おすすめのレーザー墨出し器【工事現場等や電気工事現場等では欠かせないアイテム】 | 情報秘密基地ブログ free web hit counter

おすすめのレーザー墨出し器【工事現場等や電気工事現場等では欠かせないアイテム】

 

今回は基準線を作られるのに非常な便利な

 

アイテム『レーザー墨出し器』にスポット

 

をあててお伝えをしていきたいと思います。

 

そして『レーザー墨出し器』は工事現場や電

 

気工事の作業に役立つアイテムとして有名で

 

すが最近ではDIY等で手すりをつけたりされ

 

る作業に利用される方が多い商品になります。

 

またシンワやタジマの他にフクダやマキタ更

 

にはVOICEやムラテックKDSそして山真製鋸

 

等の数多くのメーカーから販売されているだ

 

けでなく照射可能なラインの数の違い等も視

 

野に入れて製品選びをしないといけないので

 

いざ製品を選ぼうと思っても

 

どのような基準で選んだら良いのか?

 

迷われてしまう方も

 

多いのではないでしょうか?

 

今回はレーザー墨出し器の選び方に

 

ついてお伝えをしていきたいと思います。

 

  1. 目次
  2. DIYの場合は縦と横の2ラインが使いやすい
  3. 電気工事や建築現場等での利用を考えられる場合には寄りライン数が多い方が好ましい
  4. 利用状況からレーザーの色に注目をする
  5. 屋外利用なら受光器とセットがおすすめ
  6. 自動追尾機能付き製品にも注目をする
  7. プロの方のように精度にも注目をする
  8. 最後に

 

 

レーザー墨出し器の選び方

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

今回はレーザー墨出し器を選ばれる

上で重要なポイントを各項目事に

お伝えをしていきたいと思います。

先ずは照射可能なラインの数を確認です。

また先に照射可能なライン数を決められた上

で作業される内容に寄って適切なライン数と

言うのがありますのでしっかり確認をされた

上で適切なレーザー墨出し器を選んで下さい。

 

 

 

■DIYの場合は縦と横の2ラインが使いやすい

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

仮にDIY等の場合には購入金額もお手頃な2

 

ラインタイプで賄える場合が大半になります。

 

そして[2ラインタイプ]と言うのが縦1方向

 

[垂直]と横180度の[水平]を照射する至

 

ってシンプルなレーザー墨出し器を指します。

 

また2ラインタイプが有ればDIY等でウォール

 

シェルフや壁掛けテレビの他に絵画等の壁等

 

にも綺麗に取り付けられる事もおすすめです。

 

スポンサーリンク

 

電気工事や建築現場等での利用を考えられ

る場合には寄りライン数が多い方が好ましい

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

業務としてレーザー墨出し器を利用して墨出

 

しをされる場合はいつまでも時間をかける訳

 

にはいかないのでライン数が多いタイプで作

 

業をこなされれば寄り早く終わらせられます。

 

またライン数が多いタイプで有れば縦は前後

 

左右の4方向に横360度に切れ目なくレーザー

 

を照射する事が出来たりレーザー墨出し器の

 

中央下に地墨ポイントが照射されるタイプで

 

有れば本体の位置合わせ等が楽になりますよ。

 

更にライン数が多いタイプの場合には利用さ

 

れたいラインのみ切り替えられたり出来るの

 

でその場の状況に合わせて使い分けられます。

 

利用状況からレーザーの色に注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

利用されるレーザー墨出し器には赤色レーザ

 

ーとグリーンレーザーとの2種類が多く使わ

 

れていつそれぞれメリットがありますので利

 

用される目的に適したタイプを選んで下さい。

 

そして赤色レーザーは昔から利用されている

 

タイプで今現在では寄り見やすい高輝度タイ

 

プが主流になっていてリーズナブルな機種が

 

多く価格を重視されるなら赤色レーザーです。

 

またグリーンレーザーは赤色寄りもはっきり

 

と見えるので広い場所で利用される場合は最

 

適で近年では大幅に価格が値下がりをして数

 

万円位の価格で購入出来るようになりました。

 

その他にも低温にも強くなっているので寒い

 

冬の現場で利用される際も安心して使えます。

 

屋外利用なら受光器とセットがおすすめ

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

例えばですが明るい屋外でレーザー墨出し器

 

を利用されるとレーザーの光が見えにくいの

 

で屋外で利用される場合には受光器がセット

 

になっているモテを選ぶようにして下さいね。

 

受光器はレーザーを近づけると音で知らせて

 

受光器の中心に来ると点灯するのでレーザー

 

が見えづらくても正確に位置等が分かります。

 

また受光器は別売りで販売されている場合が

 

多いので後から買い足す事も可能になります

 

その他手持ちのレーザー墨出し器に対応して

 

いるかも必ず確認してから購入して下さいね。

 

自動追尾機能付き製品にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

受光器を利用される際に本体を操作する方と

 

受光器を扱う方の二人で作業するので一人し

 

かいない場合は作業が難しいとされています。

 

ですが自動追尾機能が付いているタイプなら 

 

一人でも作業自体ができるようになりました。

 

そしてこれは受光器に付いている受光部分ま

 

で自動的にレーザー墨出し器が回転してくれ

 

る機能に寄って現場での作業効率を上げてい

 

ますがただ自動追尾機能が付いているモデル

 

10万円を超えるような高額なタイプが多い

 

ので購入されるなら予算と相談して下さいね。

 

プロの方のように精度にも注目をする

 

 

https://www.amazon.co.jp/

 

レーザー墨出し器の[精度]とは垂直と水平

 

事に[±1mm/10m]のような状態等でカタ

 

ログに記載されていますがこれは10メートル

 

で[±1mm]ズレる事があると言う意味です。

 

ただ標準規格はなく各メーカー事に基準を決

 

めているだけなので目安として考えて下さい。

 

またレーザー墨出し器は精密機械になるので

 

うっかり倒してしまうと衝撃で精度が狂う場

 

合がありますので出来るだけ長く利用される

 

為にも精度の調整や故障等のメンテナンスを

 

受け付けているかを購入前に確認して下さい。

 

 

 

売れ筋のレーザー墨出し器に注目をする

 

御参考までにはなりますがレーザー墨出し器

を選ばれる上でAmazonサイトやYahoo!ショ

ッピングサイト等の売れ筋商品ランキングに

も注目をされて商品選びをして頂きたいです。

 

Amazonサイト

 

Yahoo!ショッピングサイト

 

 

 

スポンサーリンク

 

最後に

 

今回はレーザー墨出し器の選び方

 

についてお伝えをさせて頂きました。

 

数年前は数十万円もしたレーザー墨出し器で

 

すが近年では1万円前後で購入出来る低価格タ

 

イプが充実していますのでレーザー墨出し器

 

を導入されれば墨出し作業が寄り確実で精度

 

の高い作業が出来るようになるはずなので作

 

業の中でも特に重要作業ですので正確な墨出

 

しをしてプロのような作品を作って下さいね。