おすすめのパラコード【アウトドア用品には欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのパラコード【アウトドア用品には欠かせないアイテム】

 

今回はアウトドアや災害時等には非常に

 

役立つアイテム『パラコード』にスポット

 

をあててお伝えをしていきたいと思います。

 

一口に『パラコード』と言っても最近では

 

ブレスレットやストラップの他にリード等の

 

ハンドメイドのアクセサリーの材料としても

 

かなり人気を集めているアイテムになります。

 

ですがいざ商品を選ぼうと思っても

 

コードの直径や芯の他にも素材といった

 

見慣れないスペックが並んでいるので

 

どのような基準で商品を選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はパラコードの選び方について

 

お伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. パラコードの良さと魅力とは?
  3. 本格的なアウトドア等の用途で利用される場合には強度の高いナイロン製品がおすすめ
  4. アクセサリーや防災用として利用される場合にポリエステル製のパラコードがおすすめ
  5. 非常に軽くて水辺での用途にも向いていてお手頃価格のポリプロピレン製にも注目する
  6. パラコードを利用される目安としてテント用なら2030mでアクセサリー用途で利用されるので有れば1020mを目安に選ぶ
  7. 耐久力と耐荷重にも注目をする
  8. アクセサリー作りには色合いに注目する
  9. 最後に

 

 

パラコードの良さと魅力とは?

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

パラコードとはパラシュートに使われた事が

 

きっかけでこのような名前が付けられました。

 

また商品自体は34mm程度の細い糸にも関

 

わらず250kgの耐荷重にも耐えられる事から

 

アウトドア用のロープはもちろんですがその

 

耐久性を活かした用途にも大注目になります。

 

更にキャンプ等のシーンで荷物を縛られたり

 

物干し竿さにされたり又はテントを固定した

 

されたりと言ったアウトドアグッズとしても

 

そうですが応急処置の為の止血帯や添え木の

 

固定の際も利用が出来て糸を解けば裁縫やデ

 

ンタルフロスとして利用出来てもっと細かく

 

されれば着火剤としても利用可能になります。

 

その他にも色合いやデザイン自体も非常に豊

 

富になるのでブレスレットとしてだけでなく

 

カバンのストラップとしても付けておけます。

 

そしてアクセサリーとしても市販されている

 

商品もありますがパラコードのコツさえ捕ま

 

れれば御自身でもDIYでお好みの商品を作っ

 

たりも出来ますが何より災害等の緊急時にも

 

重宝するので是非・アクセサリーとして身に

 

つけておいて損はしないアイテムになります。

 

 

パラコードの選び方

 

今回はパラコードを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めに大切な事は利用される目的

に合った素材を選ばれる事が重要です。

そしてパラコードの素材には主にナイロン

とポリエステルの他にポリプロピレンの

3種類の素材がそれぞれあって耐久性等も

大きく異なるのでそれぞれの用途に適した

使い方に合わせて選ぶようにして下さいね。

 

 

 

本格的なアウトドア等の用途で利用される

場合には強度の高いナイロン製品がおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

パラコードを利用される目的が本格的なアウ

 

トドアや登山用の命綱で利用される場合はナ

 

イロン製のパラコードがおすすめになります。

 

また強度や耐久性が高くて元々の利用方法が

 

パラシュート用のロープとして使われていた

 

事もあるので非常に安心感があると思います。

 

ただを水を吸ってしまうと硬くなると言う短

 

所を持ち合わせているのでテントのガイロー

 

プとして利用される場合は天候によっては使

 

いづらい場合があるので覚えておいて下さい。

 

スポンサーリンク

 

アクセサリーや防災用として利用される場

合にポリエステル製のパラコードがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

アクセサリーや防災用として利用される場

 

はポリエステル製のパラコードがおすすめで

 

すがちょっとしたキャンプで利用されるのに

 

は良いですがナイロン製ピンに比べて強度は

 

劣ってしまいますが紫外線や雨天時は水を吸

 

いにくくてブレスレットにされていても緊急

 

