おすすめのオープンラック【インテリアのディスプレイとして欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのオープンラック【インテリアのディスプレイとして欠かせないアイテム】

今回は見せれる収納としても非常に注目を

集めている『オープンラック』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

一口に『オープンラック』と言っても色々な

タイプがありますがその中で雑貨等の小物か

ら植物や家電等の重さがあるような製品まで

すっきりとまとめられる便利なアイテムです。

そしてパーテーションとしてもおすすめです。

またいざ製品を選ぼうと思っても大きさは

もちろんですが価格の他にもデザイン等も

色々あるのでどの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はオープンラックの選び方に

ついてお伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. ラックを組み合わせで利用される場合には幅や高さのバリエーションに注目する
  3. 棚板の高さを自由に調整が出来るラックに注目をして製品選びをする
  4. タテ型か若しくはヨコ型かの置き方に注目をしてオープンラック選びをする
  5. 荷重にも注目をして製品選びをする
  6. 素材が持つ印象にも注目をする
  7. 汚れやホコリが気になる場合には白や淡い色のオープンラックがおすすめ
  8. スムーズな移動を視野に入れられる場合はキャスター付きのラック製品がおすすめ
  9. 別売りパーツの有無にも注目をする
  10. 上手な収納のコツとは?
  11. 最後に

オープンラックの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はオープンラックを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

