おすすめの猫缶【有名ブランド商品は飼い猫には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめの猫缶【有名ブランド商品は飼い猫には欠かせないアイテム】

 

今回はウェットタイプと言われている

 

アイテム『猫缶』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

猫缶が有れば水分を摂取する事が出来る

 

スポンサーリンク

 

上にフレークタイプやパテタイプの他にも

 

スープタイプや更にはシチュータイプと

 

色々な種類の猫缶が数多く発売されて

 

いるのでいざ商品を選ぼうと思っても

 

どの商品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回は猫缶の選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 毎日の栄養素をバランス良く摂取される事を考えられるなら『総合栄養食』タイプがおすすめ
  3. 缶詰をトッピングとして与えられる場合には『一般食』タイプがおすすめ
  4. 素材自体の香りや食感に合わせてあげるなら『フレーク』タイプがおすすめ
  5. 子猫の離乳食や老猫のご飯で選ばれるなら柔らかい『パテ』タイプがおすすめ
  6. おやつを重視して選ばれるなら『スープ・シチュー』タイプがおすすめ
  7. 商品の安全性を寄り重視される場合には無添加若しくは添加物の明記されている商品を選ばれる事も重要なポイント
  8. グルテンフリーにも注目をする 
  9. 飼い猫の年齢に合った商品を購入される事で健康維持を保てる重要なポイントになる
  10. 安全性の高いキャットフードに注目する
  11. 最後に

 

 

猫缶の選び方

 

今回は猫缶を選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は総合栄養食

を選ばれるのかも若しくは一般食を

選ばれるのかでそれぞれ異なります。

また猫缶ようなウェットフードには

毎日の主食にぴったりの[総合栄養食]

の他にもおやつとして食べる[一般食]と

呼ばれているものが販売されているので

事前に確認されておく事も重要になります。

 

 

 

毎日の栄養素をバランス

良く摂取される事を考えられる

なら『総合栄養食』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

総合栄養食と言うのは普段主食として

 

与えられるフードの事を指していて

 

1日に必要とする栄養素が全てバランス

 

良く含まれている事が特徴になります。

 

また新鮮な水と一緒に与えられる事で

 

寄り健康的な身体を維持する事が可能に

 

なるそんな魅力的な食品となっています。

 

更に1日に与えられる量は猫の年齢や体重に

 

寄っても異なってきますが成猫で体重1

 

に対して約5275カロリー程になります。

 

猫ちゃんに毎日の主食にしてあげる場合には

 

『総合栄養食』の表示があるかどうかも事前

 

にしっかりと確認をするようにして下さいね

 

缶詰をトッピングとして与えられる

場合には『一般食』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ご飯をあげられた際に上で特定の栄養の調整

 

やカロリー補給の他にドライフード等の

 

[総合栄養食]を食べてくれない場合に

 

トッピングとして「一般食」がおすすめです。

 

また猫ちゃんに必要な栄養を一定の基準で

 

満たしていたりはしますがどうしても単体

 

だと栄養素がかたよってしまうので総合栄養

 

食と併用してあげるのがおすすめになります。

 

 

 

食感や形状も重視される場合には商品

のタイプ別のそれぞれの特徴を把握する

 

猫缶のシリーズのタイプは大きく分けて

[フレークタイプ][パテタイプ]

[スープタイプ][シチュータイプ]の

3つに分けられてそれぞれの特徴があります。

 

 

 

素材自体の香りや食感に合わせて

あげるなら『フレーク』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

缶詰の素材自体の香りや食感をそのまま味わ

 

う事が出来るのが[フレークタイプ]です。

 

フレークタイプはツナ缶のようなツナの形 

 

状をしていて水分量が特に多いのが特徴です。

 

またフレークは食べ応えもあって味わいの

 

種類の方も非常に豊富にあるので猫ちゃん

 

にのお好みに合わせて選ぶ事が出来ますよ。

 

更に無添加や無着色の他にも化学防腐剤なし

 

の商品も数多くあるので寄り安全性の高い

 

物を食べさせたい方には非常におすすめです。

 

ただ総合栄養食ではない商品が多いので仮に

 

毎日ご飯に選ばれた場合にはコスパもかかっ

 

てしまうので出来ればドライフードの食いつ

 

きを良くするためのトッピングやおやつや更

 

には水分補給としてあげるのがおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

子猫の離乳食や老猫のご飯で選ばれる

なら柔らかい『パテ』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

缶詰の中でもペーストやムース状になって

 

いる『パテ』タイプは非常に柔らかいので

 

子猫の離乳食(早くて生後20日くらいから)

 

や歯の弱った老猫ちゃん等にもおすすめです。

 

また素材を細かくしたものを練って作られて

 

いるのでかき混ぜた際にも混ざりやすくて

 

ドライフードをあまり食べてくれない場合に

 

も利用出来るので非常に便利なアイテムです。

 

