDの製品でも足りない場合に

 

は外付けHDD等を視野に入れて選んで下さい。

 

■PS4で選ばれるなら容量160GB以上に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ゲーム機のPS4用で利用可能な内蔵HDDの利

 

用条件は最低160GB以上になりますのでPS4

 

の場合にはシステムデータで100GB程は利用

 

されて後は残った容量でゲームソフト等のダ

 

ウンロードや録画で利用される事になります。

 

ですので最近は1つのゲームの容量がだんだん

 

大きくなってきていますがゲームクリア後に

 

消去されれば500GBでも利用する事出来ます。

 

ただ注意点としてシェア機能やダウンロード

 

コンテンツの他にオンラインゲーム等の容量

 

が必要なコンテンツを楽しみたい場合には最

 

低でも1TB以上のHDDが必要になってきます

 

 

 

読み書きの速度に直結するスペックにも注目

 

お伝えさせて頂いている内蔵HDDにはスペッ

ク表に記されている[回転数]又はキャッシ

ュ]はどちらも書き込み速度や読み込み速度

に関係するものにはなるので転送速度を重視

されたい方はしっかりと注目をして下さいね。

 

 

 

利用用途に合った回転数に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にスペックの表にある[rpm]はデータ読

 

み書き時のディスク回転数を表示していてこ

 

の数値が大きければ大きい程高速になります。

 

またOSのインストールや重たいソフトのイン

 

ストール更に頻繁に大きなデータを移動され

 

ると言う場合は[7200rpm]がおすすめです

 

データ転送速度が速くてスムーズになります。

 

反対に低回転の場合には省エネ性に優れてい

 

たり熱を抑えたりで耐久性にも優れています。

 

更にデータ転送速度寄り耐久性を重視された

 

りデータの保管用として利用されるなら静穏

 

性やコスパも含め5400rpmがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

容量や回転数に応じてのキャッシュに注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

製品を選ばれる上でキャッシュ容量はデータ

 

転送の速度の違いを表わす数値になりますが

 

容量が大きい程読み書き速度が速くなります。

 

ただ注意点として内蔵HDDの保存容量が増え

 

ればキャッシュも増える傾向にあるので同じ

 

容量のものを比較して選ぶ事が前提条件です。

 

また容量や回転数が同じ製品を2つ比較され

 

際にはキャッシュの大きい方を選ばれる事で

 

寄りスムーズなHDDを購入する事が出来ます

 

更に容量が異なるキャッシュを比較されたと

 

しても意味がありませんのでキャッシュ容量

 

だけでなく他の要素も考えて判断して下さい。

 

インターフェイスは『SATA3.0』に注目

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

本体の転送速度にも拘りを持たれる方には

 

用される機器に関わらずデータ転送速度の速

 

い『SATA3.0』表示の内蔵のHDDに注目です。

 

またインターフェイスはパソコンとHDDの他

 

にゲーム機器とHDDを繋げる端子の事を指し

 

ていてデータの転送速度にも大きく関係します

 

更に性能に関しては[SATA3Serial ATA

 

6.0Gbps]と記載されている場合もあるので

 

確認をして頂きたいとのあと古いインターフ

 

ェイスとの互換性もあるので6Gbpsに対応し

 

ていなくても下の転送速度3Gbpsで利用出来

 

る場合もあるのでこちらも確認をして下さい。

 

有名メーカーの製品にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

内蔵HDDの購入に迷われたら内蔵HDDを販売

 

している有名なメーカーの中でも寄り人気の

 

高い[WD]や[Seagate]の製品から選ばれ

 

るのも選択肢の1つにはなりますのでWDなら

 

システム用やNAS用と利用目的に合わせた製

 

品が選びやすいと言うのが特徴になるので利

 

用目的がはっきりしている方におすすめです。

 

またSeagateの場合は大容量の3.5インチ内

 

HDDが欲しい方に非常におすすめで製品保

 

証等もしっかりしているので非常に安心です。

 

古いOSの場合は対応容量に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回内蔵HDDを購入される上で状況的に把握

 

しておくべき項目=の方が[2.2TBの壁]です。

 

これはXPVista等の古いOSを利用されてい

 

る場合には必ず対応容量の確認をして下さい。

 

そしてWindows製品の場合にはXP使用者の

 

方なら2TB以下でVista以降は64bitの製品で

 

有れば2.2TB以上の内蔵HDDが利用可能です。

 

32bitOSでは2.2TB以上の製品使えません。

 

その他にMacの内蔵HDDを交換されたいと考

 

えられている場合にもは64bitなら2.2TB以上

 

が利用する事は可能ですがただ注意点として

 

Macは内蔵HDD交換を想定した設計にはなっ 

 

ていませんのでMacの容量を増設されたいの

 

で有れば外付けHDDで対応するのが無難です。

 

更に古いOSを利用されている方やMacユー

 

ザーの方は必ず忘れずに確認をして下さいね。

 

外付け用ケースも上手に活用する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですが内蔵HDDをそのまま内部ストレ

 

ージの増設にされるのではなく外付けHDDと 

 

して活用されたい場合には外付け用のケース

 

と一緒に利用されるのも1つの方法になります。

 

 

 

売れ筋の内蔵HDDに注目をする

 

御参考までにはなりますが内蔵HDDを選ばれ

る上でAmazonサイトや楽天サイトの他にも

Yahoo!ショッピングサイト等から売れ筋の商

品ランキング等にも注目をして頂きたいです。

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は内蔵HDDの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

またHDDを増設されるざデータ保存に

 

かなり余裕があるのでパソコン環境も

 

かなり良くなって寄り快適に動作します。

 

また出来れば容量の大きいタイプの方が良く

 

余りに大きいとコストパフォーマンスが悪く

 

なるので御自身とのお財布と相談して下さい。