ラックを組み合わせで利用される場合

には幅や高さのバリエーションに注目する

https://www.amazon.co.jp/

オープンラックを選ばれる際には同じデザイ

ンでも幅違いや高さ違い物を数多く展開して

いるのでまずは気に入られたデザインの製品

があったら幅や高さのバリエーションの豊富

さがあるかどうかに注目をして頂きたいです。

またオープンラックは収納だけでなくパーテ

ーションとしても利用出来るので上手に選ば

れればスペースの有効活用は元より模様替え

等で見せ方を変える場合にも非常に便利です。

仮に120㎝幅のスペースにピッタリの製品を

置きたい場合に幅のバリエーション等が豊富

で有れば80㎝幅と40㎝幅を組み合わせたり

90㎝幅と30㎝幅同士を組み合わせたり

色々なラックな組み合わせを楽しめます。

その他ハイタイプのラックを複数設置される

場合は高さをしっかりと揃えてしまうと無機

質な印象になったり更には圧迫感を与えてし

まうとい言うような事になってしまいがちで

すが高さに違いが有れば低めタイプと組み合

わせてお好みの空間等を演出しやすいですよ。

ラックの設置のやり方やラックの棚板が

調整出来るタイプに注目をして製品を選ぶ

オープンラックを設置される際には置き方を

選べたり又は棚板の高さ調整が出来るタイプ

もあるので使い方に寄っては幅が広がります。

棚板の高さを自由に調整が出来る

ラックに注目をして製品選びをする

https://www.amazon.co.jp/

オープンラックは棚板の高さが調整出来るタ

イプと固定されているタイプとの2通りに分

かれるのですがオープンラックとして使いや

すいのは棚板の高さが調整可能なタイプです。

仮にですがCDA4サイズの書籍で有れば必要

とされる高さ等が異なるのでCDのサイズで高

さの方が固定されている場合は動かす事が出

来ないとA4サイズの本を置く事は出来ません。

その他棚板の高さを自由に調整する事が出来

れば収納される物の幅も大きく広がりますね。

また生活スタイルが変更したりインテリアの

好みが変わった場合には対応しやすいですよ。

スポンサーリンク

タテ型か若しくはヨコ型かの置き方に

注目をしてオープンラック選びをする

https://www.amazon.co.jp/

オープンラックを設置される際にはタテ型若

しくはヨコ型の置き方を自由に選べる製品も 

あるので置かれる物に合わせた使い分けもし

やすいのでお部屋等の模様替えを定期的にさ

れる方には非常に使い勝手に良いと思います。

またイメージを変えられる事ももちろんです

がライフスタイルの変化やお引越し等が予想

されたとしても長く使えるのもポイントです。

耐荷重にも注目をして製品選びをする

https://www.amazon.co.jp/

ラックを選ばれる際にはその性質を理解しな

いといけないので最近では棚板一枚あたりの

耐荷重が示されている事が多くなっています。

また棚板が5枚あるオープンラックの場合に

は一枚あたりの耐荷重が20㎏に対応出来るも

ので有れば全体の耐荷重は250㎏となります。

ただ注意点としてメーカーに寄っては本体の

耐荷重が単純な合計ではない場合もあるので

購入事には十分気を付けるようにして下さい。

更に耐荷重に関してはスチール製の方が全体

的に高めにはなりますが耐荷重一枚あたりな

80㎏だとしても片側だけはな集中して設置を

されればどうしても棚が歪んだりする原因に

なるので物は均等に載せるようにして下さい。

素材が持つ印象にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

オープンラックには色々な素材が使われてい

てデザインだけでなく使われている素材でお

部屋に設置された際の印象の方も大きく変わ

ってくるので押さえておくべきポイントです。

また代表的な素材で有れば天然木や木目調の化

板仕上げの他にも粉飾塗装等が施されたアイ

ン調なスチール製のメタルタイプがあります

更に天然木や木目調のタイプで有れば北欧テ

イストやナチュラルテイストの家具やお部屋 

等にも合いますしその他にもアイアン調のデ

ザインで有れば最近注目されている[男前]

のインテリアとしてもピッタリ合いますしメ

タルタイプで有ればキッチン周りやクローゼ

ット内の収納に組み込みやすいのも特徴です。

オープンラックを選ばれて活用されれば理想

の空間作りのアイテムとしては欠かせません。

汚れやホコリが気になる場合には

白や淡い色のオープンラックがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

オープンラックをラックを設置されてから気 

になるのが棚板等ががむき出し状態なので毎

日掃除をしていてもホコリは人が動く度に舞

ってしまって知らないうちに積もるものです。

またラックの中でも黒色のような濃い色合い

の場合はホコリが非常に目立つので注意が必

要ですがホコリを目立たせたくない場合はベ

ージュやホワイト等の淡い色がおすすめです。

その他にも濃いめの色がお好みと言う方には

気が付いたらホコリで真っ白なんてことのな

いように小まめにお掃除を心がけて下さいね。

スムーズな移動を視野に入れられる場合

はキャスター付きのラック製品がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

少しでもオープンラックを掃除される手間を

省きたいと言う方やお部屋の模様替えを定期

的にされる方で有ればキャスター付きタイプ

のオープンラック製品がおすすめになります。

またキャスター付きのオープンラックで有れ

ば物を置いたままでもスムーズに移動の方が

自由に出来るので作業の手間もかかりません。

その他にキャスター付きの製品はそれ程多く

はありませんがスチール製のメタルラックに

関しては付属している商品も数多くあります。

別売りパーツの有無にも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

オープンラックのシリーズ中にはオプション

でパーツ等が用意されている製品もあります。

例に上げると株式会社ドウシシャのスチール

ラック[ルミナスラック]シリーズには棚や 

板の他にもバスケットやキャスター更にハン

ガーポールやフック・間仕切りディバイダー

等別売りされているパーツが非常に豊富です。

また機能の拡張やイメージチェンジがすぐに

出来て欲しいパーツを必要に応じて買い足せ

せるのでお部屋の模様替えにもおすすめです。

上手な収納のコツとは?

https://www.amazon.co.jp/

御自身のお部屋にオープンラックをインテリ

アに取り入れてみたのは良いけれど中身も見

えてしまうのでどのように収納したら良いの

か分からなくて迷われる方も多いと思います。

そこでせっかく購入をされたオープンラック

ですからやはり最大限活用されたいですよね。

また幾つかのスペースがあるオープンラック

の場合は収納用スペースと飾り用スペースと

に分けて考えてられると全体的なバランスが

取れますが反対に全ての棚の列に収納をされ

ると非常に重苦しい印象になりがちですがフ

ォトフレームや観葉植物の他にも飾り物や小

物を飾りとして設置されれば非常に見た目の

良いオシャレなオープンラックに変身します。

更に飾られるオブジェに関してはラックの高

さに合わせて選ばれる事で見た目がゴチャゴ

チャせずに効果的に見せられておすすめです。

その他にも敢えて何も置かないスペースを作

られる事ど洗練された空間に早変わりします。

スポンサーリンク

最後に

今回はオープンラックの選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

お手元にオープンラックが有れば御自身の

お部屋を自由にコーディネート出来たり

タテ型若しくはヨコ型のそれぞれのタイプ

を自由自在に設置が出来て更には別売りパー

ツも豊富に揃っているアイテムもありました。

また今回の記事を御参考にされて御自身にピ

ッタリと合うお気に入りのオープンラックを

比較されながら見つけて頂きたいと思います。