おすすめのパターグリップ【パタークラブには欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのパターグリップ【パタークラブには欠かせないアイテム】

今回はパッティングの上達には欠かせない

アイテム『パターグリップ』にスポット

をあててお伝えをしていきたいと思います。

一口に『パターグリップ』と言っても様々な

スポンサーリンク

種類のシリーズがあってまた太いタイプや細

いタイプの他にも重量の違いやピン型ヘッド

に合わせたタイプのモデル等が色々あるので

いざ製品を選ぼうと思ってもそれぞれの特徴

があるのでどの製品が自分に合っているか悩

まれてしまう方も多いのではないでしょうか?

今回はパターグリップの選び方に

ついてお伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 打ち方に合わせてグリップ太さを選ぶ
  3. ヘッドの形状に合わせたグリップを選ぶ
  4. オートストロークをキープされたい場合には軽いパターグリップに注目をして選ぶ
  5. 手の感覚を重視してショットをされたい方には重いタイプのパターグリップがおすすめ
  6. 打つ方向や距離を感覚で決めてからショットをされたい方は『テーパー型』がおすすめ
  7. ボールの左右のズレを修正してクラブを選ばれるなら『ノンテーパー型』がおすすめ
  8. 滑りやすい方はコードグリップに注目する
  9. 使い手を選ばないラバーグリップに注目
  10. 乾燥時期にはレザーグリップに注目をする
  11. 最後に

