おすすめのニス【水性や油性更に水性ウレタンにも注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのニス【水性や油性更に水性ウレタンにも注目をする】

 

今回はDIY等の際に木材を保護される為に

 

欠かせないアイテム『ニス』にスポット

 

をあててお伝えをしていきたいと思います。

 

ニスは自作の家具等を仕上げられる際に塗ら 

 

スポンサーリンク

 

れる事で防虫や防カビの他に撥水効果等を得

 

られる上に木目を美しく見せる事が出来ます。

 

またニスは水性と油性の他に色々な種類があ 

 

って有名メーカーのアサヒペンや和信ペイン

 

ト更にはニッペ等のメーカーから販売されて

 

いるのでどのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はニスの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. 工芸品の艶出しや汚れ防止等を重視して選ばれる場合には『水性ニス』がおすすめ
  3. 屋内で利用される家具や木製品に利用される場合には『水性ウレタンニス』がおすすめ
  4. 耐久性が必須の屋内外の木製品に利用される場合には『油性ニス』がおすすめ
  5. 強い塗膜を張る事を重視されて選ばれる場合には『液状タイプ』のニスがおすすめ
  6. 気軽にツヤ出しやツヤ消しの作業をされる場合は『スプレータイプ』のニスがおすすめ
  7. ニスのカラー選びにも注目をする
  8. シックハウス対応の商品にも注目する
  9. ニスを塗られる場合には事前にサンドペーパー等で綺麗にしておく
  10. 油性ニスを利用された後には刷毛の洗浄にはペイント薄め液を活用する
  11. 廃液処理には塗料固化剤に注目をする
  12. ウッドデッキには専門塗料に注目をする
  13. 最後に

 

 

ニスの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はニスを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに用途に合った種類に注目です。

そしてニスには大きく分けて3種類に

分かれるのでそれぞれ利用される用途に

合わせて適切な商品を選ぶようにして下さい。

 

 

 

工芸品の艶出しや汚れ防止等を重視して

選ばれる場合には『水性ニス』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ニスを選ばれる際に工芸品の木材の艶出しや

 

汚れ防止等には『水性ニス』がおすすめです。

 

そして水性ニスはアクリル樹脂を採用してい

 

るのでニオイがなく塗りやすいので初めてニ

 

スを利用されるの方にも非常におすすめです。

 

ただ注意点として利用される際にはあまり耐

 

久性を考えなくても良い木材のみになります。

 

また手で触って塗料が手につかない状態であ

 

ってもしばらくの間はべたつき等が残ります。

 

その他乾燥しても完全には硬くならないので

 

傷がつきやすく家具への塗装には不向きです。

 

屋内で利用される家具や木製品に利用され

る場合には『水性ウレタンニス』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

次に棚ような実用的な家具の塗装に関しては

 

『水性ウレタンニス』がおすすめになります。

 

そして水性ウレタンニスの場合には水性アク

 

リルウレタン樹脂を成分としているので塗っ

 

た後に硬い膜が出来るのでその膜に寄って家

 

具等に耐久性が必要な塗装にはピッタリです。

 

その他に水性ウレタンニスは水性ニスと同様

 

に無臭なので屋内で使用するものに最適です。

 

耐久性が必須の屋内外の木製品に利用

される場合には『油性ニス』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ニスの中でも屋内外の木製品や玄関ドア等に

 

利用されるなら『油性ニス』がおすすめです。

 

油性ニスの場合には屋内用と屋外用があって

 

油性ニスは水性ニス寄りも耐久性が高いです。

 

そして着色と塗装が同時に出来るシリーズの

 

商品も多いのでもし仮に木製品に着色された

 

い場合にはカラーニスの利用がおすすめです。

 

また元々の木の風合いを重視されて大事にさ

 

れるなら透明クリアーの商品がおすすめです。

 

ただ注意点として油性ニスは溶剤臭があるの

 

でニス初心者の方には扱いにくいと思います。

 

その他にニスの塗装後には刷毛が固まってし

 

まわないようにペイント薄め液でしっかりと

 

洗浄されるのも忘れないようにして下さいね。

 

 

 

利用場所や塗る木材に合うニスに注目する

 

利用されたいニスの種類を決められたら次に

どのタイプの商品を使用するか考えて下さい

そして利用場所や塗る木材に合わせて寄り使

いやすいものを選んでいくのがポイントです。

 

 

 

強い塗膜を張る事を重視されて選ばれる

場合には『液状タイプ』のニスがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ニスの中でも液体タイプは木製品の表面にし

 

っかり強い塗膜を張りたい時におすすめです。

 

そして色々なタイプの用量のシリーズがある

 

ので使用範囲に合わせて選ぶ事ができますよ。

 

また床や階段の他に大きめの家具等の広範囲

 

で利用される際は液体タイプがおすすめです。

 

更に刷毛を利用されてしっかりと塗る事が出

 

来るので頑丈に仕上がる事も特徴の一つです

 

が比較的乾燥時間が短めな商品が多いですよ。

 