時や防災用に持ち歩くのには非常に良いです。

 

その他ポリエステル製のパラコードは販売数

 

が多くて更には価格の方も比較的安価になる

 

ので登山等の本格的なアウトドアシーン等で

 

の利用にはあまり向いてはいませんが特にこ

 

だわりがなければポリエステル製のパラコー

 

ドを選ばれるのも選択肢の一つだと思います。

 

非常に軽くて水辺での用途にも向いていて

お手頃価格のポリプロピレン製にも注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

パラコードの素材の中でもポリプロピレン製

 

は他の素材に比べて全体的な強度や耐久性は

 

劣ってしまいますがその分お手頃価格になる

 

のでコスパ重視の方には非常におすすめです。

 

また水にも浮くような軽量素材なので川での

 

キャンプや水場で利用されるのにも最適です。

 

ただ注意点として紫外線には弱いので長期間

 

放置しておいたりすると劣化してしまう場合

 

もあるので本格的なアウトドアシーン等には

 

向いていませんが急にパラコードが必要にな

 

った場合やちょっとした紐の用途等に使用さ

 

れる場合にはかなり大活躍をしてくれますよ。

 

パラコードを利用される目安としてテント

用なら2030mでアクセサリーの用途等で

利用されるので有れば1020mを目安に選ぶ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

パラコードを利用される上で利用される方法

 

に寄っては必要な長さが異なってくるので例

 

えばテント用のロープとして利用される場合

 

には商品のサイズにも寄りますが約1317m

 

の長さが必要でアクセサリー用で有れば編み

 

方に寄っては完成時の5倍以上の長さを必要

 

とような場合も出てくるので注意が必要です。

 

また販売単位は10m30m等商品に寄っても

 

変わってくるので事前に必要な長さを把握さ

 

れた上で長めに購入をするようにして下さいね

 

更に初めてパラコードを購入される方はテン

 

ト用有れば2030mをアクセサリー作り用

 

なら1020mを目安に選ぶようにして下さい。

 

耐久力と耐荷重にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

本格的なアウトドアシーン等でパラコードを

 

利用される場合は耐久性に注目をして下さい。

 

一般に普及している[550パラコード]は7本

 

の芯に寄って1本分のロープが出来ていて更に

 

は太さ・4mmで約250kgの耐える事が出来ます

 

また寄り耐久力のあるパラコード製品を希望

 

される場合には9本の芯が入ったパラコードが

 

すすめで反対にもう少し細めのパラコードを

 

希望される場合には芯が5本のパラコードを

 

選ばれる等して調節するようにして下さいね。

 

アクセサリー作りには色合いに注目する

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

パラコードをアウトドア用品としてではなく

 

アクセサリー作りをされる方はカラーバリエ

 

ーションが豊富なパラコードがおすすめです。

 

またお気に入りの色々合いを単色で利用され

 

るので有れば問題はないですがパラコードを

 

アクセサリーように様々な色合いを組み合わ

 

せて変化を楽しまれるのも醍醐味の一つです。

 

更に同じ規格のパラコードだとしてもメーカ

 

ーや商品に寄ってサイズや伸縮性等に微妙な

 

違いが出てくるので出来れば同一のメーカー 

 

で揃えられるようなカラーバリエーションが

 

豊富な商品を購入事から選んでおいて下さいね

 

 

 

売れ筋のパラコードにも注目をする

 

御参考までにはなりますがパラコードを選ば 

れる上でAmazonサイトや楽天サイトの他に

Yahoo!ショッピングサイト等からも売れ筋

商品ランキングにも注目をして頂きたいです。

 

Amazonサイト

 

楽天サイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はパラコードの選び方に

 

ついてお伝えをさせて頂きました。

 

これからパラコード製品を選ばれるなら利用

 

される用途や素材の他に耐荷重やデザイン等

 

からを選んでみるのも良いかもしれませんね。

 

また今回の記事を御参考にされて御自身に合

 

うお気に入りの製品を見つけて頂きたいです。