おすすめのピクチャーレール【インテリアとしては欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのピクチャーレール【インテリアとしては欠かせないアイテム】

今回はオシャレに絵画やポスター等を飾れる

『ピクチャーレール』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

ピクチャーレールは注目のインテリアですが

スポンサーリンク

いざ製品を選ぼうと思っても耐荷重や

取り付け方法に付け加えてデザイン自体の

方も色々ありまた石膏ボードに取り付け

られるどうかや壁面に収納可能かどうかも

購入前に色々と確認する事が多いので

どの製品を選んだら良いのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はピクチャーレールの

選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. ピクチャーレールの良さと魅力とは?
  3. 設置される場所に寄って製品を選ぶ
  4. 耐荷重を重視されて製品を選ばれるならネジで直接取り付けるタイプがおすすめ
  5. 下地のない石膏ボード等に打ちつける場合には『3ピン』タイプのネジがおすすめ
  6. サイズオーダーにも注目をする
  7. インテリアに合わせたデザイン性にも注目をしてピクチャーレールを選ぶ
  8. 最後に

ピクチャーレールの良さと魅力とは?

https://www.amazon.co.jp/

ピクチャーレールが有れば天井や壁に設置さ

れる写真やポスターをワイヤーで吊り下げて

お洒落なインテリアとして飾る事が出来ます。

また美術館の雰囲気を作れるのでアート好き

の方やインテリアにこだわる方には人気です。

更にアートやポスターが増えていく事に壁に

ネジやフック等を取り付けていると時間も手

前もかかって壁に穴が沢山あいてしまいます。

ピクチャーレールが有れば壁に付ける穴を極

力抑えながらアートを演出する事が出来ます。

その他には壁面収納を活用出来る商品も販売

されていて洋服やバッグの他に帽子と言った

ファッションアイテムに付け加えて更に鏡や

時計の他にもハンギンググリーン等を掛けて

[見せる収納]にされている方も多くいらっ

しゃいますのでこれからお伝えさせて頂く選

び方を御参考にされて是非・ウォールデコレ

ーションにもこだわって頂きたいと思います。

ピクチャーレールの選び方

今回はピクチャーレールを選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

ピクチャーレールは設置される場所や

材質によって最適な製品が変わってきます。

まあ取付方法や耐荷重も確認をされながら

選ばれると購入後の失敗が少ないですよ。

設置される場所に寄って製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

ピクチャーレールを探される際に重要なのが

設置される場所に適した製品を選んで下さい

またピクチャーレールには天井に取り付ける

[天井付タイプ]ともう一つが壁に取り付け

が出来る[壁付タイプ]の2種類にはなりま

すが天井と壁兼用タイプも販売されています。

天井につけられるか若しくは壁につけられる

のかはインテリア性を重視して選んで下さい

ピクチャーレール自体をあまり目立たせずに

すっきりさせたい場合には天井付タイプで反

対にインテリアとしても楽しみたい場合や壁

面の収納としても活用されたい場合には壁付

タイプのピクチャーレールがおすすめですよ

取り付けをされる位置の耐荷重や

設置場所のレベルに合わせた製品を選ぶ

ピクチャーレールを取付される場所に

寄っては設置可能な壁の種類や取付レベル

の他に耐荷重の方も大きく変わってくるので

しっかりと確認をしておく必要があります。

耐荷重を重視されて製品を選ばれるなら

ネジで直接取り付けるタイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

仮に重いものを飾る場合には耐荷重に優れた

ネジで直接取り付けをするタイプのピクチ

ャーレールを選ばれる事をおすすめします。

やはり重量のある絵画等を複数飾りたい場合

には1530kgは耐荷重が欲しいところですね

またネジで直接取り付けをするタイプはネジ

を取り付ける場所が壁の中にある柱などの下

地がある丈夫な部分でないと設置できません

更に壁ノックして音の違いを確認されたり専

用の道具を使ってチェックする事が出来ます。

その他御自身で分かりにくい場合には専門の

業者に依頼して施工してもらう手もあります。

下地のない石膏ボード等に打ちつける

場合には『3ピン』タイプのネジがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

例えば下地のない石膏ボードの壁に打ち込む

場合は石膏ボード専用の3ピンタイプのネジ

に対応するピクチャーレールがおすすめです。

3ピンタイプは抜いた後の穴が目立ちにくい

と言う特徴もあるので賃貸住宅にも最適です。

またこちらの3ピンタイプの弱点は耐荷重に

なりますが5kg10kgの製品が一般的に多く

てそれ以上のあまりにも重いものを掛けられ

ると言うのは要注意になるので比較的軽めの

ものを飾られたり衣服等のちょっとしたもの

をかけたいという方には非常におすすめです。

サイズオーダーにも注目をする

https://www.amazon.co.jp/

ピクチャーレールは色々なサイズの長さがあ

るので設置されるお部屋のサイズと吊り下げ

たい物の大きさを考えて長さを選んで下さい

またピクチャーレールを設置される際のトラ

ブルを無くす為に一度設置される場所と吊り

下げる物のサイズを測る事が重要になります。

更に0.5m→1m→2m等のピクチャーレールが

一般的になりますが各メーカーや販売店に寄

っては1㎝刻みでサイズオーダーに対応してい

るので御自身の好みの長さにこだわるならサ

イズオーダーが可能な製品をおすすめします。

インテリアに合わせたデザイン性

にも注目をしてピクチャーレールを選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

ピクチャーレールは単に絵を飾るだけでなく

ディスプレイや収納用品であると共に部屋の

インテリアとしては欠かせないアイテムです。

また部屋のインテリアの雰囲気や壁の色に合

わせたピクチャーレールを選ばれる事でお部

屋の雰囲気がすっきりとした印象になります。

更にフックの取り付け部分が隠れるお洒落な

ピクチャーレールやワイヤーが透明で目立ち

にくいタイプの製品等も色々発売されていて

最近では定番カラー色に加えて具体的な木目

調の製品やカラフルな物も次々に登場してい

るのデザインにも着目して選んでみて下さい

スポンサーリンク

最後に

今回はピクチャーレールの

選び方について

お伝えをさせて頂きました。

ピクチャーレールアイテムはウォール

デコレーションには欠かせないものに

なるので利用される用途に寄っては収納

アイテムにもなってくれる非常に汎用性

の高い[インテリア]アイテムになります。

またアートが好きの方も好きではない方も

一度設置されれば色々と利用出来て便利な

アイテムになるので今回の記事を御参考に

されて設置場所や取付方法に注意をしながら

御自身の用途にピッタリと合うお気に入りの

ピクチャーレールを見つけて頂きたいです。