おすすめのピンマイク【ワイヤレスタイプや高性能なマイクに注目をする】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのピンマイク【ワイヤレスタイプや高性能なマイクに注目をする】

今回は洋服やネクタイ等に取り付けて

ハンズフリーで利用可能なアイテム

高性能な『ピンマイク』にスポットを

あててお伝えをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

一口に『ピンマイク』と言ってもSONY

オーディオテクニカ等の数多くの有名メーカ

ーから色々なシリーズが発売されていますが

現状ではスマホやパソコンの他にもスピーカ

ー等対応出来るデバイスもバラバラであった

り更には有線タイプやワイヤレスタイプ等の

製品に寄っての色々な仕様になっているので

いざ製品を選ぼうと思ってもどの製品が

御自身の利用方法に合っていたりするのか?

迷われてしまう方も

多いのではないでしょうか?

今回はピンマイクの選び方について

お伝えをしていきたいと思います。

  1. 目次
  2. 『収音タイプ』に注目をして製品を選ぶ
  3. 端末との『接続』を重視して製品を選ぶ
  4. 録音を重視される場合は『周波数』も注目
  5. プレゼンや講習会等での利用を考えられるので有れば『単一指向性』タイプがおすすめ
  6. 複数での通話や録音用で探される場合には『全指向性』の有線タイプの製品がおすすめ
  7. 動画の撮影を重視して製品を選ばれる場合は『全指向性』のワイヤレスタイプがおすすめ
  8. 音質重視なら実績あるメーカーで決まり
  9. 通話や録音が出来るマイクに注目をする
  10. 最後に

ピンマイクの選び方

https://www.amazon.co.jp/

今回はピンマイクを選ばれる上で

重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

まず始めにこちらの3つの基本ポイント

を確認される事が重要になってきます。

また目的に合う商品選びをされる前にまず

ピンマイクを選ばれる上で把握しておきたい

3つの基本ポイントをお伝えをしていきます。

『収音タイプ』に注目をして製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

まず注目をして頂きたいのが一つの確認項目

としてピンマイクが音を拾う範囲が重要です。

またマイクのには[全指向性](無指向性)

[単一指向性]の2種類収音タイプがあり全

指向性タイプは360度全ての音を拾ってくれ

るので複数人での会話や更には動画配信等の

色々な音を収録したい場合等におすすめです。

ですが周辺にあるあらゆる音を拾ってしまう

ので雑音やノイズが入りやすいのが短所です。

またもう一方の単一指向性タイプは一定方向

からの音だけを拾ってくれるのでボイスチャ

ットや歌の収録等で余分な音を入れたくない

場合に適していてパソコンの起動音や生活音

等の雑音が入りにくい反面マイクの角度や口

の位置がちょっとズレたりするだけで音が極

端に小さくなってしまうと言うのが短所です。

端末との『接続』を重視して製品を選ぶ

https://www.amazon.co.jp/

ピンマイクの購入されるにあたっては接続さ

れるデバイスとの相性も重要なポイントです。

またUSB端子のピンマイクはノイズが除去さ

れたクリアな音質を求める事が可能ですが接

続可能な機器がPCやゲーム機等に限られます。

更にUSB接続が出来ないレコーダーには端子

がミニジャックプラグの製品を選んで下さい。

スマートフォンの接続の場合は接続をされる

端末に寄って仕様の方が色々異なるので注意

が必要にはなりますがプラグ用の変換アダプ

ター等も購入される事を検討してみて下さい。

その他に動きながら利用される事が多い場合

にはワイヤレスタイプにも注目をして下さい

そしてコードが邪魔にならないように動きや

すいのでハンズフリーと言うピンマイクの特

性を最大限に利用される事が出来ますがただ

注意点として有線タイプと比較された場合は

不安定さがあって利用されている最中に途切 

れてしまう可能性もあるので御自身の利用シ

ーンをイメージされて選ぶようにして下さい。

スポンサーリンク

録音を重視される場合は『周波数』も注目

https://www.amazon.co.jp/

仮に録音をされる場合は周波数帯域にも注目

をして製品選びをされる事が重要になります。

また周波数帯域と言うのは収音可能な周波数

の範囲の事で一般的な話し声の周波数は50

500Hzになりますが歌声なら501500Hz

ですがレコーディングで楽器の音等も一緒に

録音される場合には15KHz程まであると色々

な方向からあらゆる楽器の音に対応出来ます。

ただ注意点として周波数の幅が広ければ広い

程良いという訳でもなく逆に幅が狭い方が安

定して収音が出来る場合がありますので会話

を中心に録音をされるのて有れば周波数の幅

が狭い製品又はピアノや管楽器のように比較 

的高周波のものを録音するので有ればなるべ

く幅が広い製品を選ばれるのがおすすめです。

利用目的に合った商品選びをする

次に先程お伝えをさせて頂いた3つの注目ポ

イントを把握されながら御自身の利用用途に

一番適している製品を見つけて頂きたいです。

プレゼンや講習会等での利用を考えられる

ので有れば『単一指向性』タイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

プレゼンやセミナー等の大きくてかなり広い

場所で尚且つ大勢の方に向けて話をされる際

に利用されたいと考えられるなら御自身の声

をしっかり拾い集めてくれる『単一指向性』

のタイプのピンマイクがおすすめになります。

また雑音等が入ってきたり事も少なくて透明

 

