おすすめのおくるみ【赤ちゃんを優しく包み込んでくれるアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのおくるみ【赤ちゃんを優しく包み込んでくれるアイテム】

 

今回は赤ちゃんを優しく包み込んで暖かく

 

保持してくれる『おくるみ』にスポットを

 

あててお伝えをしていきたいと思います。

 

『おくるみ』が有ればまだ首がすわって

 

スポンサーリンク

 

いない赤ちゃんを抱っこしやすくなるので

 

ママにとっては非常に嬉しいアイテムですが

 

いざ商品を選ぼうと思ってもおくるみは

 

素材はもちろんですが色々な形状のタイプ

 

が数多くのメーカーから販売されているので

 

どの商品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はおくるみの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

 

  1. 目次
  2. まだ肌寒くて季節的に春や秋の場合は『パイル生地』『モスリンコットン』等のおくるみのシリーズがおすすめ
  3. 暑い夏の時期を重視して選ばれるなら通気性の良い『ガーゼ』タイプがおすすめ
  4. 寒い時期を重視して選ばれるなら赤ちゃんを寒さから守る『フリース素材』がおすすめ
  5. 汎用性を重視されるなら1枚布タイプ』がおすすめ
  6. 頭もしっかりとおおってくれる『フード付きタイプ』にも注目をする
  7. 活発的な赤ちゃんには『手足』をおおうのカバータイプの商品がおすすめ
  8. しっかりとズレずに巻きたい場合には『ファスナーやボタンタイプ』がおすすめ
  9. おくるみはストックとして洗い替え用で23枚を目安に準備しておくと非常に便利
  10. おくるみの巻き方を把握する
  11. 出産前に役立つベビーグッズに注目する
  12. 最後に

 

 

おくるみの選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はおくるみを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は季節事に

合わせて素材を選ばれる事です。

おくるみは素材に寄って保温性や

通気性が大きく異なってしまうので

生後34ヶ月の利用期間にらなるので

季節に合った素材を選ぶようにして下さい。

 

 

 

まだ肌寒くて季節的に春や秋の場合は

『パイル生地』『モスリンコットン』

等のおくるみのシリーズがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

一年を通してまだ肌寒い春や秋の場合

 

なら厚手のタオルと同じパイル生地や

 

柔らかくて空気を含むモスリンコットン

 

素材のおくるみがおすすめになります。

 

パイル生地やコットン素材で

有れば吸水性や保温性にも優れて

いるので生まれてのまだ間もない

赤ちゃんのお肌を優しく包んでくれます

 

またタオルケットとしても利用使いやすい

 

ので仮にミルクやヨダレ等で汚れたと

 

してもそのまま洗濯出来て綺麗に

 

落としやすいと言った特徴もあります。 

 

更にパイル生地に関しては種類も多いので

 

生地の厚み等を考慮すれば1年を通して

 

利用する事が出来るのも特徴の一つです。

 

その他おくるみとしての使い道がなくなった

 

としてもその後はタオルケットの他にシーツ

 

としても利用が出来るので非常に便利ですよ

 

 

暑い夏の時期を重視して選ばれるなら

通気性の良い『ガーゼ』タイプがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

赤ちゃんが成長していく中で中には良く汗を

 

かいてしまう赤ちゃんの場合は夏場等には通

 

気性を重視されてガーゼ生地がおすすめです。

 

またコットンを柔らかい生地に織った

ガーゼは吸水性や通気性に非常に優れて

いるので赤ちゃんが良く汗をかいたとしても

すぐに取り除いてくれる効果があります。

 

更に速乾性もあるので汗や汚れが

付いて洗濯をされたとしてもすぐに

乾きやすいと言った特徴も持っています。

 

その他に暑い時期に外出されて施設内の冷房

 

の効いた室内に入られるとどうしても体温調

 

節の苦手な赤ちゃんは体が冷えてしまいます。

 