気軽にツヤ出しやツヤ消しの作業をされる

場合は『スプレータイプ』のニスがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ニスを手軽に利用されたい場合や木工作品や

 

実用家具等のツヤ出しやツヤ消しに利用され 

 

たい場合にはスプレータイプがおすすめです。

 

そして刷毛を利用しないで塗布が可能なので

 

液だれする事もなく寄り綺麗に仕上がります。

 

更に水性タイプのスプレーの中には粘土細工

 

や紙工作等にも利用が出来る上に木工作品以

 

外の仕上りを整えたいと場合にも便利ですよ。

 

ただ注意点としてニスが空気中に霧状に散布

 

されるので室内での利用は避けて利用される

 

際にはしっかりと換気をして利用して下さい。

 

スポンサーリンク

 

ニスのカラー選びにも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に塗布される木材の色合いに合ったカラー

 

を選ばれる事も非常に重要な作業になります。

 

そして材料の下地の色目を重視されたい場合

 

は透明クリアーを選択するのがおすすめです。

 

ただ注意点として透明クリアーも若干色が付

 

いているのでイメージされている寄りも濃い

 

仕上りになる場合がので覚えておいて下さい。

 

その他にも重ね塗りをされる事でも色がどん

 

どん濃くなっていくのでどの程度の色合いで

 

厚く塗り重ねるのかも踏まえて選ばれると寄

 

り思い通りの仕上りに近づける事が出来ますよ

 

シックハウス対応の商品にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用の際はシックハウス症候群に関係するホ

 

ルムアルデヒドの放散量にも注目して下さい。

 

また人体への影響があると心配される物は出

 

来るだけ避けないといけないのでその為には

 

建築基準法対応塗料や建築基準法規制対象外

 

建築材料[建築基準法で定められたホルムア

 

ルデヒドの放散量が最も少ない区分]等に含

 

まれる商品シリーズを選ぶようにして下さい。

 

更に成分表を見られて[F☆☆☆☆]と言う

 

ような指示があるような商品はホルムアルデ

 

ヒドがほぼゼロに近い状態になるので選ばれ

 

る際は目安にして安全なものを選んで下さい。

 

 

 

ニス塗り作業を素早く行うコツとは?

 

こちらの内容に関しても押さえておきたいの

DIYでニスを利用される場合には塗布をさ

れる時だけではなく作業をされる前後のお手

入れも非常に重要なポイントになってきます。

 

 

 

ニスを塗られる場合には事前に

サンドペーパー等で綺麗にしておく

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

木材にニスを塗られる際は必ずサンドペーパ

 

ー等綺麗にされてかは塗るようにして下さい

 

そして木材がでこぼこしているとどうしても

 

仕上がりに影響が出て余計に手間がかかって

 

しまいますので下地調整をされる事で仕上り

 

が大きく変わってくるので注意をして下さい。

 

更にニスを重ね塗りされる場合も最初に塗っ

 

た部分が乾いた後に気になる部分をサンドペ

 

ーパーで滑らかにさせてから重ね塗りをされ

 

ると塗られた断面が寄り綺麗に仕上がります。

 

油性ニスを利用された後には刷毛

の洗浄にはペイント薄め液を活用する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

油性塗料のニスを利用された場合に関しての

 

刷毛はペイント薄め液でしっかりと下洗いさ

 

れて台所用洗剤で洗浄するようにして下さい。

 

また水性ニスで有れば水で洗う事が出来ます。

 

ですが刷毛自体をそのまま放置されてしまう

 

っ刷毛がニスで固まるので注意をして下さい。

 

更にニス塗りの前にも一度木材にペイント薄

 

め液を塗られておく事でニスの滑りが良くな

 

るので油性ニスのような硬めで伸びにくいニ

 

スを利用される際にはペイント薄め液で下塗

 

りしておくと塗りやすく作業がスムーズです。

 

廃液処理には塗料固化剤に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

ニスを塗られた後の刷毛の掃除でペイント薄

 

め液を利用された場合は液体そのまま捨てる

 

のはかなり危険行為になるので必ず塗料固化

 

剤を塗料や液体の中に混ぜてそれらを固めて

 

から可燃ごみとして捨てるようにして下さい。

 

ウッドデッキには専門塗料に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回は幅広い木製品に利用出来るニスですが

 

ウッドデッキ等を塗装される場合には専門の

 

塗料を利用されれば耐久性や防腐性に優れて

 

いるので寄り綺麗な状態で長持ちさせる事が

 

出来るので目が離せないアイテムの一つです。

 

 

 

売れ筋のニスに注目をする

 

御参考までになりますかニスを選ばれる上で

Amazonサイトや楽天サイト等からも売れ筋

商品ランキング等にも注目をして頂きたいです

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はニスの選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

ニス自体は一見どれも同じだと思いがちです。

 

が種類や形態の他にカラー等の色々な選ぶポ

 

イントがありますのでニスにも様々な商品タ

 

イプがある事を把握をして頂けだと思います。

 

また今回の記事を御参考にされて御自身に合

 

うお気に入りのニスを見つけて頂きたいです。