更に病気の際に飲む薬を包んで食べさせる事

 

も出来るので投薬を嫌がる場合にも便利です。

 

おやつを重視して選ばれるなら

『スープ・シチュー』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

缶詰のタイプの中でも『スープ』タイプや

 

『シチュー』タイプは素材そのものを

 

煮込んでシチューやスープのようになって

 

いるのが特徴になりますが商品に寄っては

 

大きめの素材が煮込まれていたり又はとろみ

 

がついている場合の商品が多くなっています。

 

またお湯の代わりにスープでドライフード

 

をふやかしてあげたり出来るのも特徴の一つ

 

更には温める事で香りが強くなるので食欲が

 

あまりないような猫ちゃんにもおすすめです。

 

その他には一般食の場合にはトッピングやお

 

やつとしてあげたりまた別でしっかりとした

 

総合栄養食を与えるようにしてあげて下さい

 

商品の安全性を寄り重視される場合

には無添加若しくは添加物の明記されて

いる商品を選ばれる事も重要なポイント

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

飼われている猫ちゃんの健康の為に商品を選

 

ばれるなら保存料や着色料等の化学添加物が

 

あまり成分として含まれていない商品を選ば 

 

れるのも健康維持をする為の方法の一つです。

 

また添加物等が含まれていない商品を選ばれ

 

るなら最近では[ヒューマングレード]と

 

言う人間でも食べられるような素材で作られ

 

ているキャットフードが人気となっています。

 

ですが猫缶に使用されている添加物には

 

ある一定の基準が設けられていて必ずしも

 

身体に害があると言う訳ではありません。

 

更にきちんと安全性試験等が行われている

 

ので猫ちゃんの健康が損なわれない事が 

 

販売前からきちんと確認がされています。

 

ですがそれでも飼い主さんとしては出来る

 

だけ安全なものを食べさせたいですよね。

 

市販に出回っている猫缶のシリーズの中で

 

完全に無添加等が含まれていない商品を探す

 

のは非常に難しい事ですが保存料や着色料等

 

を含めた原材料が出来るだけしっかりと記載

 

されているものを選ばれるのがおすすめです。

 

グルテンフリーにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

猫は本来・肉食動物になるので穀物に含まれ

 

る植物性たんぱく質を分解するのは苦手です。

 

なので缶を選ばれる際には穀物を一切利用し

 

ていない『グルテンフリー』がおすすめです。

 

また消化出来ない穀物を毎回摂取をして

 

しまうと身体にどんどん蓄積されてアレルギ

 

ーを引き起こす原因にもなりかねません。

 

更にドライフードと比較をするとそれ程

 

多くはないですが商品の中にはかさましや

 

コスト削減の為に穀物を使用している物も

 

多くあるので購入の際には注意をして下さい

 

飼い猫の年齢に合った商品を購入される

事で健康維持を保てる重要なポイントになる

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

購入される猫缶には大きく分けるとそれぞれ

 

[子猫用][成猫用][高齢猫用]別れてい

 

て選ばれた際に年齢に合う食事をあげる事で

 

飼い猫の肥満や病気のリスクを軽減出来ます。

 

また身体の組織が急激に発達する成長期の

 

子猫[〜12ヶ月]までには柔らかめの

 

『パテ』タイプのシリーズがおすすめです。

 

成猫は子猫の[約3倍]のカロリーを必要

 

としますが消化機能が未熟な時期でもある

 

ので食事には十分に注意をしてあげて下さい

 

さらに成猫[1~6歳]までの場合はバランス

 

の良い食事とお好みに合わせた一般食を適度

 

に合わせながらあげるにしてあげて下さいね

 

高齢猫[7歳~]からには消化がしやすくて

 

出来るだけ食べやすいパテタイプがおすすめ

 

その他にも運動量も減り基礎代謝が低下して

 

くる場合があるのでカロリーコントロールが

 

状況に寄っては必要になってくるので食欲が

 

ない場合には高カロリーのものをあげたりし

 

て飼い猫ちゃんの様子を見てあげて下さいね

 

安全性の高いキャットフードに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回お伝えさせて頂いたウェットタイプの猫

 

缶だけでなく安全性の高いドライフードにも

 

注目されるならグレインフリータイプを始め

 

とする色々なフード商品にも注目して下さい。

 

 

 

売れ筋の猫缶にも注目をする

 

御参考までにはなりますが猫缶を選ばれる際

Amazonサイトや楽天サイトの他にYahoo!

ショッピングサイト等の売れ筋商品ランキング

にも注目をされて商品選びをして頂きたいです

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回は猫缶の選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

一口に『猫缶』言っても色々な形状や 

 

食感の他にもそれぞれの年齢等に合わせて

 

様々な種類の商品が販売されています。

 

また飼い猫ちゃんに寄っても好み等も大きく

 

異なるくるので今回の記事を御参考にされて

 

是非・お気に入りの一品を見つけて下さいね