またそんな場合にはブランケット代用品で

 

ガーゼタイプのおくるみをかけてあげれば

 

赤ちゃんの体温の低下を防ぐ事が出来ます。

 

ガーゼタイプの商品はタイプに寄っては5

 

若しくは6重等のシリーズもあるので季節に

 

合わせた厚みを選びやすいのもポイントです。

 

寒い時期を重視して選ばれるなら赤ちゃん

を寒さから守る『フリース素材』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

寒い時期にはやはりフリース素材のタイプ

 

やボアタイプの他にキルティング等の

 

保温性の高いおくるみがおすすめになります

 

またベビーカー等で移動される際にも

 

足までカバーで被える大判タイプの

 

製品や足カバー付き製品なら尚良しです。

 

その他おくるみを室内だけで利用されるなら

 

厚手タイプのコットンでも対応出来るので室

 

内等で保温性の高いおくるみを利用される場

 

合には赤ちゃんの体温が高くなり過ぎないよ

 

うに状況を見ながら利用をしてあげて下さい

 

 

 

利用される形状にも注目をする

 

おくるみのシリーズの形状は1枚布

だけではなくフードや手足をおおう

カバー付きの商品も販売されていて

タイプの方も色々とあるので御自身で

扱いやすいと思う商品を選んで下さい。

 

 

 

汎用性を重視されるなら

1枚布タイプ』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

おくるみのシリーズの中でも一番

 

一般的なタイプが正方形や長方形の形を

 

している『1枚布タイプ』になります。

 

また赤ちゃんに巻いて利用すると言う

 

基本的な巻き方の中には他おひな巻きや

 

半巻き等の色々巻き方で利用される事が

 

らすることができるのが特徴の一つです。

 

更におくるみの利用用途としてだけでなく

 

掛け布団やシーツ他にもバスタオル更には

 

おむつ替えシートや日よけとしても利用が出

 

来るメリットも大きく非常に便利になります。

 

その他まだ月齢が浅い新生児には一辺あたり

 

7080cm程度のタイプがおすすめですが

 

赤ちゃんが成長にしていくに連れても製品を

 

利用されたいと思われる方は更に大きいサイ

 

ズを購入されれば長く利用する事が出来ます。

 

スポンサーリンク

 

頭もしっかりとおおってくれる

『フード付きタイプ』にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

おくるみのラインナップの中には冬の寒さ

 

から赤ちゃんの頭をしっかりと守ってくれる

 

『フード付き』おくるみがおすすめです。

 

また寒さから頭を守ってくれるので寒い時期

 

にお出かけが多い赤ちゃんにはおすすめです。

 

更にフリース素材のタイプで有れば保温効果

非常にも高くガーゼやパイル生地のタイプで

有ればお風呂上がりの後のバスタオルとして

め利用出来るのが大きなポイントになります。

 

その他におくるみを赤ちゃんに巻く際に窒息

 

等を防止する為には口元に布がかからないよ

 

う注意する必要がありますがフード付きのタ

 

イプで有ればこのような心配も解消されます。

 

活発的な赤ちゃんには『手足』を

おおうのカバータイプの商品がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

手や足の動きが活発な赤ちゃんで有れば

 

おくるみが飛ばされてしまう可能性がある

 

ので利用されるなら手足をおおえるカバー

 

タイプのおくるみがおすすめになります。

 

手足をおおえるカバータイプで有れば手だけ

 

のタイプのものや足だけのタイプものの他に

 

手足の両方ともカバーが付いているタイプの

 

商品まで取り扱いをしているので赤ちゃんの

 

動きに合わせて選びやすいのもポイントです。

 

その他寒い時期の場合にカバー付きのおくる

 

みを利用されて有れば赤ちゃんの手や足が冷

 

えるような事もなく安心して利用が出来ます。

 

手や足のカバー付きタイプのおくるみなら見

 