パターグリップの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はパターグリップを選ばれる上で

重要なポイントをお伝えをしていきます。

まず始めち打ち方もしくはヘッドの形状に

合わせた太さのグリップ選びが重要です。

また打ち方を優先されるのか又は現在利用

れているパターヘッドのどちらを重視される

のかでそれぞれのポイントを確認して下さい。

打ち方に合わせてグリップ太さを選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

仮に真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すようなスム

ーズなストロークをされる方なら太めのパタ

ーグリップのシリーズがおすすめになります。

そして太めのパターグリップで有れば余分な

力が入りにくくて手首の動きをゆるやかにし

やすいのとショルダーストロークやショート

パットの際に緊張してしまってなかなか良い

パッティングが出来ない方にもおすすめです。

またコース等でもパッティングを寄り強気で

攻めてコントロールの精度をあげたい方は細

いパターのグリップシリーズがおすすめです。

更に細いパターグリップのモデルで有れば手

の力を使いやすくフィーリングでも打ちやす

いので細かな動き等も調整が可能になります。

その他に手首の感覚を重視して打ちたい方や

パターのフェース開閉を行う方にも良いです。

ヘッドの形状に合わせたグリップを選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

クラブのピン型やL字型のパターヘッド等の

場合には細いパターグリップがおすすめです。

そしてヘッドを強気に操作が出来るこちらの

モデルのパターで有れば細めのパターグリッ

プになるのて手に力を伝達しやすくなります。

またインパクトを感じやすいのと同時に感覚

重視のパッティングが出来るようになります。

更にマレット型やネオマレット型を利用され

るなら太めのパターグリップがおすすめです。

その他ヘッド重心を意識したストロークを行う

場合には手首の動きを抑制して真っ直ぐなスト

ロークをする太いパターグリップが良いですよ

振りやすい重さのクラブに注目する

御自身の打ち方等に寄っては振りやすい重さ

自体が異なってくるので振り方に合わせた

重さのパタークラブを選ぶようにして下さい。

オートストロークをキープされたい場合

には軽いパターグリップに注目をして選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

クラブヘッドの重みに任せてオートなストロ

ークを常にキープされたい方の場合は軽いパ

ターグリップのモデルがおすすめになります。

またパターのグリップが軽いとストローク中

にヘッドの重みをしっかりと感じられて尚且

安定をしたストロークをする事が出来ます。

更に重さがたった数グラム異なるだけで振

やすさが大きく変わるので御自身の手の感

に合わせて選ぶ事も重要なポイントになります

手の感覚を重視してショットをされたい方

には重いタイプのパターグリップがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

例えば御自身の感覚でパットを決めたい方の

場合には重いパターグリップがおすすめです。

そしてパターのヘッドが軽く感じられて手首

でパターをコントロールしやすくなりますよ。

また重いとオートマチックなストロークが出

来そうな印象がありますがパターグリップに

関してはその反対でグリップが重いと御自身

でコントロールしやすくなると言う事をしっ

かりと把握された上で選ぶようにして下さい。

パタークラブのグリップの形状に

こだわってミスショットを減らす

パタークラブを選ばれる際はグリップ形状で

選ばれればミスパットを減らす事が出来ます。

そして御自身に合ったパターグリップの形状

を選ばれる際に役立てて頂ければと思います。

打つ方向や距離を感覚で決めてからショッ

トをされたい方は『テーパー型』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

パター中でもテーパー型はグリップが下に向

かって行くに連れて徐々に細くなるタイプの

クラブで手首の動きを制限しないように利き

手の微妙な感覚を生かしやすいのが特徴です。

またパタークラブの中でもテクニックにこだ

わる方はテーパー型を利用されると良いです。

スポンサーリンク

ボールの左右のズレを修正してクラブを

選ばれるなら『ノンテーパー型』がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

ショットの際にボールが左右にズレてしまう

場合はノンテーパー型パターがおすすめです。

そしてノンテーパー型はグリップの太さが一

定タイプのクラブの事でヘッド側を握る手の

余分な動きが軽減されてストレートなストロ

ークがスムーズに行えるのが特徴になります。

また緊張をされて手首に力が入りすぎてしま

う方や手打ちになりがちな方におすすめです。

グリップの使いやすさや特徴に注目する

選ばれるパターグリップ素材のタイプには

大きく分けて3種類あってそれぞれ素材選びの

ポイントがありますので御自身のお気に入り

の素材選びの参考にして頂ければと思います。

滑りやすい方はコードグリップに注目する

https://www.amazon.co.jp/

パッティングの際ち手が滑ってしまいがちな

方にはコードグリップモデルがおすすめです。

そしてコードグリップモデルはゴム素材に糸

を練り込んであるのでグリップを握られた際

に滑りにくくて硬い素材で耐久性も優秀なグ

リップがある事が人気の高い秘密になります。

その他に雨で手が滑りやすい方や汗をかきや

すい方におすすめ出来るパターグリップです。

使い手を選ばないラバーグリップに注目

https://www.amazon.co.jp/

パッティングをされる際はどんな方でも少な

からず癖があったりするものですがどんな方

でも使用しやすいパターグリップが欲しい方

はラバーグリップのモデルに注目して下さい。

そしてラバーグリップのモデルはゴムを採用

していてグリップ力や硬さの他に滑りにくさ

が強すぎず弱すぎない事が一番の特徴になり

ますが他の素材と比較される際にも便利です。

ただ注意点として汗に非常に弱いので寿命が

短い事て比較的お手頃価格で購入する事が出

来るのでゴルフ初心者の方にもおすすめです。

乾燥時期にはレザーグリップに注目をする

https://www.amazon.co.jp/

ゴルフの最中にどうしても手が乾燥しがちな

方にはレザーグリップモデルおすすめがです。

またレザー素材の場合はしっとりしていて尚

且つ手の乾燥を防いでくれる効果があります。

ただ注意点としてレザーは雨の日等に滑りや

すい場合には使い勝手が悪くなる場合がある

ので購入される際はこの事に注意して下さい。

その他に柔らかい素材なのでパッティングの

感覚を出しやすいというメリットもあります。

スポンサーリンク

最後に

今回はパターグリップの選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

パターグリップを手に入れれる事で

パッティングの腕が上達されていくと

御自身に合うパターグリップも変化します。

そしてミスショットを減らしたい場合や

新たなゴルフフォームにチャレンジされる

際には必ず必要になってくるアイテムですよ。