度の高い声を届ける事が出来るのが特徴です。

また資料を見られたりスライド操作をされな

がら話しをされる機会が多い場合は小さくて

軽いワイヤレスタイプの製品がおすすめです。

更に拡声をされる為にはピンマイクがスピー

カーに対応している事が必須条件になってく

るので購入前にはスピーカーに対応している

かの確認はもちろんですがそもそも会場に設

置されているスピーカー等に接続される事を

視野に入れて考えられるので有ればその互換

性も事前に確認をされてから購入して下さい。

複数での通話や録音用で探される場合には

『全指向性』の有線タイプの製品がおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

複数での通話や会話を他に録音用として利用

されるならあらゆる方向から音を拾ってくれ

る『全指向性』タイプの製品がおすすめです。

また全指向性タイプ有ればマイクの位置や向

きを気にしないで利用できるので通信が安定

する有線タイプも非常におすすめになります。

またWEB会議等でピンマイクをパソコンに接

続されるような利用方法を選ばれるなら音の

透明度の高いUSB端子の製品もおすすめです。

またスマホやレコーダーの他にカメラ等のあ

らゆる機器で利用される場合にはミニジャッ

クプラグを搭載している製品がおすすめです。

その他1001500Hzの周波数帯域の範囲が狭

い製品の方が声を安定して拾ってくれるので

音質にもこだわって製品を選ばれる場合は周

波数の数値にも注目して製品を選んで下さい。

動画の撮影を重視して製品を選ばれる場合

は『全指向性』のワイヤレスタイプがおすすめ

https://www.amazon.co.jp/

動画を撮影される際に音声用として利用され

る場合にはワイヤレスタイプの製品が非常に

使いやすくておすすめになるので有線での動

画撮影の場合にはどうしても動きに制限が出

てしまっまり動きに引っ張られて固定してい

たカメラがズレてしまうと言うような事も考

えられますがワイヤレスタイプの製品で有れ

ば移動しながらの撮影だとしても配線やコー

ド等を特に気にされる事なく利用出来ますよ。

ただ注意点としてワイヤレスの場合は通信の

不安定さが残るので有線タイプの製品でコー

ドが長めのタイプを選ぶのも一つの方法です。

また動画撮影の内容にも寄りますが動きなが

らの撮影をされる場合にはやはり全指向性タ

イプの方が撮影に対するリスクが少ないです。

音質重視なら実績あるメーカーで決まり

https://www.amazon.co.jp/

ピンマイクを選ばれる上で音質にもこだわり

たい場合やビジネス等で頻繁に利用される場

合は有名メーカー品にも注目を選んで下さい。

今現在のピンマイクの価格の方が1000円以下

等の格安の製品も数多く販売されていますが

ちょっとした音声メモや又はボイスチャット

をされるくらいの利用で有れば手軽に利用出

来るような製品を選ばれるに違いありません。

ただ注意点として長く利用されたい場合や透

明度の高い音等の高性能な機能を重視される

場合には購入価格の方が多少高くなったとし

てもやはり音響系に関連するなら音に関する

技術に特化しているメーカーがおすすめです。

またビジネスでの利用はもちろんだと思いま

すが動画配信をされる際にも音が聞き取りや

すい事でアクセスの数字も変わると思います。

通話や録音が出来るマイクに注目をする

https://www.amazon.co.jp/

ハンズフリーで利用可能な製品はピンマイク

以外に通話や録音に便利なマイクも数多くあ

るので気になる方は注目アイテムになります。

スポンサーリンク

最後に 

今回はピンマイクの選び方に

ついてお伝えをさせて頂きました。

ピンマイクが有ればどんな場所や場面でも

更にはどんな機器を利用してどのような

利用目的の為に使用されたいのかは製品を

お持ちの方に寄っては色々な幅があるので

購入される前に目的に適したピンマイク選ば

れる事で高いパフォーマンスが期待出来るの

で今回の記事を御参考にされて是非御自身に

ピッタリ合うピンマイクを見つけて下さいね。