た目も可愛らしいデザイン性のものが多いの

 

で出産祝いの贈り物としても人気があります。

 

しっかりとズレずに巻きたい場合には

『ファスナーやボタンタイプ』がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

初めておくるみを巻く方や綺麗に巻けるかど

 

うか心配されるようなママにはファスナーや

 

ボタン付きのおくるみがおすすめになります。

 

赤ちゃんを優しく包んであげた後はファスナ

 

ーやボタン等で簡単にとめるだけでしっかり

 

固定されるのでとても簡単でまたカシュクー

 

ルのような形状をしたタイプの物もあります。

 

その他に赤ちゃんが動いても比較的ズレにく

 

く仮に布が緩んで赤ちゃんの顔回りにかかっ

 

てしまう可能性も少ないのも特徴になります。

 

おくるみはストックとして洗い替え用で

23枚を目安に準備しておくと非常に便利

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

おくるみを利用される上で1枚だけあれば

 

十分だと考えられる方も多いとは思いますが

 

赤ちゃんがミルク等を飲んでいる最中におく

 

るみを汚してしまう事も想定されて洗い替え

 

が出来るように23枚あると便利になります

 

またおくるみのシリーズの中には数枚が一つ

 

のセットになったタイプの商品も販売されて

 

いるのでおくるみを1枚で購入される寄りも数

 

枚まとまっていた方がお得に購入が出来ます。

 

おくるみの巻き方を把握する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮に生まれてまだ間もない赤ちゃんに優しく

 

巻くふさわしいおくるみの巻き方はスワドリ

 

ングと呼ばれている[基本巻き]になります。

 

[基本巻き]は体全体を包み込む

ように巻くので赤ちゃんも安心します。

 

また[おひな巻き]や[半ぐるみ]と言う

ような巻き方もあったりしますがまずは

基本巻きの方法のポイントを押さえて下さい

 

[基本巻き]はおくるみをひし形に

置いて赤ちゃんの頭が出るくらいまで

上の角を内側に折っていきます。

 

内側に折る事が出来たは赤ちゃんの頭が

おくるみから出る程度で寝かせて下さい。

 

折り目は赤ちゃんの肩に

合わせるようにして下さい。

 

今度は赤ちゃんの右腕を曲げて体に

密着させるように胸の上に置きます。

そして左側のおくるみを持ち上げて

体の右側に巻いて余ったおくるみは

赤ちゃんの体の下に入れ込んで下さい。

 

次おくるみの下部分を軽く巻いて

赤ちゃんの左肩まで

持ち上げて背中の下に入れます。

 

仕上げに先ほど同じように赤ちゃんの

左腕も胸の上に置いておくるみを

持ち上げながら左側を巻いて後に残った

部分は体の下に入れ込んで完成になります。

 

おくるみの巻き方に関してはメーカーの公式

 

サイトの動画等でも詳しく説明がされている

 

のでおくるみの巻き方に不安が残るような方

 

は動画等も参考にされては如何でしょうか?

 

■出産前に役立つベビーグッズに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回お伝えをさせて頂いたおくるみ以外にも

産前に準備をされておくと役立つアイテムグッ

ズも色々とあるので選ばれるのが楽しみですね

 

 

 

売れ筋のおくるみにも注目をする

 

御参考までにはなりますがおくるみの

商品でもAmazonサイト楽天サイト等からも

他にも売れ筋商品等を確認して見て下さいね

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はおくるみの選び方について

 

お伝えをさせて頂きました。

 

一口に『おくるみ』と言っても色々な

 

商品のシリーズありますが一番は赤ちゃん

 

を寒さから守ってくれて尚且つ赤ちゃんの快

 

眠を促して非常に優秀なアイテムになります。

 

またおくるみはママにとっても嬉しい物にな

 

るので今回の生地を御参考にされて御自身に

 

合うピッタリの商品を見つけて頂きたいです。